« 新車心象風景:スバル・WRX S4 | トップページ | クルマ散策:長野、日帰りカフェ・ツーリング »

クルマ散策:マツダ・デミオ発表会に行く

Photo_3 久々の新車発表会に行ってきました。

 すでにプロトタイプによる試乗会もあったりしたので、あらためての発表会は割と地味に・・・なんて思っていたら、バッチリ全開のイベントでした。

 スバルもそうですけど、基本的に商品がいかに素晴らしいか、そのためにどんな努力をしたのかという、実にシンプルな内容で構成されています。

 そんなの当たり前と思われるかもしれませんが、トヨタなんかは小芝居を見せたいのかタレントを自慢したいのか、何だかよくわからない内容だったりするので、マツダのような会は充実していていいです。

 しかしデミオ、チカラ入ってますねー。

2 スタイリングの細かいところなどはまたあらためて書きたいと思いますが、とにかく作りが丁寧です。それは外装の各パーツやパネル精度なんかもそうですが、やっぱり内装がすごいなあと。

何て言うか、座った風景は欧州コンパクトカー、たとえばルーテシアなんかと同じかそれ以上のクオリティ感。マーチはもちろん、ノートやヴィッツ、アクアと同じカテゴリーとは思えない。

 えてして「インテリアはクラスを超越!」なんていうと、張り切ったわりにセンスが悪くて中途半端に終わっている例が多いんですけど、そういう違和感がどこにもないんですよね。普通に「いいなあ」と思えるのは結構スゴイことです。

3 玄人受けもよく、評論家さんの中にはもう注文したという方もいるくらいです。僕もFFジェミニのターボディーゼルに乗っていましたから、小型ディーゼルの素晴らしさはよく知っていますし、ましてや新時代のクリーンディーゼルは気になりますね。

 ただ、正直言うと、僕はエクステリアデザインにいまいちしっくり来ないところがあって「いますぐ欲しい!」とはなっていないんですよね。

 あ、まあそのあたりは今度また・・・。

|

« 新車心象風景:スバル・WRX S4 | トップページ | クルマ散策:長野、日帰りカフェ・ツーリング »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

新型デミオ、僕も実車はテレ朝前で拝見しましたが、作りは宣伝文句に違わず丁寧で上のアクセラ、アテンザとそれほど変わらない仕上がりに感心しました。特にインテリアは…
エクステリアは、確かに魂動デザインなんですが、フロント以外の部分で意外と3代目デミオのフォルムや面影を踏襲していると感じますね。そこがデミオであることを認識できる部分であり、逆に魂動デザインで足並みを揃えるマツダのラインナップに合ってちょっと外れているとも思える部分ですかね。
外観上しっくりこないと思えるとはどんな部分でしょうか?ボクはやはりアクセラから引き継いじゃったグリル内のナンバー配置と、ウィンドウグラフィック、特にリアサイドドアのデザインがイマイチかな…せっかくなら、リアドアのハンドルをウィンドウに配置してクーペっぽくしても良かったかなと。
それよりも続いて登場するであろう、CX-3に期待ですね。

投稿: アクシオム | 2014年9月12日 (金) 10時42分

こんばんは。いや~デミオ内装凄いですね、驚きました。鼓動デザインは格好いいですが、もうちょっと進化した新しい鼓動デザインを見たかったかな、十分格好いいですけど。 クリーンディーゼルも4WDもあるんですか少しお高いけど… だだっ広さと&カタログ燃費数値ばっかの軽自動車やライバルのコンパクトカーに負けないで売れて欲しいですね。素直にスカイアクティブ&鼓動デザイン凄いですね。 が、デミオはまあまあ小さくまとめられるなら他も横幅もうちょい削ってくださいよーマツダさん。取り回しは意外にCXー5でも困らないとは思っても、物理的に日本では大きいのは確かだし、アクセラもいずれ1・5ディーゼル4WDつむのかな…。デミオ見てたら噂のCXー3が出たら似たような車を買い替えばかりの自分は後悔するんだろなぁ… 後悔先にたたずか。 まあマツダみたいな正統派ぽい骨太メーカーもあれば、アイデア(倒れ?)メーカーや、普通なメーカー、退屈メーカーがあるからマツダが輝いて熱く見えるんでしょうね日本のメーカーは。マツダにはこのまま熱く柔軟に頑張ってほしいです。

投稿: さね | 2014年9月13日 (土) 01時08分

いつも愉しみに読ませていただいております。
そうですか デミオ良いんですね。昔の「マツダ地獄」といわれていた時代を知るものとしては隔世の感があります。
日本車の中では乗ってみたい車がなく今はVWのup!に乗っているのですがこのデミオ、同じように真面目な車造りが
されているのでしょうか。特にクリーンディゼルは気になります。是非試乗記をお願いしたいと思っています。

投稿: 次の候補はPOLOですが | 2014年9月13日 (土) 10時13分

デミオには3代目まで乗ってみました。
1代目はともかく、2,3代目の「インテリアデザイン」はコンセプトに相応しい「秀作」だったと思います。ただ、乗ってインテリアに触れてみると他車に比べても素材が安っぽかったりバリが残っていたりとコスト削減の厳しさを感じました。3代目についてはシートが明らかにガサツで「エクステリアはいいのに中身はこれか・・・」と悲しくなった記憶があります。

個人的には3代目のエクステリアと4代目のインテリアが合体したらいいのにと思ってます。

投稿: ネコ | 2014年9月14日 (日) 18時18分

アクシオムさん

しっくりこないのはサイドボディですね。またここに書きますが、どうもまとまっているとは思えなくて。CX-3はとくにデミオベースなのでなければ、もう少し洗練度を上げてほしいです。

さねさん

いやあ、悪い意味での普通のメーカーや退屈なメーカーは要らないですよ、もはや。CX-3はたしかにヴェゼルのライバルですね。HVとディーゼルというアプローチの違いが明快でいいと思います。

次の候補はPOLOですがさん

いいですね、アップ! GTの発表を待っているんですけど、EVが先のようですね。アップ!やポロとデミオではパッケージングの方向性がまったく違いますね。僕は両者とも真面目だと思いますので、こういう違いは面白いと思います。

ネコさん

3代目ボディに4代目内装・・・ある意味的を射ている気がします。たしか3代目をまとめたのはいまの前田デザイン部長だったかと。

投稿: すぎもとたかよし | 2014年9月16日 (火) 09時10分

こんばんは。
 
個人的にはこの四代目、マツダ渾身の力作だと感じました。
 
サイドのラインについては、動物の生命感、躍動感を表現しているので、前輪(前足)から引かれたラインと後輪(後ろ足)から引かれたラインがこのようになるのは、私はありだと思います。
 
三代目のようにまっすぐラインを引くのは分かりやすく簡単ですが、それなら別に『魂動』じゃなくても良いかと…
 
余談ですが、以前お話しましたように、私は三代目に乗っていますが、
この間アライメント調整して頂いたら、ただでさえ優れたハンドリングが、安定感を伴いさらに優れたハンドリングに昇華し、ますます愛着が湧いている所です(笑)

投稿: とあるイラストレーター | 2014年9月17日 (水) 03時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/57344145

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:マツダ・デミオ発表会に行く:

« 新車心象風景:スバル・WRX S4 | トップページ | クルマ散策:長野、日帰りカフェ・ツーリング »