« クルマ散策:阿蘇ツーリング | トップページ | クルマ散策:ルーテシア展示会に寄り道 »

新車心象風景:ホンダ・フィット

Photo

 なぜこういうスタイルなんだろう、と思う。

 刷新したベースエンジンに、新世代のHVシステム。基本的なグレード展開はそのままに、中身の更新に注力した3代目は、フルモデルチェンジに十分足るだけの材料を持っていたんである。

 まさに満を持しての新型デビューは、これが「ホンダの本気だゼ」とアピールを隠さない。初代と2代目を上回る成功はもう約束されたものという声は、メーカー自らはもちろん、すでに雑誌メディアからも聞かれるところだ。

 実際、評価の高いスイフトともデミオとも異なりながら、フィットは独自の方向性でちゃんと成長してきた。それはこの3代目もそうで、決して立ち止まることはなく、ましてや後退もなく、誇るべき日本のコンパクトカーと言っていいんじゃないかと。

 そうなんだけど、この3代目にして「おや?」となったのがスタイリングなんである。

 たとえば大きく変わった顔。ホンダはこれが今後のグローバル展開車専用グリルだと言うけれど、すでにインサイトなどで原型を示していたこの顔に特段の新鮮味はない。何でもホンダは今後デザインで”攻め”に出るそうで、この顔の設定もその一環なのかもしれないけれど。

 ま、ファミリーフェイスと言えば聞こえはいいけれど、それまで築いた車種別の個性や特徴をなくしてまで統一する必要があるのかは考えどころだろう。もちろん、一定の様式を持っていても、クルマによってそれなりの応用がきくものならともかく、今回のランプとグリルが一体になっている顔は、展開の幅が相当に狭そうだ。

 いや、クルマ全体を見ればこれがフィットであることは明白だれど、少なくとも顔に個性は感じられないし、これがフィットの顔である必然もあまり感じられない。初代、2代目と巧いこと育ったフィットの財産が、そこにはもう残っていないんである。

 そして、スポーツカーのように大きな口を開けた前後のバンパーは、フィットをいささかずんぐりしたフォルムに見せてしまっている。本来、安定感を強調する筈のレーシーな処理なんだけど、この小さなボディではどうにも消化できず、後ろ姿などには逆に妙な腰高感まである。

 さらに、件のボディサイドラインはやっぱり取って付けた感が強い。複雑なランプ形状の新しい顔や、キックアップさせた落ち着きのないサイドグラフィック、上方向に拡大したリアランプなど、とにかく3代目はゴチャゴチャと要素が多過ぎるんだけど、逆にそれで全体を何とか支えているフシがある。サイドラインは、その悪循環上に引かれたとしか思えないんである。

 何でも今回はNSXを手がけたデザイナー氏が担当したそうだけど、そのスポーティの味付けがあまりに短絡的で子供っぽいんである。そもそも、スポーティだというなら2代目だって十分スポーティで、しかもその表現は実によく練られた「大人な」ものだったじゃないか。

 「常識を疑え」といったオーリスが実に退屈で子供っぽかったのと一緒で、妙に力むとロクなことにならないのが日本車の常、のような気がする。頑張った中身の進化を考えれば、このチグハグさはかなり残念な感じだ。

 いや、もちろん僕らユーザーだって相当子供っぽいから、「今度のフィット、スゲェ格好いいじゃん」となることを、もしかしたらスッカリお見とおしだったりするのかもしれないけれど。

|

« クルマ散策:阿蘇ツーリング | トップページ | クルマ散策:ルーテシア展示会に寄り道 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

新型フィットはホンダのデザイナー的には「カッコイイ」らしいwobblyし、これからはかっこいいと思ったデザインしか出さないそうだ。
しかし、これのどこがカッコいいのかは正直わからない。 サイドに変なラインを無理やり入れるのが何故か日本車でブーム!?だし、メルセデスもBMWもちょっとそっちの方向だ。 まず問題なのは、やはり取ってつけたような唐突なラインは車体を安っぽく見せる。少なくとも私にはそう見えてしまう。メルセデスやBMWは車体自体が日本車のこれらよりも大きいので厚みによって若干ごまかせるが、小型車や軽自動車でやってしまうと、デザインではなく装飾の一部になっているだけで非常に目障りだ。 最近のボルボV40、一連のVWの新型車、ルノークリオ、シトロエンC4ピカソ、グランドチェロキー、セアト、シュコダやアウディ(これらはVWと一緒ですが)、イアン・カラムになってからのジャガー、ランドローバー・イヴォークなどの「パンッ」とした物体としての張りを出した車が現代の車であるとするなら、日本車のデザインは既に現代のものではない。せめて、UP!程度の造形ができないものか?海外の良い製品が出ているのに真似すらできない事態にまでなってしまっているのか? とても最新の車とは思えないものが多すぎるが、新型フィットもその一つだ。さらに、フロントもリアも煩雑過ぎる。日本車は未だに顔とお尻にばかり装飾(デザインではない)をつけなければ新型に見えないと言うなら、それは何かの病気だ。
今後、このフィットの流れを組むデザインでホンダ車が突き進むのは恐ろしい気がする。 中身はどーでもいいです。世界中の車が既に最低限のレベルには達しているので今更言う事はありません。

投稿: ぷじお | 2013年9月20日 (金) 00時18分

たぶん要件を満たしたデザインなんでしょう。
そのうえで、ホンダによるカッコよさを付け足したんだと。
前2代で構築してきたセンタータンクレイアウトによるユーティリティーやパッケージの良さが、逆にカッコよさに関しては代を重ねるごとに増えていく要件によって生かされるどころか、おざなりにされたんでしょうね。
新型フィットがユーティリティーやパッケージの面で派生車種であるフィットシャトルやフリードに任せて割り切ることができたのなら、もっとスポーティーなフォルムでデザインで登場させることができたでしょう。
実物は写真ほどずんぐりーむっくりーじゃないし、やっぱりこの広さはあのサイズにしては十分ですもの。そこを考えると、他の面も含めて、あぁこれで満足となるんでしょうね。

投稿: アクシオム | 2013年9月20日 (金) 15時28分

こんにちは。いやーデザイン論て難しいですね、主観が入る買う人は意見も十人十色だし。デザインより質実剛健て人もいるし、強面じゃないと嫌だってゆう人や、服装から車まで目立ちたくない人、高級感満載、見栄はれたらいいやて人… 車は特に所有者のイメージとリンクするファッションな部分もあるからなぁ。 今度のフィット3まあ個人的にあんまり興味ないんですけどいいんじゃないですか多分、売れるだろうし年配の男性にも似合う?だろうし。自分に興味ない車だと本当にどーでもいいんだな(笑) ただあのちょいいかつい顔が日本中で見かけるとなると… いやだなぁ。もっとこう全体のフォルムからしてホノボノしたデザインにならないですかね?売れる車は特に。最近の日本車ってみんな鋭いヘッドライトで起こってる顔ばかりだなぁ。やっぱり多くのユーザーの美意識が低い?からデザインレベルも低いのかも。媒体はもっとデザインを車のデザイン専門家や建築家なり船のデザイナー、etc 呼んでもっとデザイン評論するべきだと思います。媒体は地上波テレビニュースから雑誌から新聞まで。メカニズムと経済的効果や株価ばっかりなんだよなぁ…。そうはならないから日本車はそこそこデザインでいくんでしょう。売れないと会社や日本経済困りますしね現実は。無難になるわけだな…。

投稿: さね | 2013年9月21日 (土) 11時57分

すぎもとさんの仰るとおり、先代までの良い感じの流れが絶たれてしまいましたね。年々おもちゃっぽくなるホンダのデザイン。とても残念です…。企業的にも、いつになったら成熟するのかなぁと思えてなりません。

投稿: としぴん | 2013年9月21日 (土) 17時09分

フィットが一番売れるのは日本。スイフトなんかとの違いはそこかも。スイフトなんかには海外販売を眼中に入れたをある種の「一線」がありますけどフィットはモロ日本人好みにしてるのかなと。

日本以外の国ではコンパクトカーにフィットほどの積載量を求めないというか、スタイリングや走りの優先度が遥かに高いんでしょうね。二代目のスタイリングについては「しょうがないのかな~」と思うけれど、たまに見かける初代のクリーンさ比べると。。。という気分です。

二代目フィットには後席に乗る機会多かったんですが、バックレストの高さが低く肩までサポートしてくれないので「広くても快適じゃなきゃ意味ないな~」と感じていました。新型はそういう部分の「実質」を高めていてほしいと思います。

投稿: ネコ | 2013年9月22日 (日) 08時43分

初代Fit vs 初代Vitz・・・・・
こころざしの高さ?としては、Vitzに軍配を_。自分が乗っていたからといういう訳ではないつもりですが・・・

2代目Fit vs 現行Swift & 一世代前Swift・・・・・
走りの感覚が自分によりフィットするように感じていて、SWIFTに・・・

3代目Fit vs 200万前後の欧州コンパクト・・・・・
舶来崇拝ではないですが、インターフェースと言っていいんですか?目の前に展開する雰囲気で、輸入車に魅かれますね。3代目質感が向上している・・・とした評価も目にしますが、パッと見の印象ですが、N-ONEに負けてやしませんか?インパネ回りです。シートなどは良さげですけれどね・・・

トンチンカンな話しだと自分でも思うのですが、Porsche Boxsterをたったの7ヶ月間ではあったのですが、マイカーとして所有できたことで、クルマに対しての見方が変わったような気がしています。

おそらく次期マイカー候補として、軽自動車の中古(生産が終了してしまっているので)になるかと思うのですが、もし出会い頭の事故のようなもので、登録車を買うとしたら、Boxsterの前に所有していたSUZUKIのスプラッシュか、スイフトになるかと_。

Fitきっといいクルマなのでしょうが、選択肢には入りません。

的外れなコメントになってしまい、ゴメンナサイ!?

投稿: イニシャルN子. | 2013年9月22日 (日) 17時27分

ぷじおさん

そうですね、顔とお尻ばかりで、たまにサイドで力が入るとこうなっちゃう。日本車は・・・と言う前に、そもそも初代、2代目までちゃんとできていたんですからね・・・。

アクシオムさん

デザイン作業は「仕切り直し」があったようですね。フロントもサイドも、仕切り直し後にいきなり出てきたみたいで。あまり試行錯誤が長いとこういう判断に陥るような気がします。

さねさん

いまだにデザイン論が横に置かれているのは酷い状態です。デザインは好き嫌い・・・で終わっているんですからねえ。

としぴんさん

そうですね、オモチャっぽいですね、今度のフィット。スポーティというと、そういう子供っぽい形になるのが日本車の常です。何ででしょう?

ネコさん

インテリアが豪華になった・・・という記事が多いんですけど、とてもそうは思えないんですよね。シートもそのひとつかと思います。ポロやルーテシアと比べるべくもないですから。

イニシャルN子さん

上にも書きましたが、内装の質感が高いと言う評論はどうかと思いますね。安物のコンパクトが増えてから、確実に質感に対するハードルが低くなっています。簡単にプレミアムって言うな、と。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年9月29日 (日) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/53317625

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・フィット:

« クルマ散策:阿蘇ツーリング | トップページ | クルマ散策:ルーテシア展示会に寄り道 »