« クルマ散策:ニスモでいい? | トップページ | クルマ散策:マツダ・デミオ発表会に行く »

新車心象風景:スバル・WRX S4

Wrx このモヤモヤ感は何だろうと思う。

 レヴォーグのときに、これって「インプレッサワゴンでしょ」と書いたけれど、そのセダン版となれば、そのまま1周回って来て「これ、インプレッサでしょ」となる。

 このたび、そのインプレッサから正式に独立しましたというWRX S4だけど、基本骨格はもとより、基本同じインテリアを見るにつけ「そうなの?」と思う。いくら開発チームも別になりましたなんて社内の都合を聞かされても、だ。

 もちろん、レヴォーグに準じたボディをもってして、先代レガシィB4の買い控え需要に対応するという説明は理解できるし、だからG4じゃなくて新たにS4なんですなんて意気込みも分からなくはない。

 それよりも、今回はボディ、エクステリアのモヤモヤなんである。端的に言って、実に中途半端なデザインだ。言い方を変えれば新しさが感じられないと。

 まず、プロポーションがいけない。Bピラー付近をピークとし、粗く不用意な山なりのルーフラインによるキャビンが実に野暮ったい。スバル自身はAピラーを前進させて流麗にしたと謳っているけれど、明快な3ボックスでもなければワンモーションでもないボディとの組み合わせはまさに中途半端で、全長が4.5m超もあるのに妙な寸詰まり感がある。

 ボディ自体はかなりウエッジしているから、おそらくスポーティさや前傾感を出したかったのかもしれないけど、モアっとしたキャビンとのバランスが悪いので、そういう伸びやかさは感じられない。レヴォーグの場合はワゴンとしてルーフが伸びていた分まだよかったけれど、セダンボディはそうも行かない。

 ホークアイだのヘキサゴングリルというパーツの理屈はともかく、フロントは悪い意味での既視感に溢れる。えらくでかいエアインテークはそれを助長しているばかりか、ボンネットを短く見せて寸詰まり感にも寄与する。何ていうか、この既視感は新型っぽさを完全に奪っているんである。

 いや、スバルの場合、それもこれも毎回評判のいいコンセプトカーとの落差があまりも大きい故のモヤモヤ感という話なんである。一連のSUVコンセプトは一向にフォレスターに反映されないし、最近のワゴンコンセプトとレヴォーグでは比べようもない。

 今回では、昨年のNYショーに出品されたWRXコンセプトとあまりにかけ離れてしまった格好だ。先のキャビンの残念さは、コンセプトカーのクーペルックなスマートさを見ればなおさらというところだ。

 もちろん、まったく同じデザインなんていうのは無理としても、近年のコンセプトカーが持つ「キレ」が量産車にほとんど生かされないのが惜しい。WRX S4にしても、たとえばフロントやリアにコンセプトカーのシャープさが残っていれば相当違ったのに、なんて思う。

 コンセプトカーと量産車は別なんだという風潮が根付いているのか、どうしても同じにできない事情があるのか、あるいはそもそも違っているという認識がないのか。スバルの本意はわからないけれど、少ないラインナップでこの残念感は痛い。

 さて、こうなると今後の興味は次期インプレッサだろうか。WRX S4が独立したというのなら、どう差別化を図るのか? もともと絶妙なコンパクトサイズで出発したインプレッサ、僕としては独自のポジションを取り戻して欲しいと思う。

 もちろん、それは最新のスバルデザインであって欲しい。よもや、張り出したフロントフェンダーだけ変えて、WRX S4と同じボディなんてことはないと祈って。

|

« クルマ散策:ニスモでいい? | トップページ | クルマ散策:マツダ・デミオ発表会に行く »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。おおーついにでましたね、WRX。スタイルは個人的に可もなく不可もなく…せっかくの高性能スポーツセダンとしては寂しいですが。 買う人には受ける気がしますなんとなく ただまたまた変速機がCVTてのが個人的に興味薄れるなぁ… STiにはマニュアルや5ATあるんだからS4にも設定すればいいのに?直噴ターボだと都合悪いんですかね? S4もEJ25に5ATにすれば興味わくなぁ。 とりあえず肝心のスタイルはインプレッサの顔違いでエグいワイドフェンダー、つものパターンでこれはこれでWRXファンが求めてるものなのかも?OK やりようは他にも洗練されたワイルドなデザインにすることは出来るんでしょうけど、なるべく安くかつハイパフォーマンスなモータースポーツぽい車両の雰囲気なんだと思います。ただユーザーになりたくなる間口を狭めてる気がしなくもないですけど…。スバルとしても難しいんでしょうねぇ コンセプトカーとの違いは視界やらボディ剛性などスバル基準にしたらこうなっちゃんでしょうか?このちょっと野暮ったくなるボディラインやらプロポーション&重量にコスト、スバルの堅牢なボディ作りの秘密があるとか? コンセプトカーじゃデザインできるのにしないのはなんかボディ作りの真髄があるのかも? なんて思ってみたりすしちゃいます。 質実剛健またそこが魅力なのかもなぁ。

投稿: さね | 2014年9月 2日 (火) 19時50分

マツダとそうやっていること、やろうとしているところは変わらないのかも知れません。
コアな技術(マツダで言うスカイアクティブとスバルで言うボクサーエンジン他)に、キーデザインの垂直、水平展開。
ここは指揮を振るう人の問題と、会社の事情ってやつなんでしょうね。あというなれば、マツダが欧州の玄人受けする味付けに対して、スバルは少々過度的な北米市場へ依存した作りがその差になっているんでしょう。
WRXのコンセプトカーを、コンセプト通りに再現するなら、せいぜいインプレッサ4ドアクーペになったと思うのですが…市販されたWRXの骨太な骨格とレヴォーグと共用したフロントのマッチョブリスターはそれなりにWRXなんですが、期待したようにならないのがスバルのコンセプトカー・市販路線なんでしょね。
あとサイズの問題は、やはり北米市場や中国に依存する以上、初期のインプレッササイズにはできないでしょうし、トヨタとの提携問題もあって、コンパクトカーの開発もままならないでしょう。

投稿: アクシオム | 2014年9月 2日 (火) 20時15分

スバリストはスバルしか買わない。
トヨタの客にならない、だから生き残るには
スバリストだけを相手にせよ、と言われたんだね、
これはたぶん。トヨタ側から
このようなお達しがあったのではないかと
勘ぐらざるを得ない。このごろの変わり方を見ると。

昨今のダウンサイジングの流れに乗る?
新車のように見えるが、評価は厳しい感じだ。

ダイハツは軽中心で生き残り
スバルは「ファン」に支えられて生き残りを図れ。
トヨタ様のじゃまをするでない、と筆頭家老(誰?)に
きつく言い渡されているのかも。

もはやトヨタの「スペシャリティ部門」。
「航空機会社だった」過去にすがっても
一般人にはあまり関係ない。いっそ社名を
「スバル自動車」とか
「中島飛行機」とかに変えてみるのも手だ。
耳目が集まる。
あるいはスバリストが結集して出資、
富士重工をトヨタから買い取るってのはどうだ。
1人100万円で1万人参加すれば100億。
不可能ではないのでは。
スバルらしさを守るには、それしかないと思うのだが。

投稿: 優 路 | 2014年9月 3日 (水) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/57257619

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スバル・WRX S4:

« クルマ散策:ニスモでいい? | トップページ | クルマ散策:マツダ・デミオ発表会に行く »