« 新車心象風景:ヴィッツターボ・カローラHV | トップページ | 新車心象風景:ルノー・ルーテシア »

新車心象風景:スズキ・スイフト(仕様変更)

Photo

 スイフトの仕様変更、なかなか大がかりなんだけど、何かちょっと違うかなと。

 ワゴンRにスズキ自慢のグリーン・テクノロジーを投入し、リッター30キロの燃費を達成したのに合わせ、小型車にもいよいよその技術が反映されたと。

 エネチャージに新アイドリングストップなど、ダイハツのイース・テクノロジーに並ぶ”積み重ね”技術に加え、スイフトの場合はエンジン本体にも手が入っていて、仕様変更にしては本気度が高そうだ。

 各雑誌ではこのあたり「スズキはやるとなったら素早く徹底的にやる」という記事があちこちに見られ、かなり好意的な扱いになっているんである。

 けれども、何か物足りないというか、違うというか。

 スイフトは、とりわけ欧州仕込みの運動性能の高さが評価され、かつ作りのよさも相まって実力勝負なコンパクトカーとされている。同じクラスのマーチやヴィッツの体たらくぶりを見れば、その志の高さは本物だろう。

 ただ、少ない弱点のひとつがエンジンバリエーションという、決して小さくない弱点になっているのが惜しいところなんである。

 もちろん、設計の古かった1.5や1.3リッターエンジンを高効率の1.2リッターに集約したのは間違いじゃないと思う。でも、ファーストカーとして考えた場合、このNA1本というのはいささか心許ないじゃないか。

 まあ、街中や平地をひとりで走っている分には軽快だとしても、4、5人乗車や、高速メインの長距離ツーリングなどを考えるとやっぱり役不足で、いくらCVTの制御がよくても苦しいところだ。

 片や、欧州勢のポロや新しいルーテシアが1.2リッターのターボをベースエンジンにしているのは、たぶんそういう守備範囲を広く現実的にとらえているからなんだと思う。排気量を落とすにしても、相応のトルクを残さなくてはいけないと。

 じゃあ流行のHVという話では、どうやらスズキはスイフトで進めていたレンジエクステンダータイプのEVの開発を凍結したらしく、モーター方面の動力源は、通常のHVを含めて当面なさそうな気配なんである。

 あと、欧州展開しているディーゼルはユーロ5適応の新開発らしいけど、そのまま日本のポスト新長期をクリアするかは?だし、そもそもスズキにその気が見られないから、スイフトとしてはスポーツの1.6以外、当面エンジンの拡充は見込めない感じだ。

 もちろん、リッター26.4キロという数字は魅力的ではあるけれど、いまスイフトに必要なのはこういう軽市場での燃費競争みたいなことじゃなく、だからより実用的な”変更”だったんじゃないかと思う。

 いや、近々に迫るフィットのリッター36キロ攻勢への対抗の意味もあるんだろうけど、先方はそれこそワイドバリエーションだからね。

 スズキは、先のEV開発凍結にあたり、当面は既存エンジンの燃費改善技術に集中するとしたけれど、スイフトというクルマが相当魅力的であるからこそ、その判断はどうにも残念な感じなんである。

|

« 新車心象風景:ヴィッツターボ・カローラHV | トップページ | 新車心象風景:ルノー・ルーテシア »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

今のスズキは結構苦しいんだと思いますね。スイフトの作りこみを見ると、欧州勢と同じようにダウンサイジングターボを望みたくなるのはわかりますが、じゃあスズキのメインが欧州なのかと言えば違い、主力市場ではあってもその一つ。ディーゼルはフィアットからの調達だからいいけど、ガソリンダウンサイジングエンジンは用意するのは無理なんでしょうね。
ディーゼルの国内投入はユーロ5だと無理で、やっぱりユーロ6級じゃないとかなり厳しいようです。フィアット製で国内規制に対応するのであれば、スズキ独自で排ガスの後処理を対策するか、それこそ国内での軽OEM調達の縁を伝って日産・ルノーのエンジンを調達するか。マツダや日産がディーゼル復活の先鞭をつけたと言え、コスト的にはレジンエクステンダーEV同様無理でしょうね。
スイフトスポーツにダウンサイジングターボが載せられないところを見ると、やっぱり現状のラインナップで行くしかないんでしょうね。
あとは、エンジンのラインナップよりもスイフトの派生車を出すか?インドに出したセダンはあまりにもノッチが短くてダメですが、日本や先進国も相手にできるバージョンを出すとか、SX4とは別のSUVを出すとか…その派生車の展開により、エンジンのラインアップの拡充の余地は生まれそうですが。

投稿: アクシオム | 2013年8月18日 (日) 23時01分

おはようございます。スズキスイフト唯一国産コンパクトの中で真面目に作られて、他とは走りの次元が違うとかなんとかこだわりの車らしい。 スズキはバイクもそうですけどいい車だったり、バイクなんですけど企画がイマイチ… スイフトならエンジン燃費よくなるのはいい事です。後はあまりに狭い荷室など普通の人が買うにはちょっと選びずらい、個人的にですけど。ワゴンバージョン作るとかしてほしかったなぁ。基本一台しか所有できない国だしな…。後自慢のオールグリップ4WD搭載グレードとか。赤字まっしぐらのバイクも今はツーリング用途のバイクがあまりない… グラディウスやGSR750にハーフカウルバージョン出すとか、エンジンの出来はかなりいいみたいだしもったいない… 個人的希望なんですけど。コストとの兼ね合いで決まってるのかもしれませんが企画が下手? 今スズキに軽自動車以外に求められるのはブランドイメージだと思います。乗用車の方はボディバリエーションなさすぎ。 HVやディーゼル開発する金なけりゃ、マツダのようにスカイアクティブ見習って特徴を出してほしい。新興国や欧州ばかり見てないでほしい、アメリカ撤退しちゃったしなぁ。ま、とにかくエンジンでいくなら変速機もスカイアクティブから購入して他社とは違う!ぐらいに数字燃費は気にしたいでCVTやめたりいろいろしないと。車はマツダと組むのが一番な気がするなぁ。 後グラディウスのハーフカウルバージョン出してください個人的希望(笑) とにかく安いのは素晴らしい!それ+αでいってきださい。オールグリップ4WDあるんだしスバルに負けない全天候型高性能+スカイアクティブATみたいなのでいく! …ないだろなぁ。 もったいないなぁスズキ車。

投稿: さね | 2013年8月20日 (火) 07時20分

妻と、試乗担当者と三名で試乗しました、低回転でのトルクがあり良いエンジンでしたCVTの出来も良いですです、スイフトは大人三名なら十分ですが・・・
まあ子供の居ない夫婦までかなが実感です。
ダウンサイジングターボなどにしなくてもこのエンジン+CVTなら1500ccクラスの車体に載ると思いますが。

投稿: スズキの社員じゃないけど本社の近所 | 2013年8月24日 (土) 09時06分

アクシオムさん

かつてはバイクメーカーとして、高回転型エンジンだなどともてはやされましたが、どうもそこから変わっていない気がしますね、スズキは。基本的に加給は嫌いなんでしょうか? しかしそろそろ本気にならないと厳しくなると思います。

さねさん

クルマ自体がよくできているだけにもったいないですね。VWとうまく行っていたら、いい技術がもらえたんでしょうか?

スズキの社員・・・さん

試乗程度なら不足は感じないでしょうね。もちろん、そういう乗り方しかしないのであればいいと思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年8月24日 (土) 15時20分

DJE買いましたが、かつて試乗したタダのK12Bに比べると、さすがにパワフルです。
高いレベルで消音されているとはいえ、高圧縮エンジン特有のスポーツをそそる様なうなり方もしてますし、
走る楽しさは確実に増しています。・・・。

ユーロ5・6規制は、特に6に通るなら、燃料噴射のマッピングとエミッションコントロール系のキャリブレーションを書き直せば、国内のPNLT規制も通ってしまうはずです。
問題は売れるかどうかで、世間に目を移すと、ボクの感覚では今のところ「ディーゼル信者」さんが買っているという印象です。
購買層がごく一般人になるコンパクトカーにおいては、石原元都知事の「ボトルサラサラ」に表されるような黒煙もくもくや車体ぶるぶるのイメージは拭えていないとみています。
もうそんな古臭さなんてなくなってるんですけどね・・・。
燃料購入費で比べたときの高い経済性が売りなだけに、ひっくり返ったっておかしくは無いはず。

ユーロ6対応のカギとなるものには、DPF、尿素SCR、燃料高圧噴射・・・などがありますが、
DENSOさんが、マツダに供給した200MPaを更新し、250MPaで噴射できるコモンレールを作れるようになるそうなので、これに期待ってところだと思います。

投稿: Maro@ジェミニ乗り | 2013年10月 5日 (土) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/52929415

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スズキ・スイフト(仕様変更):

« 新車心象風景:ヴィッツターボ・カローラHV | トップページ | 新車心象風景:ルノー・ルーテシア »