« 新車心象風景:ダイハツ・コペン | トップページ | クルマ散策:ニスモでいい? »

雑誌ナナメ読み:期待のヒット誌

Photo 雑誌、「ベストカー」がなかなか面白い感じだ。

 日産退社後、各方面で引っ張りだこの水野和敏氏だけど、同誌での新車評価記事もそのひとつ。以前、GT-Rの取材に関してちょっとした行き違いがあり、それが逆に縁となったのが強みのようで、毎号の掲載は同誌のウリだ。

 で、前号では「日欧コンパクト比較」として新型ミニ、スイフト、そしてマーチ・ニスモの3台が取り上げられていたんだけど、とにかくマーチが酷評だったんである。水野氏によれば、ニスモの仕事は街のチューニング屋レベルだと、もう一刀両断。

 面白かったのは、その記事内容を意識してか、数ページに渡る誌面ではマーチの写真がほとんど出てこないところだ。ミニやスイフトは大きな走行写真と、氏のコメントを引用した大見出しがドーンと出ているんだけど、マーチは小さな紹介写真だけで、もちろん酷評の大見出しもない。

 ま、編集の腰が引けちゃったのかと。記事内容はいまさら変えられないけど、誌面としては精一杯酷評ムードを消した感じである。しかも、この記事の次ページは、何と唐突にニスモの紹介記事という実に分かりやすいオマケ付きなんである。

 さらに囲み記事では、前々号での軽自動車比較についても触れている。どうやら数台の軽の中で、同じく日産のデイズが酷評だったらしく、読者オーナーから”苦情”の手紙が来たと。で、これについては次号以降にあらためて水野氏の真意を載せますとある。

 いやあ、面白すぎる。これ、読者の手紙ってなっているけど、まあ日産からも来ちゃったんでしょう、苦情。で、記事は和らげるわ、広告記事は載せるわ。

 そもそも、あのモンスターマシンGT-Rを作った水野氏の評価は、他にない鋭さや厳さがウリの筈なのに、本当にそうなったら慌てて火消しに走るっていうのがツラいところだ。真意が伝わらなかったので後日あらためて・・・なんて、その辺の失言議員と一緒でしょう。

 で、そういう視点で今号を見るとさらに面白い。まだデイズの記事はないんだけど、水野氏のロータリーエンジンの記事の後には、またしても唐突にニスモの広告記事が。しかも、新車であるレクサスNXよりも前に堂々の3ページ!

 クルマ雑誌では非常に売れ行きがいいと言われる同誌は、その勢いをかって「ウチはやりたいことができる」とばかりに、実にバラエティに富んだ記事を展開している。それが勝者の特権であり、同時に読者の期待でもある。

 水野氏は、出身の日産だからこその厳しさであったのかもしれないけど、しかしそういう姿勢は残念ながらこのヒット雑誌でさえも許されるものじゃなかったと。

 しかし、とにかく期待はデイズの記事だ。果たしてあらためて伝える真意とはどんなものか。対日産、ニスモ的にはどんなフォローがあるのか、ないのか。こいつは相当待ち遠しい。頑張れ、ベストカー。

|

« 新車心象風景:ダイハツ・コペン | トップページ | クルマ散策:ニスモでいい? »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

水野さんの日産車評論は、厳しいようにも思いますが、デイズ然り、マーチ然り、コスト偏重のつくりゆえにごくごく真っ当かと。いや、webCGでの評価についても結構的を居たもので、開発者であった経験に基づきそれなりに理にかなっている。僕は結構好きです。まぁ自身で手がけたGT-Rに対する氏の意見には賛同し兼ねる部分はありますが…
走りのことはもちろんですが、インテリアに対する考察なんか事細かくいいところを突いているなぁと。特にV37スカイラインのセンターディスプレイの見にくさについて、自身も先代V35の開発に従事していながら、後継モデルについてズバリ痛いところを突いたなと関心しました。
ちなみに水野さんの退社は、結構普通らしいですね。この夏歴代GT-Rを開発してきた車両開発のエキスパートである開発者が退職されましたが、水野さんと1歳違いの方ですが、定年60歳でその後は再雇用は年契約になるそうですが、やはり定年から1年でお辞めになってます。後進に後を任せて欲しいと会社から言われるみたいですね。評論に関しては、直接聞いたわけではないですが、ある程度出身会社への配慮はするそうで、水野さんが最近日産車の評論を解禁したのも、その影響みたいです。
最近の日産車って、ちょっと手を抜いているいうと言い過ぎですが、割り切りが過ぎてビジネスライクでどうも詰めがあまく、玄人さがなくクルマ好きが好きになれる余地が少ないように思いますね。かと思うと、スカイラインのように最新技術が満載で玄人向けなのに、まとまりがないというか、ブランドがめちゃくちゃで統率が取れていなかったり。
そういう日産車を見ていると、水野さんの再々雇用の必要性を感じないこともないかと…

投稿: アクシオム | 2014年8月14日 (木) 06時55分

こんばんは。
 
DAYZはデザインこそなかなか綺麗ですが、なにしろコストダウンの爪跡がそこかしこに見え隠れして厳しいですね。
 
スタビライザーがハイウェイスターの2WDにしか付かないとか、横滑り防止機構がこれまたハイウェイスターにようやくオプションで設定出来るとか…
 
安全に関わる部分を平気でコストカットするその姿勢に『?』です。
 
80年代後半~90年代の輝かしい日産はもう見れないのでしょうか。

投稿: とあるイラストレーター | 2014年8月14日 (木) 20時42分

こんにちは。新車購入祝福してくださりありがとうございます(笑) 確かに面白いですねぇ。大人の事情が見え隠れして、日産も水野さんの叱咤激励を受け入れて頑張ればいいんですよ。偉大な先人の言葉を糧に頑張ってほしいです。またベストカーもこれを気にメーカーを気にせず激辛口自動車雑誌に方向になったら面白いなぁ。 ほんとジャーナリズムでなくバラエティーですねぇ。

投稿: さね | 2014年8月15日 (金) 12時33分

日産のデイズについては、ある評論家も酷評してましたね。
試乗車をメーカー地下駐車場から借りて地上に出ようとしたところ、まったくパワーがなく「壊れてるんじゃないか」と思ったそう。
モード燃費に特化したセッティングにしたら実走行に影響が出たということでしょう。ダイハツやスズキはその辺を両立するための軽量化なり、フリクションの低下なりの技術をもっているのでしょうが、三菱や日産には無理だと。

ゴーンがやってきてからの日産社を振り返ると、3代目マーチ、ティーダしかり「安普請」なのは今と変わりないと思ってます。ただ、セッティングを慎重にやったりサスペンションなんかの目に見えないところに金をかけたり「技術者の意地」を感じる部残ってたんですけどね。今は上司に言われたことをハイハイやってるだけで工夫も何もない。

水野さんは日産時代、販売会社に出向してた時期があって家を一軒一軒まわって自動車を売っていたそうですね。それですぐにトップセールスマンになったとのこと。販社から「幹部として残ってくれ」といわれたそうですがレースがやりたくて日産に戻ったそう。水野さんの話し方聞いてると「車必要なくても買っちゃいそう」と思いますもん(笑)ベストカー編集部も水野さんとスポンサーの間に挟まれてたいへんなんだろうなぁ。

投稿: ネコ | 2014年8月15日 (金) 13時55分

アクシオムさん

そうですね、性能評価ばかりでなく、商品企画として内外装についてもなかなか鋭い
意見があるのが意外です。もちろん、内容としては非常にシンプルな視点でのことを
包み隠さず書いているだけなんですけどね。それが自動車メディア界としては新鮮に
なると。

とあるイラストレーター

ゴーン氏が着任した頃は「カーガイ」なんて言われていたんですよね。だからZが復活
できたとか。

さねさん

そうそう、バラエティですね。それでもいいからガンガン飛ばして欲しいんですけどね。

ネコさん

そうですね、ゴーン氏着任直後の日産は「お金はなくても技術と工夫」を感じたんです
けどね。まあ、自社のスーパーマシンを手掛けた元社員の話を受け止められないよう
じゃあ、ちょっと残念ですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2014年9月 1日 (月) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/57074068

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:期待のヒット誌:

« 新車心象風景:ダイハツ・コペン | トップページ | クルマ散策:ニスモでいい? »