« 新車心象風景:スズキ・ハスラー | トップページ | 雑誌記事:不定期コラムはじめました »

新車心象風景:トヨタ・ハリアー

Photo

 クルマの進化って何だろうと思わせるんである。

 80年代以降、ライバルを引き離しにかかった当時のトヨタのクルマ作りは、実に「巧い」ものだった。とくに最大のライバルとされた日産の混迷を尻目に、時代にマッチし、スタイルもインテリアも走りも、ユーザーの期待より少しだけ先を行く絶妙のバランスを感じさせたんである。

 初代のハリアーは、その流れの「後期」に登場したというのが僕の認識だ。分かりやすいプロポーションにシンプルな面、端正なグラフィックのボディは、高級セダンとSUVの融合というコンセプトに沿っていて、言ってみれば当時ヒットしていた9、10代目クラウンを背高にしてバタ臭さを加えたような巧妙さがあった。

 一方で、ここ5、6年の何をやりたいのかよくわからない流れのまま出てきたのが新しいハリアーかと。

 いや、2代目の途中からレクサスと合流したり、今度は米国版RAV4の兄弟車と、ポジション的にもワケがわからないことにはなっていたんだけど、あくまで商品自体として。

 で、いちばんは意図不明のスタイリング。これ後付け品?なグリルとバンパー、グニャリと凝ったフロントランプ、妙なカーブのサイドグラフィック、ガタガタしたリアランプと、そこから下る中途半端なライン。

 初代のようなシンプルさでもなければ、特段エモーショナルに振ったわけでもない。何となくいま風に凝ったパーツを散りばめただけで、「これ」という一貫したテーマが感じられない煩雑なボディは、まさに最近のトヨタ車そものだ。

 インテリアも、たしかに人工皮革で包まれたコクピットはある種の質感があるけれど、何というかとても唐突な提案で落ち着かない。この突然変異的な造形は、エクステリアの散らばり感にも通じるところだ。

 まあ、それでもかなり好調に売れているのは、たぶんフルHVの投入が大きいんだろうと。カローラの例にもあるように、いまやHVは七難隠す。政治の世界ではいま多くの無党派層がいるけれど、何となく新車という層にとって、HVはアベノミクスのかけ声同様抜群の浸透力だし、件の内装だって「スゴい豪華!」と背中を押す。

 けれども、初代のまとまりのよさと比較すると、クルマの進化って一体何だろうと改めて考えてしまうんである。

 走行や安全性能、快適装備に燃費と、すべて新しいクルマが勝っているに決まっているんだけど、それでも「あのときは巧かった」と思わせてしまうのはなぜなんだろう。仮にトヨタのバランス感覚がいま感じられないとしたら、そこに進化という言葉を使うのは適当なんだろうか?とか。

 当時のトヨタを80点主義と称したのは間違いじゃないと思うけれど、だったらいまは新しい時代の80点主義ということなんだろうか。個人的にはいささか疑問なんだけれど、いずれも同じように極めて多くの支持を得ている以上、そう思うしかないのかもしれない。

|

« 新車心象風景:スズキ・ハスラー | トップページ | 雑誌記事:不定期コラムはじめました »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

世界では通用しないけれど
日本人にウケている
ちょいワルのエグザイルの様だ
と上手い事を仰った評論家もいましたね

投稿: muku | 2014年2月11日 (火) 19時31分

商品側から見ると、本来ハリヤ―ってレクサスRXでもあるんですから、RXをそのままハリヤ―としてトヨタブランド用に作り替えた方がデザインやパッケージとして無理もないし、コストもそんなにかけずに行けたと思うのに。まぁレクサスとしてはそんなこと許しがたく、やっぱりRXベースにはしなかったですが。
それを本来格下で作り変えるには結構手を入れなきゃいけないRAV4をベースに、めちゃくちゃRXに近いデザイン、プロポーションに作り替えたんですから、ある意味凄いクルマですよね。でもどー見たってフロントのオーバーハングは無駄に長い。こんなこと許されるのって、トヨタの販売店の切なる要望と販売力に他ならないでしょうね。
80点主義はかなり日本的な発想ですが、それでも一線を超えない、寸止めと言うか、バランスやセンスを問う意味で大切なことだったかもしれませんね。

投稿: アクシオム | 2014年2月11日 (火) 23時59分

おはようございます。ハリアー異常に長いフロントオーバーハングが形として面白いです個人的に。 もうアゴ擦らないか心配で心配で(笑)ラフロードとか走ることは駄目ですとゆってる感じだし、変わったプロポーションだなあ…単にラブ4より長くしたかっただけか?でもある意味乗用車SUVでは無理出来ません的な真摯なメッセージデザインだなぁ。それだけですハリアーに思うことは。多くの人が選ぶみたいだし、いいんじゃないでしょうか。しかしトヨタだけではないけどHVシステムも含め使い回し改良ばっかりで…。つまらないなぁ… 古いの使い回すのもホンダみたいにリコール連発が嫌って人には安心感あっていいですけどね、なんかなぁいいのかなぁこれで?日本車。 これから新しいのが出てくるんでしょうね多分。欧米から周回遅れになってる日本車の象徴みたいな車ですねハリアー。 逆をいえば使い慣れたメカニズムとブランドイメージで安心のハリヤーですね。ブランドイメージが高いところは凄いだことだと素直に思います、レクサスは見習った方がいいと思いました。

投稿: さね | 2014年2月12日 (水) 08時34分

はじめまして。いつも興味深く読ませて頂いています。

ハリアー、ちょうど身内が購入しました。
もともとハリアーを乗り継いでおり、3代目がレクサスによる展開になった際も、当然買うつもりでいたようですが、価格帯が急に上がった為 泣く泣く諦めたとのこと。

そこに今回のハリアーが出るとのことで、ミズテンで予約をしたそうです。

ハリアーってそういう人からすると、ちょっと頑張れば手の届く憧れのクルマ、デザインうんぬんよりもハリアーであることが大事なんだな、と彼の嬉しそうな顔からも伺い知ることができました。

もちろんデザイン面ではあれこれ気になるところはありますが、少なくともハリアーの購買層には直球ど真ん中な回答なのではないでしょうか。

投稿: サトシ | 2014年2月12日 (水) 12時41分

最近のトヨタの戦略として86の多田氏やハイエースの包原氏のように、開発主査がマスコミに登場するかと思っていましたが、
この車の開発主査の方はマスコミに登場しないのでしょうか?

『何をやりたいのかよくわからない』
『ポジション的にもワケがわからない』
『意図不明のスタイリング』
『これ後付け品?』
『グニャリと凝った』
『妙なカーブ』
『ガタガタしたリアランプ』
『中途半端なライン』
『唐突な提案で落ち着かないコクピット』
『突然変異的な造形』
私怨でもあるのかと思うくらいな言い様だと思いました(笑)
すぎもとさんがここまで言われるのですから、ニフティのデザイナーズ・インタビューで徹底的に質問して頂きたいです。


スズキハスラーはべた褒めなのにこのハリアーはメッタ打ちというのが、私にはちょっと理解に苦しみました。
ハスラーのモチーフはジムニーではなくて明らかにFJクルーザーでしょう。
FJクルーザーのパクリと言うよりはデフォルメだと思うのですが、それが許されるとは思い難いです。
ミラジーノとかと同じく、これやっちゃダメだろというレベルではないかと思います。

投稿: gilles | 2014年2月13日 (木) 23時21分

>gillesさん
>ハスラーのモチーフはジムニーではなくて明らかにFJクルーザーでしょう。
FJクルーザーのパクリと言うよりはデフォルメだと思うのですが、それが許されるとは思い難いです。
ミラジーノとかと同じく、これやっちゃダメだろというレベルではないかと思います。

トヨタに限らず第二次大戦中の「ジープ」を参考にしなかったSUVはほんとうにわずかだろうと思います。
ジープが「機能性の追求」の結果あのデザインになっていたとしたら、それを真似たトヨタやスズキ・ジムニーは
批判される対象になるのでしょうか?
「ランクルはジープのパクリじゃないか」「ジムニーはジープのパクリじゃないか」で終わる話でしょうか。

自動車デザインだけでなく「創造物」というものは「過去の名作」の影響を必ず受けているもので
「完全なオリジナル」というものはあり得ないと思います。場合によっては数台、数十台の影響の元に
生まれたデザインというものもあるでしょう。

個人的には「スズキ・ハスラー」は「FJクルーザー」の影響を受けていると思いますが、双方のディメンション
が違い過ぎて比較するのはどうかと思います。(例えば、コルベットのデザインテイストを生かしてロードスターサイズに
するとしたらそれは全く不可能か、相当な技量が必要で、必然的にオリジナル性が強くなると思います)
「テイスト」を参考にしてはいるが「デザイン的」独自性を十分出していると思います。
単に元デザインをパクッただけで「魅力的」になるほど自動車デザインは単純じゃないのでは。

ちなみに私はハリアーそんなに悪く思わないですね。フロントオーバーハングが極端に長くて云々ありますが
「バランスの崩れによる美」というものもあるのかなと。細部のくどさはあるにしろサイドから見た姿はなかなか
面白い。「バランスの崩れによる美」というのは「日本の伝統に即したもの」とも言えるわけで。

ただ「売る為には(ユーザーの嗜好が間違っていようとも)なんでもやる」というトヨタの姿勢が怖くもあり、
車好きから嫌われる理由でもあるのだなと。
gillesさんの感想もお聞きしたいです。

投稿: ネコ | 2014年2月17日 (月) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/54953277

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・ハリアー:

« 新車心象風景:スズキ・ハスラー | トップページ | 雑誌記事:不定期コラムはじめました »