« 雑誌記事:不定期コラム掲載しました | トップページ | クルマ散策:大人な視点は難しい? »

クルマ散策:旧車イベントに出かける

Photo 富士スピードウェイで行われた旧車イベントに行ってきました。

 これは雑誌『ハチマルヒーロー』主催のイベントで、名前のとおり80年代のネオ・クラシックを対象にしたもの。何といっても僕自身がハチマルオーナーなので、ちょっと参加してみようかと思った次第です。

 雨の予報とおり、御殿場に向かう高速では結構な降り方でしたが、イベントが始まる10時頃には幸運にも雨はやみ、会場のメインスタンド裏駐車場は一時晴れ間ものぞく天候となりました。

 300~400台ほど?並んだハチマルは、たとえばR30スカイラインや70系マークⅡ、そしてハチロクなどが多く見られますが、この年代のクルマの傾向として何らかのモディファイが施されている車両がほとんど。しかも、改造はしながらキレイに仕上げるというのが”流行り”のようです。

Photo_3 しかし、完全ノーマル派の自分として気になったのは、そういうクルマたちの中に隠れるように置かれたオリジナル状態のハチマル。そんな数台をちょこっと紹介します。

 まず、今回イチバンの収穫はN12パルサー。ディーラーの倉庫の中で眠っていたのを偶然オーナーさんが目にし、交渉の末、何と8000円で譲ってもらったそうです。

 買い取ってナンバーをとったばかりということで、状態はその保管時のまま。とくにピカピカということじゃないですが、それでも年式を考えればかなりのもの。

 それにしても、直線基調のシンプルなラインと広いグラスエリアは80年代前半ならではの風景。ピラーの細さが70年代までのクラシック世代の名残でしょうか。この代はアルファロメオとの協業から「ミラノ」なんてグレードがありましたっけ。グリーンのイメージカラーが懐かしいです。

Photo_4 一方、60系のセリカは完璧な仕上がり具合でした。3年ほど前に購入した際はそれなりに痛んでいたそうですが、行きつけの工場で外装を仕上げたとか。何でもオーナーさんはセリカXXもお持ちだそうで、そのときお世話になった工場がよかったらしいです。

 30代前半と若いオーナーさんですが、小学生の頃に観た刑事ドラマにこのセリカがパトカーで登場していたらしく、そのときから必ず手に入れると決めていたそう。中学生の時に、将来に備えてディーラーでシフトノブを買っておいたっていうんですから、もう本気です。

 クリーニングだけという室内もかなりいい状態。淡いブルーのバケットシートもキレイになっていますが、こういうブルーの内装なんてうのもこの時代の豊かなところでしたね。1車種でブルー、エンジ、グレーの3色内装とか。

 3台目は90系カローラです。程度がいいなと近寄ると、フロントガラスに「売ります」の貼り紙が。お値段は38万円。話を聞いてみると、2オーナー目として静岡で使っていたところ、このたび東京へ転勤となって手放すことになったとか。

Photo_5 それにしてもこのカローラ、何と走行は2万キロちょっとです。前オーナーは年輩の方でほとんど乗ってなかったそう。外装はオリジナル塗装のままですが、まったく不満なしの状態。おそらく街のコーティング店に出すだけでほぼ完璧になるでしょう。

 で、内装がまた素晴らしい。先の話ではないですが、当時のトヨタお得意のエンジ色インテリアはピカピカです。同系色のモケットシートもほとんどヘタりや退色すらない。さすが走行2万キロ。

 これならオークションに出せば入札間違いないと思えますが、オーナーさん曰く「ちゃんと顔を見て、本当に好きな人に買ってもらいたい」そうです。

 さて、僕もジェミニには結構なこだわりや愛着を持っているつもりですが、いやはやとんでもないですね。上には上というか、世の中広いです。

 今月は、後半にもうひとつ旧車イベントに参加する予定です。ハチマルとはまた趣旨の異なったものなので、次回も新たな発見と出会いがあるかもしれないですね。

|

« 雑誌記事:不定期コラム掲載しました | トップページ | クルマ散策:大人な視点は難しい? »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

車に限らず、80年代は懐かしい。
「菊池桃子がロケに来た」と大学が
大騒ぎになったこともあった80年代、
横浜在住の法医学の先生はさすが、
シーマ(初代)にお乗りだった。先生の証人尋問があるというので
横浜地裁に傍聴に行った帰り、横浜駅まで乗せてもらった。

大正生まれの親父は田舎でブルーバードSSSに乗っていて
時々帰省すると「ラングレーとかリベルタビラなんかどうだ」と
言うのだが、「いらない」と断っていた。会社に入ると
先輩(今は社長になった)が82年式シティRを譲ってくれた。
実態としては買わされたのだが。
シティはギア選択を誤ると、すぐエンストしそうになる。
上り坂に差し掛かると、4速では無理。素早く1速か2速に
切り替えないと、危ない。会社の89年式三菱ランサーに乗ったら
全然そんなことはなくて、少々高めのギアでもエンストせず
頑張って走ろうとしてくれた。感動した。
リトラクタブルライトのはしりだった、
クイント・インテグラを見て美しいと思った。
今はワードローブ全部、VANにしてしまおうかと思っている。
80年代というより、70年代後半の感じかもしれない。
今はほとんどスーツを着ない仕事なので
ネクタイ必の場面でも、紺ブレにレジメンタルのタイで
ごまかしている。トラッドでいきますか。
80年代サニーの名前のように。

投稿: 優 路 | 2014年11月10日 (月) 03時54分

こんにちは。紹介された形のパルサーのHB記憶にあります、小さい頃お隣さんの家にあってお隣さんが引っ越しするにあたって、気が付けば自分んちの車になってました(笑) 懐かしいなあ。あの頃の日本車て今よりも開発コストや人によるテスト三昧、車作りの情熱が合わさって現在の日本車よりある意味凄かったんでしょうね。今は…部品の共用化やPCシュミレーションテストでリコール祭りですね。

投稿: さね | 2014年11月10日 (月) 10時27分

旧車のイベントって、まだ80年代までなんですよね。
90年代のクルマの旧車のイベントがあれば、我がビークロスも初代プリウスの同級生で参加できるのに…
世は2014年、かれこれ90年代ももう20年前のことになっているので、バブル絶頂から崩壊という激動な90年代の旧車イベントが開かれることを切に願います。

投稿: アクシオム | 2014年11月10日 (月) 11時21分

ここだけの話だが、
私は文章関係で飯を食っている。
いや、食わせてもっているというのが適当か。
車に例えれば、旧車のような組織。80年代には
職場のここかしこで罵声が飛んだが
今は頭のどこかのネジが飛んだごく一部が
声を荒(あら)らげるだけで、静かだ。
エブリデイ、2回以上の締め切りがある。
間際になると、あせることもある。

今、捏造問題で進退極まっている築地の新聞社があるが
80、90年代もサンゴ事件とか、いろいろやらかしていた。
記者も人間としては…な人が結構いて
大手町の新聞の人の方に、いいやつが多かった。

進退極まった築地新聞とはいうが、人材の宝庫でもあった。
深代惇郎という記者がいた。看板コラムの筆者となり
40代で天に召された。この人の書いたものは
80年代には文庫にもなっていたが、いつの間にか
消えてしまっていた。が、やはり心ある人はいて
評伝がこのほど刊行された。タイトルは「天人」。
正直、深代記者の人となりが書かれている部分よりも、
引用されている彼の天○人○を熟読すべきである、
と強く思う。築地新聞には、こんな人もいた。
今でこそ「書き写しノート」など売っているが
書き写すなら断然、深代天人をお勧めする。
2000円でお釣りは来る。筆力向上間違いなしの一冊。

投稿: yuro(気分一新のため漢字やめました) | 2014年11月17日 (月) 05時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/57937104

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:旧車イベントに出かける:

« 雑誌記事:不定期コラム掲載しました | トップページ | クルマ散策:大人な視点は難しい? »