« Drive My Car:長野ツーリングふたたび | トップページ | 雑誌記事:不定期コラム掲載されました »

新車心象風景:スバル・レヴォーグ

Photo いろいろな意味で、これからに期待するクルマなのかな、と思う。

 これを「インプレッサのワゴンでしょ」と言ってしまえば話はそこで終わりなんだけれど、そういう単純な正体をいかにうまく包装するかが商売といのもまた事実だ。

 大きくなりすぎたレガシィに代わって、日本市場に合わせたワゴンを用意しましたというストーリーは、だからアイサイトで活気づいた新規層には取りあえず通用するだろうと。「25年目のフルモデルチェンジ」というコピーはどうにもピンと来ないけれど、これもまた「なるほどネ」という層はきっとある。

 日本専用などと言いつつ、1780ミリもある横幅はどうなんだなんて話も、評判のよかった4代目と同じですという説明が用意されているようだ。何だかんだで、実際は欧州市場あたりを横目で見ながらの開発なんでしょ、とクルマ好きに見抜かれていたとしても。

 コの字型に張り出したアクセントを持つホークアイとヘキサゴングリルの組み合わせは、最先端スバルのアイコンとして不足はない。レガシィならリアに抜けてもいいだろうウインドウグラフィックも、たとえばデザイン部長が現行レガシィ同様ここはボディ色だと言えば、まあそれは最新のスバルスタイルと考えられるし。

 いわゆるダウンサイジングとは違うと思うけれど、なぜかそういうふれ込みで紹介される1.6リッターエンジンも、これが最新の高効率エンジンだと言えば納得だ。

 歴代の買い換え需要の支えに加え、そうした新規層も積み重なってか、初期受注はそれなりに好調とのことだけれど、それは想定したほどでもないという声も聞く。なるほど、全幅1800ミリに近いこのワゴンの販売状況がすっかり落ち着くのは、それほど先のことじゃないかもしれない。

 ただ、それはレヴォーグが打ち上げ花火的なクルマということじゃない。尻上がりにヒットするか否かは恐らく今後の展開次第で、レヴォーグが25年目のレガシィだというなら、歴代がそうであったように、商品力を常に維持する工夫が必要かと。

 たとえば、燃費性能ですっかり遅れをとったスバルとしては、本当は最初から用意したかったのがディーゼルやHVだけど、これは早い次期に投入できるなら遅いということはない。いや、実際欧州市場に持って行くなら、この際ユーロ6対応の水平対向ディーゼルに本格チャレンジするのも悪くないと思う。もちろん、レヴォーグ以外にも展開できるんだし。

 それから、内容の濃い特別仕様の適宜追加。べつにSTIとかだけじゃなく、もっと幅広い視点でエンジンや足周りに手を加えたバリエーション、かつてのブリッツェンのような高付加価値仕様など、実のあるスバルらしい商品力を見せ続けることが肝要かと。これは歴代でずっと行ってきたことだから、その勘所も十分知り尽くしているわけだし。

 そうやってスバルらしい工夫を続ければ、レヴォーグは単なるインプレッサのワゴン版に止まることはなく、独自の商品価値をもつことができると思う。そして、この手の商品展開は一旦うまく行くと好循環が始まることも多いから、まさに尻上がりなヒットも期待できる。

 ところで、レヴォーグが日本市場で成功したあかつきには、トレジアがパッとしないコンパクトクラスにも本格参戦を期待したいところだ。いや、そのコンパクトと軽を見切ったからこそいまの絶好調があるんだという話は理解できるけれど、そこはそれ、やり方次第だと思うので。

|

« Drive My Car:長野ツーリングふたたび | トップページ | 雑誌記事:不定期コラム掲載されました »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

すぎもとさんこんにちは。
 
レヴォーグに対する私の印象はすこぶる良いです。
 
綺麗なシルエットのボディに、最近のスバルテイストを嫌みなく上質にまとめた感のあるフロントフェイス。
 
カッコいいですね。フロントも好きですが、特にサイドビューが綺麗で好きです。
 
現行レガシィも嫌いじゃないですが、あちらよりも個人的には魅力を感じます。

投稿: とあるイラストレーター | 2014年7月20日 (日) 08時52分

僕はこのクルマの出来について言うと、まぁまぁそこそこ、狙っているところは突いているかな…とは。
しかし、レガシィのツーリングワゴンの後継という割には、レガシィから引き継いだ物って実はそんなにあるようで少ないように思います。
レガシィツーリングワゴンは、現行5代目でも、レヴォーグが直接ターゲットにしたという4代目にしても、ターボ車が基準にして、それ以外のベーシックなレガシィについては引き継いでいない。まぁ全グレードGTですからね。
それとデザインやパッケージ面からすると、レガシィの小さい版というよりも、半分共用しているWRXのワゴンとしての側面の方がずっと強いように思いますね。
まぁスバルのワゴンに期待する層にド・ストライクにはまったワゴンであることは確かですが、ホントの意味でレガシィのツーリングワゴンを引き継いだとは思えない。
ホントは、もう少しエンジンのラインナップが広く持てたり、ミッションもCVTだけじゃなくトルコンか6MT,もっと求めるとデュアルクラッチなんかあると広がりがあっていいのかもしれません。そう、水平対向のディーゼルがあって、ハイブリッドもありますよだったら、全幅を除いてサイズの面も含めて新しいレガシィのツーリングワゴンだったのかもしれません。
しかし、ホント日本市場にターゲットを絞った車ってどこのメーカーもラインナップが少ない。あまりにもスイートスポットに絞りすぎてますね。

投稿: アクシオム | 2014年7月20日 (日) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/56836273

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スバル・レヴォーグ:

« Drive My Car:長野ツーリングふたたび | トップページ | 雑誌記事:不定期コラム掲載されました »