« クルマ散策:旧車イベントに出かける | トップページ | 新車心象風景:ダイハツ・ウェイク »

クルマ散策:大人な視点は難しい?

Rjc ああ、やっぱりそうかと思ったんである。

 COTYがデミオという、今年を考えれば実に順当な選出をしたので、これまで比較的コンパクトな実用車の受賞が多かったRJCを考えれば、まあこのままならダブル受賞かなと。

 ダブル受賞で何か問題が?と思うわけだけど、これまでCOTYと発表時期の前後などで色々あったRJCだ。同じデミオじゃちょっとなあとなれば、候補は結構な話題となったハスラーあたりかと想像するわけである。で、実際そうなったと。

 たしかにハスラーは「この手があったか!」という企画の勝利だけど、誤解を恐れずに言えばそれは派生車レベルのものだ。さすがスズキ、いつの間にかよくこんなの考えたよなあと感心はするけれど、でもそれ以上のものでもない。

 ワゴンRをベースにしつつ新規提案に持ち込んだのもスズキらしいけど、これまた見方を考えれば軽自動車としての根本的な新提案はどこにもない。もちろん、個人的には好感をもつクルマだけど、じゃあこれが1年間を代表するクルマなのかなのかと聞かれれば、それはちょっと違うかなと。

 これがRJCだから、というものある。ご存じのとおり、RJCは既存のCOTYのあり方に疑問を呈したかたちで設立されたもので、特徴としては主催者が研究者とジャーナリストであることだ。けれども、軽規格として特段新しい提案のないハスラーを研究者が推す理由もわからないし、ジャーナリスティックな視点もやっぱりわからない。

 仮に三本氏といった「庶民派」のジャーナリストがいるから、RJCは結構な頻度で軽を推しているんだとすれば、それもどうかと思う。たとえばワゴンRのように文字とおり画期的な発想と、ハスラーの面白い「発想」では次元が違う。だから、これを庶民の味方としてひとくくりにするのは少々粗っぽいだろうし。

 いや、今年はデミオじゃなくちゃダメって話じゃない。ただ、「ライト感覚の軽SUV、ボディカラーにも配慮、街乗りも快適、夢を与える」といったハスラーの選考評はあまりに凡庸であって、これがデミオを抑える理由としてはちょっと説得力が不足ということなんである。

 COTYは、10ベストとして各メーカーから1台ずつ候補車を選ぶという、相変わらず意味のないバカげたことをやっている。けれども、昨年のゴルフや、Cクラスと接戦となった今年のデミオなどには、かつてのような「何でこのクルマ?」という疑問符はとりあえずつかない。

 一方、後発のRJCがいまだに輸入車を別枠にしているのは残念な感じだ。今年の輸入車部門はCクラスが受賞したけれど、仮に枠がなかった場合はどうだったのか。これもまた、三本氏流の「輸入車は贅沢品だ」的な発想での運営だとしたら、だから軽をという傾向にはやっぱり疑問が残るんである。

 クルマを論じるときにジャーナリスティックな視点は必須だと僕は思う。けれども、「あるべき内容、然るべき価格のクルマ」は「安くて便利なクルマ」とイコールじゃない。

 「メーカーべったりのCOTY」はもちろんイケナイし、過度な庶民派志向も望ましくはなくて、肝心なのはやっぱりバランス感覚なんだろうと思う。たとえば、ここ数年の欧州イヤーカーがVWのポロとゴルフ、日産リーフ、プジョー308なんていうのを見ると、好き嫌いはともかく、公平で冷静かつ安定した大人の視点が感じられる。

 そうそう大人の視点だ、いたって平静な大人の。

|

« クルマ散策:旧車イベントに出かける | トップページ | 新車心象風景:ダイハツ・ウェイク »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

カーオブザイヤーの頂点は総合評価によるものなんでしょうが、まぁハスラーの賞はせいぜい商品企画賞でしょうね。
そもそも日本でも、欧州でもカーオブザイヤーがありますが、欧州というだけで日本と何が違うのか?確かに選ばれる車は、ジャーナリストっぽい玄人視点なんでしょうが、集約されるところは、技術的に画期的であるか、市場で量販性のある車でかつ品質や走行性能などの総合評価が高そうなクルマなんでしょうか?まぁそういう点がすぎもとさんの仰るバランス感覚に優れた評価につながっているんでしょうね。
でも日本のように妙に偏向的な市場では、そのバランス性を問うのは難しいでしょうね。バランスが良すぎても、話題性の点で欠けると賞としてつまらないものになるでしょうし…
まぁ僕としては業界年一回のお祭り、それもあまりユーザーサイドには影響しないものとして見ています。

投稿: アクシオム | 2014年11月24日 (月) 15時44分

「COTYと違う車を選ぶのが唯一のアイデンティティ」になってるからおかしな結果になるんでしょうね。
「庶民の目線を大事にする」というなら日本車、外車にこだわるんじゃなく価格帯別にイヤーカーを選んだらどうでしょうか。おおまかに、100万円台、200万円台、300万円台で区切って決めると。誰でもそうでしょうけど、たいていの人は「価格ありき」で車選ぶわで400万円以上する車は「庶民の足」じゃないんだからお好きにどうぞというスタンスで。

加えて、イヤーカーにノミネートされる車は「横滑り防止装置、サイド・カーテンエアバッグ」を標準装備しているか、最低価格帯のグレードでもオプション装備できるという制限を付けて欲しいかな。とくに日本車にはその辺の意識低すぎる車多いから。

投稿: ネコ | 2014年11月24日 (月) 22時36分

こんばんは。ハスラーいろいろ便利そうですよね、それだけしか思い浮かばないけど巷では大人気だそうで。 大人の目線…難しそうですね、自動車に限らず、一般的なテレビや媒体の日本のジャーナリズム自体がなんかこう胡散臭いですから。タカタのエアバック問題も、死者を出した事が分かってるメーカーはホンダで、アメリカ公聴会に呼ばれたメーカーはホンダ。タカタと一番深い会社関係もホンダらしい事実があるのにテレビではホンダを他メーカーと横並びに、リコールを出したメーカーとしてチョイと報道してました。 うーんなかなかどーして、長い物には巻かれろ。ある意味大人の目線なのかも? 軽自動車の在り方の是非も問題提起せずハスラーに賞をあげるのも、世界でBセグ初の対等に戦えるとか、前にも聞いたことあるフレーズが飛び交うデミオに賞を上げるのもある意味大人目線のよーな? 日本車が賞を取るのは嬉しいですが、デミオ以上の完成度やデザイン、未来への提案、コンセプトを持つ自動車が世界には存在してると言ってるんですよね?日本でも販売しノミネートされてるだろうし…こうゆのをチンプンカンプンて言うんでしょうねえ。

投稿: さね | 2014年11月25日 (火) 01時43分

すぎもと様こんばんは。
ご無沙汰しております。
 
個人的にはハスラーはなかなか良いと思います。
しかしながら、すぎもと様のおっしゃる事も『なるほど』と思いました。
 
なかなか難しい物ですね。

P.S.『地雷踏んだ…』
いえ、独り言です。すみません(笑)

投稿: とあるイラストレーター | 2014年11月28日 (金) 18時13分

アクシオムさん

たぶんクルマ好きにとってこそ「どうでもいい」感があるような気がしますが、どうやらメーカーはそんなこともないようですね。まあ、その年に受賞できるクルマがあるかどうかはそのメーカー自身がわかっていることでしょうけど。

ネコさん

仰るとおりですね。安全装備などは、研究者をそろえるRJCではとくに注視してほしいですね。

さねさん

いわゆる「大人の事情」の大人が日本におけるオトナの解釈なんでしょう。でも本当はそうじゃないと思います。大人は大人です。

とあるイラストレーターさん

いえ、ハスラーは面白いクルマだと僕も思いますよ。地雷? まああまりお気になされず・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2014年11月29日 (土) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/58075423

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:大人な視点は難しい?:

« クルマ散策:旧車イベントに出かける | トップページ | 新車心象風景:ダイハツ・ウェイク »