« Drive My Car:今年もお世話になりました | トップページ | 新車心象風景:日産・エクストレイル »

クルマ散策:新年のごあいさつ

Photo

 明けましておめでとうございます。

 相変わらず弱小サラリーマン・ライターの細々とした活動ですが、今年もよろしくお願い申しあげます。

 で、今年は昨年から始まったホンダの新車攻勢が続くということですが、各メーカーの動きはどうなんでしょうか?

 トヨタは盤石の販売体制で独走なんでしょうけど、クルマとしてHV以外にキーとなる見所を示してくれるか?ですね。86に続き、BMWなどヨソの技術を使ったスポーツカーとかじゃなく、地に足の着いた直球な実用車の企画なんかを期待したいと思います。

 ホンダはスタートダッシュが決まったNシリーズと、渾身のフィットといった高いレベルを維持した新車が出せるかでしょうか。軽はこれからもバリエーションを広げるようですが、おかしな派生を出さないか。フィットのセダンは初代の轍を踏まないか、など。

 いちばん心配なのが日産ですね。古くからの日産ファンを切り捨てたというより、グローバル展開を最優先させるあまり、日本での商品展開がデタラメになってしまい、もはや何をやりたいのかサッパリわからない感じです。たまたまノートとセレナが売れてますが、そこから脱却するのか否か?

 マツダは、もっともコンパクトで最量販のデミオでも一連のクオリティの高さと動力源の展開、たとえば小型ディーゼルなどを見せられるか。スバルはレヴォーグが過渡期的な商品としても、次期レガシィで本当のスバル新時代のアプローチを見せてくれるか?でしょうか。

 ダイハツやスズキは昨年も書いたとおり、新しい税制に向けて軽の新しい方向性を示せるか? もちろん当面は現行規格で続けるにしても、数年後の近い将来に向けて燃費競争以外のメインテーマを示唆してえくれればいいと思いますが、どうでしょう?

 まあ、新年早々から期待や懸念をあんまり示しても仕方ないですけど、そんなことを踏まえつつ今年も地味ながら活動を続けたいと思います。

 それでは、今年もよろしくお願いいたします。

|

« Drive My Car:今年もお世話になりました | トップページ | 新車心象風景:日産・エクストレイル »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

よいお年を迎えてください、また今年も楽しく読ませてもらいます。家庭の都合上決まり文句はいえないんですハハ… 今年の車業界ははてさてどーなるんでしょうね?期待はしてないですけど(笑) そーいえば日産は…あの感じのいいNo.2の社長さん辞めさせられましたねキングゴーン様に。どーなることやら… コミットメントもいいけど恐怖政治…じゃなく駄目なら左遷じゃ日産の人大変だな~ てゆうのはユーザーには関係ないんですけど、苦しい時こそチャンスと思い頑張ってほしいですけどね。ちなみに新型エクストレイル見に行きましたが、賛否両論ありますがローグの日本使用やらデザイン丸いのはエクストレイルじゃない!なんやらかんやら言われてますが、素人から見たら格好良かったです。とりあえず見た目は 確かに従来のクロカン的な魅力、ラゲッジのフルフラットや、アプローチアングルやら厳しいデザインでしょうけど。オーバーハング短くタイヤ外径デカくなってるしどーなんだろ? しかしメーカーの都合とはいえ見事に日本市場切り捨てだけど、個人的には意外に実物結構かっこよかったですよ。さて今年のルノー日産はどこにいくのやら… 他メーカーもですけど。できれば魅力的な車いっぱいだしてほしいですね。そうだ、小難しいこと抜きにして魅力的ってゆうのが大切ですよね。勿論デザインを始め中身やサイズや走りやパワートレインやら全部含めて。各自動車メーカーそれぞれ頑張ってほしいです。

投稿: さね | 2014年1月 2日 (木) 03時07分

三菱…(^_^;)
デリカD5のクリーンディーゼルは良いですし
アウトランダーのプラグインとか色々頑張っているんですけどねぇ

投稿: muku | 2014年1月 2日 (木) 09時55分

トヨタはプロボックスやタクシー後継車など、インフラに近い車を手堅く、しかもそれなりに最新の技術やパッケージで提案をするなど、こういった地味でも手堅く売れる車を新しくして言って盤石にしていくのがいいのかも。HVが商用車で採用されないのが気になりますね。日産はNV200で2014年度内にEVのライトバンに踏み込むようです。いまのHVのドライブフィールを根本から変えるようなことは、システムの点からしないでしょう。だとすれば、商用車に行くしかないと思いますが、まだ商用車に展開するほどコストやバッテリーの配置を含めたパッケージがうまくいかないのか?
ホンダは、フィットで派生車展開をするようですが、ヴェゼルはなかなかよさそうで、買わせる気にさせるクルマではありますね。インドで発表されたフィットベースセダンは、アリアのようなデザインとは違いますが、以前のシビックフェリオやセダンのようなデザインの違い、やっぱりBセグメントのセダンかな…アコードと言い、レジェンドと言い、セダン系で買う気にさせるデザインの車はまだまだのようですね。
最後に、日産。これから新しいデザイン言語の車が出てくるでしょう。すでにエクストレイルに採用されているVシェイプデザインで、ヘッドランプやグリルに用いられているようですが。日産は世界的に車種を統合している傾向にあるので、期待するような新しい車ってあまり出そうにないですね。日産は売れ筋の商品に特化して、国内においては縮小均衡で無駄や損を出さない戦法で行くんでしょうね。なのに、売れそうもないティアナがFMCするのがよくわからない。4.9m近い全長の扱いにくい車。僕ならシルフィに集約して、ティアナ級の高級な安全装備やHVを組み込んであげた方が、ティアナに乗っていたユーザーも取り込めると思うのに…
日産だけじゃなく、国内メーカーはこのアベノミクスや円安傾向のうちにどれだけ重視できるのか?今年をはじめ、この数年で国内市場がどうなるか決まるんでしょうね。たぶん・・・

投稿: アクシオム | 2014年1月 3日 (金) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/54459308

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:新年のごあいさつ:

« Drive My Car:今年もお世話になりました | トップページ | 新車心象風景:日産・エクストレイル »