« 新車心象風景:トヨタ・ノア、ヴォクシー | トップページ | 雑誌記事:「カービュー」コラム、3回目です »

雑誌記事:「カービュー」コラム掲載しました

Is

 クルマ専用サイト、「カービュー」での不定期コラム、2回目が掲載となりました。

 今回はレクサスを筆頭に「ファミリーフェイス」について、です。

 初回の掲載では、ここでの記事とだいぶ傾向が違う・・・とのご意見をいただきました。それはそのとおりで、まったく異なる媒体で、趣旨も違うわけですから、自ずと傾向も異なります。

 ただ、自分らしい記事かどうかはもちろん重要です。今回は新しい「場」をいただいたわけですが、そこでいかに自分らしい、あるは自分しか書けないコラムにするかがまさに課題ですね。

 今後、テーマは様々になると思いますが、その点を模索しつつ、他にはない記事を目指したいと思います。

 それでは、下記サイトにてよろしくお願いいたします。

 http://carview.yahoo.co.jp/article/column/102015/

|

« 新車心象風景:トヨタ・ノア、ヴォクシー | トップページ | 雑誌記事:「カービュー」コラム、3回目です »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

いよいよ第二弾ですね。
ファミリーフェイスの件ですが、いままで車種にブランドがあってメーカーにブランドがなかった国産車なので、これは一朝一夕にできるもんじゃないですが、キーとなるのはグリルなのか、それともグリル+ヘッドランプ+バンパー他の意匠も含まれるのか?
あと、これからもBMWのキドニーグリルみたいに半永久?的に同じグリルを採用するのか、それともメーカーの中期経営計画に合わせて世代ごとにテーマを変えるのか否か?継続性の点からすると前者でしょうが、国産メーカーの場合一貫して継続できたファミリーフェイスはほとんどないですね。
スバルもボクサーエンジンの水平対向からインスパイアされたと思うわれるコの字型のデザインが、ヘッドランプやテールランプに使われてますが、それを考えるとR1やR2、2代目インプレッサの最後期に使われたスプリットウィンググリルなんてブランドを強く印象付けるのに打ってつけだったのに、カッコ悪いと不評の末あっさりなくなった。でもこれだって不評でもデザイン用語の玉成をして継続すべきだったのかもしれませんね。
ちなみにレクサスのスピンドルシェイプの由来は、トヨタの前身である豊田自動織機の紡績機の糸を巻き取る軸(紡錘)からきていますが、そうなるとトヨタだって採用してもいいことになる。そう考えるとどうなんでしょうね。あくまでもトヨタあってのレクサスであることは間違いないですが、トヨタとは違う高級車ブランドとして別ブランドを立ち上げたことはどうなるのか?そう考えるとデザインで由来を表現するのは結構難しいものですね。

投稿: アクシオム | 2014年3月22日 (土) 17時17分

スピンドルグリルと糸巻きは無関係です。
トヨタを貶めたい気持ちはわからなくないですが
いい加減なことは書かないで下さい。

投稿: mat | 2014年3月22日 (土) 22時00分

こんばんは。各メーカーさん断続は力なりで頑張ってほしいです。ただ日本車の場合は難しいんでしょうねぇ~ 一番メーカーのデザインのアイデンティティが進んでるのはマツダやスバルっぽく感じます。好き嫌いは置いといて、て考えるとパッケージや走りにこだわりがあるイメージの会社ほどより効果的と思いました、ただ顔つきやグリルをアレンジして統一してもしょーがないですよねきっと。BMWやポルシェやら思ってみたらそう思いました だからトヨタなり日産やホンダみたいななバラエティーに富んだ会社は難しいだろうなぁ…頑張ってもらいたいです。ちなみに個人的に一番好きなのは日産のVモーションですね。 一番いろんなデザインの展開幅がありそうで面白くなりそう。全然関係ないかもしれないけど足踏み式パーキングブレーキ…勘弁してよ~ エクストレイルはサイドパーキングブレーキでしょコンセプト的に、ローグならいいけど雪を弾き飛ばして走るイメージなのに足踏み式って… こうゆう操作系でも統一感がないメーカーの御都合主義なところは駄目ですね。勿体ない…

投稿: さね | 2014年3月23日 (日) 01時54分

スピンドルグリルは紡績機械に由来していないというのは
下記の記事でも書かれていますが、トヨタにまつわるデザインネタ
として、紡績機械をモチーフにスピンドルシェイプと謳ったクジラクラウン
の話は結構有名ですから、そこからスピンドルグリル→紡績機械に由来なんて
類推/ご下記をされても仕方ないようなネーミングにも問題があると思いますけどね。関係ない!ということを主張したいのであれば。ですけど。
http://s.response.jp/article/2012/01/27/169038.html

投稿: KATSU | 2014年3月23日 (日) 02時43分

アクシオムさん

何でファミリーフェイスを・・・という信念があるか否かでしょうか。流行りで飛びつけばもちろん継続性は望めませんよね。スバルの「コの字」ですが、これはいま多くのメーカーで実践されているまさに流行モノですから、これが特徴・・・というのは弱いですね。

matさん

ご指摘ありがとうございます。

さねさん

Vモーションはそれなりにインパクトがありますから、これからの展開に注目ですね。

KATSUさん

一貫して「関係ない」と言っていますが、火のないところに・・・という話もありますし、違うのであればそれはそれで非常に紛らわしい発想だと思いますね。

投稿: すぎもとたかよし | 2014年3月24日 (月) 13時00分

デザインの由来が糸巻きであろうとなかろうと、
俺には関係ないし、どうでもいい。

「レクサス、乗りたいか」。子どもに問うてみた。
否との返事。「どうしてあんなのに乗るの」
ついでに言う。「BMW乗ってるのは変な人ばかり」
たしかに君の学校の先生に何人か
BMWオーナーはいるけど、
その断定はサンプリング少なすぎでは。
「そんなことはない。裸の王様は裸。変なものは変」

ファミリーフェイスに何の意味があるのか。
BMWの豚の鼻のようなグリルが
かっこいい? いやいや…。かっこいいよ。うん。
まあ、スピンドルよりは、ましかも。
VWも、パッと見ではVWとは分かるんだけどね。
ゴルフかパサートかポロか、見分けつきにくい。
運転しているうちに
自分が何買ったのかも忘れてしまうのでは?
(冗談です。もちろん)

最初期のシビッックとアコード。
ある時期のチェイサーとマークⅡ。
よく似ていた。
ファミリーとはちょっと違うけどね。

ファミリーフェイスって、統一感はあるけど、
意匠の使い回し…一種の「手抜き」なのでは?


投稿: 優 路 | 2014年3月25日 (火) 23時33分

スピンドルグリルの件は、ウィキペディア等で掲載されているものを参考にコメントしました。いい加減と言われるのは結構ですが、貶める意図はございません。
参考までにウィキペディアのレクサスページをご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B9

投稿: アクシオム | 2014年3月26日 (水) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/55465522

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:「カービュー」コラム掲載しました:

« 新車心象風景:トヨタ・ノア、ヴォクシー | トップページ | 雑誌記事:「カービュー」コラム、3回目です »