« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

クルマ散策:ニスモでいい?

Photo 前の記事でも書いた日産のニスモ、ただいま絶賛売り出し中みたいだ。

 話としては秋にノート・ニスモが出るに当たってのことらしいけど、うーん、以前にも書いたとおり何だかなあと思わせる。

 事務所を一新した新生ニスモは、位置づけとしてメーカーとの一体感をより強めた格好だ。じゃあたとえばメルセデスに対するAMGや、BMWのM、アウディのRSなのかと言えば、どうもそうはなっていない。

 いや、そうなっていないことがイケナイんじゃない。それはそれで独自の魅力があればいいんだけど、それが見当たらないって話なんである。

 何しろ、企画が安易だ。引き締め方向のサスペンションにスポーツシートの取付け。ボディのスポット溶接増打ち。白いボディに赤のドアミラーとボディ下のアクセントパーツをつけて一丁上がり。いやまあ、実際にはもっと細かな作業があるんだろうけど、商品として見えてくるのはそういうことだ。

 それでも、GT‐RだのフェアレディZといった比較的高額車の場合は「チューン」もそれなりにだけど、「お客さんを限定したくない」という趣旨のもと、マーチやノートまで手を広げるにつけ「仕事」のお手軽感がグッと増してきた。

 つまり、GT-Rだったらここまでやるけど、マーチはこんなもんでという落差がスゴい。車種は何であれ、ニスモと名の付くクルマはここまでやるんだ!というメッセージがどこにもないし、感じられもしない。あるのは「定型のメニューを施しました」というやっつけ感だ。

 これは見方を変えれば、そもそも対象となるラインナップに一貫性がないための悲劇とも言える。BMWの3、5、7みたいに、どれもが相応の商品ならMも必然的にそれなりになるけど、ベースがマーチだノートとなれば「あまり高価にもできないよなあ」なんて引け気味の姿勢とともに、まあそこそこでいいかと。

 それは、ノーマルだSだRSだなんていうグレード構成にも現れている。もとのラインナップじゃあるまいし、安いのはベースエンジンのままとか、Sはシートがさらにいいとか、何でそんな差を設けるのか? そういうことじゃあニスモとしての姿勢にブレが感じられるし、高い付加価値によるブランド構築にも至らない。

 もうひとつ気持ち悪いのは、日産がこのニスモをとりわけ日本市場を意識した商品展開みたいなことを言っている点だ。いまや「欲しい車がない」などと言われ、シェア10%を切ろうかというほど日本市場を切り離した日産だけど、その対応策に掲げたのがニスモの展開だと。

 そりゃあ、ハイウェイスターだのライダーがバンバン売れちゃうヤンキーな市場なのは事実だけど、だからといって本来のラインナップでの勝負をすることなく、こっち方面で何とかしようという魂胆がどうも。

 ゴーン・中村体制以降の日産は、ディーラーからステーショナリーに至るまで徹底したデザイン管理で「センスのいい」メーカーを目指してきた。ニスモの新事務所もまた小ぎれいにできているけれど、そもそもニスモという選択がそれこそセンス的にどうなんだと僕は思う。

 仮に各車種の高性能モデルを揃えたいとして、そんな汗っぽいレース方向じゃなくても、たとえば単にGTシリーズとして各車種ごとにラインナップさせればいいんじゃないか? もちろん、どれもこれも白いボディに赤いパーツなんてことはせず、通常のラインナップの延長で付加的なデザインを考えればいいと。

 グローバル化=日本市場無視みたいな風潮があるけれど、僕は決してそう思わない。事実、いまのマツダは少ない商品でそこを巧く展開している。V35スカイラインが出たときに、日産はいい意味でのグローバル化を果たすと僕は思った。まさに、マツダの先を行くフルラインナップメーカーとして。けれども、結果はご承知のとおりだ。

 だから、ニスモの大仰な展開もまた実に頓珍漢に思えてしまう。グローバル化という中、まさかこれがジャパンオリジナルなどと言うつもりなんだろうか。

 いや、トヨタがG'sをやるのは「らしい」んだけれど、日産が同じことをやってちゃダメでしょう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雑誌ナナメ読み:期待のヒット誌

Photo 雑誌、「ベストカー」がなかなか面白い感じだ。

 日産退社後、各方面で引っ張りだこの水野和敏氏だけど、同誌での新車評価記事もそのひとつ。以前、GT-Rの取材に関してちょっとした行き違いがあり、それが逆に縁となったのが強みのようで、毎号の掲載は同誌のウリだ。

 で、前号では「日欧コンパクト比較」として新型ミニ、スイフト、そしてマーチ・ニスモの3台が取り上げられていたんだけど、とにかくマーチが酷評だったんである。水野氏によれば、ニスモの仕事は街のチューニング屋レベルだと、もう一刀両断。

 面白かったのは、その記事内容を意識してか、数ページに渡る誌面ではマーチの写真がほとんど出てこないところだ。ミニやスイフトは大きな走行写真と、氏のコメントを引用した大見出しがドーンと出ているんだけど、マーチは小さな紹介写真だけで、もちろん酷評の大見出しもない。

 ま、編集の腰が引けちゃったのかと。記事内容はいまさら変えられないけど、誌面としては精一杯酷評ムードを消した感じである。しかも、この記事の次ページは、何と唐突にニスモの紹介記事という実に分かりやすいオマケ付きなんである。

 さらに囲み記事では、前々号での軽自動車比較についても触れている。どうやら数台の軽の中で、同じく日産のデイズが酷評だったらしく、読者オーナーから”苦情”の手紙が来たと。で、これについては次号以降にあらためて水野氏の真意を載せますとある。

 いやあ、面白すぎる。これ、読者の手紙ってなっているけど、まあ日産からも来ちゃったんでしょう、苦情。で、記事は和らげるわ、広告記事は載せるわ。

 そもそも、あのモンスターマシンGT-Rを作った水野氏の評価は、他にない鋭さや厳さがウリの筈なのに、本当にそうなったら慌てて火消しに走るっていうのがツラいところだ。真意が伝わらなかったので後日あらためて・・・なんて、その辺の失言議員と一緒でしょう。

 で、そういう視点で今号を見るとさらに面白い。まだデイズの記事はないんだけど、水野氏のロータリーエンジンの記事の後には、またしても唐突にニスモの広告記事が。しかも、新車であるレクサスNXよりも前に堂々の3ページ!

 クルマ雑誌では非常に売れ行きがいいと言われる同誌は、その勢いをかって「ウチはやりたいことができる」とばかりに、実にバラエティに富んだ記事を展開している。それが勝者の特権であり、同時に読者の期待でもある。

 水野氏は、出身の日産だからこその厳しさであったのかもしれないけど、しかしそういう姿勢は残念ながらこのヒット雑誌でさえも許されるものじゃなかったと。

 しかし、とにかく期待はデイズの記事だ。果たしてあらためて伝える真意とはどんなものか。対日産、ニスモ的にはどんなフォローがあるのか、ないのか。こいつは相当待ち遠しい。頑張れ、ベストカー。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

新車心象風景:ダイハツ・コペン

Photo まあ、難しいところに入り込んだなあと思う。

 話題は、愛らしく流行とは無縁の初代から、実にいまどきな何とも薄っぺらいスポーツ路線になっちゃったところかと。

 面白いのは、その辺をわかっているらしい雑誌メディアが、当初は新型のデザインの可否にはほとんど触れず、とにかく着せかえができることと、カッチリしたボディによる走りのよさに集中していたところなんである。

 ところが、いざ正式デビューとなって一変したのは、発表会でアナウンスされた丸目ヴァージョンを見てからなんである。「ダイハツは初代のオーナーのことも忘れてはいなかった!」などと、いきなり先代デザインに言及した話が始まったから面白い。

 彫りの深いキャラクターラインを除けば、なるほど先代のイメージをよく表現した提案は、秋にデビューするXヴァージョンの存在をも吹き飛ばしてしまった感すらある。

 けれども、そういう提案があるとすれば、まずは標準型としてデビューしたローブのデザインは、一体何を示したのかがますます分からなくなったというのが僕の感想だ。いや、スポーティな新しいデザインがダメだというのではない。ローブの形の必然性がどこにあるのか、なぜこの形でなくてはいけなかったのか、それが分からないんである。

 極端に言えば、最初に初代丸目バージョンが出て、次にローブバージョンじゃダメだったのか? いやいや、それじゃあ代わり映えしないだろうと言うなら、それほどローブのデザインに新しさや説得力があるのかと言えば、少なくとも僕にはそれが感じられないんである。

 しかも、秋のXとローブは互換性がないというのもよくわからない。いや、ドアが樹脂パネルでできなくなっちゃったからなんて理由は、まあ内側の都合だ。そんな基本的な部分が計画と違ってしまったのなら、それはそれで腹をくくらなくちゃいけないんじゃ? だっていきなり着せかえできないって変でしょ、やっぱり。

 たとえば、強いキャラクターラインを持たないXを唯一の標準にする方法だってあったんじゃないか?

 べつに駆け上がるキャラクターラインがなくたってスポーティ版の着せかえデザインはできるだろうし、そもそも、「Xmz」としてモーターショウで好評だったXヴァージョンにはこのカタチの理由も説得力もある。実は丸目ヴァージョンもこっちのドアの方が端正で似合いそうだし。

 互換性がなくなったとか、あわてて丸目ヴァージョンをチラ見せするとか、その辺のチグハグさはとにかくローブありきの話で、繰り返すけど、じゃあそれほどこのローブに魅力があるのかというとまったくの?だ。

 着せかえという発想は、単にアフターパーツメーカーに限らず、大手異業種や著名デザイナーの提案なんかを考えれば、相当面白いことになり得る企画だとは思う。だからこそ、標準車はシンプルな考え方の方がよかったんじゃないか。

 うるさい660エンジンとか、言うほど質感が高いと思えない内装とか、他にも書きたいことはあったんだけど、とにかくもっと基本的な商品企画のところが実に気になってしまったんである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »