« 新車心象風景:日産・エクストレイル | トップページ | 雑誌記事:東京オートサロン・デザインインタビュー① »

クルマ散策:東京オートサロン開催

Photo

 日付が変わってしまいましたが、昨日から開催された「東京オートサロン」に行って来ました。

 本家東京モーターショーがお台場に「格下げ」される中、いまだ幕張メッセの全ホールを使っての開催は、日本独自の走り屋+カスタマイズ文化のパワーというところでしょうか? いまだ半裸のキャンギャルに殺到するカメラ小僧という光景が残っているのはその証のひとつかと。

 そうしたパワーは無視できないとして、メーカー自らが積極的に参加するようになって久しいのですが、いまやすっかり好立地に広いブースを出すようになっています。ホンダなど一部メーカーは、東京ショーより広いんじゃないか?と思わせるほどの立派なブースだったりしますし。

 午前中には、トヨタのモリゾウ社長さんが日産ブースへニスモ・GT-Rを「見学」に来ているなど、これまたメーカー主導参加を印象付ける風景でしたね。

Photo_3

 また、ブリジストンなどタイヤメーカーも広いブースを確保しているばかりか、とくにスポーツタイヤに限らずコンフォートな新製品を展示しているのも、このイベントの重要性を感じるところです。

 自分もそのメーカーブースをメインに回り、少しだけですがデザインの取材をしてきました。もちろん、出品車はカスタマイズカーですから、デザインについて聞くことはそう多くないのですが、若干でもまとまりましたらアップしたいと思います。

|

« 新車心象風景:日産・エクストレイル | トップページ | 雑誌記事:東京オートサロン・デザインインタビュー① »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

東京オートサロン、東名高速の掲示板に「11日千葉方面違法改造車取締」でやっていることを知りました。
あぁ、以前として警察にとっては不法改造車を取り締まるドル箱イベントなんだと…
カスタマイズの点で参考にはなるけど、エアロパーツやパワーチューンも大事ですが、クルマを選ぶ段階で重要なボディカラー、そしてインテリアのトリムカラーやパネルのカスタマイズなんかってやっぱり思い通りに行きませんね。
レクサスでようやっとそこそこ選べるようになりましたが、インフィニティのマークを付けたスカイラインでやっと北米インフィニティと同じ全8色が選べるようになりましたが、トリムカラーは相変わらずブラックとベージュ。新車の段階で、通常のラインナップとは別に、BMWのインディヴィジュアルやベンツのテジーノみたいに別部門でオーダーできる仕組みにはなかなかなりませんね。
ボディカラーなんて全塗装すると40万円くらいするので、もし新車の段階でカスタムオーダーできればといつも思いますが…
メーカーがカスタマイズを主導するようになったのであれば、もっと純系としての質の高いカスタマイズの提案、オーダーのシステムを構築していただきたいものですね。
ということを久しぶりに六本木に出て、昨晩クルマ好きな某スマートフォン開発デザイナーさんと永延と4時間話していました。

投稿: アクシオム | 2014年1月11日 (土) 21時13分

あけましておめでとうございます。

苦手smileな、改造車の展示会ですが、カタログモデルとしてもノーマルの別バージョンとしてカスタムやらなんちゃらがどのメーカーも車種もあるのが当たり前になって久しい今となっては、こういうものも昔に比べて一般化しているんですよね。 単純に昔から、差別化したい!自分だけの!ってこだわるなら、人が乗ってない車に乗ればいいのに・・・と、思っています。
しかし、そこまではみなさん嫌なんですね~ みんなが乗ってる同じ車でちょっと変わってるくらいがイイ!って、日本的だなあ。しかも、メーカーが用意してくれるなんて、ほんとのカスタマイズじゃない気もするし。いやいや、これこそクールジャパンなのかもしれませんね。(笑)

投稿: ぷじお | 2014年1月11日 (土) 23時32分

こんばんは。千葉県で開催なのに東京オートサロン…ディズニィも何故か東京…まあいいんですけど(笑) 幕張はそんな遠くではないですが、いったことがありません、一度は行ってみたいです。車のお祭りだし楽しそうな感じがしますが、自分の周りには誘っても行きたいとゆう友達誰もいない… 一人でいくのもなんだかなぁ(笑) メーカーとしてはチューニングショップ業界を制圧するとゆうよりも、チューニング業界の健全化や自動車のイメージアップも狙ってて、尚且つリサーチや商売で儲けも狙ってんでしょうね(多分想像です) 結局はチューニング業界制圧になってるんでしょうけど。でもアウトローなダークでコアな大手メーカーや警察にも媚びないチューニングショップも頑張ってほしいかな。 自動車って個人の移動の自由や生活の助けになったりとても素晴らしいですけど、HVやEVだろうと環境にいい訳じゃないし人を殺してしまう凶器にもなりうる、一歩間違えると怖い道具が本質ですよね。そうならないよう使うのが一番ですけど。小難しいことはいいとして、写真でみたメーカーのカスタマイズカーのエクストレイル…やっぱり格好いい(笑)ついでにアウトランダーPHEVも(笑) でもコメント貰って考えさせられましたエクストレイル日産じゃなくてもいいですね確かに。コストダウンしまくりとは…VWもそうですが部品のクラスに捕らわれない高品質、装備、走りよさなどの民主化も狙ってるらしいから出来が違うのかもなぁ… 海外部品を日本で組み立ててるだけとも言えるし、でも一応日本製品だし日本の雇用や少しは経済にも貢献してるよーな?難しいなあ。とこでカスタマイズ部品は日本で作られてるんですかね? もしそうなら他人に迷惑をかけない範囲のタスタマイズはとてもいい事かもなぁ。でもアウトローなチューニングショップにも頑張ってほしい、怪しげな雰囲気がチューニングカー、これぞ車!って感じです、全てが優等生じゃつまらないし。

投稿: さね | 2014年1月12日 (日) 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/54564113

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:東京オートサロン開催:

« 新車心象風景:日産・エクストレイル | トップページ | 雑誌記事:東京オートサロン・デザインインタビュー① »