« 新車心象風景:メルセデスベンツ・CLAクラス | トップページ | 新車心象風景:スズキ・スイフト(仕様変更) »

新車心象風景:ヴィッツターボ・カローラHV

Photo

 トヨタの仕様追加2発、これがなかなかバラバラな感じになっている。

 まず、ヴィッツのターボは自慢のGRMNからの登場。

 なんだけど、そもそもG’sだのGRMNだのはその違いがどうにも曖昧で、よほどトヨタ好きなり走り屋ユーザーでないかぎり明快に説明できないんじゃないかと。つまり、ブランド戦略ということじゃあ、その時点ですでに失敗している。

 しかも、GAZOO・レーシングにしろ、あるいは日産のニスモやマツダ・スピードにしろ、峠の走り屋イメージから脱却できない日本のレースイメージをメインのラインナップに引っ張って来るのは、幅広いユーザーを取り込むにはハナから適していないとも言えるんである。

 聞けばドイツ勢のAMGやM、あるいはSシリーズに倣いたいようだけど、動力性能をプレミアム方向の高性能と理解するこれらのブランドとは、そもそものアプローチから違っていて、そこでも失敗というか勘違いをしている。

 そういう汗っぽいブランドからかっ飛び系ターボ車を出したところで、喜ぶのは文字通りその手の走り屋と牽引役の章男社長くらいなものであって、なぜいまこういう仕様を出すのかが意味不明なんである。

 いや、こんな暇があるなら、ベースとなる標準車でのバリエーションを広げる方が先だろう。同じクラスとはいえ、HVをアクアだけに任せる必然性はないし、ダウンサイジングの加給エガソリンや新世代ディーゼルなど、標準ヴィッツの商品展開がなぜ最初から行われないのか?

 一部特殊層へのアピールがダメだとは言わないけれど、それはあくまでも先にやるべきことをやってからの話だと僕は思うんである。

Hv

 そしてカローラのHV追加。

 アクアのヒットでシステム供給が間に合わない、という話があったけれど、今回の発表にあたっては、もともと追加仕様で考えていたけれど、想定よりも要望が強かったので前倒ししたとのこと。

 その新型は、原点回帰などと言いつつ、単に中途半端な古さを持っただけで、せっかくの日本専用ボディにもかかわらず泣かず飛ばずの状態になってしまった。あまりの退屈さは、太鼓持ち雑誌ですら疑問を呈するほどで、なぜそれを予見できなかったのかが不思議なくらいに。

 そこで今回のHV追加なんだけど、開発の時間が短かったのでアクアのそれをそのまま流用というのがさらにイケナイ。前倒しと言っても、何だかんだで1年3ヶ月も遅くれながら「流用」というのは、またしても中途半端の上塗りじゃないか。

 つまり、後出しを決めていた以上、そこにはカローラHVとしての企画がちゃんとあった筈なんである。たとえば高速走行時の燃費効率向上でもいいんだけど、アクアのそれよりも確実に進んだものとしてだ。そうであれば、それはそれでしっかり提示するべきだった。それこそ半年遅れてでも。

 もちろん、SAIなど特殊な例を除けば百発百中のHVを投入するんだから、カローラの販売も好転するだろう。それが天下御免のHVだからなのか、あくまでもカローラのHVが待たれていたからなのかは微妙なところではあるけれど。

 ところで、これでもって開発主査氏は「ああ、よかった」と胸をなで下ろすんだろうか? いろいろ言われたけど、これにて一見落着と。

 もうしそうなら、それはやっぱりどこか寂しいような虚しいような、あるいは残念な気持ちになるんである。

|

« 新車心象風景:メルセデスベンツ・CLAクラス | トップページ | 新車心象風景:スズキ・スイフト(仕様変更) »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

どこがどう峠の走り屋イメージが脱却できていないのでしょう?
巨大なウイング・ダミースクープ・仰々しいネーミング等々嫌なポイントが挙げられていないと分かりづらい。
アバルト、ルノースポール、ジョン・クーパー・ワークス等々と大して変わらないということになってしまうでしょう。

今やただのマフィアカスタムカーでしかないAMGから学ぶべき所はあるのか?
AMGは80,90年代が良い頃だったかな。

投稿: llll | 2013年8月12日 (月) 21時34分

久々に悪くないと思うトヨタ車だけれど値段が高すぎです。専用シート、メーター、ボディとトヨタにしては頑張ってるんですけどヴィッツに270万円だすならアバルト500の方が魅力的です。6MTで内装がもっと洒落た感じになればいいんですけど黒ばっかりで色彩が乏しいのが残念です。
G’sはお手軽 GRMNはスポ根 って感じですが確かに分かりづらいんですね。パッと見はG’sのほうが凄そうに見えるので混乱してる人もいそうです。普通にTRDでいいと思うんですけどね。

投稿: RY | 2013年8月14日 (水) 15時37分

トヨタ、日産とも、本来チューナーがすべき仕事をメーカー直系がしちゃているのが、G'sなり、NISMOなんでしょうね。AMGみたいに、Mみたいにと願いながら、やっぱりノーマルよりわかりやすいパフォーマンスがないとダメ!そこらへんのバランスをどうするか、ちゃんと面倒を見る指揮者がいればいいのですが、デザインはデザイン、走りは走り。難しいですね。間違ってもトヨタの場合、章男社長にそれができるかと言えば、無理でしょうね。
カローラハイブリッドは…結構高いですね。だからデコレーションされていて、上級グレード主体なんでしょうが、レンタカーやリース主体の、営業車としてはどうなんでしょうかね。

投稿: アクシオム | 2013年8月15日 (木) 21時11分

ヴィッツ・ターボですか。
いわゆる「かっ飛びスターレット」復活なんでしょうか。
安い、速い、そして「危ない」? 
カスタムの軽より、速いヴィッツを買ってよ、
とまあそう言っているのでしょうかね。

カローラ。サニー、シビック、ファミリアの名が消えた中
唯一の「ファミリーカー」として頑張っている。
「プリウスいかがですか」「アクア、どうですか」
の声に対して
「カローラに乗りたいんじゃ」という人も、一定いるのでしょう。
パブリカの名前は捨てても、カローラという名は捨てがたい。
実質アクア、でも名はカローラ。
いいんじゃないですか。ご随意にどうぞ。俺は買わないけど。

投稿: 優 路 | 2013年8月17日 (土) 07時41分

うーん、トヨタの若社長の走りの情熱には申し訳ないんですが…全く興味がわかないんだよなぁ…。 仮にメルセデスのAMGやBMWのMとかは車種によっては興味とゆうか凄いな金ありゃ買うな、てゆーのがありますけど、それはベースになってる車が元がしっかり作られてシャーシ性能が凄く、スタイルはカッコイイ、パッケージが優れてる。なおかつブランドイメージも分かりやすいだよなぁこれがまた。G・SやらMなんたらやらなんなのか訳わかりません素人には。 そんな事やる前にベースになるトヨタ車の走りをよくしないと本末転倒…。トヨタ社は走りがショボいってゆうイメージを、関連メーカーのスバル並みに本当に素晴らしいかは別としてシャーシ性能やメカニズムに拘ってるイメージがあるからSTiもありがたられてる訳だし。 パワーユニットは何でもいいんですが、HVを代表に燃費命。他は適当?普通的な車作りなイメージだしいっそ高価な材料使って豪華な装備でもスーパー計量化スペシャルで頑張ったほうが分かりやすいな素人が思うに。出なければシャーシ性能やボディ作りやサスペンションに凄いこだわりがあるんですメーカーになるしかないと思います。まず無理だろなぁ… レクルス以外はいっそスバルやダイハツのOEMメーカーになって少し物足りない所、サスペンション設計やエンジンなどは独自のトヨタ設計を取り入れてオリジナルより高性能ですよ!メーカーになるとか?それで優れた設計を他に提供して… 絶対ないな。よーするに今のトヨタのままじゃチューニングして高性能だろうと有り難みがないベース車両のイメージが痛々しいです個人的に…。誤解してるだけで乗った事もないし本当に凄いんでしょうけど。

投稿: さね | 2013年8月17日 (土) 09時59分

llllさん

llllさんの書かれているとおりです。この路線をやりたのであれば、AMGから学べることはあると思いますよ。

RYさん

内装が黒ばっかりというのは確かに残念ですね。これは外国勢もそうですけど、スポーティ=黒というのは何とかならないのでしょうか?

アクシオムさん

本当に高性能にするんだったらもっとしっかり作りこめば・・・とは思いますが、そうなるとベース車がこれでいいのか?という壁にぶつかりますね。結局そこかもしれません。
カローラはアクアとプリウスの間らしいですけど、プリウスの装備にすると数万円しか違わなくなるそうですね。

優路さん

カローラ名は欧米でも使っているし、なかなか捨てられないんでしょうね。アクシオじゃ何だかわからないですし。

さねさん

そうなんです、結局ベース車をしっかり開発する方が先なんですよね。これが中途半端なら高性能化だって中途半端にならざるを得ない。もともと無理があるんでしょうね。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年8月24日 (土) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/52837566

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ヴィッツターボ・カローラHV:

« 新車心象風景:メルセデスベンツ・CLAクラス | トップページ | 新車心象風景:スズキ・スイフト(仕様変更) »