« 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(ホンダ・N-WGN) | トップページ | 新車心象風景:スズキ・ハスラー »

新車心象風景:ホンダ・ヴェゼル

Photo

 どうにも理解しずらいクルマだと思う。

 HR-V、クロスロードと、いかにもホンダらしい「思いつき」感満載のコンパクトSUVは国内で不発に終わった。なかなか根付かないこのクラスの新作は、じゃあ一体どうしたらいいのか?

 フィットという財産と新しいHVシステムを使い、よし今度は「本物感」を打ち出そうと思うのは、だからそう不思議なことじゃない。開発責任者はあのミニのクラスレス感を念頭に置いたそうだから、これはもう一球入魂的な姿勢なわけだ。

 極めつけに宝石のカット面を称するBezelを車名に取り込んだヴェゼルは、じゃあクラスを感じさせない本物感溢れる宝石のようなクルマになっているのか?というと、どうも僕にはそう思えないんである。

 たとえばエクステリア。サイドボディを二分するキャラクターラインは、クーペとSUVの融合を表した結果らしいけれど、そもそもその融合がなぜ「本物」につながるのかがよくわからないし、そうして過剰な表現をつかってまでそれを訴える必要性もまた?だ。

 ボンネットやフェンダー、ドアなど、他にもボディラインはやたらと多くて煩雑だし、先のキャラクターラインの影響により、リアピラーからリアパネルにかけては相当無理矢理な面構成だ。新しいホンダデザインによる自慢のソリッドウイングフェイスも、「本物」というには少々薄っぺらい。

 たとえばインテリア。意図が分かりにくい造形は「あれ、フィットと共用?」と思わせる中途半端さがまず気になる。

 タン色の本革風パッドを目玉にするのはいいとして、インテリアをトータルに飾るのではなく、あちこちに散らばった使い方はまさにオプションそのもので、やっぱりこれも中途半端。そもそも、ボディカラーとの組み合わせを考えれば茶色だけっていうのは無理があって、これを見せ所だというのなら2、3色は選べないと説得力がない。

 冒頭のHR-Vやクロスロードのようにペラペラじゃなく、一定の重厚感を与えようとしたボディは理解できるし、とにかく質感を上げようとしたインテリアも考え方は悪くない。フィットと同じに甘んじるのではなく、大型化するだけ出力を上げたエンジンの設定にしたって手抜きはない。

 そうやって見所は少なくない筈なんだけど、トータルで見ると、どう理解していいのかよくわからない。少なくともスタイルに普遍性や、あるいは商品としてのクラスレス感はあまり感じられない。だから、ヴェゼルが「本物」として、たとえばフィットのように何代も続く定番になる気がしないんである。きっと、この大きさでこのスタイルはこれっきりなんだろうな、なんて思えてしまう。

 でも、それはヴェゼル本来の企画趣旨とはたぶん違うはず。そこに何ともいえない不一致感、半端感を持ってしまう。理解が難しいのはそのためだと思うんだけれど。

|

« 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(ホンダ・N-WGN) | トップページ | 新車心象風景:スズキ・ハスラー »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

先日ディーラーにちょこんとおいてあったヴェゼル見ました。
サイドのラインが決定的にダメでフロントも煩雑すぎで何を伝えたいのか不明。
全体のかたまり感はいいからシンプルにまとめたらいいのにと思います。

近所にサンバーストイエローメタリックのHR-Vがあっていつも見つめてしまいます。
こいうシンプルさ(あるいは軽薄さ)がホンダの魅力なのになーと。

投稿: ネコ | 2014年1月26日 (日) 23時18分

はじめまして。

最近のホンダデザインの中では、マシなほうかな?
と、個人的には思ってましたが、たしかに「本物感」と
いうには物足りないですね。

とりあえず、売れているようですので、
この勢いがどこまで続くのか、気になります。

投稿: chico | 2014年1月26日 (日) 23時45分

この車、ポッと出てきた印象です。「へぇ、こっそりこんなの作ってたのかぁ」っていう(笑)しかしフロントフェイスは“ふぐ”のようでブサイクですね。コンセプトは良いと思いますけど、やっぱり中途半端感は否めないです。受注は好調みたいですが、これってかなり利益率が高そうな車なのでホンダとしては「いっひっひ」な状態でしょうかねcatface

投稿: としぴん | 2014年1月27日 (月) 20時26分

SUVとはいえ、HR-Xやクロスロードとは違い、クーペとSUVのクロスオーバーですから路線は違いますね。
ジュークのようにクーペルックにすると、リアドアのハンドルをピラーに内蔵して隠す手法があって、そこに例のキャラクターラインを持ってきた。
これは日本うんぬんより、海外、特に中国ターゲットでこういう強引さが勢いと見なされて、煩雑でもいいとされるんでしょう。
ホンダはホントの意味でデザインやブランドを統括、指揮するトップやシステムがないから許されるんでしょう。でも過去のとおり、モデルチェンジの浮沈の繰り返しや、ブランド使い捨ての系譜は止むことを知りませんね。そういう意味では、フィットって近年稀にみる奇跡のブランドかもしれませんね。
あとボディカラーの組み合わせ、実に不都合ですね。ボクならグレードを標準と上級の2タイプに絞り、ガソリンとハイブリッドでそれぞれ2WD、4WDが選べて、上級グレードでジャズブラウンを含む3タイプくらいのトリムをボディカラーすべてで選べるようにしますが。あまりデザイナーの意図みたいなもので選択肢を狭まれても困りますね。

投稿: アクシオム | 2014年1月27日 (月) 22時40分

こんにちは。ヴェゼル…ヴェってところが本物っぽいですよねなんとなく名前は。 ちなみにHRーVは前我が家のマイカーでした何故か?(親父の好みか?)しかもFF… 薄っぺらいのは分かるなぁ(笑) でもなかなかカッコ良いしなんとなく良かったですよ、運転したことないけど(笑) 思えばあのカッコいいスタイルや不人気車HRーVで車を見る感性が決まったのかな? ヴェゼルですが、うーん微妙。なにを持ってして本物感かは人によりますが、個人的にはサイズのよさ以外は特に何もないかな… ヴェゼルに限らず内装デザインって日本車は頑張ってほしいです。後、本物感を追求するなら持続的、時代に埋もれないデザインにしてほしい、横のライン自分にも全体の中で唐突だし要らないと思います惜しいなぁ。ない方が地味でもよっかっただろうに… 後HV売りたいのは分かりますが、のちのちガソリン車もターボ追加するらしいけど最初から出してよ!ガソリン4WDにも力入れてほしいです。クルコンもないって本物感無しですよね。後から着くようなるんだろうなぁ…。なんだかなぁヴェゼルに限らず日本車の売り方って(笑)

投稿: さね | 2014年1月29日 (水) 10時41分

私個人的にはなかなかカッコいいと思います。サイドのキャラクターラインだけは蛇足かな?なんて思ったりしますが、結局は好みの問題ですかね。

最近のホンダはなかなか勢いを感じます。意欲的な商品展開は好感が持てます。

実際Nシリーズでは結果を出してますし。

欧州車も良いですが(好きです)、個人的にはホンダだけでなく、国産勢を応援したいですね。

投稿: とあるイラストレーター | 2014年2月 3日 (月) 03時04分

去年の暮れ、ホンダ本社で見た。触った。乗った。
後ろの席、降りにくい。以上。これでは。
ルノー・キャプチャーにする。じゃあね。

投稿: 優 路 | 2014年2月 4日 (火) 00時11分

ネコさん

そうそう、塊感自体は持っているんですよね。それだけに惜しいです。

chicoさん

取りあえずもの凄い売れ行きのようですね。目標の8倍とか。もちろん
HVという武器が大きいんでしょうけど。

としびんさん

そうですね、フィットベースですから。この後セダンも出るようですしね。

アクシオムさん

ホンダも定番になればそれはそれでいい筈なんですけどね。グレード展開は仰る通りで、3パターンのカラーは欲しいです。コストもあるんでしょうけど「本物」というなら・・・。

さねさん

そうですね、内装はとくに変化球じゃなくていいと思うんですけどね・・・。

とあるイラストレーターさん

カッコいい悪いは個人の好みかと思います。Nシリーズも、もちろん好みがあるでしょうけど、勢いはありますね。個人的にはフィットやヴェゼルより、軽の方がデザインは頑張っていると思いますね。

優路さん

キャプチャー、まだ見てませんが、ルーテシアの出来をみると期待できますね。

投稿: すぎもとたかよし | 2014年2月 6日 (木) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/54756019

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・ヴェゼル:

« 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(ホンダ・N-WGN) | トップページ | 新車心象風景:スズキ・ハスラー »