« 雑誌記事:東京モーターショー・デザインインタビュー(スズキ編) | トップページ | クルマの他:今月のコンサート »

雑誌記事:東京モーターショー・デザインインタビュー(三菱編)

Ar

 続けています東京モーターショー会場での、デザイナーズ・インタビューですが、今回は三菱の「コンセプト・AR]です。

 これまでは市販予定のクルマを対象としていましたが、三菱は3台のコンセプトカーが主役でしたので、その中で一番コンパクトなARを選んでみました。

 三菱は、デザイン部長が日本人になった直後、いまのフォルティス、D:5、あるいはアイなどを出展したときのインパクトがなかなか大きかったですね。

 今回もSUVやMPVばかりとはいえ、切れがよく、一定のコンセプトでまとめられた意欲作だったかと思います。うまいこと日の目をみませんが、三菱には独自のデザイン力があるんだなと思わせるには十分でした。ま、個人的には、より市販車に近い提案が好きですが・・・。

 新しいekワゴン(デイズ)のオリジナルスケッチは三菱側・・・という話を聞いたことがありますが、今回の3台を見ると「なるほど」と思ったりもしますね。

 それでは、いつものように下記サイトにて。

(ニフティ自動車サイト)

http://carnifty2.cocolog-nifty.com/sugimoto/

|

« 雑誌記事:東京モーターショー・デザインインタビュー(スズキ編) | トップページ | クルマの他:今月のコンサート »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

やっぱり三菱はSUVとMPVに活路を見出すのでしょうね。
こういう力強さの表現は得意ですね。次期パジェロであろうGRはちょっとデップリしてましたが…
でもこのAR、こんなに間延びしていましたっけ?D:5の次期型だからでしょうか?
いつの間にかレクサスのスピンドルグリルは、意外にもカーデザインのトレンドになりつつありますね。
グリルからバンパーへ…
ミツビシの軽は、今後より日産との協業でやらざるを得ないでしょうが、新しいekを見ていると、せっかく
プレーンでクリーンなフォルムで質感の高いデザインですが、日産のデザインキーであるブーメラン形状の
テールランプなどに引っ張られてしまってイマイチ三菱としてのアイデンティティが打ち出せていませんね。
あと、iやi-Miveの後継車を同じEVを得意とする日産とやるのか?その時には、お互い独自の主張が
盛られるといいですが…

投稿: アクシオム | 2013年12月20日 (金) 20時54分

三菱なあ…個人的にはデザインもメカニズムもいいと思うんですが、一般受け悪いしなにより会社のイメージが悪いのが痛い…。三菱に乗り換えようと検討してたら家族から反対されちゃうくらいですから(笑) 勿体ないなぁ。まあ自業自得ですけどデザイナーや開発者の人は無い予算で頑張ってるんでしょうけど、偉い人や社員は会社体質なんだろなあ。適当に仕事して、また適当に会社つぶれない程度に適当にそっけなくユーザーの事全く考えてないで、仕事してるみたいな… 違ったらスミマセン。 もっとマツダみたいに、暑苦しいほど情熱を全面にだしてからデザイン論かな? デザインは素敵だと思うですけど、まずは会社のイメージや体質から変わりました!になってほしい。でもまあ開発費もなく頑張ってますよね何気に。

投稿: さね | 2013年12月20日 (金) 21時55分

アクシオムさん

比較的大柄のSUVやMPVとなると、やっぱり日本市場メインじゃないんでしょうね。かといってミラージュがあれだし・・・。
軽はデイスシリーズの後の3弾目が注目ですね。そういう方向で来るのか?

さねさん

国内のイメージはなかなかねえ。海外ではそれなりに好調のようですから、実際にはそちらにシフトしているんでしょうね。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年12月25日 (水) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/54316403

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:東京モーターショー・デザインインタビュー(三菱編):

« 雑誌記事:東京モーターショー・デザインインタビュー(スズキ編) | トップページ | クルマの他:今月のコンサート »