« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

クルマ散策:大人の良心?

2015 年末恒例、新宿紀伊国屋ホールでの永六輔主催、「六輔年忘れ」に行ってきました。

 初日のプログラムは「新宿寄席」。佐高信、松元ヒロも出れば三遊亭小円歌の芸もあるという何とも幅広い演目。それでも壇上は、放送メディアではNGな話満開というのが例年の常です。

 行ってきたのは昨夜の2日目、ゆめ風基金チャリティオークションと「夢あいヒットパレード」。小室等の進行によるそのミニコンサートは、ジェリー藤尾、坂本スミ子、中山千夏、田辺靖雄と九重佑三子といった、まさに「夢で逢いましょう」な面々。

  「遠くへ行きたい」「いつもの小道で」「夢で逢いましょう」など、すっかり耳馴染んだ曲でも涙腺が緩むのは、そういう曲がどれも”良心”で溢れているからでしょうか。

 押しつけでない、豊かで奥深い、抑制のきいた大人の良心で紡がれた詩と曲。TBSラジオ「土曜ワイド」で永さんを支える外山アナもステージに並んだラストは、その土曜ワイドのエンディングにも似た”良心だけ”の瞬間でした。

 クルマ業界に激震が走った徳大寺氏の訃報、孤高の人らしく静かに逝ってしまった前澤義雄氏に思うのは、良心というよりは、もしかしたら「大人の仕事」といった方がいいのかもしれません。

 Photo_2何人もの評論家が「徳大寺さんの拓いた道があってこそ」と称えつつ、しかしそれを越えられないままのジャーナリズム業界。フィロソフィだコンセプトだと言葉数は増えたけれど、どうにも本質を欠いたままの時流的デザイン。

 いまクルマやそのメディアに物足りなさを感じるのは、きっとそういう子供っぽい仕事が、心あるユーザーの期待をはるかに下回って、いい意味での想定外がないからかもしれません。見ても読んでも「ああ、こんなものか」という。

 もうすぐ2015年。新しい年、新しい時代に「大人の仕事」を見せてくれるのはどんな人なのでしょうか。

 いえ、もちろん自分自身も精進するという前提ですけれど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

クルマ散策:愛車の写真

201502 雑誌に愛車が載っていました。

 先日参加した、雑誌『ハチマルヒーロー』誌主催のミーティングについて、同誌12月売り号に参加車両の写真が載っているのですが、そこにいち参加者として我がジェミニが載っていました。

 当日は会場をフラフラ歩き回っていたのですが、その間に編集部が車両の撮影をしていたのですね。多くはオーナーさんとのツーショット写真ですが、自分のはクルマと参加申込時のプロフィールだけが載っています。

 知らない間に撮っていただいたとはいえ、なかなか大きく載せてもらったようでありがたいことです。

 よろしければ、いま売りの同誌をパラパラとめくってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新車心象風景:ダイハツ・ムーヴ

Photo どうしてそっち方面へ行ってしまうのかなあ、と。

 新しいムーヴの眼目は「走りと乗り心地」という、これまで軽では後回しになりがちだった基本部分の磨き込みらしい。

 そのためにサスペンションの改良や軽量で高剛性のボディ、エンジン特性の可変コントロールを「フォースコントロール」の名の下に実現、さらにドライビングポジションの見直しまでと、なかなか真面目な感じだ。

 高剛性ボディは新しいコペンからの応用みたいだけど、ダイハツはわりと以前からこういう「しっかりとした」軽を作るという姿勢があったように思う。

 極端な例に採算度外視と言われた初代のコペンがあるけれど、それこそ2世代前のムーヴは「軽のセルシオを作る」なんてチャレンジングな目標が掲げられ、内外装の仕上げや走りの質感などは当時の水準を高く塗り変えた。

 ライバルのスズキが、どちらかというと企画重視で「安く便利なモノを」という方向なのに対し、基本を磨き上げる姿勢はもちろんユーザーとしては歓迎するべきものだ。そういう目に見えない改善を、エントリークラスで施すのはある意味難しいことだろうし。

 そんな中、今回残念だったのは他でもない、カスタム中心の商品企画なんである。

 まあ、軽市場ではカスタム人気が高いのは周知のことだから、いっそそっちを標準にしてしまえという発想は商売上必然なのかもしれない。けれども、やっぱりそこはじっくり落ち着いて考えてほしかったな、と。

 いや、もちろんマイルドヤンキーな出で立ち自体がいかがなものかというのもあるんだけど、僕が疑問なのは、標準車に比べてカスタムの方が上質、グレードが上という流れなんである。

 それは、メッキでギラギラの外装だの、ブラックベースにアルミ風装飾を施した内装が「豪華だ」という発想なわけで、実に安易でセンスを疑うものだ。だから、こいつを開発の中心にするなどは、まず「上質」の出発点からズレているとしか思えないんである。

 その集大成が、カスタムの上を行くハイパーなる恐ろしく下品なシリーズなんだろう。フロントグリルのLEDをはじめとした光りモノや、黒く塗ったルーフ、ブルーの大理石風パネルを施した内装など、もう全身EXILEな感じだ。

 これを思わず「上質」と言いたくなる気持ちは分かるけれど、しかしそれはやっぱり「逃げ」だと僕は思う。本当に質の高いものを追わず、なんちゃってヤンキー的な絢爛さに飛びつくのは、クリエイティブの視点があまりに低いってものじゃないか。

 実際、一連の装飾を省いた標準車は何の特徴も感じられず、張り出したフェンダーがひたすら違和感を放つ、抜け殻のような佇まいになっている。これは基本をまったく疎かにしていた証で、コテコテに飾らなくては成立しないという本末転倒な格好だ。

 軽のセルシオを標榜した2世代前のムーヴは、その標準車のプレーンで非常にまとまりのよいエクステリアと、新しい提案によるインテリアが新鮮で、同時に品のよさを伴う質感も印象的だった。そういう意味で、安易な方向への「逃げ」はせず、真っ向勝負をしていたんである。

 基本性能を磨くという地道なコンセプトと、いかにもマーケティング的でハイパーな発想がどこでどう結びついたのだろう。もはや全車ド派手志向のウェイクが評判なこともあり、できればもうそっち方面という姿勢なのか?

 もちろん、たとえばムーヴというブランドはいつまでもイメージを変えちゃいけないなんて話じゃない。時代が変わればそれなりにアプローチも変わるだろう。

 問題は、その表現の意図が安易か否か、志の高さがあるか、豊かな創意が注ぎ込まれているか、正面から勝負しているか、なんである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クルマの他:今日のコンサート

2014_2 久々の「クルマの他」は今日のコンサート。クルマネタではないので、興味のない方は読まずに飛ばしてくださいね。

 毎年恒例の「渡辺貞夫クリスマスコンサート」は、いつものように渋谷オーチャードホールでの開催でした。今年でもう22回目になります。

 今回もまたメンバーは精鋭揃い。ピアノはあのイエロージャケッツのリーダー格、ラッセル・フェランテ、ドラムには名手ピーター・アースキンという豪華さです。

 そして、今回は名トロンボーン奏者にして作・編曲者の村田陽一率いるビッグバンドがバックを固めるという、これまたご機嫌な構成です。

 ナベサダ氏自ら「大好き」というラッセル・フェランテのツボをおさえた演奏に見とれつつ、しかしピーター・アースキンのあまりに幅広く、そして曲を理解し尽くした演奏にひたすら感銘を受けっぱなしでした。

 サックス・トランペット、トロンボーンによるホーンセクションは、全員がソロで活動するベテラン揃いで、もう鉄壁のユニットです。これに村田氏による美しく、躍動感溢れる編曲が加わわることで、演奏の厚みは圧倒的に。

 ラッセルやピーターはナベサダ氏とは長い付き合いですし、ビッグバンドのメンバーもかつて氏と共演し、皆がリスペクトしての演奏ということで、何ていうか実に幸せなステージになっていたようです。実際に、全員が終始笑顔だったのが印象的ですし。

 それぞれが一流で、それが同じ方向を見て実力を出せば幸せな結果が現れるのでしょうか。もしかしたら、いまのマツダがそれに近いのかもしれませんが、クルマもそんな幸せな出会いを大いに期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新車心象風景:トヨタ・アクア(マイナーチェンジ)

Photo 物量作戦をやってれば希にいいこともあるんだろうな、と。

 たとえばSAIやカムリのように、元のコンセプトなんかどうでもいい、とにかくいますぐ売れればいいんだ的な最近のトヨタのマイナーチェンジは、あたかもどこかの首相の空っぽだけど聞き取りやすい演説に似て、メーカーの思惑通りユーザーの心をそこそこ掴んでいるようだ。

 それは、フロントやリア周りをやたら鋭角に引き伸ばす安っぽい格好良さや、マークXみたいな派手なカラーによる演出など、何ていうか「これでもか」の物量作戦なんである。

 アクアの場合、あきれるくらい売れていることもあって、さすがに造形の変更は少なかった。ま、せっかく台形ベースで安定していたフロントグリルを、無理矢理6角形にして落ち着きのないものにしてしまったけれど、トヨタ流の「新しさ」の演出には成功していると。

 で、今回のメインはカラーリングだ。ベースグレードでも4色の新色を用意したのはなるほど力が入っている。この辺、鮮やかなイエローなどを揃えたヴィッツのマイナーチェンジと同じ方向だけど、もともとカラフルさを売りにしていたアクアとしては面目躍如なところだ。

 さらに「X-URBAN」なる新グレードで導入した別色パーツ案は、まさに物量な感じ。プラス20ミリの車高アップは「なんちゃてクロス」だけど、その別色を3色も用意し、都合30通り以上としたのはちょっとした驚きで、先行した日産ジュークのパーソナライズシリーズ以上のインパクトを得たんである。

 いや、実際何がすごいって、「この組み合わせはあり得ないだろう」という際どい設定も、とくにメーカー側で削ることなく用意しているところで、もうまさに物量。

 で、一連のマイナーチェンジの演出がウワサの新しいデザイン部長の指揮で行われているのかは不明だけど、この勢いには明らかな演出を感じるんである。顔の変更は派手に、色の展開はもっと派手にという意向はたしかに明快で。

 残念ながら、その派手な顔の変更は、直近のプリウスαも含めて僕はまったく評価しないけれど、ことカラーリングの展開は、「とにかくやれるだけやってしまえ!」という物量作戦が、部分的に面白い結果を残しているんじゃないかと思う。

 もちろん、その展開内容は決して厳選されたものではなく、これまた勢いに乗ったものだけど、しかし幅広い色の展開は従来の日本車に欠けていた部分なわけで、どういう形にせよ、そこに結構な選択肢を持ち込んだのは悪いことじゃない。

 さて、アクアの話に戻れば、今回、外装に比べて内装の提案が物足りなかったのは惜しいところだ。

 樹脂部分に色を付けたり、ピアノブラック調の装飾を加えたりと手は入れているけれど、何たってアクアの最大の弱点とも言えたあの安っぽいインテリアである。日本一売れているクルマとして、ここは全面刷新くらいの器量は見せてほしかった。ほら、マツダでさえアテンザの内装を一新させたくらいだし。

 いやいや、表面的な部分を巧いこと修正して見せるのがいまのトヨタ流マイナーチェンジであることは十分承知しているんだけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新車心象風景:ホンダ・グレイス

Photo いや、惜しいなあと思うんである。

 セダン不況などと言われる中、先代のティーダ・ラティオは結構評判だったし、いまのカローラもハイブリッドで盛り返した。一方で、新しいラティオが散々なのを見れば、要は商品力の問題で、5ナンバーセダンのニーズはしっかりあるんじゃないかと思うわけだ。

 実際ホンダ自身もそのニーズを感じて、じゃあ、フィット・アリア以来のBセグセダンを復活させようという話みたいだ。

 そういう意味で実に貴重な5ナンバーセダン。似たようなクラスの旧車に乗る自分としてもかなり気になったりするわけだけど、まあ、端的に言うとグレイスはあまりに個性がないと思うんである。

 フィット・アリア同様、グレイスもフィットのお尻を伸ばしたのネと思わせるのは、たとえばボディサイドのキャラクターライン。けれども実際には独自開発という話で、なるほどよく見ればフィットと形状も位置も微妙に違っている。

 違っているけどまあ基本同じに見えるわけで、別開発なのになんでそういうことをするのかと。それはインテリアも同じで、こりゃあ流用でしょうと思っていたら、やっぱり別開発ということで驚きなんである。

 そしてフロントフェイスだ。このモチーフはある時期以降のホンダ顔と言えるもので、グリルの太い金属桟による表現は、たとえば先代のインサイトもそうだったし現行オデッセイなどもそう。このたび発表された未来のクルマであるFCVも同じで、もう全展開だ。

 いや、同じこと自体はいいんだけれど、僕はこの顔にそれほど魅力があるとは思っていなくて、逆にこの顔を採用してしまうことで、途端にそのクルマの個性の大半が失われてしまうとさえ感じている。

 実際、グレイスはこの顔であることで「ホンダのラインナップのどれか」という匿名性を持ってしまった。ホンダ車であることはアピールするけれど、どの車種であるかは埋没してしまうんである。この点、フィットはグリルにカバーを付けた処理でちょっとした特徴を得たけれど、グレイスにそういう工夫はない。

 さらに、何となくありがちなクーペ調のキャビン、凝っているけど意図不明のリアランプ、そしていまどきのフェンダー端の縦ラインといった要素は、破綻こそしていないけど、何の個性も感じず、どこかで見たような格好のセダンになってしまった。

 ホンダ的には、最近の「エキサイティング・H・デザイン」に則ったという格好なんだろうけど、それが似たようなカタチを追うことになってしまったのでは意味がない。苦労してフェンダーに微妙な膨らみなんか持たせなくてもいいから、もっと普遍的で飽きの来ないまとめ方はできなかったのかと思う。

 そしてサイズも気になるところだ。Bセグというつもりで実車を見るとこれがずいぶんとデカくて、なるほど全長が4440ミリもある。もちろん、新興国などグローバル展開の都合もあるんだろうけど、この大きさが企画の甘さを示しているような気もする。

 今回はホンダ自慢のHVシステムを使い、その点では商品として相当なポテンシャルを持っているんである。これはアリアの時とは話が違う。それだけにこの個性を欠いたスタイリングは実に惜しいというか、もったいない。

 もちろん、「この素晴らしき世界」をCMに使ったとしても、あのワンダーシビックと並ぶなどとは決して言えないんである。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

クルマ散策:旧車天国に行く

Photo 先日のハチマルミーティングに続き、ふたたび旧車ミーティングに行ってきました。

 今回はお台場で開催された、オールドタイマー誌が主催の「旧車天国」。ハチマルとは趣旨が異なり、こちらはよりクラシックカーに重心を置いた催しです。

 この手のクラシックカーイベントを見て毎回思うのは、圧倒的な層の厚さですね。たいてい○○会とか○○保存会とか、大きな団体での参加があるのが常で、先のハチマルなど個人参加とはケタ違いの規模に驚きます。今回はダットサンの団体がドーンと一等地を占めていて、そこだけでイベントができるほどでした。

 まあ、初代ダットサンだのプリンスなんていうクルマはふつうのサラリーマンがポンと買えるもんじゃないし、もちろん維持管理ともなればなおさら。日本版ミッレミリアを見るまでもなく、そこに厳然とした「クラス」を感じてしまうのもこうしたイベントの常でしょうか。

Photo_2 さて、そんな輝かしいクラシックカーが並んでいるにも関わらず、自分の目に入ってくるのは相変わらず80年代カーだったりします。

 パルサー・エクサは懐かしく珍しかったですね。FFのサニーやスタンザなど、この時期の日産はなかなか先進的なデザインを見せていましたが、このエクサも意欲的でした。

 オーナーさんは新車で購入して10年ほど乗ってから、その後10年以上車庫に保管してあったそう。しかし、何といっても全国100台限定の超稀少カブリオレですから、やっぱりもう一度乗ろうということで数年前に車庫から出したとか。

 塗装もオリジナルですし、貴重なステッカー類もそのまま。内装はインパネ類の状態はもちろん、シート地もヤレすら感じません。その中でも一番の驚きはキャンバストップの状態の良さでしたね。え、これ新品?と思えるほどでした。

80_2 80系カローラは希少なGTグレードです。オーナーさんはとくにこのカローラを探していたわけではないそうですが、3年前に旧車専門店で偶然目にし、ほとんど衝動買いだったそうで。

 このクルマもオリジナル塗装のままですが、本当に状態がよかったです。内装も樹脂類の痛みはほとんどなく、革巻きステアリングも当時のまま。シートは当時のトヨタらしいツートンカラーのバケットタイプで、こちらもいい状態。それにしてもこの頃の内装は贅沢な感じでしたね。

 この80系カローラはウィキペディアなどをみるとイタルデザインの作となっています。その真偽はわかりませんけど、プロポーションのよさやまとまりのいいエクステリアは、愛車ジェミニに近いものを感じるのは確かですね。

Photo_3 三菱シャリオは先日のハチマルでも1台出ていました。今回は写真の赤いターボ車と、となりにブルーのNA車がもう一台ありましたが、何と兄弟で2台の参加だったそうです。

 ターボ車はオーナーさんがお父さんから譲り受けたものとか。子供の頃からずっと家にあり、いつの間にかオーナーさんにも手放せないクルマになっていたようです。

 あまり距離を乗らず、磨き上げを趣味としていたお父さんのお陰もあって、このシャリオもいい状態です。グレー内装は汚れが目立ちますが、このクルマはピカピカでした。でも、変にクリーニングした感じでもなく、そこが好印象でしたね。

 さて、会場では愛車ジェミニにもずいぶん声を掛けていただきました。やはり「自分も乗っていた」という方がいちばん多いですね。中にはもう一度乗りたい・・・なんていう方もいらっしゃいました。

 いや、数十万円で程度のいいものを買えば、すぐに普段乗りで使えるのがハチマルの魅力だったりするんですけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »