« クルマ散策:和田智トークショーへ行く | トップページ | クルマ散策:東京モーターショー開催 »

クルマ散策:旧車イベントに出かける

Photo

 3日の日曜日、雑誌『ハチマルヒーロー』が主催するイベント「ハチマル・ミーティング」に行ってきました。

 これはその名のとおり、80年代のネオ・ヒストリックカーをテーマにした旧車イベントで、今回は会場の富士スピードウェイに約500台が集結したそうです。まあ、何しろ自分自身がハチマルのオーナーですから、一度足を運んでみたいと思っていました。

 この頃の国産車の場合、一般に走り方向にモディファイされることが多く、会場もハチロクや”鉄火面”のスカイラインをはじめ、なかなか凝った改造ぶりが目立ちました。ただ、スポーティカーであっても、基本的にノーマルに近い方向でまとめるクルマが増えている印象も持ちました。

 そのフルノーマル派の自分として、今回の会場で目を引いた数台の写真を紹介します。また、そのうち2台は運よくオーナーさんに話を聞くことができましたので、それもレポートしたいと思います。

 まずは2代目のトヨタ・カムリ。「オーナーになったのは、新車で買った父親からたまたま引き継いだからなんです」という、東京の武田さんにお話を伺いました。

Photo_2

 86年式のボディは年数相応の部分もありますが、それは普段の足としてすでに44万キロを越えている証拠です。驚くべきは路上で止まるようなトラブルは一度もなかったこと。「オルタネーターなど部品の交換はありますが、基本的に大きな故障はありません。バブルに差し掛かり、作りにもお金が掛かっていたんじゃないでしょうか?」

 2代目カムリは、トヨタの本格的なFFサルーンとして居住性を追求した実用車として登場しました。「正直最初はカッコ悪いと思っていましたが、後席の広さや視界の広さなど非常によくできていますし、いまではスタイルのよさもわかってきました。結局、これまで他に乗りたいと思ったクルマはなかったですね」

 ノーマルに徹しているのは、武田さんが所属する「カローラ店 80's」というサークルの方針。なるほど、当日はカローラFXやセリカなど、トヨタのきれいなノーマル車が近くに展示されていました。

Photo_4

 2台目は初代ホンダ・トゥデイ。ピカピカの赤いボディはちょっと違和感を持つくらいですが、オーナーの下村さんによれば、なるほどレストア直後とのこと。

 「出身の北海道で足として3万円で購入たものですが、上京してこれからも乗ろうとレストアしました」。都内にあるトゥデイ専門のショップで塗装したボディはもちろん、素材色のバンパーも新車なみ。また、オリジナルを自分で磨いたという内装も程度がいいものです。

 すでに14万キロを越えたものの、これまた大きな故障はないそう。「それより錆がもうあちこち出てしまって大変でした。レストアもそれがメインでしたから」。たしかに、80年代前半くらいまでのホンダはボディの弱さ、脆さが有名でしたっけ。

 で、やっぱり見事なノーマル姿です。「北海道の時はシートをレカロにしたりと手を入れていたのですが、機関の細かい不具合を直している中でノーマルに近づいていました。そのうちノーマル自体が珍しくなってきたので、じゃあこのまま行こうと」。自慢は購入動機だったスタイルのよさもありますが、初代トゥデイをこうしてきれいに乗っていることの希少性自体がいちばんだそうです。

Photo_5

 さて、残りは写真のみの紹介。3台目はありえないほどキレイな日産のトラッドサニー。内装もほぼパーフェクトですし、ホイールキャップにも傷ひとつありません。やはり周囲に同型サニーが並んでいたので、仲間同士での展示だったのでしょうか。

 このトラッドはヒット作でしたが、当時の日産の混迷を象徴した1台でもあります。先進的な曲面ボディが世間に受け入れられず、いわば先祖帰りで直線ボディに戻るということを繰り返していました。

 そういう意味では後ろ向きなクルマでしたが、改めていま見ると作りの丁寧さが伺え、最新の安普請なラティオなんかとは比べものにならないのが面白いところです。

 4台目はダイハツ・アプローズ。発売直後の出火事故でほぼ市場から抹殺された不幸なクルマであり、こうして状態のいい車体はほとんど見ることがありません。展示車内には当時のカタログが飾られ、相当な思い入れ度が伺えました。

Photo_6

 小さくてもクオリティを高くというコンセプトは当時珍しい発想でしたが、角にRが積極的に取り入れられ過剰な装飾を廃したボディは、どこか日本車離れしています。セダンに見えて、実は5ドア風に開くハッチは相当画期的で、性格としてはやはり欧州風の合理性を感じさせるところ。

 また、クオリティの高さはボディだけでなく内装にも感じられます。質感の高いファブリックのシートもそうですが、ピアノキー風にまとめられたインパネのスイッチ類もなかなかチャレンジングです。

 最後は三菱の初代シャリオ。ボディの状態は年数相応のものでしたが、普段使いの中での大切な扱いが感じられます。車内には「初代シャリオ保存会」の名詞と、数台の同車が取り上げられた雑誌が飾られてありましたので、その筋?では有名な車体なのかもしれません。

Photo_7

 このシャリオは質感云々というより、シャープなラインが80年代の元気のよさを感じさせるクルマです。合理的なパッケージングや広いグラスエリアなどは、どことなくイタリアあたりのカロッツェリアの仕事を感じさせます。フェンダーミラーの影響が大きいですが、これをドアミラーに置き換えて想像すると、その先進感がグッと上がります。

 さて、500台のエントリーがアッという間に締め切られたという人気イベントぶりですが、一方でショップなどに聞くと市場的にはなかなか不安定で、商売としては見た目ほど甘くないようです。各種のモディファイ、あるいはノーマルなど、ユーザーの志向がマチマチなのが理由のひとつなのかもしれません。

 ただ、ハチマルが人気なのは、いまの日常使いにも十分適応する走行性能や快適性能を持っているからであるのは間違いないでしょう。そこに当時ならではの豊かな個性が加われば当然魅力もアップすると。

 そうであれば、メーカーも自社の歴史を作ったクルマとして、もう少しこの市場に興味を示してもいいような気もします。安全性能などを考えればあくまでも中古車販売の一環としてになるでしょうが、メーカーによるレストア車の販売などはひとつの市場になると思えます。

 もちろん、メーカーの広報戦略にも使えると思うのですが、いかがでしょう?

|

« クルマ散策:和田智トークショーへ行く | トップページ | クルマ散策:東京モーターショー開催 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

時を経ると、新車時にダメなデザインってこき下ろされたクルマでも、なかなかどうして味があっていいなぁと思えてくる。不思議なもんですね。
自分の趣向としては、新車時に奇抜、斬新なデザインでも受け入れる許容というか、寛容さはもっているつもりですが、時間を経過すると慣れてしまうんでしょうかね?
メーカーは過去のクルマを広報戦略で使うところまではいいのですが、レストアして一般ユーザーまで開放することはないでしょうね。メルセデスベンツみたいに、ベンツミュージアムの地階にレストアを受け付けるコーナーを設置して例はありますが…メーカーとしてやっても、日本は責任の問題が発生するから、やるなら別会社、たぶんモデリスタとかオーテックとかでやるのが精いっぱいでしょうね。
我らのいすゞは、トラックでレストアを盛んにやってますが、乗用車は範疇に入れていないようですね。

投稿: アクシオム | 2013年11月 7日 (木) 09時46分

トラッドサニー、好きだったな。そのころ
田舎ではオヤジが勝手にブルーバードSSSを
買っていたり。なんでサニーじゃないのか。
「ブルーバードは、あこがれの車だった」
大正生まれのオヤジは、そう言った。

俺はシティから始まり、シビックへ。
生命保険解約して、ビートを買った。
2人乗りでは不便になった頃に
両席エアバッグ、ABSともにそろった車が
安い国産にはなく、しかたなくドイツ車へ。
それから安い外車ばかり数台。

バックする時に音がするのはいやだ。
ウインカーをつけたつもりが
ワイパーが動いたりする(その逆も)、
国産車は乗りづらい。

ハチマル。ノスタルジックだけど、危なくない?
家族載せて大丈夫? 
心配する。おせっかいながら。
だってハチマルさんに事故されると、
俺たちの保険料が上がることだってあるから。
保険はそれぞれのおうちで掛けていても
「互助」なんだからホントは。

投稿: 優路 | 2013年11月15日 (金) 14時34分

>優路さん
古き良き時代のクルマを維持するのが、
色々と困難なこの日本の環境でありながら
クルマに対する愛着からハチマルやそれ以前の
車を維持し、ある意味日本のクルマ文化に貢献
されている方々に失礼な発言だと思います。

と感じたのは、おせっかいだの書いてますが
文末見る限り、自分の保険料に跳ねかえるのがイヤってことですよね。

今の水準の安全装備はなくても、昔はそれで皆やっていた訳ですし、
そんな大事に至る事故以前に、ちょっとした事故や故障での対応や
修理パーツ確保も容易でない中、色々工夫されて維持されてる訳ですよ。

保険料に響く云々なんて加入者数からの比率でいれば、ハチマル以前の車種に乗ってる方なんて、たかが知れてるでしょうに。

あまりにも優路さん主観で視野の狭く、 かつ旧車乗りの方への
想像力や配慮がない投稿に、読んでて不快になりました。

私は旧車乗りではないですが、ハチマル以前のクルマを楽しむために、
色んなリスクや不安を乗り越えてらっしゃる方々をリスペクトしている
ので、尚更、不快に感じた次第です。

投稿: KATSU | 2013年11月17日 (日) 02時18分

KATSU様
まずは「視野の狭い」拙文お読みいただき、
ありがとうございます。
厚く御礼申し上げます。

日本に言論の表現の自由があるのを、喜びます。
不快? そうですか。不快と表現していただくほど
恐れ多い事は書いてないつもりですが。

知り合いにも古い車が好きな人がいます。
クルマ文化を背負ってるとか、貢献しているとか
そんな大仰なことは言いません。
ただ、好きなだけ。リスクとか不安に立ち向かっている、
などとの悲壮な話は聞いたことないなあ。
保険料問題、それは彼らも合点承知でしょう。
事故られると、俺もイヤだな。仕事が増えるからね。


ある放送局が機材を買うときに
メーカーさんがまず、こう切り出した。
「うちは、秋葉原価格では売りませんから」
放送局の人は、こう切り返した。
「なにぃ、それは額に汗して働いている、
秋葉原の皆さんに失礼じゃないのか」
機材売買交渉は暗礁に。もめたらしい。
結局、機材の値段は経済原理でなく
政治的決断で決まったらしい。

なんか似てないかな、って思った。
こういう論法は、ある組織の方がよくつかう手。
俺はその手には乗らないよ。忙しいから。


投稿: 優路 | 2013年11月30日 (土) 01時46分

>優路さま
いつの間にか、お返事いただいていたようで。
私の本意はおせっかいという言葉の使い方がおかしくないですか?
ってトコなんですよ。

今の車に比べたら安全性も低いハチマル車で
家族でドライブって大丈夫?ってだけなら、
わかります。

そういう方々のことを思っての
おせっかい発言だと思います。

でもハチマルに事故られたら保険料云々
って、おせっかいというより、あなた本位
の意見でしかないのでは?

もっとも、ハチマル乗りをよく思ってない
人もいることを知らせるということは、
おせっかいな行為かもしれませんが。


投稿: KATSU | 2013年12月10日 (火) 18時46分

KATSU様
拙文にお返事ありがとうございます。
残念ながら、あなたの文章は私には要領を得ません。
私の頭が悪いのでしょう。たいして使ってないのに。

おせっかい、の使い方が変、だけなら
最初からそう言えばいい。
誰のどの行為(書き込みも含む)にお怒りになるのは
あなたの勝手ですが、怒りのベクトルを向けるものは
もっとほかにあるのでは? 

あなたも享受されている言論の自由、
来年から危うくなりそうです。
私はもう若くはないので、あなた方に期待しています。
馬の骨老人の「おせっかい」に引っかかるよりも
巨悪に立ち向かうべきでしょう。

発信、大事なことと思います。
ただ、理解されないのでは、ないのと同じ。あるいは
より迷惑。私は特に誰に向かって書いている訳でもないので
善し悪しは別にして、反響があったことをありがたいと
思います。あなたがどうお感じになっているかは
全く別の問題としてね。

最近の社会の傾向として
「見られている自分」への思慮が
希薄ではないかと思います。
たとえば自転車の信号無視とか。おそらく自転車乗りの
99%は赤信号でも止まらない。
でもね、大きな交差点などには
監視カメラがついていて、しっかり見られている。
駅や商店街や人通りの多いところにも
防犯カメラという名の監視装置が
私たちを見守っていたり、言い換えれば、
見張っていたりします。
気をつけましょう。
全然あなたへの反論にもなっていませんが。
私も「読まれている」自分を意識しようと思います。改めて、プロとしてね。

投稿: 優路 | 2013年12月15日 (日) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/53852927

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:旧車イベントに出かける:

« クルマ散策:和田智トークショーへ行く | トップページ | クルマ散策:東京モーターショー開催 »