« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

新車心象風景:トヨタ・マークX(仕様変更)

X_2 なんて言うか、実に軽々しい企画なんである。

 何度か書いたことがあるけれど、たしかに以前からトヨタの色のセンスはよくなかった。

 たとえば日産が先代マーチで実に多彩な色彩展開を行い、毎年のようにカラー・アワードを受賞していたのに比べると、地味というか暗いというか、一体カラーデザイナーは何をやっているんだ?と思うくらいだった。

 実際トヨタでなかなかいいネという記憶があるのは、どうも社外デザインのにおいがする3代目カローラⅡ3兄弟や、初代イプサム、あるいは欧州デザインの初代ヴィッツくらいで。

 それがまあ、例のピンク・クラウンで目覚めた、というか調子に乗っちゃったのかと。もちろん、ピンク・クラウンは話題作りには成功したし、その後にヒュー・ジャックマンを起用したTVCFでの空色や草色も広告用にはなるほど面白かったとは思う。

 けれども、マークXにこの黄色はだめだ。

 先のカローラⅡもそうだけど、パステルカラーのような明度、あるいは彩度の高い色は基本的にコンパクトでプレーンなボディに似合う。実際、先日マイナーチェンジしたヴィッツがほぼ同じ色をセールスカラーにしていたけれど、クルマの出来はともかく新鮮さは出せていた。

 それがマークXのようなデカい図体で、しかも特段プレーンでもないボディではもういけない。広い面積に色が持たず、取って付けた感がものすごい。

 さらに黒と組み合わせた内装はもっとキツイ。もともと黄色のインテリアは難しいけれど、こいつは配色が安易で実に安っぽい。マークⅡクラスでこの感覚はちょっとあり得ない。

 いや、僕は今回の「イエローレーベル」がことさらダメだと言いたいんじゃない。何て言うか、こういう意外な発想による話題性でパッと売っちゃおうというやり方全般がどうかと思うんである。

 これは色だけじゃなく、たとえばヴィッツやSAI、先日のカムリなど一連のド派手マイナーチェンジ車も同じで、イマイチ目立たないからとにかくパーッと派手にしちゃう感じだ。もはやコンセプトも何もなく。それで話題があるうちにガンガン売ってしまえっていう。

 表現は難しいんだけど、愛着云々ではなく、自社のクルマを単に「商品」としてしか考えず、どういうクルマを作りたいかじゃなくて、どうしたらいますぐ売れるかだけを考えた感じだ。そうして流れ作業のような仕事に邁進している。

 なんだろう、あれだけの車種があるとそういうことになるんだろうか。ひとつひとつ真面目に考えてられないやなんて。ここでマークXを黄色くしたところで体制に影響はない、とか。

 まあ、そんなんでもこの国なら5割近いシェアを得られるんだしね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

クルマ散策:連休、恵比寿スバルビルへ

Photo 連休中、遅まきながら、恵比寿スバルビルのショールームへ行って来ました。

 立派な建物と聞いていたのでさぞ混んでいるのかと思いきや、ショールームには2、3人。意外です。

 ひととおり見終わってから併設のタリーズコーヒーでふと思います。うーん、何だか物足りない。この寂しさは一体?

 それはまあ、やっぱりラインナップでしょうか。最新のWRX S4はSTIと同じ景色だし、レヴォーグに腰かけてもこれまた同じ。ボディも似通うインプレッサに乗ると内装もほとんど同じ。そう考えるとショールームはインプレッサシリーズの他はフォレスターにエクシーガ。あとは86と同じのBRZ。

 そして、今回はルクラやプレオという軽自動車、コンパクトのトレジアが置いてません。そりゃあOEMだし・・・という気持ちは分かりますが、ラインナップしてるのにショールームにないって結構スゴイ話です。

 新社屋。ここにくればスバルのすべてが・・・なんて気持ちで来ると、あれ?と思います。そうか、実際にはこんなもんかと。いえ、車種が少ないのはいいとして、その展開の幅が狭いというか重なり過ぎというか。一挙にあれもこれも見学できて満足、という感覚が薄い。

 まあ、スバル的には販売台数をどんどん更新する順調ぶりなんだからいいんでしょうけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クルマ散策:長野、日帰りカフェ・ツーリング

Photo 連休の中日。丸一日空いていたので、フラッと長野まで珈琲を飲みに行って来ました。

 珍しく早起きをして、朝6時前に出発。国立から中央道、八王子から圏央道、そして関越道から上信越道へ。

 さすがに連休中だけあって関越道までは結構な交通量でしたが、上信越道に入ると空いています。途中横川SAで休憩をしましたが、それでも9時前には目的地の長野県は佐久市に到着しました。

 1件目のカフェはその佐久市にある「Yushi Cafe」。ここは長野の行き付けの旅館のご主人に教えていただいたカフェで、少し前に初めて行った時の印象がとてもよかったので再訪しました。

Yushicafe2 旅館のご主人曰く「極めてレベルの高い店」。どうやら古民家を移築したようなのですが、外装をブルーグレーに塗ったセンスにまず驚きます。内装は流行りのカフェ風ではありますが、棚やガラスケースなどのアンティークの使い方が巧く、外装とのバランスがいいですね。あ、オーディオは手作りの真空管アンプと、旧いトリオのスピーカーを使っていました。

 みかんと白桃のジャムをたっぷりのせたトーストと、いまどき珍しい浅煎りのブレンドのモーニングセットは500円! パンも胚芽の特徴を出した手作りで、それでこの値段はちょっとあり得ないですね。

 2件目はご存知「丸山珈琲」の小諸店へ。

 国道沿いにあるこの店は広いガラスにを使った明るいところです。YushiCafeとは対照的なピカピカの建物は清潔感溢れるもので、店員さんもビシッとしています。

Yushicafe たかーい天井の広い店内は椅子やテーブルの配置も余裕があってゆっくり。今日はおススメの小諸店限定ブレンドと、チーズケーキとしました。例によって珈琲はフレンチ・プレスで出されます。

 広い建物の半分は焙煎工房とショップに充てられています。もちろん器具も豊富に揃えてあって、さすが名店という感じですね。

 お昼過ぎまでゆっくりして、その後は上田に移動。地元で有名な蕎麦屋「草笛」で大盛りの「くるみ蕎麦」をいただきました。そうそう、上田では有名な「みすゞ飴」の飯島商店でジャムをお土産に買いました。

 帰りは長野道へ出て、中央道経由で東京へ。日帰りのツーリングは総走行550キロと結構な距離になりました。

 これで愛車ジェミニは29万9300キロに。30万キロの大台もいよいよ目前です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クルマ散策:マツダ・デミオ発表会に行く

Photo_3 久々の新車発表会に行ってきました。

 すでにプロトタイプによる試乗会もあったりしたので、あらためての発表会は割と地味に・・・なんて思っていたら、バッチリ全開のイベントでした。

 スバルもそうですけど、基本的に商品がいかに素晴らしいか、そのためにどんな努力をしたのかという、実にシンプルな内容で構成されています。

 そんなの当たり前と思われるかもしれませんが、トヨタなんかは小芝居を見せたいのかタレントを自慢したいのか、何だかよくわからない内容だったりするので、マツダのような会は充実していていいです。

 しかしデミオ、チカラ入ってますねー。

2 スタイリングの細かいところなどはまたあらためて書きたいと思いますが、とにかく作りが丁寧です。それは外装の各パーツやパネル精度なんかもそうですが、やっぱり内装がすごいなあと。

何て言うか、座った風景は欧州コンパクトカー、たとえばルーテシアなんかと同じかそれ以上のクオリティ感。マーチはもちろん、ノートやヴィッツ、アクアと同じカテゴリーとは思えない。

 えてして「インテリアはクラスを超越!」なんていうと、張り切ったわりにセンスが悪くて中途半端に終わっている例が多いんですけど、そういう違和感がどこにもないんですよね。普通に「いいなあ」と思えるのは結構スゴイことです。

3 玄人受けもよく、評論家さんの中にはもう注文したという方もいるくらいです。僕もFFジェミニのターボディーゼルに乗っていましたから、小型ディーゼルの素晴らしさはよく知っていますし、ましてや新時代のクリーンディーゼルは気になりますね。

 ただ、正直言うと、僕はエクステリアデザインにいまいちしっくり来ないところがあって「いますぐ欲しい!」とはなっていないんですよね。

 あ、まあそのあたりは今度また・・・。

続きを読む "クルマ散策:マツダ・デミオ発表会に行く"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新車心象風景:スバル・WRX S4

Wrx このモヤモヤ感は何だろうと思う。

 レヴォーグのときに、これって「インプレッサワゴンでしょ」と書いたけれど、そのセダン版となれば、そのまま1周回って来て「これ、インプレッサでしょ」となる。

 このたび、そのインプレッサから正式に独立しましたというWRX S4だけど、基本骨格はもとより、基本同じインテリアを見るにつけ「そうなの?」と思う。いくら開発チームも別になりましたなんて社内の都合を聞かされても、だ。

 もちろん、レヴォーグに準じたボディをもってして、先代レガシィB4の買い控え需要に対応するという説明は理解できるし、だからG4じゃなくて新たにS4なんですなんて意気込みも分からなくはない。

 それよりも、今回はボディ、エクステリアのモヤモヤなんである。端的に言って、実に中途半端なデザインだ。言い方を変えれば新しさが感じられないと。

 まず、プロポーションがいけない。Bピラー付近をピークとし、粗く不用意な山なりのルーフラインによるキャビンが実に野暮ったい。スバル自身はAピラーを前進させて流麗にしたと謳っているけれど、明快な3ボックスでもなければワンモーションでもないボディとの組み合わせはまさに中途半端で、全長が4.5m超もあるのに妙な寸詰まり感がある。

 ボディ自体はかなりウエッジしているから、おそらくスポーティさや前傾感を出したかったのかもしれないけど、モアっとしたキャビンとのバランスが悪いので、そういう伸びやかさは感じられない。レヴォーグの場合はワゴンとしてルーフが伸びていた分まだよかったけれど、セダンボディはそうも行かない。

 ホークアイだのヘキサゴングリルというパーツの理屈はともかく、フロントは悪い意味での既視感に溢れる。えらくでかいエアインテークはそれを助長しているばかりか、ボンネットを短く見せて寸詰まり感にも寄与する。何ていうか、この既視感は新型っぽさを完全に奪っているんである。

 いや、スバルの場合、それもこれも毎回評判のいいコンセプトカーとの落差があまりも大きい故のモヤモヤ感という話なんである。一連のSUVコンセプトは一向にフォレスターに反映されないし、最近のワゴンコンセプトとレヴォーグでは比べようもない。

 今回では、昨年のNYショーに出品されたWRXコンセプトとあまりにかけ離れてしまった格好だ。先のキャビンの残念さは、コンセプトカーのクーペルックなスマートさを見ればなおさらというところだ。

 もちろん、まったく同じデザインなんていうのは無理としても、近年のコンセプトカーが持つ「キレ」が量産車にほとんど生かされないのが惜しい。WRX S4にしても、たとえばフロントやリアにコンセプトカーのシャープさが残っていれば相当違ったのに、なんて思う。

 コンセプトカーと量産車は別なんだという風潮が根付いているのか、どうしても同じにできない事情があるのか、あるいはそもそも違っているという認識がないのか。スバルの本意はわからないけれど、少ないラインナップでこの残念感は痛い。

 さて、こうなると今後の興味は次期インプレッサだろうか。WRX S4が独立したというのなら、どう差別化を図るのか? もともと絶妙なコンパクトサイズで出発したインプレッサ、僕としては独自のポジションを取り戻して欲しいと思う。

 もちろん、それは最新のスバルデザインであって欲しい。よもや、張り出したフロントフェンダーだけ変えて、WRX S4と同じボディなんてことはないと祈って。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »