« 雑誌ナナメ読み:期待のヒット誌 | トップページ | 新車心象風景:スバル・WRX S4 »

クルマ散策:ニスモでいい?

Photo 前の記事でも書いた日産のニスモ、ただいま絶賛売り出し中みたいだ。

 話としては秋にノート・ニスモが出るに当たってのことらしいけど、うーん、以前にも書いたとおり何だかなあと思わせる。

 事務所を一新した新生ニスモは、位置づけとしてメーカーとの一体感をより強めた格好だ。じゃあたとえばメルセデスに対するAMGや、BMWのM、アウディのRSなのかと言えば、どうもそうはなっていない。

 いや、そうなっていないことがイケナイんじゃない。それはそれで独自の魅力があればいいんだけど、それが見当たらないって話なんである。

 何しろ、企画が安易だ。引き締め方向のサスペンションにスポーツシートの取付け。ボディのスポット溶接増打ち。白いボディに赤のドアミラーとボディ下のアクセントパーツをつけて一丁上がり。いやまあ、実際にはもっと細かな作業があるんだろうけど、商品として見えてくるのはそういうことだ。

 それでも、GT‐RだのフェアレディZといった比較的高額車の場合は「チューン」もそれなりにだけど、「お客さんを限定したくない」という趣旨のもと、マーチやノートまで手を広げるにつけ「仕事」のお手軽感がグッと増してきた。

 つまり、GT-Rだったらここまでやるけど、マーチはこんなもんでという落差がスゴい。車種は何であれ、ニスモと名の付くクルマはここまでやるんだ!というメッセージがどこにもないし、感じられもしない。あるのは「定型のメニューを施しました」というやっつけ感だ。

 これは見方を変えれば、そもそも対象となるラインナップに一貫性がないための悲劇とも言える。BMWの3、5、7みたいに、どれもが相応の商品ならMも必然的にそれなりになるけど、ベースがマーチだノートとなれば「あまり高価にもできないよなあ」なんて引け気味の姿勢とともに、まあそこそこでいいかと。

 それは、ノーマルだSだRSだなんていうグレード構成にも現れている。もとのラインナップじゃあるまいし、安いのはベースエンジンのままとか、Sはシートがさらにいいとか、何でそんな差を設けるのか? そういうことじゃあニスモとしての姿勢にブレが感じられるし、高い付加価値によるブランド構築にも至らない。

 もうひとつ気持ち悪いのは、日産がこのニスモをとりわけ日本市場を意識した商品展開みたいなことを言っている点だ。いまや「欲しい車がない」などと言われ、シェア10%を切ろうかというほど日本市場を切り離した日産だけど、その対応策に掲げたのがニスモの展開だと。

 そりゃあ、ハイウェイスターだのライダーがバンバン売れちゃうヤンキーな市場なのは事実だけど、だからといって本来のラインナップでの勝負をすることなく、こっち方面で何とかしようという魂胆がどうも。

 ゴーン・中村体制以降の日産は、ディーラーからステーショナリーに至るまで徹底したデザイン管理で「センスのいい」メーカーを目指してきた。ニスモの新事務所もまた小ぎれいにできているけれど、そもそもニスモという選択がそれこそセンス的にどうなんだと僕は思う。

 仮に各車種の高性能モデルを揃えたいとして、そんな汗っぽいレース方向じゃなくても、たとえば単にGTシリーズとして各車種ごとにラインナップさせればいいんじゃないか? もちろん、どれもこれも白いボディに赤いパーツなんてことはせず、通常のラインナップの延長で付加的なデザインを考えればいいと。

 グローバル化=日本市場無視みたいな風潮があるけれど、僕は決してそう思わない。事実、いまのマツダは少ない商品でそこを巧く展開している。V35スカイラインが出たときに、日産はいい意味でのグローバル化を果たすと僕は思った。まさに、マツダの先を行くフルラインナップメーカーとして。けれども、結果はご承知のとおりだ。

 だから、ニスモの大仰な展開もまた実に頓珍漢に思えてしまう。グローバル化という中、まさかこれがジャパンオリジナルなどと言うつもりなんだろうか。

 いや、トヨタがG'sをやるのは「らしい」んだけれど、日産が同じことをやってちゃダメでしょう?

|

« 雑誌ナナメ読み:期待のヒット誌 | トップページ | 新車心象風景:スバル・WRX S4 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。日産も右往左往してますねぇ… ニスモで何かやりたいならAMG並みにエンジン新しく作り直す並にチューニングするとか多段ATやDCTの変速機作るとかしたら…現実的じゃないですね(笑)マーチに…。よーするにマーチにいくらだせるか?ですよね、ベースモデルになる多くの日産車がクラスを超えた魅力的な車じゃないと、今のやっつけ仕事になるんでしょうニスモ。チューニングカーなのにベースモデルに魅力ないからコスト制限されちゃうんだろなぁ…。マーチなりマーチの長いのや高いのなりに300万だせるか!? ですよねぇ。 よほどマーチマニアじゃなきゃ無理(笑) 新車購入時点で別な車買います自分なら。 自分がエクストレイルやCXー5でなくハイブリッド嫌いのにヴェゼルにしたのは、まさにここなんです。欠陥とゆわれようと横のラインが変だろうと、新しい運転楽しい変速機やちょうどいいサイズ&パッケージに適度な加速性能。デザインも横のライン意外は全体の形は好きですし。ちなみにリコール後作られた車両なのか?いたって不具合ありません多分、1・5クラスのスモールクラスのプラットフォームの車に1クラス上の自動車と同等の支払額に欠陥車呼ばわりの車購入…痛い人と友達に言われてます(笑)不満なとこはありますけどね、まあ気にしないってことで(笑) CXー5は後ろ髪かなり引かれましたがやっぱり気楽に乗れるサイズじゃないのが自分には…。日産も新しい価値観見つけて頑張れ~ルノー&ルノースポールが出来てるんだから。ニスモの開発者…可哀相だな、なんだかなぁ…。前向きに考えてニスモブランドは数でる車両じゃないしいっそ金かけまくって別物にして、ニスモ1や2とかニスモが出す新型自動車にしてしまうとか? 頑張ってほしいです。ちなみに僕が自分の車購入をコメントするのは自動車売れない時代に、自動車メディアに近い人に1ユーザーの気持ちや何が自動車を興味なくしてるのか知ってほしいからです。とりあえず手始めにCVTは引退してほしい、そう日産、スバル止めてCVT(笑) 安いでいくなら4ATでOK。トヨタは車興味ない人向けだからCVT、Ok

投稿: さね | 2014年8月31日 (日) 16時04分

ニスモのチューニング…実家にジュークニスモがありますが、そもそもベースのクルマがよくないですね。いやチューニング自体は頑張っているんですが、例えばCVT、いくらスポーツモードで7速あるからMTを設定せずともスポーツドライブができると謳ったところで、しょせんCVT特有の空走感は消されていない。デザインにしても、ジューク特有の細部の煩雑なデザインが消化されていないから、いくら車高を下げてニスモデザインにしても腰高感はそんなに解消されていない。
そのほか、マーチやノートにしても、定形であれ、なんであれ、ニスモとしてスポーツなチューニング、メイクアップをしたところで、基本のクルマがチューニングに対して基礎がなっていないところが問題かと…
だからいくらニスモとして頑張っても、所詮、AMGやMのようなスペシャルメイクにはならないと思います。
ホントは、水野さんみたいな人がGT-Rだけの開発トップをやるんじゃなく、日産車全体を統括し、全社(車)的に日産車はこういう風にするみたいな指針、それこそ、マツダのスカイアクティブ戦略みたいなものをしなきゃいけなかったのかも知れませんね。
少なくとも、コンパクトカー、SUV、ミドル、ラグジュアリーとカテゴリー別にちゃんと統括する開発トップがいて、クルマをつくらなきゃ…
今の日産は、単に車種を統合させて、一番売れる市場(中国か北米か、新興国)で売れる仕様に標準化してクルマを売っているにすぎません。
ニスモは、一見ブランドイメージを高める武器のようでいて、実はそういったクルマたちの素性がばれないようでいて、下手すりゃばれてしまうリスクを背負っている気がしてなりませんね。

投稿: アクシオム | 2014年9月 1日 (月) 11時09分

さねさん

ヴェゼル快調でよかったです。ホンダは新しいフィット以降、商品企画がしっかりしてきた感じがします。もちろん思いつきもホンダの魅力ではありますが・・・。

アクシオムさん

そうですね、水野さんのような方が商品企画の統括をすると面白いですね。マツダの例を見ても、ちゃんとしたものを作ればそれなりに評価されるわけですから、そういうラインナップを期待したいです。早くしないと取り返しのつかないところまで来ちゃいますので。

投稿: すぎもとたかよし | 2014年9月 1日 (月) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/57220760

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:ニスモでいい?:

« 雑誌ナナメ読み:期待のヒット誌 | トップページ | 新車心象風景:スバル・WRX S4 »