« クルマ散策:新年のごあいさつ | トップページ | クルマ散策:東京オートサロン開催 »

新車心象風景:日産・エクストレイル

Photo

 何て言うか、実にいまの日産っぽいクルマだと思う。

 元日にも書いたけれど、最近の日産の商品展開は、同社のグローバル展開における車種統合・整理が少々強引に反映されているように思えるんである。

 新興国対応となったマーチやラティオ、3ナンバー化したティーダに代わるノートや、北米メインのシルフィに中国向けティアナ、インフィニティなスカイラインなど。

 世界規模での車種統合・整理がいまの時代に避けられないとしても、そのやり方があまりに辻褄合わせ的で、それぞれの市場ニーズへのフォーカスがあまりに甘い。

 それは、メディアで語られるようにスカGなど昔の日産ファンを切り捨てたとか、あるいは5ナンバーサイズを無視した、なんて話じゃなくて、もっと基本的な部分で市場ニーズを見ていない、あるいは見切りが過ぎるということなんである。

 新しいエクストレイルも、ローグとキャッシュカイという日欧米のSUV3車を統合することが命題だったらしいけど、そりゃあ実際問題としてどうなんだろう?

 日本ではエクストレイルとデュアリスとして併売した2台。結果はより機能的なエクストレイルに「勝負あった」わけだけど、今度は統合車としてそのエクストレイルでもなければデュアリスでもないクルマになってしまった。これは、より近似性のあったローグとキャッシュカイの統合とは少々ワケが違うんじゃないか?

 雑誌メディアでは、丸くなったけれど流麗でスタイリッシュとか、豪華になったとか、あるいは機能は高いなんて応援モードだ。けれども、市場ニーズとの微妙なズレはそう甘くない。フルラインナップメーカーとして、気がつけば「欲しいクルマがない」となっているのがここ数年の日産で、3桁など不発車がゴロゴロしている状況は決して偶然じゃない。

 さらに、HVやクリーンディーゼルもなければ、もちろんダウンサイジング・エンジンもないという無策ぶりは、商品自体の魅力をさらに薄めている。これとて、一連の合理化政策の弊害だと感じさせてしまうところじゃないか。

 それは、マツダがCX-5やアテンザ・アクセラと、すべて欧州を筆頭とした世界展開車としつつ、国内でもしっかり成功させているのと真逆な現象であって、その商品作り、商品展開の思想の違いを見せつけているところだ。

 国内シェア3位がすっかり定位置になり、世界生産もいまひとつ波に乗れないのは、その辺の無理強いがボディブローのように効いてきているんじゃないか、と思わせるんである。

|

« クルマ散策:新年のごあいさつ | トップページ | クルマ散策:東京オートサロン開催 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

中村史郎さんがデザイン本部長に就いてから、日産デザインには3Cというポリシーがあって、クリエイティブ、クリア、コンシステンシーという創造性、明確性、継続性が重要だと説いていたのに、いまではその3つが見事吹き飛んでいると思うのですが…
前にも書いた通り、今の日産には市場に対して提案性より追従性しかないと思うのですが、エクストレイルはより追従性に振ったモデルになりましたね。
本来VWに続いて出してきた新しい開発手法であるCMFの第一弾のクルマなのに、その部分が語られるのは結局開発や生産コストだけになっちゃいましたね。
これでハイブリッドが燃費もそこそこで、それ以外メリットがないようだと厳しいでしょうね。ルノー製ディーゼルである従来型のM9Rは、後処理装置に不具合が多いようなので、たぶん後処理装置を改善しようが、エンジン本体をマツダのSKYACTIV-Dのように根本的に改善しようが、どのみち日本市場に導入したところで、コスト的に無理だったんでしょうね。まぁ業務でエクストレイル2.0GTとCX-5 XDを使ってみて、比べるとエンジンもさることながら色々な面で日産の優位性がないことがわかります。
新型エクストレイルを日産本社前で行われたオフロード試乗会に参加しましたが、様々なデバイスは確かに有能ですが、安全面のエマージェンシーブレーキや、パーキングアシストなんかはいいとしても、オフロード面での機能はそんなに使う場面も少ないとなると?かな…
品質は日産が狙っていた通り、インテリアの質感はよくなっているけど、相変わらず腿付近のサポートが弱い防水加工のシートが採用されちゃっているし、こんなところでタフギアと称してアウトドア志向にしてもあまりいいもんじゃないかな?でもここがウケたから残している部分なんでしょうが、もうちょっと出来がよくて機能性に優れたシートだといいのに。
それと外観のデザインは、テールランプを中心にもうちょっと歴代エクストレイルのデザインキーを残して、きちんとエクスレイルであることを認識できるデザインにしてほしかったですね。ローグとして見ても、じゃあ先代のモデルからどう継続性があるのかわかりにくデザインではありますね。それでいて、特徴が少ない。
ある意味グローバルというものを真面目に追い過ぎて、さらに車種・車型統合の果てに、このクルマはなんなんだ!になりつつある日産車。やはり創業した国で、しっかり売れるクルマでなければ、世界でもそのうち通用しなくなる。スバルやマツダを見ているとそう思います。グローバルは決して無国籍になることじゃない。しっかり日本であることを確立して、それでも海外で通用するモノでなければ…それがちゃんとできないのであればダメでしょうね。

投稿: アクシオム | 2014年1月 4日 (土) 23時02分

おはようございます。おおー新型エクストレイルですか、見に行きました(笑) うーん個人的にはカッコいいと思います。 試乗は遠慮したので乗ってどうかはわかりませんけど(笑) ただルノー日産全体を見ると…言われてるように支離滅裂、日本置き去り、意志決定の速さなどワンマン経営なのはいいけど今は失敗…キングゴーン様。 ただ最近思うのは、もう純粋に日本専用とか作れる自動車メーカーはトヨタぐらいなのかなぁっと思う今日この頃です。日産はかつてのトヨタのライバルではなく、トヨタからすれば眼中にないメーカーでしょ。今はホンダやスズキ、スバルより格下なんじゃないかな? かつての名残でトヨタのライバルフルライナップメーカーと勘違いしちゃいますが。 市場も広げちゃって各セグメントも手広く開発して売れまくってる訳でもなく、電気自動車もうまくいかず、国内では電気自動車のノウハウをハイブリッドに生かせないし、グローバルで数売ってくしかないからコモンモジュールプラットフォームに活路を開こうとしてますね。そういったことから日産に日本人好みを望んでも無い物ねだりかな。マツダは車作りの情熱、スカイアクティブテクノロジーで日本でも受けてますがサイズはデカ!日産には無理でしょう悲しいけど、日本発祥の日本メーカーでなく日本にも工場がある国籍不明な訳分からないメーカーですね。 エクストレイルに対する非難もよくわかります、でも個人的に会社として日産は好きじゃないけどエクストレイルは以外と格好良かった(笑) とにかく日産に過去と同じ感覚で何かを求めても無理でしょう。自分は各メーカーにあれこれ感じますけど、エクストレイルは以外と格好良かったが結論です。後はルノー日産自体にはどーでもいいかな…。そんなメーカーになっちゃったんだなぁ… しかしエクストレイル評判悪いなぁ(笑) 海外仕様より電子サイドブレーキやら、CVTのマニュアルモードとか排気量、ディーゼル設定しないとかしょぼくしてるのはいただけないなぁ さすが日産、日本人には徹底してセコい(笑)

投稿: さね | 2014年1月 5日 (日) 06時47分

アクシオムさん

車種が多い分大変とも言えますが、過去の財産などを考えれば、日産にはできることが山ほどあると思うんですけどね。その辺はマツダと大きく違う。新しいプラットホームについては、公表のやり方がコスト面に偏重しているんじゃないでしょうか? 経済紙をはじめ、メディアの多くは性能の底上げなんて基本的に興味なさそうですし。

さねさん

エクストレイル、単体で見ればそんなに評判を悪くするクルマではないと思いますよ。ただ、アクシオムさんが書いていらっしゃるとおり、今風だけどこれといった特徴がないのは気になります。エクストレイルである必要はないし、日産車である必然性もとくに感じません。そのあたりが問題かと・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2014年1月 6日 (月) 13時12分

特に、「エクストレイル」の名前にこだわらない方が良かったのではないかと。 理由があって今回はこういうデザインでこういう性能の車にしたかったというならともかく、ただ、メーカーの都合ですからね。お客は、メーカーの都合に合わせる必要はないわけですし。
日産に比べれば、(好き嫌いや、製品の良し悪しは関係なくw)トヨタの方が日本のお客のことを考えているし、VWの方がフレンドリー。昔の共産圏みたく、これしか乗る車が無いなどの条件が無い限り積極的に選ぶ理由が見つからない。これが、日産の現状です!と、教えてくれる車です。 

投稿: ぷじお | 2014年1月12日 (日) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/54489992

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・エクストレイル:

« クルマ散策:新年のごあいさつ | トップページ | クルマ散策:東京オートサロン開催 »