« クルマ散策:連休、恵比寿スバルビルへ | トップページ | 雑誌ナナメ読み:世間の評判はそうだけど・・・ »

新車心象風景:トヨタ・マークX(仕様変更)

X_2 なんて言うか、実に軽々しい企画なんである。

 何度か書いたことがあるけれど、たしかに以前からトヨタの色のセンスはよくなかった。

 たとえば日産が先代マーチで実に多彩な色彩展開を行い、毎年のようにカラー・アワードを受賞していたのに比べると、地味というか暗いというか、一体カラーデザイナーは何をやっているんだ?と思うくらいだった。

 実際トヨタでなかなかいいネという記憶があるのは、どうも社外デザインのにおいがする3代目カローラⅡ3兄弟や、初代イプサム、あるいは欧州デザインの初代ヴィッツくらいで。

 それがまあ、例のピンク・クラウンで目覚めた、というか調子に乗っちゃったのかと。もちろん、ピンク・クラウンは話題作りには成功したし、その後にヒュー・ジャックマンを起用したTVCFでの空色や草色も広告用にはなるほど面白かったとは思う。

 けれども、マークXにこの黄色はだめだ。

 先のカローラⅡもそうだけど、パステルカラーのような明度、あるいは彩度の高い色は基本的にコンパクトでプレーンなボディに似合う。実際、先日マイナーチェンジしたヴィッツがほぼ同じ色をセールスカラーにしていたけれど、クルマの出来はともかく新鮮さは出せていた。

 それがマークXのようなデカい図体で、しかも特段プレーンでもないボディではもういけない。広い面積に色が持たず、取って付けた感がものすごい。

 さらに黒と組み合わせた内装はもっとキツイ。もともと黄色のインテリアは難しいけれど、こいつは配色が安易で実に安っぽい。マークⅡクラスでこの感覚はちょっとあり得ない。

 いや、僕は今回の「イエローレーベル」がことさらダメだと言いたいんじゃない。何て言うか、こういう意外な発想による話題性でパッと売っちゃおうというやり方全般がどうかと思うんである。

 これは色だけじゃなく、たとえばヴィッツやSAI、先日のカムリなど一連のド派手マイナーチェンジ車も同じで、イマイチ目立たないからとにかくパーッと派手にしちゃう感じだ。もはやコンセプトも何もなく。それで話題があるうちにガンガン売ってしまえっていう。

 表現は難しいんだけど、愛着云々ではなく、自社のクルマを単に「商品」としてしか考えず、どういうクルマを作りたいかじゃなくて、どうしたらいますぐ売れるかだけを考えた感じだ。そうして流れ作業のような仕事に邁進している。

 なんだろう、あれだけの車種があるとそういうことになるんだろうか。ひとつひとつ真面目に考えてられないやなんて。ここでマークXを黄色くしたところで体制に影響はない、とか。

 まあ、そんなんでもこの国なら5割近いシェアを得られるんだしね。

|

« クルマ散策:連休、恵比寿スバルビルへ | トップページ | 雑誌ナナメ読み:世間の評判はそうだけど・・・ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

クラウンアスリートに黄色を使ったらピカチュウに成ったのに(^_^;)

投稿: muku | 2014年9月28日 (日) 14時42分

日本には仕事柄「トヨタの車しか買えない」人が多数いて、「トヨタへの忠誠心」を示すため「あえて」こういうカラーの車を買う「法人や経営者」がいるのでしょう。
ピンクのクラウンには社長の意向がかなり影響していると聞きますし、イエローのマークXもそうなのでしょう。社長自身には悪気はなくて彼自身の価値観の中で「トヨタを面白い会社にしたい」と考えているのかもしれません。でも結果として、トヨタ自身の「力」を誇示する「悪趣味さ」になっちゃいませんかと。
もしトヨタがアメリカ市場で「ピンクのカムリ」や「イエローのレクサスLS」を売り出すようなら全力で謝ります(笑)

投稿: ネコ | 2014年9月28日 (日) 20時17分

G'sなら違和感ないと思うんですけどねぇ。黄色は好きな色なんで設定が増えるのはうれしいですけどこの色合いはスイフトしか似合わないと思います。内装も黄色地が多すぎてバランスが悪くこの車の方向性がよく分からないです。昔の総武線やヤマハのストロボカラーの黄色ぐらいが個人的にはツボですしこのクラスの車にはちょうどいいと思うんですけどね。

投稿: RY | 2014年9月29日 (月) 20時05分

イエローのボディカラーはあってもいいけど、このイエローは彩度というか調合がマークXのボディとあってはいませんね。やるならもっとパールを効かせてプレミアム感を高めるとか、マイカを入れて渋くするとか。ベタで薄い気がしますね。実車は案外いいのかもしれませんが…
もしやるならそれこそポルシェやフェアレディZのスポーツカーや、ルーテシアやメガーヌのルノースポールのように、スポーツ性の高いモデルでやればそんなに抵抗はなかったことでしょう。それこそG'sでやればよかったのに…
でもなぜかG'sにしてもニスモにしても定番のブラック、ホワイト、シルバー、グレーを揃えて終わりでしょ。新型ジュークなんかノーマルに設定しておいて、ニスモにはないんですから残念ですね。
たぶん、今回の企画は実際はどうか知りませんが、ピンクラ(ピンククラウン)同様、社長の「ヮ(゚д゚)ォ!」みたいなノリでやっちゃったっぽいですよね。
トヨタのことだからそこそこ話題と実績は残すかもしれませんが、それがホントかどうかは?

投稿: アクシオム | 2014年9月29日 (月) 20時31分

mukuさん

なるほど・・・。

ネコさん

この黄色が社長の声なのかは?ですが。「面白い」をはき違えているのは間違いないですね。

RYさん

僕も黄色自体は好きです。スイフトもいいですし、NAのロードスターにもありましたよね。

アクシオムさん

はい、この微妙にくすんだ黄色がどうも。スポーツグレードの無彩色展開は僕も同感です。普通に標準車と同じでいいと思うんですけどね。

投稿: すぎもとたかよし | 2014年10月 1日 (水) 13時06分

相変わらず、ヘンなのばっかり出しますね

裸の王様がいるんでしょうね。

トヨタ車しか乗れない仕事につかなくてよかったです

投稿: nabcd | 2014年10月 5日 (日) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/57512653

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・マークX(仕様変更):

« クルマ散策:連休、恵比寿スバルビルへ | トップページ | 雑誌ナナメ読み:世間の評判はそうだけど・・・ »