« Drive My Car:ジェミニ・ミーティング at 箱根 | トップページ | クルマ散策:和田智トークショーへ行く »

新車心象風景:ダイハツ・タント

Photo

 今度のタントはニュースになっていない、と思う。

 初代をそのまま引き継いだ2代目も好調な中、ティザーキャンペーンで盛り上げた新型の「ニュース」って一体何だろうと思ったら、どうも要望の強かったカスタムの差異強化らしい。いや、両側スライド・ドアはもはやライバル追随だし、イース・テクノロジーはタントだけの話じゃないので。

 カスタム、それにしても酷い顔だ。メーカーを問わずカスタム全般が残念な感じだけど、今回はニュースとしただけあってか、もう相当下品なことになっている。そりゃこの国ではなぜかヤンキーなこいつが売れるんだけど、そんなことに腐心しているところが何とも情けないじゃないか。

 勿体ぶってニュースなんて言うんだったら、ここでいつも書くように排気量のチャレンジくらいあってもよかったんじゃないかと引き続き思う。そもそもピラーレスのスライドドアで重くなったボディだ、1リッターや1.3リッター、あるいはその過給エンジンが載っても不思議じゃない。もちろん、軽規格とは併存でするとして。

 タントはもともとお値段もいいんだから、ダイハツの上級車種として設定すればそういう展開も十分アリだろう。それでもって実燃費が向上すればなおいいし、内外装のしつらえもより上級版にできるだろうし。

 それがNAの標準車にターボのカスタムという、何の進展も工夫もない商品企画にはあきれるばかりなんである。いまや新車販売の4割に届かんとしている軽。売れるから規格の見直しもしないし、商品展開もどんどん内向きになって行く。どっぷりぬるま湯、我が世の春を謳歌しまくっている。

 そういう無策の限りを続けていれば、まあ今回のような税制改定の話だって出てくるだろう。メーカーは「弱いものいじめ」と言っているそうだけど、いまや150万円が当たり前の軽は決して弱い存在なんかじゃない。自動車税云々と言うけれど、本当に困っている人は新車の軽なんか買わず、20万円で中古のマーチとか買うでしょう?

 タントは、ワゴンRの革新をさらに押し進めて独自のポジションを築いたのは間違いない。その功績は認めるべきだ。けれども、そんな功績者の今回の無策ぶりは、逆にいまの軽の限界を晒すことになったと。

 メディアは、これから登場するというビートやコペンの後継車に興奮しているけれど、規格を含めたあるべき軽という視点はどうも持っていないようだ。まあ、総務省案の話が進んだとしても、恐らくこれを本格的に語ることもないんだと思うけど。

 だからこそ、メーカー自身がこれからの軽のあり方を商品でもって早々に示すべきだったと思う。しかも、タントのような量販車種で。

 少なくとも、カスタムを歓迎する美的感覚に欠けたユーザーに合わせて満足している場合じゃないでしょう?

|

« Drive My Car:ジェミニ・ミーティング at 箱根 | トップページ | クルマ散策:和田智トークショーへ行く »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

知り合いに初代タントを持っている女性がいて、試しに運転させてもらったことがあります。まず感じたのが「暑い、でもインテリアのセンスがいい!シートが抜群!」ということでした。とくにシートはガサガサした安物じゃなく、表皮は柔らかく包み込むようで、でもコシがあるという絶品の出来でした。他社の軽やコンパクトカーと比較するのが失礼なくらいでした。タントくらい背が高くなるとデメリットが大きすぎて「自分には必要ないなー」と思いましたけれど、「品はいいし、悪くないな」というのが本音でした。

2代目タントも、今回もそうですけど「トヨタ流」が入り込むと悪い意味の「消費者目線」が行き過ぎて「品がなくなる」のはなぜなんでしょうか。ピラーレスとか、ヤンキーテイストなデザインとか。でも、シートのような「わかりにくい部分」にはハッキリ手を抜いてくる。私が住んでいるような田舎ですら「ルポやポロ」に流れている女性がかなりいるのはそいうクルマにウンザリしている層がかなりいるからだと思います。

故・ナンシー関さんの名言「日本はヤンキーとファンシーの国」という言葉を思い起こさせますね。新型タントは。

投稿: ネコ | 2013年10月19日 (土) 21時48分

例え排気量を拡大して普通車登録になったとしても、「軽規格が廃止されたら、こんな感じなりますよ」的なアプローチがあっても良かったですよね。(一部のグレードだけでもいいので。)すぎもとさんが仰るように、メーカー側からそんな提案があって然るべきだと思います。

投稿: としぴん | 2013年10月20日 (日) 10時18分

まぁこの手の軽に革新が起こるとすれば、規格が変わることでしょうね。
そういう意味では、TPPで軽の規格が大幅に変わるか、撤廃されるか。
とにかく日本人は枠の中で精いっぱいにやるのが好きな人種ですから、逆に枠からはみ出して何かするって、何をしたいのか?どうすればいいのか?ってなるでしょうね。メーカーや自工会が海外戦略を考えて、政府を動かすほど策士なら凄いですが…
唯一軽規格で売るスマートだって、そんなに市民権を得るほど売れているわけじゃないし、VWとかフィアットとかプジョーあたりが軽規格のクルマを作るようになれば、規格を変えるよりも軽というカテゴリー自身が変わるんでしょうね。
まぁ海外メーカーに参入する余地がない規格だから、国内メーカーが7社も参入していけるんですから…

投稿: アクシオム | 2013年10月21日 (月) 15時48分

こんばんは。タントがいけないとかデザインが悪いとは思いませんけどカスタムは…個人の趣味的問題かな…後装備の差とかあるでしょうし、一応高高軽自動車元祖だし。にしてもやっぱり高い!背も高いなら値段も高ッ! 軽自動車企画は自分も変わるべきだと思います。でないとリッターカークラスから上がますますダメになっていく日本市場に感じますから。要するにリッターカー以上の普通車の税金、車検やガソリン税も含めた維持費を安くしろと。消費税上げてなおかつ反則二重課税に増税じゃ日本の車市場はしいては産業の空洞化、駄目なガラパゴス化が進み産業がダメになって行く気がします。タントや軽自動車企画だけのせいじゃないですけどね多分。いい加減変わる時ですよねメーカーも役人も、TTPやら外圧抜きに。都会はともかく田舎じゃ必要なんで車は、軽自動車は庶民の足としてより素晴らしい自動車になるように。

投稿: さね | 2013年10月22日 (火) 18時43分

軽自動車は安全なのでしょうか。
田舎には必要とか
税金が安いとか
セカンドカーに最適とか
存在意義に、いろいろ理屈はつきますが
結局、危ないのではないでしょうか。
売っている、と買ってもいい、は違います。

軽自動車は
日本が後進国だったころの置き土産です。
小さなクルマ、大きな事故で大丈夫?
CMに惑わされてはいけません。
あれは優良商品の紹介ではありません。
「買ってけろ」と言っているだけです。
自分の目で見て頭で考え買いましょう。
止めません。ですが、くれぐれも自己責任でお願いします。

投稿: 優路 | 2013年10月28日 (月) 14時10分

ネコさん

いやあ、本当にヤンキーの国なんですね。それをメーカーが後押しするのはどうかと思いますが。しかし、地方でポロやアップに流れるという話は本当なんですね。税制云々とは別に、メーカーにはあるべきミニカーを提示して欲しいですね。

としぴんさん

軽は単に税金が安いだけではない可能性がある筈なんです。でもメーカーは自ら税制に甘んじている。増税されるまでわからないんですかね?

アクシオムさん

こんな小さなサイズで大人が4人ちゃんと座れるクルマを作れるのに、それを軽という枠内でしか勝負しないのは?です。あれもこれも税金の話に集約されるんでしょうけど。

さねさん

増税の話が出てからメーカーの社長が「軽の税制こそ国際標準」などと言ってますが、もうまったく遅いんですよね。10年遅い。

優路さん

法定の衝突基準は小型車と同じになっていますが、それ以上の部分ではメーカー任せですね。VWのアップが欧州の衝突試験で優秀な成績を収めましたけど・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年11月 7日 (木) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/53654717

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ダイハツ・タント:

« Drive My Car:ジェミニ・ミーティング at 箱根 | トップページ | クルマ散策:和田智トークショーへ行く »