« 雑誌記事:東京モーターショー・デザインインタビュー(ダイハツ編) | トップページ | 雑誌記事:東京モーターショー・デザインインタビュー(三菱編) »

雑誌記事:東京モーターショー・デザインインタビュー(スズキ編)

Photo_3 東京モーターショーのデザイン・インタビュー、今回はスズキ・ハスラーです。

 スズキは毎回そうですが、予告もなくポンと新型車を出してきます。このショーでも開催前はノーマークでしたけど、いざお披露目されるとパッと注目されるのは大したものです。で、もう間もなく発売っていうんですからね。

 デザイナー氏は否定していましたけど、これハマー?と思われた方は多いのではないでしょうか。ハマー+ラパン、みたいな。会場で評判だったのは、どこかそういう既視の安心感が働いたような気がしました。

 いいなと思ったのは、明るく豊富なボディカラーですね。ホワイトルーフのツートンだからこそなのかもしれないですが、コンパクトカーらしく楽しい提案です。写真はブルーですが、ピンクもよかったですね。クラウンの100倍はいい。

 それにしても軽自動車はどうも厳しい時代を迎えそうです。それまでの短い時間にやることはいろいろありそうですが、スズキはどういう手を打ってくるのでしょう?

 それでは、いつものように下記サイトからお願いします。

 (ニフティ・自動車サイト)

http://carnifty2.cocolog-nifty.com/sugimoto/

|

« 雑誌記事:東京モーターショー・デザインインタビュー(ダイハツ編) | トップページ | 雑誌記事:東京モーターショー・デザインインタビュー(三菱編) »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

正直、ハスラーにハマーを連想するのはちょっと無理かな…
ツートンの手法はホンダのN-BOX、N-ONEでやっているものなので、それほど新しさはないですが、ジムニーが一向に進化しない中で、クロスオーバーの軽を出してきたのはスズキらしいですね。でも、やっぱり現場で使える軽が欲しいところです。
これだけ災害の多い日本なのにもうちょっとそういったところも含め現場で使えるクルマって欲しいですね。ハマーやランクルといったヘビーなクルマは、重さ、大きさがあだとなってせっかくの重装備も機動性をスポイルしていますから、小さいジムニーが進化し、エクストレイルも従来モデルから正常進化してほしかったですね。

投稿: アクシオム | 2013年12月16日 (月) 13時40分

こんばんは。私的な事ですが、東京モーターショウを見に行ってすぐ、イタリア旅行にいって帰ってきたらエクストレイルは発売されてるは、ヴェゼルも発売間近にハスラーも発売かあ… 凄い勢いですね。ハスラーいいと思います。個人的に買うかとゆわれたら買いませんけど。似たような車ばかりの軽自動車の中では個性的だし、乗って林道や雪道走ったら楽しそうだし。個人的にデザイン自体は可もなく不可もなくですけど。軽自動車ならダイハツの燃料電池車が光ってたなあ~ あれガソリン車でいいので出してほしい。東京モーターショウデザインNo.1と勝手に思ってます。ハスラーは既存の延長の中でのデザインだけど、ダイハツのは中身も凄いけどデザインが突き抜けてかっこいい。乗ってみたいなぁ本当に。ハスラーの話とずれてスミマセン。

投稿: さね | 2013年12月16日 (月) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/54272694

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:東京モーターショー・デザインインタビュー(スズキ編):

« 雑誌記事:東京モーターショー・デザインインタビュー(ダイハツ編) | トップページ | 雑誌記事:東京モーターショー・デザインインタビュー(三菱編) »