« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

雑誌ナナメ読み:日産、復活への狼煙はどこに

Photo 雑誌「ドライバー」の日産特集が、ちょっと惜しい感じだ。

 「復権への狼煙」と題した今回の記事は、昨今の日産車がどうも日本市場にはピンとこない、欲しいクルマがない。大丈夫なのか日産は、というなかなか面白そうなテーマ。

 まずは、昔はよかったとして80~90年代の輝かしいラインナップを紹介。初代マーチやプレイリーなど80年代前半もよかったけど、初代プリメーラやS13シルビア、R32スカイラインにZ32フェアレディあたりは最高だったね、と懐かしく振り返る。

 一方、現行のデイズ、ティアナ、エクストレイル、スカイラインに改めて試乗。何やら中途半端にほめているのは苦しいところだけど、それでも「いいんだけど、つまらない」と結論しているところもそれなり。

 加えて、いくらメーカーを叩いても差し支えない?読者の否定的意見を集めて紹介し、いかにもな雰囲気を作り出すのは常套手段なところ。

 まあ、そもそものとっかかりが、なぜか妙に大きく取り上げられる2リッターターボ搭載の新スカイラインの紹介にあったにせよ、それでも趣旨が伝わるだけの疑問提示にはなっていると。

 ただ、惜しいのは「未来への提言」とする今後の展望部分なんである。これがいかんせん物足りなかった。

 たとえばマーチニスモが持つニッチな可能性という提言は、やっぱりベース車の残念さを考えれば相当に無理がある。東京モーターショーで評判だったIDxが突破口という案も、あの1台でラインナップがどうなるって話じゃないわけで、提言としてはなかなか苦しい。

 比較的コンパクトなインフィニティQ30が期待というのも、そういう市場が日本にないのはレクサスCTあたりでよくわかっている筈だし、リーフやNV200の電気自動車の可能性に至っては、さらに絶賛苦戦中なんである。

 つまり、結局は現行車種を取り上げて未来への可能性を示すという発想は、そもそもが企画趣旨から外れているわけだし、いくら未来への「種まき」と言われても説得力がない。

 で、この手の日産話では、基本カルロス・ゴーン氏へのダメ出しが主流で、だからこそ今回も80年代がよかったなんてことになるんだけど、それはちっと違うかなと僕は思っている。

 いまにつながる、あるいは今後の日産車のあり方を考えるなら、V字回復期に出した商品群こそにヒントがあるんじゃないか? すなわち、先代のマーチやキューブ、ティーダ、シルフィ、ティアナ、フェアレディZ、ムラーノという良品たちに。

 お金がない時代故、新技術こそあまり見られなかったけれど、その新鮮な商品企画と練り込まれたデザインは非常に輝いていた。それは例の80~90年代のきらめきとも違う、新しい日産の提案が詰まっていたんである。

 つまり、つい一世代前まで日産車は十分大きな可能性を見せていたわけで、そんなに昔を振り返るまでもないと。さみしい懐でも知恵と工夫でいいクルマは作れるし、日本で評判を取れるクルマは海外でもウケる。もちろん、いまならそこに新しい技術を投入する余裕だってある。

 少なくとも、日本市場から見れば日産はグローバル化にありがちな落とし穴にどっぶりハマっている。世界で戦うんだから英語が必須だし、生産も海外メインという定説にあまりにも安易に乗ってしまったように思える。

 本当は日本語しか話せなくても、まじめな商品を作れば世界で通用する。それは変にスポーティであったりノスタルジックであったり、あるいは高級であったりする必要もない。肝心なのは優れたセンスとメーカーとしての良心なのでは?などと思ったりする。

 今回の特集ではせっかく面白いテーマを選んだんだから、まとめも現行車種に逃げるような中途半端なことはしないで、もう少しトータルなクルマ作りの視点、姿勢を提言すればよかったと思うんである。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

カービュー・不定期コラム掲載しました

Photo_2

 クルマ専門サイト「カービュー」での不定期コラム、3回目が掲載になりました。

 今回のテーマは「女子力」です。

 2011年にトヨタのマーケティング関連会社から「女力消費の時代 ~女性はこうしてクルマを選ぶ」という書籍がが発刊されました。本書はすでにパート3まで出ていますが、今回は第1巻の内容をもとに、その著者へのインタビューが中心となります。

 最近はクルマの開発にも「女性視点」を掲げるケースが増えてきました。そこに女性ジャーナリスト・評論家が話を聞く・・・といったパターンもできていますね。

 今回は、そこに”男性ライター”からもう少し突っ込んだ話く、といったものです。もともとクルマにおける女性視点には興味がありましたので、そのあたりを探ってみようかと。

 それでは、下記サイトにて是非お読みいただければと思います。

(カービューサイト)

http://carview.yahoo.co.jp/article/column/20140523-20102090-carview/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新車心象風景:トヨタ・ヴィッツ(マイナーチェンジ)

Photo_2

 二段階で残念な感じなんである。

 マイナーチェンジとは思えない派手なTVCFは明るさを前面に出したものだけど、何て言うか過去を封じ込めたい、なかったことにしたい一心のようにも見える。

 栄光の初代、進化の2代目に続く3代目は、同時期デビューの2代目パッソと並んでそれほどに酷い出来で、よくもまあこれだけ安っぽくつまらないクルマにしたものだと呆れたもんである。

 かつてバブル期、「大きく愛のように」立派だったカローラが、その崩壊で「小さく愛のない」モデルチェンジをしたように、トヨタというメーカーは経済状況を安易に反映させたクルマ作りを平然とやってのける。だから、リーマンショックを受けたヴィッツが、歴代の評価など無視した更新をするのは必然だったのかもしれない。

 悲しいかな、そんなクルマでもベスト10の常連ほど売れるのが日本市場であり、安さと自慢の販売力で何とかなってしまう。けれども、おそらく欧州市場などではそれなりに叩かれたんだろうとは想像できる。冷静かつフェアな目を持つ彼の地で、”適当な仕事”は通用しないんである。

 そこで、SAIの仰天チェンジに代表される最新のトヨタデザインの勢いを借り、悪いイメージを一気に払拭してやろうと。

 途中で仕事を止めてしまったかのようにボンヤリしていた顔は、X字をモチーフとした超切れ長のランプ周りに、キーンルックなメッキバーを差し込んで派手に仕上げる。アンダーグリルもまたX字を構成するべく異様に大きな口を開けた。

 冗談みたいなインテリアは造形を一新したという。樹脂のシボを工夫したとか、ドア内張りにファブリックを追加、さらに遮音材の追加や、フロアの補強材追加なんて話もある。

 加えてトヨタ渾身の新世代エンジンへの更新だ。アトキンソンサイクルの新型は効率の徹底した追及で20%以上の燃費向上を実現したという。

 なんだけど、ボディは顔以外は基本そのままで、当たり前だけどいまさら全体の質感が上がるようなことはない。インテリアもシボだの内張りだの、一体何十年前の話をしてるんだって感じだ。遮音材や補強なんかにしたって、つまり前期型でどれだけコストダウンしてたんだって話なんである。

 エンジンも、いまどき過給器付きなど実質的な性能向上を示して当然のところ、結局は燃費競争に止まるべくNAでカタログスペックを賑やかにしているだけだ。新エンジン群は今後ターボもなんて話があるけど、この出し惜しみ感はマツダと実に対照的なところだろう。

 例によってこのマイナーチェンジを雑誌メディアもまた一緒に盛り上げてくれている。驚きのビッグチェンジ、もはやこれはフルモデルチェンジだ、ライバルは戦々恐々だろう、などともう絶賛な感じだ。もちろん、そもそも安普請にしてしまったことへの追求は、ほとんどない。

 トヨタのコンパクトカーの概念を変えた初代を自ら勝手におとしめ、いまさらな手当で今度はこんなに変わったと騒いでみせる。開発に対する一貫したポリシーもなく、ただただその時点の経済状況に合わせた商品作りに終始する。

 そうやって作られたクルマは結局記憶に残ることもなく、歴代の中で静かに埋没する。ヴィッツという名前は残っても、この3代目は難しい。世界を代表する巨大メーカーが、そこで働く自動車人が、そんなクルマ作りをなぜするのだろうか。

 前期型は相当に残念だったけれど、急ごしらえの化粧直しをした後期型もそれはそれで無理がある。そうして二段階で残念なのがこの3代目なんである。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »