« クルマ散策:いつか来た路? | トップページ | 新車心象風景:メルセデスベンツ・CLAクラス »

クルマ散策:化粧直しはしたけれど

Photo

 マーチのマイナーチェンジと、デミオの特別仕様車の違いが興味深いんである。

 タイ製へのシフトに挑んだ4代目マーチは、輸入時のクオリティチェックと可愛いカエル色の設定といった配慮も空しく、少なくとも日本市場では過去にない低迷状況を招いてしまった。

 それが理由なのか、早々に行ったマイナーチェンジはしっかり内外装に渡ったもので、できれば何とか挽回したいという気持ちが伝わってくるものだ。

 けれども、それが成功しているか否かはまた別問題で、今回の小変更は、僕の目からは残念ながら空回りな感じに見えるんである。

 たとえば、大きく変わったフロントバンパー周りは、より立派に、かつ踏ん張り感を前面に出したようだけど、これと柔らかなサイド面が完全にミスマッチで、顔だけデカい妙なバランスになってしまった。

 インテリアでは、新色のシート地がイメージの一新を図ろうとしているけれど、室内各部との調和がイマイチ取れず、どうにも浮いた感じになっている。ドアのインナーノブなど、シルバー色素材の追加はいかにも「取って付けた感」が拭えず、やっぱりそれだけが浮いて見える。

 これらは、決して日産のデザイナーのセンスが悪いワケじゃなくて、そもそも新型マーチというクルマが、その程度の化粧直しでイメチェンできるようなポテンシャルを持っていない、ということなんだと思う。

 ピンクの新しいボディカラーも、プラム色のインテリアも、方向性としては先代が試行した上質なデザイン展開に準じているんだけど、ベースのチープさがそうした試みをすべて台無しにしてしまっている。

 もちろん、先代だってお金をかけた作りじゃなかった。けれども、それをカバーする工夫があったし、それこそデザイン力で乗り切ったわけで、その点で現行マーチとは比較にならないんである。

Photo_2

 さて一方、シューティングスターという名のデミオの特別仕様車はなかなかいい感じに仕上がった。”スポルト”の方はまあよくあるブラック基調なんだけど、フロントランプやドアミラーにしても、あるいはシートにしても、トータルで統一感がとれている。

 お洒落路線の”グレイス”は、シックな内装の色使いがマツダとしては珍しい提案で、スポルトと違った世界が演出できている。とくに今回の青いセールスカラーのボディ色との組み合わせは、クルマ全体で独特の質感を感じさせる出来だ。

 これはマーチとある意味逆で、マツダのデザイナーがことさらセンスがいい、ということじゃないだろう。それよりも、もともとデミオというクルマが、コンパクトクラスの中でもしっかりとした作りをしていたからで、ベースとしてポテンシャルを持っていた、ということなんだと思う。

 この対比が面白いなと。

 かつては、デザイン性で断然リードしていたマーチが、相応のマイナーチェンジを施しても安物のCDラジカセみたいなのに、少々野暮ったかったデミオが、特別仕様車でもって音のいいコンパクトオーディオ程度のクオリティ感を出している。

 結局、最初からちゃんと作らないとイケナイという単純な話だ。それが戦略であれ何であれ、安物はそれ以外には化けない。さらにお金と手間暇をかけたニスモヴァージョンにしたって、まあそれは同じことだ。

 そうそう、TVで宣伝しているヴィッツのお洒落仕様車シエル、あれも随分残念なことになっているもんなあ。

|

« クルマ散策:いつか来た路? | トップページ | 新車心象風景:メルセデスベンツ・CLAクラス »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

マーチは肝心な新興国市場でも低迷しているから、このようなデザインチェンジをしたともいわれてますね。
先代がデザインを売りに、結構凝ったプレスラインをやりのけてデザイナー主導で行けたのに、現行はあまりにも新興国での生産性とコストに主眼が置かれたので、こうなったのは自明でしょうね。復活ダットサンのGOもやっぱりひどいな…デザイナーが主導できないどころか、提案性がなく市場への追従性で行っている以上、ダメでしょうね。
マツダは、すこし前の日産みたいなちょっとディテールで粋を出そうとしている。これはこれでいいけど、新型アクセラを見てると、このまま相似形デザインのノリで大きさやカテゴリー、パッケージが違うだけのデザインでいいのか?と思うところもあります。海外で2→3→6、CX-5、9と数字で変えている分にはいいけど、日本のようにデミオ、アクセラ、アテンザとやっているのなら、はやり少しはそれぞれ車種ごとの個性が欲しいですね。

投稿: アクシオム | 2013年7月22日 (月) 21時20分

マーチは全くと言ってもいいほど見かけなくなりましたね。
日産は軽に活路を見出したみたいだし、既に存在意義を失っているのではないでしょうか。

ところで、バンパーサイドのエアダクト(風)なところがどいつもこいつも同じような形状をしていることが最近気になるのですが、なぜメーカー、車格を問わず同じような3角形なんでしょうか?

投稿: gilles | 2013年7月24日 (水) 21時35分

今回はなんだかゴツイ顔にチェンジしたけどマーチには可愛さがないとやっぱり合わないと個人的に思います。ウインググリルを復活するのはいいけどもう少し丸さ出したり気を使って欲しかったですね。もしくはグリルレスの方がスッキリしてて良いかもしれないです。

10年前はルノーデザインというかフランス車の雰囲気が有りそこが好きだったしCMも良いのが多かったんですけどモデルチェンジ後は大体残念な車へと退化していく日産車。新型クリオ(ルーテシア)のデザインを見るとルノーと日産の差はさらに広がりそうで残念です。

投稿: RY | 2013年7月30日 (火) 01時06分

こんばんは、暑くて寝れぐるしいこの頃です。 マーチが変わったのか知らなかった…。確かに、もし買えるお金がったとしても、クーラー買ってミラなりアルトの安い奴買うなかな。 デミオも格好いいけど、クーラー買うな。暑さを我慢してでも買いたい欲求がわかない。極論ですけどそれぐらい魅力ないです。 話がそれてますが、維持費や税金も含めそれすら上回る魅力の国産車はないです今は、個人的に。時期フィットや次のデミオに期待します。どーしても車が必要でこの2つから選べと言われたらデミオです。おっしゃるとうり最初っからの完成度やコンセプト、スタイルや内装やらシートの出来やパッケージで魅力度は決まりますよね。しかし本当に最近は、出た瞬間に魅力度0な車がなんて多いんだろう…。売れないからか?MCでさり気なくコストダウンするからますます魅力度- な国産車。踏んだり蹴ったりだな…生まれでた車からすれば。

投稿: さね | 2013年7月30日 (火) 03時02分

アクシオムさん

マーチは2015年にもモデルチェンジなどと言われていて、同モデルとしては短命ですね。次は欧州生産もあるということですから、方向転換するのかもしれないですね。マツダはアテンザが好評ですから、その方向でのアクセラだと思いますが、仰るようにあまりに相似形で心配ではあります。少なくともコンパクトのデミオは、テーマは共通であれ、デミオとしての個性は欲しいですね。

gillsさん

空力を意識して張り出したバンパーにすると、あの形が収まりがいいんでしょうね。しかし、やっぱり単に流行りというのは否めません。今回のスイフトのマイナーチェンジも似ていますね。

RYさん

新興国向けを新ブランド、みたいな発想は、それこそルノーもやっているわけでいいんですけど、日産ブランドの、しかもメイン車種をこういう風にしてしまうのは本当にどうかしていますね。新しいルーテシア、なかなか力が入っていますよね。

さねさん

新しいフィットは新世代ホンダとして社運を賭けた感じですね。HV以外もしっかり作っているのが本気なところでしょうか。僕も次期デミオ、期待しています。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年8月 3日 (土) 11時28分

マーチは少なくなりました。それに、パッソも新型が先代に比べて少なくなった感覚です。 それに引き換えアクアは販売台数の通りとてもよく見るようになりました。マーチはデザインでの失敗が大きそうですが、リッターカー自体がアクアと軽自動車に草刈り場にされているような…。 車に興味があるであろう人間が集まるすぎもとさんのブログでもプラスの意見が低調なのは、全く魅力が無いと言うこと。小手先の仕様変更では存在の意義すら危ぶまれる車種になってしまって残念です。しっかり作り込めば、UP!なんかのライバルになるクラスなのですが、うーん。

投稿: ぷじお | 2013年8月12日 (月) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/52559854

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:化粧直しはしたけれど:

« クルマ散策:いつか来た路? | トップページ | 新車心象風景:メルセデスベンツ・CLAクラス »