« クルマ散策:大人な視点は難しい? | トップページ | クルマ散策:旧車天国に行く »

新車心象風景:ダイハツ・ウェイク

Photo_2 これが新ジャンルっていうのはちょっと違うんじゃないかと思う。

 縦長の妙なピラー形状をはじめ、不自然に背高に思えたタントに比べ、さらに85ミリも屋根を引き上げたウェイクは、何とも異様な威圧感に満ちている。たぶん、よりスクエアなイメージのエクステリアもその理由かと。

 そうやって実際に背が伸びているし、四角な格好で規格一杯いっぱいな佇まいはたしかにニューカマーを感じさせる。けれども、じゃあこれが新ジャンルかと聞かれれば、まあ単にタントの全高を上げただけじゃないかと。そのタントはムーヴと異なる空間の取り方から新ジャンルと言えたけれど、タントからウェイクはそういう飛躍はないし。

 逆に、新ジャンルに仕立てようとするそのやり方が無理矢理っぽくて、そっちの方が僕には気になるんである。

 プラス85ミリでいよいよ不安定さは隠せないということで、外板パネルの樹脂部分を増やしたり、加えてルーフ板を薄くしてまで重心を下げた。さらに傾き制御のために従来より太いスタビライザーを驕ったっていう話だけど、それってどこか根本的に発想がおかしいんじゃないかと。

 いや、たとえばこれがスポーティカーで、より軽くすることを目的にしたのなら違和感はないけれど、こっちは「ひっくり返りそうな不安を感じないように」するためだ。スタビライザーについては、そうやって運動性能の基本に影響するなら「ひっくり返る」ことにじゃなくて、ふつうに全車種に付けなさいって話でしょう。ダイハツ的にはここを自慢ポイントにしているけれど、それって技術の使い方を間違えてるんじゃないか?

 もちろん、この空間が配送など商用車や、あるいは介護車両などとして優位であって、ウェイクがそういう新しい企画だったら話は多少違ったとは思う。どっちもひっくり返り対策なのは同じ話だけど、何のためにそれを実現するのかという目的の合理性には議論の余地は残ったかもしれない。

 そして、デカデカと大きくなっているわけだから重量も当然増えている。たとえばタントの同等グレードとの比較ではその差が80kgと、大きめの男性ひとり分もあったりする。けれども、ウェイクは動力性能での新しい提案をしていない。高く重くなったのにタントと一緒だ。

 当たり前だけど、大きくすることが新ジャンルというのなら、こうした規格部分にも手を入れるべきであって、増税を前に自主規制を取っ払うくらいのことはやってもいいわけだ。この企画などはそのいい機会だったと思えるし。

 何かこう、そういう基本的なところを横に置いて、やれゴルフバッグが縦に積めるだの、自転車がそのまま載るだのと騒いでいるのはどうかと思う。こんな無理矢理な感じでやっておいて、面白おかしいCM でパーっというのはどうも。

 もちろん、ハスラーの対抗車だ!なんて記事を書いている雑誌メディアもいかがなものかと。仮に、視界のいい運転席の高さから発想したという主張が本当だとしても、それをたれ流すだけのインプレッションではいけないと思うんである。

|

« クルマ散策:大人な視点は難しい? | トップページ | クルマ散策:旧車天国に行く »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

もういっそ軽自動車は商用のワンボックスを
乗用に仕立て直しちゃえば良いと思います
フリード的な三列シートも可能なはずです

投稿: muku | 2014年11月29日 (土) 11時20分

すぎもと様こんにちは。
 
あのバカッぽいCMは個人的に嫌いじゃないです(笑)
しかし、この車で高速走行は大丈夫なんですかね(勿論充分な検証はされているとは思いますが…)。
 
便利そうではあるんですけど、押せば倒れそうなこの如何ともし難い不安定感が何とも…。
 
軽規格でゴルフバックが縦に詰めると言うのが売りなのは分かりますが、
肝心の走行時の安定性、安全性に、個人的には疑問が残ります。

投稿: とあるイラストレーター | 2014年11月29日 (土) 12時18分

実に日本らしい、制約のある中で企画いっぱいいっぱいで作り上げた商品ですね。
もっと容量を追及すると、既存のエンジンじゃなくて、EV、それもインホールモーターを使うとかしだすと凄いことになりそうですが…そういうことまで考えていくと、逆にもっと面白いものができそうですね。
このウェイクは、乗用車として立ち上げっていますが、商用車向けにやるともっとまじめにやるのかな…そんな邪なこともふと過る素材なクルマですね。

投稿: アクシオム | 2014年11月29日 (土) 15時59分

軽自動車の限界に行くとこまで行った感じですね。ついでに車重と値段もですが。グレードによっては普通車のソリオの方が安くて軽いですね。
数センチのサイズ競争もこれで終焉になるでしょう。軽自動車業界の広さの次のトレンドはいったい何になるのか興味深いです。

投稿: RY | 2014年12月 1日 (月) 00時47分

結構売れるんでしょうね??この車でゴルフに行く人がそんなにいるとも思えませんが。トヨタの大多数の車にも言えると思いますが、こんな車に最終的に「ゴーサイン」を出したメーカーの幹部には売れればいいの思想しかないのでは。でも買う人がいるから作るのでしょうね?私は買いませんが。やはり車を作るにはまずちゃんとした考え、思想が一番重要だと感じました。いったい日本の車はどこに行くんだろうとも考えさせられる車でした。

投稿: pottsy | 2014年12月 1日 (月) 09時33分

mukuさん

軽の商用は非常に活用されてますから、そこにもっと新提案があってもいいと思いますよね。

とあるイラストレーターさん

雑誌などの試乗記でも「倒れないのか」みたいな見出しがありますね。もちろん大丈夫という結論なんですけど、そもそもそういう危惧を抱かせること自体がどうかと思います。

アクシオムさん

そうなんです。商用車の新提案としてまとめればもっと説得力もあるし、中身についてもより面白いことができたんじゃないかと思います。

RYさん

そうですね。ウェイクの後追いがいるか否かでしょうか。誰もついてこなければ1代で消え去るかもしれませんね。

pottsyさん

「わースゴイ」って買う人が結構いるんでしょうね。少なくとも初期受注はよさそうな企画ですし。

投稿: すぎもとたかよし | 2014年12月 1日 (月) 12時57分

おはようございます。上イクですか、名前は面白いですよね それ以外思う事は趣味でアウトドアスポーツやる人が物を積む的な感じの車なんでしょうね。 有りだと思います ただ個人的にその為に買うなら軽トラや軽ワンボックスを選ぶかなあ…

投稿: さね | 2014年12月 5日 (金) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/58122182

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ダイハツ・ウェイク:

« クルマ散策:大人な視点は難しい? | トップページ | クルマ散策:旧車天国に行く »