« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

新車心象風景:ダイハツ・ウェイク

Photo_2 これが新ジャンルっていうのはちょっと違うんじゃないかと思う。

 縦長の妙なピラー形状をはじめ、不自然に背高に思えたタントに比べ、さらに85ミリも屋根を引き上げたウェイクは、何とも異様な威圧感に満ちている。たぶん、よりスクエアなイメージのエクステリアもその理由かと。

 そうやって実際に背が伸びているし、四角な格好で規格一杯いっぱいな佇まいはたしかにニューカマーを感じさせる。けれども、じゃあこれが新ジャンルかと聞かれれば、まあ単にタントの全高を上げただけじゃないかと。そのタントはムーヴと異なる空間の取り方から新ジャンルと言えたけれど、タントからウェイクはそういう飛躍はないし。

 逆に、新ジャンルに仕立てようとするそのやり方が無理矢理っぽくて、そっちの方が僕には気になるんである。

 プラス85ミリでいよいよ不安定さは隠せないということで、外板パネルの樹脂部分を増やしたり、加えてルーフ板を薄くしてまで重心を下げた。さらに傾き制御のために従来より太いスタビライザーを驕ったっていう話だけど、それってどこか根本的に発想がおかしいんじゃないかと。

 いや、たとえばこれがスポーティカーで、より軽くすることを目的にしたのなら違和感はないけれど、こっちは「ひっくり返りそうな不安を感じないように」するためだ。スタビライザーについては、そうやって運動性能の基本に影響するなら「ひっくり返る」ことにじゃなくて、ふつうに全車種に付けなさいって話でしょう。ダイハツ的にはここを自慢ポイントにしているけれど、それって技術の使い方を間違えてるんじゃないか?

 もちろん、この空間が配送など商用車や、あるいは介護車両などとして優位であって、ウェイクがそういう新しい企画だったら話は多少違ったとは思う。どっちもひっくり返り対策なのは同じ話だけど、何のためにそれを実現するのかという目的の合理性には議論の余地は残ったかもしれない。

 そして、デカデカと大きくなっているわけだから重量も当然増えている。たとえばタントの同等グレードとの比較ではその差が80kgと、大きめの男性ひとり分もあったりする。けれども、ウェイクは動力性能での新しい提案をしていない。高く重くなったのにタントと一緒だ。

 当たり前だけど、大きくすることが新ジャンルというのなら、こうした規格部分にも手を入れるべきであって、増税を前に自主規制を取っ払うくらいのことはやってもいいわけだ。この企画などはそのいい機会だったと思えるし。

 何かこう、そういう基本的なところを横に置いて、やれゴルフバッグが縦に積めるだの、自転車がそのまま載るだのと騒いでいるのはどうかと思う。こんな無理矢理な感じでやっておいて、面白おかしいCM でパーっというのはどうも。

 もちろん、ハスラーの対抗車だ!なんて記事を書いている雑誌メディアもいかがなものかと。仮に、視界のいい運転席の高さから発想したという主張が本当だとしても、それをたれ流すだけのインプレッションではいけないと思うんである。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

クルマ散策:大人な視点は難しい?

Rjc ああ、やっぱりそうかと思ったんである。

 COTYがデミオという、今年を考えれば実に順当な選出をしたので、これまで比較的コンパクトな実用車の受賞が多かったRJCを考えれば、まあこのままならダブル受賞かなと。

 ダブル受賞で何か問題が?と思うわけだけど、これまでCOTYと発表時期の前後などで色々あったRJCだ。同じデミオじゃちょっとなあとなれば、候補は結構な話題となったハスラーあたりかと想像するわけである。で、実際そうなったと。

 たしかにハスラーは「この手があったか!」という企画の勝利だけど、誤解を恐れずに言えばそれは派生車レベルのものだ。さすがスズキ、いつの間にかよくこんなの考えたよなあと感心はするけれど、でもそれ以上のものでもない。

 ワゴンRをベースにしつつ新規提案に持ち込んだのもスズキらしいけど、これまた見方を考えれば軽自動車としての根本的な新提案はどこにもない。もちろん、個人的には好感をもつクルマだけど、じゃあこれが1年間を代表するクルマなのかなのかと聞かれれば、それはちょっと違うかなと。

 これがRJCだから、というものある。ご存じのとおり、RJCは既存のCOTYのあり方に疑問を呈したかたちで設立されたもので、特徴としては主催者が研究者とジャーナリストであることだ。けれども、軽規格として特段新しい提案のないハスラーを研究者が推す理由もわからないし、ジャーナリスティックな視点もやっぱりわからない。

 仮に三本氏といった「庶民派」のジャーナリストがいるから、RJCは結構な頻度で軽を推しているんだとすれば、それもどうかと思う。たとえばワゴンRのように文字とおり画期的な発想と、ハスラーの面白い「発想」では次元が違う。だから、これを庶民の味方としてひとくくりにするのは少々粗っぽいだろうし。

 いや、今年はデミオじゃなくちゃダメって話じゃない。ただ、「ライト感覚の軽SUV、ボディカラーにも配慮、街乗りも快適、夢を与える」といったハスラーの選考評はあまりに凡庸であって、これがデミオを抑える理由としてはちょっと説得力が不足ということなんである。

 COTYは、10ベストとして各メーカーから1台ずつ候補車を選ぶという、相変わらず意味のないバカげたことをやっている。けれども、昨年のゴルフや、Cクラスと接戦となった今年のデミオなどには、かつてのような「何でこのクルマ?」という疑問符はとりあえずつかない。

 一方、後発のRJCがいまだに輸入車を別枠にしているのは残念な感じだ。今年の輸入車部門はCクラスが受賞したけれど、仮に枠がなかった場合はどうだったのか。これもまた、三本氏流の「輸入車は贅沢品だ」的な発想での運営だとしたら、だから軽をという傾向にはやっぱり疑問が残るんである。

 クルマを論じるときにジャーナリスティックな視点は必須だと僕は思う。けれども、「あるべき内容、然るべき価格のクルマ」は「安くて便利なクルマ」とイコールじゃない。

 「メーカーべったりのCOTY」はもちろんイケナイし、過度な庶民派志向も望ましくはなくて、肝心なのはやっぱりバランス感覚なんだろうと思う。たとえば、ここ数年の欧州イヤーカーがVWのポロとゴルフ、日産リーフ、プジョー308なんていうのを見ると、好き嫌いはともかく、公平で冷静かつ安定した大人の視点が感じられる。

 そうそう大人の視点だ、いたって平静な大人の。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

クルマ散策:旧車イベントに出かける

Photo 富士スピードウェイで行われた旧車イベントに行ってきました。

 これは雑誌『ハチマルヒーロー』主催のイベントで、名前のとおり80年代のネオ・クラシックを対象にしたもの。何といっても僕自身がハチマルオーナーなので、ちょっと参加してみようかと思った次第です。

 雨の予報とおり、御殿場に向かう高速では結構な降り方でしたが、イベントが始まる10時頃には幸運にも雨はやみ、会場のメインスタンド裏駐車場は一時晴れ間ものぞく天候となりました。

 300~400台ほど?並んだハチマルは、たとえばR30スカイラインや70系マークⅡ、そしてハチロクなどが多く見られますが、この年代のクルマの傾向として何らかのモディファイが施されている車両がほとんど。しかも、改造はしながらキレイに仕上げるというのが”流行り”のようです。

Photo_3 しかし、完全ノーマル派の自分として気になったのは、そういうクルマたちの中に隠れるように置かれたオリジナル状態のハチマル。そんな数台をちょこっと紹介します。

 まず、今回イチバンの収穫はN12パルサー。ディーラーの倉庫の中で眠っていたのを偶然オーナーさんが目にし、交渉の末、何と8000円で譲ってもらったそうです。

 買い取ってナンバーをとったばかりということで、状態はその保管時のまま。とくにピカピカということじゃないですが、それでも年式を考えればかなりのもの。

 それにしても、直線基調のシンプルなラインと広いグラスエリアは80年代前半ならではの風景。ピラーの細さが70年代までのクラシック世代の名残でしょうか。この代はアルファロメオとの協業から「ミラノ」なんてグレードがありましたっけ。グリーンのイメージカラーが懐かしいです。

Photo_4 一方、60系のセリカは完璧な仕上がり具合でした。3年ほど前に購入した際はそれなりに痛んでいたそうですが、行きつけの工場で外装を仕上げたとか。何でもオーナーさんはセリカXXもお持ちだそうで、そのときお世話になった工場がよかったらしいです。

 30代前半と若いオーナーさんですが、小学生の頃に観た刑事ドラマにこのセリカがパトカーで登場していたらしく、そのときから必ず手に入れると決めていたそう。中学生の時に、将来に備えてディーラーでシフトノブを買っておいたっていうんですから、もう本気です。

 クリーニングだけという室内もかなりいい状態。淡いブルーのバケットシートもキレイになっていますが、こういうブルーの内装なんてうのもこの時代の豊かなところでしたね。1車種でブルー、エンジ、グレーの3色内装とか。

 3台目は90系カローラです。程度がいいなと近寄ると、フロントガラスに「売ります」の貼り紙が。お値段は38万円。話を聞いてみると、2オーナー目として静岡で使っていたところ、このたび東京へ転勤となって手放すことになったとか。

Photo_5 それにしてもこのカローラ、何と走行は2万キロちょっとです。前オーナーは年輩の方でほとんど乗ってなかったそう。外装はオリジナル塗装のままですが、まったく不満なしの状態。おそらく街のコーティング店に出すだけでほぼ完璧になるでしょう。

 で、内装がまた素晴らしい。先の話ではないですが、当時のトヨタお得意のエンジ色インテリアはピカピカです。同系色のモケットシートもほとんどヘタりや退色すらない。さすが走行2万キロ。

 これならオークションに出せば入札間違いないと思えますが、オーナーさん曰く「ちゃんと顔を見て、本当に好きな人に買ってもらいたい」そうです。

 さて、僕もジェミニには結構なこだわりや愛着を持っているつもりですが、いやはやとんでもないですね。上には上というか、世の中広いです。

 今月は、後半にもうひとつ旧車イベントに参加する予定です。ハチマルとはまた趣旨の異なったものなので、次回も新たな発見と出会いがあるかもしれないですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »