« 新車心象風景:スズキ・スイフト(仕様変更) | トップページ | クルマ散策:阿蘇ツーリング »

新車心象風景:ルノー・ルーテシア

Photo

 ああ、またやられたか、と思ったんである。

 5ナンバーサイズに収まらなかったとはいえ、全長4mのコンパクトに違いない新型は、ルノーらしさを感じる「ちゃんとした」クルマになっていた。

 それは内外装に顕著で、ボディの工作やインテリアの作りも実に丁寧に仕上げられているんである。ただし、特段に高級ということじゃなく、歴代のルーテシアの進化を着実に積み上げてくれば、まあ2013年にはこうなるよなあ、といったものだ。

 「ちゃんとした」というのはつまりそういう意味で、やるべきことを普通にしっかりやっていると。そんなことはハナから当たり前のことなんだけれど、ここでは何度も書いているように、マーチやヴィッツ、あるいは燃費至上主義の一部の軽自動車みたいに、明らかな手抜き、または後退すらしている日本車では、残念ながら例外も少なくないんである。

 1.2リッター・ターボをベースエンジンにしたのもそうだろう。実用上不足なく、しかし省燃費といった現代の要望に素直に合わせた設定で、過剰じゃないけど手抜きもない。必要なものは必要なだけちゃんと用意すると。しかも、この4気筒は日産とは別物だというし。

 もちろん、すべてが完璧などと言うつもりはない。たとえば、新しいデザインディレクターによるルノーの新解釈は、それなりにクセがあるから賛否もあるかと思う。

 件のフロントフェイスはオリジナリティがあるけれど、あまりに有機的な造形は、もう少し他の車種での展開を見てみないと何とも言えないし、抑揚に富んだサイドボディも、シルエット自体はいたって普通のハッチバックスタイルだから、どうも装飾的な処理に思えてしまうところがあったり。

 内装も、作りこそ丁寧だけど、ピアノタッチの1枚パネルはやっぱり唐突感が強い。これ、日産がマーチやノート、デイズでやっていて、ひどく安普請なインパネにそれだけ取ってつけた感じがあるんだけど、その悪いイメージも重なったりするから余計だ。べつにそこはマネしなくても、と思うんだけど。

 まあ、そういう部分はあるにしろ、この良品が200万円を切るというのはやっぱり魅力的で、ポロあたりとガッツリ組み合う商品力は確実にある。

 やられた・・・というのは、こうやって日本お得意の筈のコンパクトでまたしても出し抜かれたなということなんである。マーチやヴィッツなどは、初代や2代目で欧州イヤーカーにまで届いていたのに、その後がいまの有り様だからどうにも情けないし、高い技術力を持ちながら、内向きな軽自動車にこだわっているうち、まんまとUP!に持って行かれるとか。

 いや、日本だって近日中にホンダが本気のフィット3を出すぞ、という話もあるけれど、プロトタイプを見ている限り、新しいHVをはじめとした中身はともかく、妙に子供っぽいスタイルが若干気になって気は抜けない感じだ。せっかく初代と2代目がいい見本だったのに。

 世の中、当たり前のことを当たり前にやるのがいちばん難しいなんて話がある。その意図するところは理解できるけれど、だからといってそう簡単に安きに流れることが当然だとも思えないじゃないか。

|

« 新車心象風景:スズキ・スイフト(仕様変更) | トップページ | クルマ散策:阿蘇ツーリング »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

最近のルノーは、パトリックルケモンのアバンギャルド路線をうまい具合に軟化させ、いいところに持ってきましたね。
キャプチャーもこのクリオベースで、クリオをそのまんまクロスオーバー化したようなデザインですが、これもクオリティが高くて安定してますね。
確かにピアノブラックのパネルは、流行でやってしまった感はありますが、それを補っても余るメーターのデザインは出来がいいと思いますよ。デジタル表示のスピードメーターとアナログのタコメーターの組み合わせなんか。
意外と、このデザイン上のクオリティの高さは日産の影響かも知れませんね。その日産は、中国と北米での売れ線狙いと、決してセンスがいいとは言えないアイコンのせいでパッとしなくなりましたが、ゴーン&ナカムラ体制初期のマーチやスカイラインのモダンでシンプルかつクオリティの高さは、意外と今のルノーにつながっているのかも知れません。
それともマツダにいたデザインディレクターの影響か?いやまだその成果が発揮されるまでは先のことか?
フィットは…もう残念この上ないですね。意外とノートが生き延びる余地を与えてしまった感のあるデザインかも。今度のフィット、ずんぐりむっくりで嫌だから、前のフィットに似ている日産ノートがいい!って話が出ないでもないですね。でもやっぱりハイブリッドがマストアイテムなら、デザインなんて関係ないのが我が国の間違えだらけのクルマ選びですから…

投稿: アクシオム | 2013年8月23日 (金) 11時36分

不思議なんですが、ルノーの車は魅力的なんでこのルーテシアのメカニズムで日産と共用化したほうが、良いものが安くなると思うんですけど? 王様ゴーンは何考えてるのやら? わざわざ3気筒CVTなんて日本市場やその他もろもろ諸国で使ってるよりも日産にはいいと思うけどなぁ。グリルを日産マークつけてノートなりマーチで売ればいい日本工場で作って。得意技なんだし。 まあ素人には分からない事情があるんですかね…。

投稿: さね | 2013年8月23日 (金) 16時41分

実車を見ていないので断言はできませんが、個人的には前チーフデザイナーの作品のほうが私の感性に合う感じです。やはり新型ルーテシアのリアビューは何となくマ◯ダを想起させますしね。(苦笑)ただ歴代のルノー車にも言えることですが、写真よりは実物のほうがずっと良かったので(つまり写真写りが悪いという事です)この車にもそれを期待したいです。
メカニズム的には最新のトレンドをやっと取り入れたという感じですが、肝心の信頼性は向上しているのでしょうか。実は私はここしばらくずっとルノー車のお世話になっているのですが、国産車では普通壊れないようなところもちゃんと壊れてくれますし、それならば国産車ベースのルノー車ならば大丈夫かと思いましたがとんでもないところに落とし穴があったり(笑)普通なら「もう買わない」となるところですが、不思議とそういう気持ちにならない魅力がこのメーカーにはあると思います。

投稿: にーの | 2013年8月23日 (金) 18時31分

日本が出し抜かれたという基準が何なのかイマイチ分からないわけですが…
スタイルにせよ性能にせよ、今も昔も欧州車は欧州に特化した仕様で、世界販売では日本車とどっこいですよね。
まあ、評論家やマニアに受ける要素は多いと思いますが、それって本当に日本を走る分に必要なトコなんでしょうか?
とはいえ、個人的には新しいルーテシアのスタイルは好みです。赤の内外装が大人っぽく映えるのも流石。
208もそうですが、フランス車はコンパクトカーであっても造形センスに手抜きが無い感じですね。

投稿: 自動車好き | 2013年8月25日 (日) 22時13分

「ルノー乗るのー走るのー」
カルロス・ゴーンさんに差し上げようと
考えたフレーズですが
まだご本人に会っていないので。

冗談はさておき、ルーテシアが売れるか。
ノン、と答えておきましょう。
ルノーというブランドの立ち位置がビミョーだから。
質実剛健好きならVWへ。
いわゆる高級車が欲しいなら、ベンツとかBMWとかいろいろ。
で、ルノーは?
誰に買ってほしいのか、誰に乗ってほしいのか。
日本市場では、イマイチ分かりません。
新型カングーは時々、見かけますが
あの横幅、持て余してるんじゃないでしょうか。

プロダクツに自信があるのなら
まずしなければならないことは
「顧客の創造」ですよ、ルノーさん。
ここで言っても届かないとは思いますが、
一応、エールを送っておきます。
現愛車カングー、10年近くなりますが
最近、なにもご案内がない。お見捨てでしょうか。
他社に乗り換えていいですか、ゴーンさん。冗談でなく。


投稿: 優 路 | 2013年8月31日 (土) 00時06分

フロントは平凡になってしまった先代にパトリックルケモン方向のアクの強さを混ぜて個性を取り戻した感じか?
そして横はジューク風味かなあ、そしてリアは・・・まさかのアルファセアトマツダ?
単純にバランス悪くありませんか?
センターコンソールのボタンやメーターは凝りすぎて落ち着かない。

投稿: llll | 2013年9月 1日 (日) 06時36分

まぁたしかに今のヴィッツやマーチは駄作そのものですが
フィットやスイフト、デミオあたりは欧州車のコンパクトカーといい勝負かと
特にフィットは欧州車に無い日本車的な良さが有ると思いますよ
なんでもかんでも欧州車基準で考える最近の風潮には疑問を感じます。

投稿: もい | 2013年9月 3日 (火) 15時32分

ご無沙汰しております。

前にも描きましたが当方、現行型のデミオに乗って早2年半になりますが、
とても良く出来た車で、よくぞこの価格でここまで、と
一気にMAZDA車のファンになりました(RX-7やアクセラ、アテンザなどは以前から好きでしたが)。

しかし悲しいいかなここ日本では、最近はマシになったとはいえ、不当に過小評価されているのが残念です。

『MAZDAとかないわー』

とかいわずに一度乗ってみて欲しいものですね。

あ、ルノーと全く関係ないお話ですみません…

投稿: とあるイラストレーター | 2013年9月 7日 (土) 07時44分

アクシオムさん

そうなんですよ、安定したクオリティの高さなんですよね。これはデザインの好き嫌いとは別の次元で効いてくるものです。もちろん、デザイナーなら誰でも知っていることなんでしょうけど。バイク風のメーターは面白いので、そのテーマで全体を考えてもよかったのでは?と思います。フィットは・・・また改めて書きますね。

さねさん

こういうのを見てしまうと、日産・ルノーの「旨み」は日本側にはないんじゃないかと思ってしまいますね。海外市場はともかく。

にーのさん

ルケモンさんのデザインは奇抜そうに見えて、しっかり長持ちするまとまりのよさがありましたね。ただ、どういうわけか品質感が伴わない場合が少なくなかったのが残念です。ルノーを乗り継いでいらっしゃるんですね。羨ましいです。

自動車好きさん

そういう流石なところに出し抜かれたんです。もちろん、そんな手抜きのなさは日本車には販売上必要がないというのなら仕方がないですが、僕はそう思わないということでしょうか。

優路さん

商品はともかく、インポーターについてはこの21世紀にも未だ前時代的な姿勢でいる状況があるのは間違いないですね。なかなか広がらない外国車シェアとの間で悪循環になっているようで。個人的には輸入車組合に本気で頑張ってもらいたいところですが、そうも行かないみたいですね。

llllさん

新しい顔、曲面なサイド、ふつーなリアなど、その組み合わせがいまひとつ掴みにくいんでしょうね。たとえばカングーがこの顔になっておかしなことになってしまいましたが、そういうのも不安要素です。なので新型車での展開をもう少し見たいと。

もいさん

スイフトやデミオが評価されるのは、たぶん欧州車基準なんじゃないでしょうか?

とあるイラストレーターさん

デミオ、そんなに不当評価されてますか? まあ、ノートの売れ行きを見ればそんな気もしてしまいますが・・・。CX-5やアテンザが一気に注目車になったように、デミオもディーゼルやHVの設定だけで相当状況はかわると思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年9月 7日 (土) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/52984677

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ルノー・ルーテシア:

« 新車心象風景:スズキ・スイフト(仕様変更) | トップページ | クルマ散策:阿蘇ツーリング »