« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

クルマ散策:化粧直しはしたけれど

Photo

 マーチのマイナーチェンジと、デミオの特別仕様車の違いが興味深いんである。

 タイ製へのシフトに挑んだ4代目マーチは、輸入時のクオリティチェックと可愛いカエル色の設定といった配慮も空しく、少なくとも日本市場では過去にない低迷状況を招いてしまった。

 それが理由なのか、早々に行ったマイナーチェンジはしっかり内外装に渡ったもので、できれば何とか挽回したいという気持ちが伝わってくるものだ。

 けれども、それが成功しているか否かはまた別問題で、今回の小変更は、僕の目からは残念ながら空回りな感じに見えるんである。

 たとえば、大きく変わったフロントバンパー周りは、より立派に、かつ踏ん張り感を前面に出したようだけど、これと柔らかなサイド面が完全にミスマッチで、顔だけデカい妙なバランスになってしまった。

 インテリアでは、新色のシート地がイメージの一新を図ろうとしているけれど、室内各部との調和がイマイチ取れず、どうにも浮いた感じになっている。ドアのインナーノブなど、シルバー色素材の追加はいかにも「取って付けた感」が拭えず、やっぱりそれだけが浮いて見える。

 これらは、決して日産のデザイナーのセンスが悪いワケじゃなくて、そもそも新型マーチというクルマが、その程度の化粧直しでイメチェンできるようなポテンシャルを持っていない、ということなんだと思う。

 ピンクの新しいボディカラーも、プラム色のインテリアも、方向性としては先代が試行した上質なデザイン展開に準じているんだけど、ベースのチープさがそうした試みをすべて台無しにしてしまっている。

 もちろん、先代だってお金をかけた作りじゃなかった。けれども、それをカバーする工夫があったし、それこそデザイン力で乗り切ったわけで、その点で現行マーチとは比較にならないんである。

Photo_2

 さて一方、シューティングスターという名のデミオの特別仕様車はなかなかいい感じに仕上がった。”スポルト”の方はまあよくあるブラック基調なんだけど、フロントランプやドアミラーにしても、あるいはシートにしても、トータルで統一感がとれている。

 お洒落路線の”グレイス”は、シックな内装の色使いがマツダとしては珍しい提案で、スポルトと違った世界が演出できている。とくに今回の青いセールスカラーのボディ色との組み合わせは、クルマ全体で独特の質感を感じさせる出来だ。

 これはマーチとある意味逆で、マツダのデザイナーがことさらセンスがいい、ということじゃないだろう。それよりも、もともとデミオというクルマが、コンパクトクラスの中でもしっかりとした作りをしていたからで、ベースとしてポテンシャルを持っていた、ということなんだと思う。

 この対比が面白いなと。

 かつては、デザイン性で断然リードしていたマーチが、相応のマイナーチェンジを施しても安物のCDラジカセみたいなのに、少々野暮ったかったデミオが、特別仕様車でもって音のいいコンパクトオーディオ程度のクオリティ感を出している。

 結局、最初からちゃんと作らないとイケナイという単純な話だ。それが戦略であれ何であれ、安物はそれ以外には化けない。さらにお金と手間暇をかけたニスモヴァージョンにしたって、まあそれは同じことだ。

 そうそう、TVで宣伝しているヴィッツのお洒落仕様車シエル、あれも随分残念なことになっているもんなあ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

クルマ散策:いつか来た路?

Photo

 インド市場でホンダが好調らしい。

 インドといえばご存知スズキで、もうずっとトップシェアを堅持し、いまでもそれは変わらない。進出したのが相当に早かったから、アルトなどは一定の歴史を持つようになっているうえ、その後の車種展開も豊富だ。

 そこにトヨタやホンダなどが、新興国戦略として本格的に進出してきた。後発組とはいえ、それだけ市場調査は綿密にやっているだろうし、戦略車を作る技術も熟していると。

 ホンダで好調なのはブリオのセダン版であるアメイズだそう。フィット派生とかじゃなく、新興国戦略車として専用開発されたオールニューのコンパクトだ。

 このアメイズが、単月であれスズキのスイフト・デザイアの販売を上回った。いずれもハッチバックベースのセダンだけれど、1.5リッターディーゼルを前面に出したアメイズが、インドの優遇制度を利用して流れに乗ったらしい。

 安くて燃費がよくて優遇を受けられるといった「お得感」がいちばんの理由なのは間違いないけれど、ただ、やっぱりクルマ自体の魅力もまた少なからずあるんだろうとは思う。

 実際、ブリオが発表されたとき、雑誌では「日本に持ってくれば結構売れるかも?」といった記事が散見された。そこにもまた安さという要素はあったにせよ、やっぱり他にもある種の魅力を感じてのことかと。

 じゃあ、一体それはなんだろう?

 ブリオやアメイズは思い切った弾丸フォルムに勢いのあるラインをのせていて、何とも分かりやすい元気さがある。四の五の細かいことは言わず、あまちゃん風に「カッケェー」な感じで、もうバカみたいなノリだ。

 バイク風の立体的なメーターパネルもまた「カッケェー」で、これを明るいベージュのインテリアで囲み、さらにそれらが扱いやすいコンパクトサイズに収まっている。

 ま、勢いのあるボディのバランスはいささか妙だし、内外装の質感も価格相応だ。けれども、新しい市場=ユーザーに対し、素直に「これ、いいでしょう?」という真っ直ぐな想いや提案がブリオ(アメイズ)には確実にある。

 これはたとえば80年代、ホンダのシティやマツダのフェスティバに感じたカジュアルさにも似て、特別な機能云々じゃないシンプルな成り立ちのよさもまた含まれている。

 いや、いまさら昔はよかったという話じゃないけれど、無理矢理なコンセプトやアイデンティティー、不況ムードによる剥き出しのコスト意識、エコに引っ張られた数字至上主義に振り回された、いまの国内車に欠けた何かがあるんじゃないかと。

 トヨタの戦略車であるエティオスは若干地味だけど、やっぱり同様のカジュアルさはあるし、最近イラストが先行発表された日産によるダットサンブランドのコンパクトは、ブリオを凌ぐ元気さに溢れていそうな気配だ。

 実際の価格や作りは別として、パッソやヴィッツ、マーチなんかより、こうした戦略車にある種の魅力を感じるのは、たぶんそういう欠けてしまった何かがあるからだろうし、評論家が「売れるかも?」と書いたのもまた同様の理由からかもしれない。

 もちろん、スイフトやデミオのような良品はしっかり誇りつつ、また話をコンパクトに限定せずとも、日本車の元気度底上げに効きそうな要素があるとすれば、その「気持ち」を取り戻すことは決して悪いことじゃないと思うんである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クルマの他:先週の映画、2本

Photo 「クルマの他」はクルマ話ではありません。たま~に書いていますので、興味のない方はスキップしてくださいね。

 で、久々の「クルマの他」は先週続けて観た映画2本です。

 1本目の「しわ」は、アルツハイマー病が進行する主人公が入所した老人ホームの物語を描いた、スペインのアニメーション作品です。すでにNHKなどで紹介されていたので、ご存知の方もいるかも?

 話は主人公と、「健康な」同室人を中心に進みます。比較的初期症状だった主人公の目に映る多くの入所者達の言動は、「なぜ自分はこんなところに来なくてはいけないのか?」と思わせるもので、その戸惑いと不安が早々にクローズアップされます。

 映画全体としてはどこかコミカルな味を効かせつつ、特徴的なのは徹底した現実直視の演出でしょうか。入所を決めた家族の心情、入所者達の悲しい日常は、優しいキャラクターの絵柄とは違って容赦なく、淡々と描かれます。

 後半のアクシデントを除けば、大きな出来事らしいものが何も起こらないこの映画が素晴らしいのは、監督が、その徹底した日常表現にこそドラマがあると信じているからかもしれません。

 その監督は、スタジオジブリの高畑勲氏を敬愛しているそうです。アルプスの少女ハイジ、赤毛のアン、ほたるの墓等々と、いずれも日常を丁寧に描いた氏のリアリズムと「しわ」は、たしかに共通した空気がありました。

 こういう優れた作品を観ると、日本が自分達で騒いでいる「ジャパニメーション」て何だろう? なんてことを感じてしまいますね。

Photo_2

 2本目の「スタンリーのお弁当箱」は、両親を亡くして弁当を作れない主人公の小学校生活を追ったインド映画です。

 この作品も基本的にはユーモアを前面に出した作品ですが、労働児童という経済的格差が進むインドの課題を、教育的な側面から描き出したものです。

 映画撮影だとは知らせず、ワークショップを開きながらじっくり撮影を進めた結果なのか、子供達の豊かな表情や動きは特筆するべきもの。同時に先生達もまた「色々な大人」として表現され、そこにドラマチックな誇張はありません。

 弁当という、家庭の事情がそのまま反映される「題材」でもあり、先の「しわ」同様、その格差もまた淡々と描かれています。善し悪しではなく、その事情の中で子供達が生きているということでしょうか。

 話は基本的にハッピーエンドの方向に向かいますが、しかし主人公の身の上に劇的な変化が起こる訳じゃありません。それでも面白かった、観てよかったと思わせるのは、やっぱり「しわ」と同じ理由なんだと思います。

 そうそう、”尾木ママ”が推薦分を書いていたのも、この映画が教育映画としての力を持っているからなのかも? ですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »