« 雑誌記事:不定期コラムはじめました | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・ノア、ヴォクシー »

クルマ散策:阿蘇レンタカー・ツーリング

Photo

 熊本への出張ついでに、阿蘇方面へレンタカー・ツーリングをしてきました。

 ”車種お任せ”にしていたレンタカーは、日産ノート。加給器なしのベースグレードです。最近出張先ではずっとマーチが続いていましたが、今回は”国産”ですね。

 仕事の翌朝にクルマを借り、昼前には阿蘇に到着。そのまま内牧温泉にある「いまきん食堂」へ。ここは、阿蘇のあか牛ステーキ丼で行列のできる店。今回僕は比較的すぐに入れましたが、直後には大行列になっていました。

 食後は、阿蘇駅近くの隠れ茶房「さ蔵」へ。ここは旧い蔵をリノベーションしたお洒落なカフェ、ということで行ってみましたが、少々凝りすぎでした。店構えをあまりに小ぎれいに整えたり、オーナーさんが妙にきっちり丁寧だったりると逆に和めないんですよね。その辺の塩梅は微妙です。

Photo_2

 その後は阿蘇登山道へ向かい、草千里を散策して宿へ。阿蘇は緑の濃い夏ばかり来ているので、枯れ草色一面の風景はまた別の美しさがありました。この日は南阿蘇の公共の宿です。

 翌日午前中は阿蘇神社へ。ここは豊富な阿蘇の湧水がすばらしく、いつも気持ちをよくしてくれる場所です。で、この神社近くにあった女学校跡を改装したアンティーク・カフェ「Tien Tien」が午後の目的地。

 旧い木造建築をリノベーションした店舗は最近の流行でもありますが、その流れは阿蘇にも来ていたようで、ここはゆったりできる「当たり」の店でした。

 2日目の宿は、熊本では毎回訪れる「わいた山温泉」へ。ここは、すぐ隣の黒川温泉と違って隠れた名湯と思っていたのですが、何と先日NHKの朝番組で紹介されていて驚きでした。ただ、それで妙な人気になっているということもなく、今回もゆっくり過ごすことができました。

Photo_4

 最終日は、もうひとつチェックしていた地元のカフェ「BEAR」。クルマ1台がやっとの細い山道を10分ほど登った小高い丘にある店は、落ち着いた内装と美味しいメニュー、そして絶景が用意されていました。

 7年ほど前にご夫婦でオープンしたそうですが、山道に入る看板は実に小さく、まさに隠れ家のような存在です。よき時代のサンスイのアンプとヤマハのスピーカーが鳴る店は、ここ小国町の新しいお気に入りになりました。

 その日の午後には大分道を走って博多に移動、新幹線で帰途へ。

 何度か書いていますけど、28年前のコンパクトカーに乗る自分にとっては、たとえ軽であっても現代の車はどれも便利で高性能なクルマです。ベースグレードのノートも、わずか1.2リッターエンジンながら、もっとも効率よく出力を引き出すCVTがまさに最新なところ。今回、阿蘇の登山道をほぼ2000回転を維持しながらドンドン登って行くのには感心しました。

Photo_5

 もちろんキーレスエントリーやオートライトは便利だし、アイドリングストップによる省燃費性能は、全行程400キロをリッター20キロ以上で走り、燃料計はまだ半分・・・といったものでした。後席もドーンと広いこのクルマに、一体何の不満があろうかと。

 と言いたいところですが、そう簡単ではないですね。マーチほどではないにしろ、ゴーゴーとタイヤがついた”ガラン胴”に乗っているかのうような感覚がまず残念です。3年も4年もかけて作ったのがコレ?という安普請な内装は、その残念さを大きく助長しています。

 先のエンジンも、いざ長い直線道で加速しようとすると気持ちに速度がついて来ず、トルクを筆頭に出力の絶対的な低さが露呈します。いえ、力がないことがダメということじゃないんですけど、便利機能と低燃費一辺倒でやってきたここ数年の国産車を3日間体験して、まあこういうことなんだよなあと。ノートとして、全グレードがスーパー・チャージャー付きって話にどうしてならないの?とか。

 安くて便利で燃費がよくて、とてもつまらないクルマ。高機能の象徴であるHV旋風の一方で、そういうクルマがずいぶんと増えてしまったのでしょうか。

|

« 雑誌記事:不定期コラムはじめました | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・ノア、ヴォクシー »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。自分も数年前仕事で会社の車で同僚と大分県から熊本にいくのに通りました。阿蘇は素晴らしく心奪われました、なんてゆーか曇りだったのもありますが雄大で神聖な感じを受け、二人でつい車を止めて人生について語ってました(笑)人生語るほどの年も経験あるわけでもないのに。 自分たち意外車通ってなく何だったんだあれは(笑) 仕事で九州全部回ったんだよなぁ… いい思い出です。 日産ノート乗ったことないですが見た目どうりしょぼいんですねー。日産て興味ない会社なんですけど、考えさせられますね今の日本の自動車市場の事を。ハイブリッドならとりあえずOKみたいな…。中韓部品でコストダウン。それはいいんですけど安くて素晴らしいならまだしも、完成車がそのまましょぼいんならなんだかなぁ… それに国民感情的には反日爆進な国の部品てイヤなのも心情的に確かにあるし。国益の貢献度引くなるだろうしなぁ…日産はルノーとより開発から一緒にやるらしいから、これからどうなるんでしょうかね?日産。トヨタグループ、ホンダの2強ばかりじゃつまらないから頑張ってほしいです。個人的にエクストレイルのスタイルが気になるだけに。でもゴーン帝国な限りどうしようもないだろうし、日産社員の大半はいいなりで納得なんだろうから、個人的にもっとも期待はずれなメーカーのイメージです。ノートにはルーテシアのパワートレーン載せるぐらいルノーを利用すればいいのに出来ないんだな(笑) ある意味可哀想なメーカーなのかもなぁ。

投稿: さね | 2014年3月11日 (火) 23時48分

実は実家にノートDIG-Sメダリストがありますが、普通に乗る分には過不足ありませんが、これがティーダの代替えのクルマになるかと言えば、おそろしく出来が及びはしませんね。
いくらハイブリッド化ができないとはいえ、スーパーチャージャーなんか効かせれば燃費なんか望めないのにどーしてSCがあるのか理解に苦しむ。正直1.2のNAをそのままアトキンソンサイクルにしておいた方が燃費的にはいい。SCよりセレナのなんちゃってハイブリッドみたいにエコモーターを付けてバッテリーくらいリチウムイオンを奢ってスズキのエネチャージのみたいにエネルギー回収した方がよっぽどいいかと。あとティーダでよかったシートは、おっしゃる通り安部品だし、3気筒エンジンの安っぽさと頼りなさはいかんともしがたい。救いは、ライバルたるフィットのずんぐりむっくりデザインに対して少しはシャープでスポーティであること。でもそれって先代フィットが持っていたもの。
やはりこれらの日産のクルマ作りって、評価軸がライバルと比べて開発した時点で多少上回っていて、発売する時点に断トツじゃなくてもいい出来で構わないんでしょうね。それもこれもあのコミットメントの弊害で、あまりハードルが高くしちゃうと、コスト削減や販売目標の未達なんてことになってやりたくてもできないんでしょうね。
そこいら辺が、好調なマツダやスバルとの違いなんでしょうね。
わくテクでCMしている安全装置もすでに他社でやっていること。それが標準装備かと言えば、悲しいかなそうでもない。
これからCMFでルノーとのアライアンス効果が求められますが、ルノーのパワートレインの多くは日産が基礎開発したもの。それをルノーで贅沢に利用され、日産で侘しく使われると思うと、昔塩爺が仰った「母屋で粥を啜り、離れの小屋ですき焼きを喰う」みたいなもんですね。ルノーにとってはルノーや母屋であるので仕方ないですが、企業規模からすれば日産の方が馬鹿でかいのに…
ウワサのグローバルティーダってクルマが、欧州発で開発、販売されるようですが、それが日本で発売される保証はどー見てもなさそうですね。ホントはそれがティーダを乗っていたオーナーに対する代替えのはずなんですがね。

投稿: アクシオム | 2014年3月12日 (水) 21時03分

日産が窮地のときに、結局、ルノー以外のどこも
手を差し伸べなかった。ゆえに、現状がある。
善し悪しでは測れない部分ではあるが。
売れるもの売って、身軽になって、再出発に
成功した訳だ、当時は。今は聞かないが、
業績どうですか、ゴーンさん。

日産車を買うともれなく、消費者が支払ったお金の一部が
ルノーの懐にも株主配当として転がり込む仕組みが、
きちんと作り上げられている。
もちろん「コミットメント」おじさん(最近、目標未達では?)の
報酬にも反映される。
まあそれが「日産の再生を助けた」対価である。

いまおつきあいのあるのは日産のディーラーだけど
正直、買うものがないよなあ、って思いながら数年。
発表当時、新型ノートには期待もした。
だってスーパーチャージャー、燃費もいい。
日本にも来た、過給器+小排気量の時代が、と
思ったものだった。だが。
一言で切り捨てると「魅力がない」。
はっきり言って安い。この「安い」というのは
絶対的な意味でなく、同レベルのクルマとの相対評価で、
だが。もちろん140万程度はするので、買い物としては
高価だ。
で、費用対効果というか、出費対満足度かな、
明らかに低そうなので、二の足を踏む。
まあそういうことだ。
日産が「ノートは、こんなもんでしょ」と思っている限りは
こんなもんでしょ。
私たちには、買う自由もあるし、買わない自由もある。
良くなれば買う、このままじゃ買えない。それだけ。

投稿: 優 路 | 2014年3月19日 (水) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/55330006

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:阿蘇レンタカー・ツーリング:

« 雑誌記事:不定期コラムはじめました | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・ノア、ヴォクシー »