« 新車心象風景:ホンダ・ヴェゼル | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・ハリアー »

新車心象風景:スズキ・ハスラー

Photo

 ワゴンRが出たときか、それ以上の反響らしい。

 で、成功の秘訣は、いわゆるプロダクト・アウトの要素が大きかったからかもしれない。

 お披露目の東京モーターショー会場で聞いたのは、ジムニーのようなハード方向でなく、もっと使いやすくカジュアルな生活四駆のニーズが少なくないという話だった。そういう声をいつか形にする機会を伺っていたと。

 その意味では完全にマーケット・インな発想なのだけど、恐らくは、それ以降の相当短かったとされる開発期間での仕事が、まさにプロダクト・アウト的だったんじゃないかと思うんである。

 その好例が、ひとりのデザイナーが描いたとされるスケッチを、ほぼそのまま採用したエクステリアデザインだろう。

 ジムニーをモチーフにしたライトやフェンダーなど、聞けばいろいろな意味付けはあるにせよ、全体に違和感のないまとまり具合は合議の末というより、ひとりの明快な主張からだと思わせる。もちろん、ポップなボディカラーや明るいパネルとブラックのコントラストをきかせたインテリアも同じだろう。

 幸運だったのは、短い開発期間の中で優れたキースケッチが描かれたことと、それを採用した責任者がいたことかもしれない。かつ、それをアレコレやっている時間がなかったのもよかった。そうした勢いと流れが、結果的にプロダクト・アウト的な姿勢になったと。

 ただ、それにしてもなあと思う。

 開発話では「今回は皆が本当に楽しんでやった」ことが強調されているんだけど、どうもそれが気になるんである。いや、言いたいことはよくわかるんだけど、本来、それはすべてのクルマでそうあるべきだと思うので。

 たとえば、これが基幹車種のワゴンRともなれば「力が入る」のが当然だと言うのなら、それは違うんじゃないかと。

 そりゃあ、ハスラーとワゴンRでは発想のベクトルこそ違うんだろうけど、やっぱり勢いや楽しさがなければおもしろい発想は生まれない。単にネガ潰しの方向や、あるいはお定まりのデザインだの機能に陥ってしまう。ほら、最近の「シルバー加飾」などという貧しい流行はそのいい例じゃないか。

 そもそも、エポックメイキングな初代ワゴンRができたのだって、相当な勢いと楽しさがあったからこそなんじゃないか? それがヒット作になったからって、現場から楽しさがなくなってしまったら本末転倒でしょう。だから、「今回はよかった」なんて簡単に

 奇しくも、ハスラーがその初代ワゴンRのときと同じかそれ以上の反響だというのは、つまりはそういうことなんじゃないかと思うんである。

|

« 新車心象風景:ホンダ・ヴェゼル | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・ハリアー »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

「燃費さえよけりゃ何もいらない」
「乗り降り楽で、室内空間広けれりゃいいんだろ」
「ヤンキーテイスト満載じゃないとな」
という息苦しい軽ばっかり。
(開発者の悲鳴のようなものですかね)
その反動なんでしょうか。ハスラーは。

マーケットインだけで生き残れるほど甘いものじゃないでしょう。
開発者の「勇気、情熱、努力」がマーケットに受け入れられる限り
自動車の可能性はまだまだ大きいと思います。

投稿: ネコ | 2014年2月 4日 (火) 23時44分

短期間での開発でも、それ相応の専任者が集まるといいクルマができるといういい事例かもしれませんね。
ビークロスとかR35GT-Rなんかは、部門ごとの開発ではなく各部署から専任担当者が集まって行うサーマル開発という手法でやっているそうですが、通常の開発よりも開発費用は桁違いに抑えられるそうです。まぁそれほど台数が出るクルマではないですから、その方が向いているし、そうじゃないと世に出せない?
デザインセンスも大切ですが、それ以上に決め打ちで作っていけるだけの方向性がしっかりした開発なんでしょうね。あとは、色々ごちゃごちゃ言う人がいなかったのも沢井したのかも知れませんね。たとえ言う人がいても、それを押しのけるほど、説得力のある人が担当したのかも?
そんなにデコレーションがなくてすっきりしている。ある意味軽自動車に多くみられる媚がない。ジムニーがなかなか新型が出せない中、ハスラーみたいなクルマが出てくることはいいですね。

投稿: アクシオム | 2014年2月 4日 (火) 23時58分

どうして業界の人たちは、明らかに「FJクルーザー」のパクリのこの車のことをべた褒めするのだろう・・・
正直、いつもはシビアな意見のあなたまでがコンセプトやクオリティでは無くデザインを誉めるなんて・・・
其処らの評論家と同じで、右へならえでガッカリです。

投稿: tamachi | 2014年2月 5日 (水) 00時34分

これのどこがFJクルーザーのパクりなのか理解に苦しむ。
多くの人がそれに言及していないということはパクりだと思う感性が特殊ということ。
むしろハマーのロゴに似せた「HUSTLER」のロゴの方が問題では。

投稿: unagi | 2014年2月 5日 (水) 16時29分

ネコさん

反動なんでしょうけど、そもそも反動が起きるようなクルマ作りはどうかと思いますね。それだけに「今度は楽しかった」という言葉には疑問を感じます。

アクシオムさん

いかに通常の開発に?があるかでしょうか。じっくり検討するのは決しておかしいことじゃありませんし、本来はそこで研ぎ澄まされるべきなんですけど。

tamachiさん

手厳しいですね。今後も精進します。

unagiさん

はい、自分もハマーのプレートに?でデザイナーさんにも聞きましたが、ハマー自体考えていなかった・・・そうです。

投稿: すごもとたかよし | 2014年2月 6日 (木) 12時32分

『FJクルーザー ハスラー』で、画像検索してみるとよろしいかと
結構笑えますよ☆

ココ見て気がついたのですが
インパネにボディーカラー入れるとこまで真似てたんですね~
徹底してて清々しいですね

http://minkara.carview.co.jp/userid/1551726/blog/31631385/

投稿: tamachi | 2014年2月 7日 (金) 01時15分

動力性能やサイズが限られている軽の範疇で、
楽しくもの作りができて、そして売れる。
それはメーカー社員にとっては至福の時。

だが長続きはしない。盛者必衰。
次代は「売れてもともと」的なことを上役が言い出す。
会社中がそう思い始める。
モデルチェンジ担当社員には無言の圧力が。
さあ、どうする。
危ない橋を渡らないなら「キープコンセプト」
突っ走るならホンダがよくやる「前作の否定」に。
いずれにしてもユーザー心理を読み取れた訳では
必ずしもなくて、駄作とは言わないまでも
いつの間にか、ほかの車種が売れ筋になったりして
見向きされなくなっていったりもする。ワゴンRのように。

そしてかつてのワゴンRの再来なのかハスラー。
格好はいいじゃん。俺は好きだ。
たしかにFJクルーザーに似てなくもない。
トッタから盗った? 快挙じゃないか。
だが三本和彦の本にこうあったぞ。
「(前略)日本だけの自動車と言っていいのが、
天井の低いクロスカントリー車で、悪路を走ったことのない
デザイナーが設計したのだろう、跳ねて頭を天井で打ったり、
首を捻挫したりしそうなモデルがある(後略)」
悪路走りそうなハスラー。大丈夫かな頭上スペース。

投稿: 優 路 | 2014年2月10日 (月) 02時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/54863664

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スズキ・ハスラー:

« 新車心象風景:ホンダ・ヴェゼル | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・ハリアー »