« クルマ散策:ルーテシア展示会に寄り道 | トップページ | 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー »

新車心象風景:トヨタ・SAI(マイナーチェンジ)

Sai

 トヨタのデザインは本当にいい方向に向かっているんだろうか?

 ビッグ・マイナーチェンジをするということは、つまり前型が失敗だったという証拠でもある。そりゃそうで、高級ブランドである筈のレクサスと姉妹関係なんて無茶苦茶な企画をやれば、まあ中途半端な結果になるのは明白だったんである。

 その半端さの大きな原因だったフロントフェイスのボンヤリ感を払拭させるのに考えたのが、世界最大クラスの長いヘッドランプという企画だ。

 何しろ一発逆転が厳命だから、とにかく激変が必須なんである。それは当然だろう。ただ、激変と言ってもその回答方法はいろいろな方向があるワケで、メーカーなりデザイナーのセンスが問われると。

 たとえば、ビックマイナーの成功例で知られる日産ウィングロードは、とても分かりやすいカッコよさを表現しながら、同時にしっかりとしたまとまりのよさも備えていたんである。まさにデザイナーの腕の見せ所だった。

 一方、世界一のランプであるSAIは、分かりやすいという点では同じながらも、回答内容としてはどうにも子供っぽい。これで文句あるか!な勢いは理解できるけれど、この大人げなさは真木よう子ともまったく釣り合いがとれていない。

 初代エスティマを手掛けたという新しいデザイントップが就任し、トヨタのデザインが変わるという声は大きい。もちろん、本格的・抜本的な変化が見えるのはもう少し先だとしても、しかし最近の”変化”には少々疑問が残る。

 氏の提案と聞くスピンドルグリルのレクサスは、GS、ISと急激に異様さを増し、フランクフルトに出品されたコンセプトカーに至っては、もはやクルマとも思えないデタラメな造形になっている。

 前後だけ派手なオーリスのイメージは、ほかにもマイナーチェンジしたウィッシュのフロントに通じ、さらにマークⅡやらプリウスのG’sとも重なるもので、共通のわかりやすさと子供っぽさに溢れている。そうしてこれが世界一か?というヘッドランプのSAIへつながるんだけど、こうなると「この手」が新しいトヨタデザインの基本的なレベルなのか、と勘ぐりたくなるんである。

 いや、そうした共通イメージは、すなわちトヨタ最新のデザイン言語である「キーン・ルック」が徹底しているということなんだろうけれど、たとえば80年代、90年代初めまでのトヨタのわかりやすさなんかと比べると、どうも底の浅いものを感じてしまうじゃないか。

 初代エスティマなんかを持ち出すから余計な期待をしてしまうのか、はたまた本番はこれ からという話なのか。本当にトヨタのデザインはいい方向に向かうのか、もう向かっているのか?

 世界最大のヘッドランプと自慢し、プレスリリースで自ら「カッコイイ」と表現するトヨタから、それを正確に読み取るのはなかなか難しいんである。

|

« クルマ散策:ルーテシア展示会に寄り道 | トップページ | 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

SAIのマイナーチェンジはトヨタの販社の強力な販売力と影響力、そして本体の余力を思い知らされるものですね。
逆に日本市場で手当ても何もしない日産とは好対照ですね。むかしの日産なら、しゃかりきにビッグマイナーをしたはずなのに、いまじゃ売れない車種をなら廃止してしまえですからね。
でも、このSAIにしても、年末までに出るハリヤーにしても、レクサスとトヨタのデザインやブランディングの線引きが、販売の意向によってかなりないがしろにされていますね。次のハリヤーなんてどうみてもレクサスのRXのカローラ店バージョンだと思っていたら、あれはRXベースじゃなく、新型RAV4をベースにハリヤーオリジナルにしている。
いくら販売店の復活要望とはいえあきれるばかりですね。
トヨタデザイン全体として問題なのは、ヘアデザインで言うところの「盛り」ばかりやってしまって、余分なものまで乗っけてしまっている。どうみてもシンプルじゃない。
これが初代エスティマを手掛けたデザイナーがトップにいると思うと、それは単にシンボル的なもんなんじゃないかとしか思えませんね。
あと、あのトヨタマーケッティングジャパンってのも妙なもので、一連のトヨタウンにしても、ピンククラウンにしておかしなことになっている気がしないでもないですね。

投稿: アクシオム | 2013年10月 6日 (日) 20時12分

久しぶりに日産ールノー以外のディーラーに行った。

カングーのメーターが壊れて、
取り寄せになったのだが、日本に部品がない、という。
おいおい。ルノージャポンて、そんなとこだったんだね。

ということで2、3週間かかると言われて代車にしようとしたが
代車も2、3週間ないという。これは本格的にこんな
日産とも縁を切るべきだと思い、某ディーラーへ
かローラ的な新型車を見せてもらって、見積もりをもらった。
だが下取りはカングー20万円というので
もうちょっとなんとかならないのか、といって帰ってきた。

クルマの値段と下取りについては店長にも聞いて
数字を出すと言っていたが
あれから3週間以上、音沙汰がないぞDUOさん。

ああ、ちなみに「自称かっこいい」SAI高なクルマは買わないよ。
前の方が落ち着いてて、よかったんじゃないか。
俺も歳を取って、イオンとかスタバとかのBGMを
うるさく感じるようになった。SAIも「うるさい」デザイン。
毎日がお祭り、ではなく、落ち着いた枯れた日々を
過ごしたい身には持て余すデザインだな。

カングーはメーターも来て、購入。
日常に不満はない。信号待ちしながら
背伸びのできるクルマがほかにあるか。
子どもたちは国産車を、狭いしペコペコと言って
買わせてくれようとしない。
次のクルマの選択肢がないままで、
将来に不安はあるが現在は快適だ。

投稿: 優路 | 2013年10月 8日 (火) 14時56分

正に子供っぽいデザインだと思います。
だってウチの息子(10歳)には好評なんですもの(笑)
トヨタってこんなに自慢げにデザインを主張するメーカーでは無かったように思うんですよね。
90年代の凡庸なデザインが良い意味でトヨタらしくで好きでした。
(サイノスはとても好きなマイカーでしたし)

投稿: としぴん | 2013年10月 8日 (火) 23時16分

うーん個人的に滅茶苦茶格好悪いんですけど。 ぶっちゃけトヨタデザインは迷走中にしか見えないのは、新しいパッケージやメカニズムなり中身も土台も使いまわしだからインパクトしかないんでしょう。衝突安全なりいろいろ制約あるし。また前後だけでデザイン勝負するから訳分からないデザインなんだろうなぁ… それだけメカニズムからパッケージまで今のトヨタ車は古いってことなんでしょう。社長は走り!世間は燃費!会社は使い回しコスト安のみ!バラバラだからどーにもならないのかも?やっぱりデザイナーの造形レベル低いのか?日本の消費者レベルに合わせてる? よくわからないですけどトヨタってだけで買う人いっぱいいるし、儲かればいいんでしょトヨタは。トヨタにデザイン論自体が不要な会社なんだろなぁ… ある意味凄いな。

投稿: さね | 2013年10月10日 (木) 12時14分

アクシオムさん

新しいトップの方ですが、エスティマのキーデザインを描いたかどうかは実は知らないのですが、どうなんでしょう? エスティマ自体はCALTYだった記憶がありますが。新しいマーケティング会社は想像以上にひどいようですね。最近の発表会はほとんど学芸会ですし・・・。

優路さん

元気とうるさいのは別なんですけどね。とにかく派手なことをやって一時的に商品力をアップして売ってしまえという魂胆がよくわかるデザインです。
カングーも新しい顔になりましたが、少々無理がありますね。

としぴんさん

そうなんです。とくに自慢していなかったけど、ちゃんとまとまっていた。もちろん外部スタジオなども活用していたんでしょうけど、いい時代でしたね。

さねさん

トヨタがデザインなんかどうでもいいやって姿勢ならまあそれはそれでいいんですけど、トップを買えたり理屈をこねたりしてますからね。その割には・・・ってことですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年10月16日 (水) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/53501069

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・SAI(マイナーチェンジ):

« クルマ散策:ルーテシア展示会に寄り道 | トップページ | 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー »