« 雑誌記事:「カービュー」不定期コラム後編です | トップページ | 雑誌ナナメ読み:期待のヒット誌 »

新車心象風景:ダイハツ・コペン

Photo まあ、難しいところに入り込んだなあと思う。

 話題は、愛らしく流行とは無縁の初代から、実にいまどきな何とも薄っぺらいスポーツ路線になっちゃったところかと。

 面白いのは、その辺をわかっているらしい雑誌メディアが、当初は新型のデザインの可否にはほとんど触れず、とにかく着せかえができることと、カッチリしたボディによる走りのよさに集中していたところなんである。

 ところが、いざ正式デビューとなって一変したのは、発表会でアナウンスされた丸目ヴァージョンを見てからなんである。「ダイハツは初代のオーナーのことも忘れてはいなかった!」などと、いきなり先代デザインに言及した話が始まったから面白い。

 彫りの深いキャラクターラインを除けば、なるほど先代のイメージをよく表現した提案は、秋にデビューするXヴァージョンの存在をも吹き飛ばしてしまった感すらある。

 けれども、そういう提案があるとすれば、まずは標準型としてデビューしたローブのデザインは、一体何を示したのかがますます分からなくなったというのが僕の感想だ。いや、スポーティな新しいデザインがダメだというのではない。ローブの形の必然性がどこにあるのか、なぜこの形でなくてはいけなかったのか、それが分からないんである。

 極端に言えば、最初に初代丸目バージョンが出て、次にローブバージョンじゃダメだったのか? いやいや、それじゃあ代わり映えしないだろうと言うなら、それほどローブのデザインに新しさや説得力があるのかと言えば、少なくとも僕にはそれが感じられないんである。

 しかも、秋のXとローブは互換性がないというのもよくわからない。いや、ドアが樹脂パネルでできなくなっちゃったからなんて理由は、まあ内側の都合だ。そんな基本的な部分が計画と違ってしまったのなら、それはそれで腹をくくらなくちゃいけないんじゃ? だっていきなり着せかえできないって変でしょ、やっぱり。

 たとえば、強いキャラクターラインを持たないXを唯一の標準にする方法だってあったんじゃないか?

 べつに駆け上がるキャラクターラインがなくたってスポーティ版の着せかえデザインはできるだろうし、そもそも、「Xmz」としてモーターショウで好評だったXヴァージョンにはこのカタチの理由も説得力もある。実は丸目ヴァージョンもこっちのドアの方が端正で似合いそうだし。

 互換性がなくなったとか、あわてて丸目ヴァージョンをチラ見せするとか、その辺のチグハグさはとにかくローブありきの話で、繰り返すけど、じゃあそれほどこのローブに魅力があるのかというとまったくの?だ。

 着せかえという発想は、単にアフターパーツメーカーに限らず、大手異業種や著名デザイナーの提案なんかを考えれば、相当面白いことになり得る企画だとは思う。だからこそ、標準車はシンプルな考え方の方がよかったんじゃないか。

 うるさい660エンジンとか、言うほど質感が高いと思えない内装とか、他にも書きたいことはあったんだけど、とにかくもっと基本的な商品企画のところが実に気になってしまったんである。

|

« 雑誌記事:「カービュー」不定期コラム後編です | トップページ | 雑誌ナナメ読み:期待のヒット誌 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

まぁバスローブのローブですから、ダイハツとしてはこれがきっかけで着せ替えを前提にした車だから、これはこれでベースであり、きっかけなモデルなんでしょうね。
そこを深く考えるか、それともさらっと次の展開、モデルに期待するか?
仰るとおり今風トレンドは抑えましたというデザインですね。
車のファッション化を進めるには格好の素材ですが、確かに著名デザイナーとか異業種ブランドとのコラボレーションをしないと、アフターマーケットだけじゃ広がりは薄いでしょうね。
実際に試乗した車は、確かになんでもござるでよく装備の行き届いた車で、やっぱりなんでもついてる実に日本の軽自動車ですが、室内のインテリアの質感はシンプルで質感が高いということはなく、ややチープかな。あとやっぱり走りの面はちょっと振動が多くて、それが逆に楽しいのかと言われるとそうでもないような…でもこれはこれで割り切ってもいいかとも思えるし。
ホンダがS660を出してくるようですが、それがどこまで本気で来るのかによりますね。その時じゃないとちょっとこの車の評価ってわからない気がします。
これから着せ替えでどんどん変化していくことは間違いないでしょうが、進化と深化もするのかも気になりますね。

投稿: アクシオム | 2014年8月 5日 (火) 20時01分

軽自動車の足元は厳しい。
平たく言えば売れ行きが悪い。
消費増税がずしり響く層の購入物だからだ。
コペンの出来がいかに良かろうとも
宣伝費はフカキョン側に回されて
コペンの宣伝は満足にできないだろう。

退職して、ビートの助手席にゴルフバッグを
載せてコースに出るのが趣味、という
人がいた。コペンもS660もリタイア組
(バブル認知層)に人気が出るのではないか。
カプチーノも急造して出現するかもしれない。
軽スポーツ時代到来、とか
来年の雑誌は書き立てるだろう。目に見えるようだ。

投稿: 優 路 | 2014年8月 9日 (土) 12時46分

こんにちは。今度のコペンはゴメン…寒ッ 初代コペン、自分なりにいいなあと思ってたのはあのデザインのみ! 新型は…まあ普通かなぁ。優しげな雰囲気なくなったのはなんだかなぁ惜しい、後着せ替えコンセプトがまったく興味わかないですね個人的に。 自分事なんですが個性的かつ変な?キャラクターラインといえばヴェゼル…買い替えました。個人的にキャラクターライン酷評してたし、欠陥呼ばわりされてるDCTのハイブリッド(笑)エクストレイルにするかなと思ってたら意外見た目…しかもCVT。CXー5はかなり走り良かったけどマツダ鼓動デザインは完成度高いけど自分には合って無かった… でヴェゼル。思ったんですけど自分、キャラクターラインに違和感あってもつまらないCVTじゃなく走りが適度にダイレクト感あってデザインに妥協できるなら満足ってことに気がつきました。 てことでコペン…マニュアルならコアなファンには満足できるのかも?それもないなFFだし… やっぱりキャラクターラインだけでなく形そのものが個人的に駄目ですね。 先代の尻下がりな感じがナイスだったのになあ惜しい…。この手のFF2シーターオープンカーはデザイン命ですよね、違うデザインも出すなら頑張ってほしいです。

投稿: さね | 2014年8月13日 (水) 16時00分

アクシオムさん

はい、アフターマーケットだけじゃあ広がりがないと思います。逆に質の高い本物志向の展開があると面白くなるかと。S660の出来によるのは仰る通りですね。個人的には今度はハードルーフかと思っていたのですが、違うという話もありますね。

優路さん

軽スポーツはいいと思いますが、その前に軽規格をしっかり考えてほしいですね。

さねさん

買い替えおめでとうございます。羨ましいなあ、新車。ホンダはミッションのリコールにてんてこ舞いのようですが、どうでしょうか?

投稿: すぎもとたかよし | 2014年8月13日 (水) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/56989012

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ダイハツ・コペン:

« 雑誌記事:「カービュー」不定期コラム後編です | トップページ | 雑誌ナナメ読み:期待のヒット誌 »