« クルマ散策:ふたたび阿蘇ツーリング | トップページ | Drive My Car:長野ツーリングふたたび »

クルマ散策:アウディと軽自動車

Photo スズキは、今後主力車種のデザインを一新するとし、まずは次期アルトのデザインに和田智氏を起用すると発表した。

 発表の記事では、外部デザイナーの起用を「スズキでは珍しい」としていたところがあるけど、そこはちょっと違うかもしれない。

 かつてのフロンテやキャリーがジウジアーロなのは有名だし、SX4も同じイタルだ。先代スイフトもイタリアのカロッツェリアの「協力」を得たというから、実際には外部の手が入っていると思われるし。

 だから、スズキが外部デザイナーに委託するのはアリとして、しかし今回の和田氏というのは正直意外だった。

 いや、日産での初代、2代目のセフィーロやアウディでのA6、A5といった輝かしい経歴を持つ日本人デザイナーが、そのアウディを辞めて独立したままどうするんだろう、などと思ってはいた。注目されるべき日本人デザイナーは奥山清行氏だけじゃないぞ、と。

Photo_3 でも、ふたたびクルマのデザインに本格的に取りかかるのであれば、国産か外国車かはともかく、それなりのクラスのサルーンなりスポーティカーなんだろうな、と漠然と思っていたんである。大した根拠もなく。

 だから、いきなり軽自動車というのはそこそこの驚きだった。あ、そうなんだと。

 ただ、それこそ実用セダンを基本に美しいクルマを生み出してきた和田氏の経歴を考えれば、まさに実用の極みのような軽を手掛けるのは、個人的に非常に楽しみではある。

 誤解を恐れずに言えば、僕はある種のスポーティカーよりも、セダンやハッチバックなどの実用車をうまくまとめる方が、デザインとしては難しいんじゃないかと思っている。

 歴代のフェラーリや、セダンでも流麗なマセラティなどを手掛けるピニンファリーナよりも、フィアットや日本車のコンパクトなどで傑作を残してきたイタルデザインに感覚がフィットするのはそのためかもしれない。

 だから、ダイハツのコペンやホンダのS660だけやります、といのではなく、アルトという「道具感」満載の5ドアボディから始めるというのは実に面白いし、実用と美しさ、質感のバランスをどう表現するのかに期待している。

 もちろん、今後あのカプチーノ後継のようなモデルや、あるいは次期スイフトなどの小型車も含め、スズキ車をトータルでデザイン・監修すればいいのになとは思うけれど。

|

« クルマ散策:ふたたび阿蘇ツーリング | トップページ | Drive My Car:長野ツーリングふたたび »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

こんにちは.
 わたしは意外に思いませんでした.和田さんは日産の最初の軽自動車ハイパーミニもデザインしましたから.
 もちろん先進性を表現する電気自動車と,実用車としての軽自動車は,少し違うとは思いますが.

投稿: akira_isida | 2014年7月 6日 (日) 09時57分

和田さんが手掛けるとなると、クリーンなデザインの軽自動車になるんでしょうね。次期アルトからはじめて、2代続けて完全キープコンセプトなワゴンRまで手掛けると主軸はさらにしっかりするでしょうね。
ポイントは、デザイナーであって、デザイン部長じゃないって点。全体的な統括はあくまで従来のスズキの方がするんでしょうね。
和田さんのようなデザイナーが手腕を揮えるのはいいことですね。
手詰まり感漂う日産にも外部の血が必要な気がしますが…そういえば先月知人のデザイナー氏と会ってビークロスの話が出た際、史郎さんつながりであのサイモン・コックス氏がインフィニティに招聘した話が出ましたが、サイモン氏も事故に遭われて結構大変だったそうです。話を聞くと、和田さんも含め、デザイナーの世界ってホント外から見るよりも随分狭いというか、つながりが濃いことを感じますね。まぁ交流が活発で、渡り合える世界なんでしょうね。

投稿: アクシオム | 2014年7月 6日 (日) 20時34分

現行アルトのデザイン好きなんですよね。でも、もっと難しいのはワゴンRのデザインチェンジでしょう。
軽自動車に革命を起こした初代のデザインテイストを20年続けてるわけですから。
911なんかのスポーツカーを除いて、世界の自動車の歴史でもこんなことってほとんどないのでは。
社内デザイナーは恐ろしくて恐ろしくて手が出せないでしょうから。
これに成功できたら、世界の自動車メーカーがほっとかないでしょう。
それくらいの難題だと思います。

投稿: ネコ | 2014年7月 8日 (火) 23時22分

akiraisidaさん

そうですか。なかなか鋭い読みですね。僕はまったく・・・でした。

アクシオムさん

サイモンコックスがインフィニティですか? 知りませんでした。
たしかに日産はデザインに投資しているわりに結果が・・・。どうして
こういうことになってしまったんでしょう。

ネコさん

現行アルトは安っぽさを突き抜けたカジュアルさがありますね。
たぶん、これとは別の方向にゆくんでしょうね。僕もワゴンRもやって
欲しいと思いますが、いまのところそういう話じゃないですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2014年7月11日 (金) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/56701305

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:アウディと軽自動車:

« クルマ散策:ふたたび阿蘇ツーリング | トップページ | Drive My Car:長野ツーリングふたたび »