« 新車心象風景:レクサス・IS | トップページ | 新車心象風景:VW・ゴルフ »

新車心象風景:VW・ゴルフ

Photo_2

 お手本というなら、躊躇せずマネればいいと思う。

 ゴルフがコンパクトのスタンダードと言われるのは、衝撃の新提案はなくても、その時点でやるべきことはすべてやっているからこその結果なんだろう。

 プラットフォームを含めてモジュール化をテーマにした開発・設計。気筒休止も含め、新開発されたダウンサイジング・エンジン。9つのエアバッグに自動ブレーキ、衝突予測システム等々の安全装備と、7代目の新型もそれは健在だ。

 もちろん、初代のモチーフをサイドに取り入れたスタイリングは確実に先代より進化しているし、インテリアを含めた質感も1世代分はカッチリ上がっている。

 何代目かのGTIがイマイチだとか、肥大化を続けるボディの是非なんて話はあるとしても、着実な作りは歩みを止めていないし、過去6代分の資産は積み上げられ、生かされていると。

 まあ、初代が「傑作」という特別なスター性はあるにしても、以降のこうした歩み、積み重ねは決して特殊なものじゃないし、特別な考え方でもない。その結果としてスタンダードの名を獲得できるのなら、それはどこのメーカーだって可能だろう。

 可能なんだけどそうならないのは、あえてそういう手法をとらないか、あるいは本気でやる気がないからなのか?

 ドイツのライバルはそもそもコンパクトの歴史が浅いとして、じゃあたとえばフランス勢はどうか。同じく初代が名車とされるプジョー205。続く206はカジュアルな演出でスマッシュヒット、207は大きく豪華指向に振り、今度の208は原点回帰と言いつつも、いたって”いまどき”な出で立ちだ。

 ルノーのクリオもそうかもしれないけれど、歴代の善し悪しは別として、仮に対ゴルフ商品としても、そもそもがスタンダード狙いじゃない。毎回狙いどころを変えて勝負を仕掛けている感じだ。もちろん、それがいけないという話じゃなくて。

 日本車はどうか? コンパクトで似たような歴史を持つカローラは残念ながらスタンダードどころの騒ぎじゃない。開発主査とその時点の経済動向ですべてがコロコロ変わる変遷ぶりは、もはや真逆の存在だ。もちろん、それはフランス勢とも話がまったく違う。

 ライバルだった日産のサニーは名前を捨てて仕切直すかと思いきや、なんとモデル自体が統合消滅という有様だし、シビックも安定しない。一時はそれこそ和製ゴルフなんて揶揄されたファミリアもいまはない。

 コンパクトじゃないけど、日本にはクラウンという存在があるゾ、なんて声もあるかもしれない。たしかにクラウンは14代も続く歴史あるクルマだし、セダン不況のいまでさえしっかり売れている定番だ。

 ただ、定番とスタンダードでは似ているようで結構違うところがミソなんである。4年サイクルを堅持し、先代より「ちょっとイイ」モデルチェンジを繰り返してきたけれど、じゃあクラウンはFRセダンのスタンダードなのかと聞かれれば、世界はもちろん、国内であってもそれは違うでしょ。

 さらにゴルフがすごいと思うのは、たとえばレンジローバーやランクルなど、もともと変化が多くない車種ではなく、量販車としてそのスタンダードを貫いていることかと思う。初代のヒットを受け、2代目をどうするかは相当悩んだところで、モデルチェンジまでの7年間は議論の7年だったとも聞く。そこで”踏襲”を選んだ結果としてのいまは、だから決して偶然じゃないと。

 いや、先のとおり、決してスタンダード狙いだけがクルマのあり方じゃないのは間違いないだろう。常に変化をしても、そこに魅力があるならそれはアリだ。

 けれども、ゴルフというスタンダードを持つメーカーとしてのVWは、それだけの価値を得ているのも間違いない。ラインナップの中でゴルフだけが光ったり売れるというのではなく、ゴルフを中心に商品が展開され、それぞれが信頼を得るという恵まれた循環だ。

 まあ、こんなことを書くと「お前はゴルフの大ファンなんだな?」とい聞かれそうだけど、実のところそうでもなかったりする。自分の好みとしては随分デカくなってしまったし、コンサバに過ぎるので。もっとも、別の嗜好からピカピカの2代目なんかいいなあ、なんて思ったりするけど。

 ただ、それでも世界のスタンダードを40年間継続している姿勢には賛同せざるを得ないし、そういうお手本が目の前にあるなら、日本の大メーカーには是非本気でマネてみたらどうかとも思うんである。

|

« 新車心象風景:レクサス・IS | トップページ | 新車心象風景:VW・ゴルフ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

ゴルフ乗るたびいつも思うのは「いいクルマだなぁ。でも、日本でこの性能必要かなぁ。」ということですね。目の前で正論を言い立てられても同意できないことあるじゃないですか、人生には(笑)。日本で使うなら、もっと軽やかで柔らかく、それでいて芯のある乗り物がいいと思いますね。今回のゴルフはインパネが鏡面仕上げて視認性落ちるし、汚れも気になるでしょうね。数代前から続いてる「やることなくなって、余計なことにコストかける」姿勢は実用車らしくないのでは。

投稿: ネコ | 2013年6月 7日 (金) 21時36分

VWゴルフ、Cセグメントの車の完成度のセグメントリーダーみならず自動車としてベンチマークなんでしょうねぇ。 マネしたくても同じレベルの物を同じコストじゃ作れないんだろうな、特に日本1メーカーのトヨタでさえも。これだけはしょーがないと思います。車作りの基礎、哲学から文化風習まで違いますから。サイズが日本ででかいからBセグメントの車を延ばしたり、高くしてCセグメントみたいな車です。みたいな車作りじゃ追いつけないよなぁ…。 どうせ日本じゃ普通車売れないんだから新しくでた米国使用の本物カローラや新型ラブ4とかうればいいのに…。 ヴィッツとかカローラユーザーだった人が納得できるパッケージや作りにすればいいのに。とにかく日本仕様車と海外使用でWスタンダードでやってるようじゃゴルフに追いつけないしマネしたくても出来ないでしょう。 ついでにゆーと日本仕様車になるとデザインまでわざわざ国民の美意識にあわせてるのか?格好悪いときてるしなぁ…。 よーするに日本のユーザーもしょぼい日本仕様である程度満足してるうちは、メーカーにゴルフ7までの車は必要ないし、海外使用に力入れて特に米国、中国などのうちはVWゴルフのマネは無理だろなぁ。欧州を見て作ったオーリスでさえあれだもんぁ、残念だけど特殊なレイアウトのスバル以外はマネしたくてもマネは無理。 実力がないってゆー事を改めて認識すべき時期ですね日本メーカーは。

投稿: さね | 2013年6月 8日 (土) 15時18分

誕生から、紆余曲折ありながらも、大体その時のベンチマークにされるのは、既にモノサシとして頭にこびり付いちゃっているかな? 多少おかしくなっても、モノサシ自体が変わってしまうのでconfident良くわからなくなっちゃうとか。 ともかく、毎回必ず及第点を超えた車を作るのは難しいが、ドイツ人はそこへのコダワリが尋常ではないですね。ビールもそうであるように、こだわるものに妥協したがらない。妥協するには、同等かそれ以上の機能や、性能、質が必須みたいです。ここは、一部の日本人にも共通するところ。しかし、理詰めで物事を考えられるかどうかは日本人とかなり違いそうで、「理屈のドイツ」対「イメージの日本」、右脳対左脳的、正反対なところが製品に反映されているので、自動車の向かうベクトルが違っちゃう。

プロパガンダに騙されたことを学習している国と、未だにプロパガンダに騙されている国の差かもしれません。 あと、成功体験を引きずりすぎるのも日本の弱点。老舗こそ、どんどん革新していかなければならないと、わかっている国なのに、ますます、目先の事しか考えなくなってる。つまり、現日本車は、ヨーロッパ式よりアメリカ型の車文化に随分傾いてしまってます。 お金が稼げるのが正義になってしまった、新自由主義的な国内製造業の総本山が自動車になってしまったのは残念なことです。 ゴルフみたいな車が今後、日本から出るのはほぼ不可能でしょう。日本車がこれまでのアメ車の地位をを受け継ぐのと時を同じくしてアメ車の質が良くなってきたのは皮肉ですね。

投稿: ぷじお | 2013年6月15日 (土) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/51938784

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:VW・ゴルフ:

« 新車心象風景:レクサス・IS | トップページ | 新車心象風景:VW・ゴルフ »