« カービュー・不定期コラム掲載しました | トップページ | Drive My Car:3週間ぶりの愛車退院 »

雑誌ナナメ読み:日産、復活への狼煙はどこに

Photo 雑誌「ドライバー」の日産特集が、ちょっと惜しい感じだ。

 「復権への狼煙」と題した今回の記事は、昨今の日産車がどうも日本市場にはピンとこない、欲しいクルマがない。大丈夫なのか日産は、というなかなか面白そうなテーマ。

 まずは、昔はよかったとして80~90年代の輝かしいラインナップを紹介。初代マーチやプレイリーなど80年代前半もよかったけど、初代プリメーラやS13シルビア、R32スカイラインにZ32フェアレディあたりは最高だったね、と懐かしく振り返る。

 一方、現行のデイズ、ティアナ、エクストレイル、スカイラインに改めて試乗。何やら中途半端にほめているのは苦しいところだけど、それでも「いいんだけど、つまらない」と結論しているところもそれなり。

 加えて、いくらメーカーを叩いても差し支えない?読者の否定的意見を集めて紹介し、いかにもな雰囲気を作り出すのは常套手段なところ。

 まあ、そもそものとっかかりが、なぜか妙に大きく取り上げられる2リッターターボ搭載の新スカイラインの紹介にあったにせよ、それでも趣旨が伝わるだけの疑問提示にはなっていると。

 ただ、惜しいのは「未来への提言」とする今後の展望部分なんである。これがいかんせん物足りなかった。

 たとえばマーチニスモが持つニッチな可能性という提言は、やっぱりベース車の残念さを考えれば相当に無理がある。東京モーターショーで評判だったIDxが突破口という案も、あの1台でラインナップがどうなるって話じゃないわけで、提言としてはなかなか苦しい。

 比較的コンパクトなインフィニティQ30が期待というのも、そういう市場が日本にないのはレクサスCTあたりでよくわかっている筈だし、リーフやNV200の電気自動車の可能性に至っては、さらに絶賛苦戦中なんである。

 つまり、結局は現行車種を取り上げて未来への可能性を示すという発想は、そもそもが企画趣旨から外れているわけだし、いくら未来への「種まき」と言われても説得力がない。

 で、この手の日産話では、基本カルロス・ゴーン氏へのダメ出しが主流で、だからこそ今回も80年代がよかったなんてことになるんだけど、それはちっと違うかなと僕は思っている。

 いまにつながる、あるいは今後の日産車のあり方を考えるなら、V字回復期に出した商品群こそにヒントがあるんじゃないか? すなわち、先代のマーチやキューブ、ティーダ、シルフィ、ティアナ、フェアレディZ、ムラーノという良品たちに。

 お金がない時代故、新技術こそあまり見られなかったけれど、その新鮮な商品企画と練り込まれたデザインは非常に輝いていた。それは例の80~90年代のきらめきとも違う、新しい日産の提案が詰まっていたんである。

 つまり、つい一世代前まで日産車は十分大きな可能性を見せていたわけで、そんなに昔を振り返るまでもないと。さみしい懐でも知恵と工夫でいいクルマは作れるし、日本で評判を取れるクルマは海外でもウケる。もちろん、いまならそこに新しい技術を投入する余裕だってある。

 少なくとも、日本市場から見れば日産はグローバル化にありがちな落とし穴にどっぶりハマっている。世界で戦うんだから英語が必須だし、生産も海外メインという定説にあまりにも安易に乗ってしまったように思える。

 本当は日本語しか話せなくても、まじめな商品を作れば世界で通用する。それは変にスポーティであったりノスタルジックであったり、あるいは高級であったりする必要もない。肝心なのは優れたセンスとメーカーとしての良心なのでは?などと思ったりする。

 今回の特集ではせっかく面白いテーマを選んだんだから、まとめも現行車種に逃げるような中途半端なことはしないで、もう少しトータルなクルマ作りの視点、姿勢を提言すればよかったと思うんである。

|

« カービュー・不定期コラム掲載しました | トップページ | Drive My Car:3週間ぶりの愛車退院 »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

「お金が無いなら無いなりに良いものを作る」
そんなことって日本人は得意なハズなんですよね。個人的にはラフェスタなんて地味だけど良かったんじゃないかなぁって思ってます。奇をてらわず、基本に忠実な車造りをすれば良い車を作れますよね!日産なんだから。

投稿: としぴん | 2014年5月30日 (金) 21時01分

とりあえず国内販売での取り組みなんて記者会見を日本人副社長が2人並んでやってましたが、日産も薄々は日本市場に対する危機感を感じたのか?それとも日本市場担当の副社長の責任問題になる前の対策なのか?結局のところ、これと言って凄い取り組みはなく、これからも日本独自の大きい話題もなければ、日本から発信するニューモデルの展望も望めないと感じたのが正直なところ。
ドライバー誌の企画なんて、本来メーカーにとってはやられちゃまずいことであり、それだけ日産が日本市場を軽視しているか、広告宣伝をケチっている証拠であり、まだ「復権への狼煙」とやってもらえるだけ救われているのかも知れませんね。
でもやっぱり悲しいかな?80年代、90年代のノスタルジーで昔の日産を引き合いにしていまの現状を嘆くのはやっぱり現状を直視していない。年末年始に発表されたニューモデルを俎上にあげるのであれば、きちんとグローバルな視点で進めらた車種の統合(エクストレイル→ローグ、キャシュカイとの統合、ティアナ→アルティマとの統合)と日本市場での整合性を含む商品企画のこと、Vシェイプやブーメランデザインに見られるデザイン戦略、それに経営とデザインのトップの長期政権など、現状だけでも相当突っ込める内容だとは思うんですが…
90年代まで遡ると、確かに我々40代くらいの世代にとっては夢を抱けるのかもしれませんが、いまの日産をちゃんと検証するには無理があると思う。やるならゴーン政権15年の検証なのかも知れませんね。
ボクも2001年に登場した3代目プリメーラやV35スカイラインのデザインやパッケージは日産が新しいスタートを切るにふさわしい内容やセンスを持っていたと思う。
いまの日産にはそのシンプルでわかりやすさがないですね。

投稿: アクシオム | 2014年6月 1日 (日) 08時49分

こんにちは。日産はもう日本メーカーでなくゴーン自動車会社日本アジア支部なんでしょう。一時代を築いた日本の誇る自動車メーカーだったのは今は昔…しょーがないですね自業自得で衰退したんだし、また商売だし。 今も国内ディーラー数も多いし国内No.2メーカーと思ってる人も多いんでしょうね… 日産に多くを求めてもしょーがないし、日産以外にも技術を誇る日本メーカーはあるし。一つ生粋の日本の自動車メーカーがなくなったとゆうことで…残念ですけど。デザインではエクストレイルから始まったVモーション、キャッシュカイ、ムラーノとかパルサーしか画像で見てないですがもっとかっこよくしてほしいです。エクストレイルの時は期待感も含めカッコイイと思ったんだけどなあ…。まだまだこれからかな?エクストレイルも街中でみたら普通だった… とにかく日産は国内大手と思ってるユーザーや昔ながらの日産ファンを裏切らないよう頑張ってほしいです。話変わりますが最近日本車のリコールいくらなんでも多すぎませんか?リコール制度は良いことですが、今の安いのに高品質、みてくれはまあ許容範囲でタフな日本車ブランドとしては痛手ですよね。コストダウンや部品共用化や耐久性テストも手抜きなのかなぁ…

投稿: さね | 2014年6月 3日 (火) 10時11分

私もこのドライバーの記事を読みましたが、安直な記事だなあと感じました。
確かに現在の日産にとって日本市場は一番重要ではないのかと思いますが、その代わり本腰を入れている北米、中国市場では絶好調であることをこのライターは知っているのかどうか?
リーフにしてもアメリカでは月間3000台を売さばき、ヨーロッパでもノルウェイを始め相当な数が出ています。
このドライバーの記事にしても、他の雑誌や新聞でもその辺りのことは意識的に無視しているようにも感じます。
後腐れのない外資であること、日本企業の社長としてはかなり大きい年俸を得ているゴーン社長ということで批判のターゲットにし易いのではないでしょうか?
トヨタは今年アメリカ政府から1200億円の巨大な制裁金の支払いを命じられているけどそのことに言及する日本のマスコミはほとんどありませんでした。
莫大な広告収入をもたらしてくれるトヨタやホンダは怖くても日産なら安心して叩ける・・・なんて考えているなら日本のカージャーナリズムも情けないの一言です。

投稿: ピエール | 2014年6月 8日 (日) 01時21分

所有する車の関係で、日産の人とは接点がある。
先日も電話がかかってきた。「今年、車検なんですが」
知ってる。俺の車だし。「新車にご興味は?」
あるよ。でも俺も家族がいるから、趣味に走れないんだ、今は。
人と荷物、両方のスペースがいる。そうだな。
国産ならカローラフィールダーにフリードに…
もし今もってる車がダメになったら
当座はこの辺を買ってしのぐ。「日産車は?」
そこなんだよね。俺も考えてなくはない。ぎりぎり、
日産なら選択肢はラフェスタ・ハイウェイスターかな。
でもそれならマツダで買った方がいいでしょ。
…結論を言うと、日産で今、買う車は見つからない。
そのかわり、今の車のメンテはきっちり日産でお願いするから。
と言って電話を切った。

技術の日産。ブルーバードSSS。どこにいってしまった。
消費者は待っている。平たく言えば「リバイバル」を。
日産にもビートルやミニのような車があってもいい。
昔の車の「新解釈」のような車を出せば売れるかもよ。
今お金もってる人の大多数は、昔の日産を知っているはず。
人が車に望むものは、実用性もさることながら
「夢」じゃないですかね、ゴーンさん。
他社の標語のようになっちゃったけどね。

投稿: 優 路 | 2014年6月10日 (火) 11時15分

としぴんさん

ヒットはしませんでしたが、ラフェスタもよかったですね。良品な感じです。

アクシオムさん

そうそう、ゴーン体制以降の話じゃないと。プリメーラもスカイラインもシンプルでよかったですね。あれだって海外を見据えたという点では同じだったのに。

さねさん

エクストレイルがよくないとは僕も思いませんが、商品展開がどうも。もちろん、日産の戦略的には合理的なんでしょうけど。

ピエールさん

僕らの日産・・・という視点での記事が書きやすいんでしょうね。叩くのはいいのですが、現状を見据えたうえでというのは仰るとおりですね。

優路さん

まあ、そんなに昔じゃなくても、たとえば先代ティーダはとても良心的でした。あれにいまの技術が載れば、などと思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2014年6月11日 (水) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/56349567

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:日産、復活への狼煙はどこに:

« カービュー・不定期コラム掲載しました | トップページ | Drive My Car:3週間ぶりの愛車退院 »