« クルマ散策:阿蘇レンタカー・ツーリング | トップページ | 雑誌記事:「カービュー」コラム掲載しました »

新車心象風景:トヨタ・ノア、ヴォクシー

Photo

 なんでわざわざ下品にするのか、と思う。

 日本国内で、かつ「子供と一緒に」という実に特殊な用途に特化した5ナンバーのドメスティック箱型ワゴン。そんな限定市場で日産セレナやホンダのステップワゴン、それにトヨタの2台が競り合う構図なんである。

 そのこと自体にも是非があるかと思うけれど、まあ相当な支持をされているのは事実なわけで、とりあえずメーカーが放っておけない市場なのは理解できる。ただ、仮にそうだとして、そこでどういう魅力をユーザーに示すのかが肝心なところだろう。

 クラスをリードするセレナは、先代から広さと使い勝手という基本部分をアピールして成功し、現行では「なんちゃってHV」も功を奏しているみたいだ。けれども、同様に大きな牽引力になっているのは「ハイウェイスター」というカスタマイズ版なんである。

 当初カジュアル&スポーティで登場したステップワゴンも、じきにスパーダを出し、トヨタの場合はノアに加えてヴォクシーを登場させたと。

 そりゃあ国内限定市場なんだから、ヤンキー大国ニッポンとしてはカスタムは欠かせないと。それは同じく限定市場の軽自動車とまったく同じ話で、いまや標準車の方がマイナーな感じ。いや、カスタム版の方が装備もよく、グレードが上なんていうのも常識なんである。

 なんて共感したいところだけど、そうもいかない。新しいノアとヴォクシーを見るにつけ、やっぱりもういい加減にしたらどうなの? というのが実感だ。

 なにしろ、ノアに対するカスタマイズ版がヴォクシーとも言えたのに、今回はそのノアにエアロ版を作り、なおかつヴォクシーにも別途エアロ版があるという冗談みたいなことになっている。これを、開発主査が「4つの顔を持たせました」とか「毒のあるカッコよさを追求しました」なんて自慢するあたりは、もはや常軌を逸しているとしか思えない。

 たしかに、近頃はマーケット・インなどという便利な言葉があるけれど、それはたぶん「媚びる」ど同義じゃない筈だろう。美的感覚が?な日本のユーザーが底割れな選択を繰り返し、メーカーも負けじとさらに底割れな企画で追随する。

 ニーズに合っている、支持されていることが「絶対」という意見が常にあるにせよ、このバカげた商品に賛同するのはいちクルマ好きとしてあり得ないと僕自身は思う。それはある意味無責任と言える判断でもあるし。

 だって、日本で便利な5ナンバーで、可能な範囲で広く、そして便利なシートアレンジを取り入れるにしても、もっと美しいスタイルにすることは可能な筈でしょう。もちろん、それが日本独自のスタイルだとしても、わざわざ下品にする必要はないんである。

 先のセレナが、一方でプレーンなボディにも好評の理由があると考えられるなら、いわば後発のノアにはそのあたりをより発展させる発想が欲しかったとも思う。しかも、フルHVを売り物にするなら、なおさら新しいスタイルの提案があってもよかったと。

 そういう可能性を示すこと、あるいは啓蒙を行うことだって、メーカーのやるべき重要な仕事だと思うんだけど。

|

« クルマ散策:阿蘇レンタカー・ツーリング | トップページ | 雑誌記事:「カービュー」コラム掲載しました »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

新型ノア、ヴォクシーを見ていて感じるのは、カスタム系の下品さよりも、トヨタの品質の低下が顕著になったと。
あと商品力で言うと、フルハイブリッドを設定してもカスタム系は用意されず、それでもハイブリッドだけで商品力がイケているかと言えば、価格を考えるとギリギリな線で
決してお買い得感はないし、セレナで採用されていて軽自動車に採用されている自動ブレーキをはじめとする安全デバイスで優位もない。
トヨタも結構商品企画や開発の疲れが見えてますね。これも多すぎるラインナップの弊害かと。
セレナの方が見てくれもそうだし、乗って、座ってみての感じからするとしっかりしている気がします。
最近のトヨタは、いいクルマといいながら、パフォーマンスを優先し、スピンドルグリルやキーンルックに代表される目立つ斬新なデザインに目が行きますが、斬新なデザインほど仕上げがよくないと余計荒さが目立つ。しかし、残念なことに最近のトヨタ車はそのフィニッシュと言うか仕上げが荒いように思いますね。それがあのレクサスでさえと…
カスタムは本来、ユーザーやアフターマーケットがそれぞれ趣味の中でやるもの。純正メーカーはその素材を提供する程度だったのに、やっぱり東京オートサロンに大手自動車メーカーが参加し始めてから変わった気がしますね。

投稿: アクシオム | 2014年3月19日 (水) 22時56分

実際、運転したことはありませんが、セレナはドアのウエストラインが低く窓が大きいので「きっと運転しやすいんだろうなぁ」と感じさせる、分かりやすい魅力があるように思えます。デザインも非常にプレーンで、今の日産車の中では一番抵抗なく受け入れられるものだと思いますね。
ノア・VOXYに関しては先代からどうもおかしな、悪い意味での平面感を感じてしまいます。カスタム顔と言っても全然カッコ良くないし(笑)自分の親父がこんなのに“したり顔”で乗ってるのを子供はどう思うんでしょうね。
ちなみにまだカスタムなんて言わなかった頃、初代ムーブがやった『裏ムーブ』なんて可愛げがあって好きでした。

投稿: としぴん | 2014年3月20日 (木) 23時49分

こんばんは。ノア、ヴォクシーか…おしゃってる意見に納得。デザイン云々は個人的にまあ、もう、うーん… はっきりゆうと日本専用車でこれが好まれるってことはやっぱり買う人の美的センスや生活感丸出しみたいな感じが個人的にうーん… でも高い金払って買うんですからOK。 やっぱりいけないのはメーカーですよね。いくらパッケージやサイズのデザインの制約があるとはいえ、見ただけですごーい!てなるデザインを提案しないし、軽自動車のハイトワゴン同様にもう発想が硬直化してるのか?デザイン力ないのか? ユーザーはメーカーが出した物しか買えないんだから、メーカーにもっと頑張ってよって感じですね。後、新型エクストレイルもそうだけど、ガソリンはなんで2リッター自然吸気エンジンのみ?車重あるし人や荷物載せたら余裕ないでしょ多分。そうゆう使われ方想定してないのかもなぁ現実には、だとしたらコンセプト自体無駄すぎる。古い!なんか取り付かれたように2リッターって…。流行りのダウンサイジングターボ…コストで駄目? せめて2・5リッターあたりも設定しましょうよ。お願いしますよメーカーさん。カタログ燃費至上主義だけはグローバルにはならないんだよなぁ… 日本市場車ってなんでサイズやらデカいのは余計で、エンジンの排気量のみ小さくするってなんだ?… ダウンサイジングで動力性能上げてる訳でもないのに。2リッターをやめろでなく2・5リッターなりディーゼルなりHV以外にも選択幅持たしてくださいよメーカーさん。ノア、ヴォクシークラスにもいえてますよね、新しいエンジンだしてよ。

投稿: さね | 2014年3月21日 (金) 04時34分

アクシオムさん

品質の低下もありますが、見せ方も下手になっていますね。80~90年代前半くらいの要領のよさみたいなものがない。今回は内装がハイライトですが、こんなものはフツーにやってましたからね。オートサロンは・・・まあこれがニッポンの象徴なのかと。

としびんさん

そうですね、セレナには面に質感があるんですけど、ノアは非常にノッペリしています。これは先代もそうですから、いまのトヨタデザインではあるのでしょうけど。

さねさん

トヨタは新しいエンジンに消極的ですよね。まずはHV。ディーゼルは他社から調達。もちろん、これは行ける・・・となったらダウンサイジングでも何でもアッという間に作るんでしょうけど。

投稿: すぎもとたかよし | 2014年3月24日 (月) 12時53分

商品としての訴求力があるのでしょう。
一定、評価しています。「プロダクツ」として。
デザインとは感性で、それぞれ違うもの。
バサラ女子とかいましたよね。ゴスロリとか。
あれも一つの自己主張で感性の発露。
「ゴスロリ服は変だから」服メーカーに「作るな」とは
言えません。ノアやヴォクシーもしかり。
買う人は買う。いやなら買わない。
ノア、ヴォクシーも
運転マナーがいい人ばかりじゃ、ありませんがね。

大人数ワンボックス、
でかいし、妙にもったいない感じはする。
たとえば、回転寿司の6人がけぐらいの席に
アベックが二人きりで座っているような感じ。
みんな待ってる(道路込んでる)んだし、
カウンター(小さな車)でいいじゃん、
と思うね。口には出さないけど。


投稿: 優 路 | 2014年3月24日 (月) 13時07分

こんばんは。
 
ご存知の通り、同社では、上位車種のアフファード、ヴェルファイアが安定した人気を誇っています。
 
どうも、この二台にあやかり、弟車みたいな感じにしたかったのかな?という感じがしています。
 
ヴォクシーなんかは、まんまヴェルファイアの遺伝子を受け継いでいる感じがしますし。
 
個人的には、すぎもとさんほど嫌悪感は抱いておりません。特に、ヴォクシーのヘッドライトのあたり、ちょっとカッコいいんじゃない?とか思いましたし(笑)

投稿: とあるイラストレーター | 2014年3月25日 (火) 01時25分

試乗して来ましたけど
ノアのエアロはかっこ良かったですよ!
子供奥さんも良いと言ってました
車好きと一般人のデザインに対しての感覚は結構な差があります
普通の方から見れば魅力的なんだと思いますsmile

投稿: はん | 2014年3月26日 (水) 18時45分

正直、車好きの中でもデザインに対する感覚の落差は大きいと思います。
車好きでもデザインに強いこだわりを持っている人って以外と少ないというのが実感です。
だって巷でイジられている車を見ても、悪趣味な改悪にしか見えないもののほうが圧倒的に多いように思いますので。
ひとつの車文化としては面白いと思うんですが。
デザインはアートではないですから、市場理解の
得られない自己満足的なことばかりしていては、
経営的にもダメだとは思います。

かといって、売らんかなで市場に迎合しすぎるのも
それはそれでいかがなものか?と。

やはり売れ線を睨みつつも、消費者を啓蒙していく
ようなものづくりの心意気をメーカーには持って欲しい。

そこで必要なのはやはりバランスなんでしょうね。

そういう視点で考えるとやはりトヨタは好きになれないんですね。
売れるとなったら、トップメーカーでありながら、節操ないことを平気でする。
自社の商売に都合の良い煽動洗脳マーケティングには熱心、というか
そちらに走りすぎて、民間に対して本質的な部分での自動車への理解、
クルマ文化浸透の啓蒙という点では首を傾げてしまうことがやたらと目に付く。

トップメーカーがこの体質であるが故に、他メーカーが心意気のある
クルマづくりをしようにも足を引っ張られてしまったと感じる部分も多々あり。

そんな中で、マツダはトヨタと関係を持ちつつも
上手いことやっているなぁと関心します。

投稿: KATSU | 2014年3月27日 (木) 08時32分

昨日、ノアのsiのオーナーになりました。
もちろん買ったのだから、スタイル等、色々気に入って買っています。

常軌を逸している、とか、ばかげた商品、って買った人に失礼でしょ。
買った人はそれを気に入って買っているのだから。

そりゃあ、あなたみたいな意見を持った人も他にたくさんいるだろうし、
私も個人的にはヴォクシーのzsは少しキツイな、とは思うけれども、
それが好きな人もたくさんいるんだから別にいいじゃん、それで。

他のクルマの論評も見たけど、じゃあ、あなたが開発してみたら、って思ってしまう。
論評は自由だけど、もう少し表現に気をつけてほしい。

投稿: jun-ki-chi | 2014年5月25日 (日) 06時28分

jun-ki-chiさんのおっしゃる通り、気に入れば別にいいじゃん!という考えは当然の事だと思います。実際販売は好調らしいですし。

でも、本当にそれでいいの?と思ってしまう面もあります。
最新のヴィッツの記事でもすぎもとさんが言及されていましたが、こちらも同様「二段階で残念」な車だと思います。
ノア、ヴォクシー共に初代のまとまりの良さを進化させるのではなく、二代目、三代目でコロコロデザインを変えてしまう「モデルチェンジのためのモデルチェンジ」というある意味トヨタの悪癖、ポリシーの無さが目立ちます。

そして「だったら自分で開発すれば?」という言葉は稚拙で一番言ってはならない言葉だと思います。気を付けてください。
好例を挙げるとすれば、2代に渡ってシンプルだけど全体の「面」で表現するデザインを崩さないセレナではないでしょうか?

投稿: MASA | 2014年5月31日 (土) 18時55分

ヨーロッパデザインと比べると…ペラペラ、バキバキ、質感の無さにガッカリします。これは日本車全てに言える事で、機械としての性能は一流だと思いますがデザインは三流…文化の違い?感性の違い?
このままでは韓国デザインにも負けてしまう可能性があると感じています。
ヨーロッパデザインは旧車になっても輝いて見えるのに、日本車ときたらみすぼらしく見えてしまうのは何故でしょう?
国産自動車メーカーのデザイナーの皆様、頑張ってください!!

投稿: ヒロ | 2014年6月 5日 (木) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/55435465

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・ノア、ヴォクシー:

« クルマ散策:阿蘇レンタカー・ツーリング | トップページ | 雑誌記事:「カービュー」コラム掲載しました »