« 新車心象風景:日産・デイズ | トップページ | クルマの他:先週の映画、2本 »

新車心象風景:ホンダ・アコード

Photo

 アコードって何だ、という話なのかもしれない。

 「セダン愛」なんて無理矢理なコピーを掲げたところで、いまこのサイズのセダンが普通に売れる状況にこの国はない。で、そのためのHV専用車という選択ということだ。

 新しいクラウンやレクサスISの販売内訳を見れば、その判断はたぶん間違っていない。となれば、クラウンやIS、あるいはカムリじゃなくてアコードを選んでもらうにはどうしたらいいのか、となる。

 その主回答がリッター30キロの圧倒的な燃費性能、に見える。ライバルが20キロ前半で独走していたところへの強烈な挑戦状として、新聞の一面広告じゃあその「リッター30キロ」の文字をわざわざ2回も繰り返していたくらいだ。

 すでに技術発表は終わっていたので、満を持しての商品デビュー。秋の新型フィットという本丸の前に、HVに対するホンダの本気度をブチ上げた格好だ。何だ、トヨタよりすごいじゃんという。

 で、それは分かるんだけど、何ていうかこの新型アコード、それにしてもピンと来ない。

 いや、理由はとくに難しいわけじゃない。アッパーミドルセダンとしての基本的な魅力が感じられないという、ここ何代かのホンダセダンと同じ話なんである。

 リトラクタブルライトを使った3代目や、スマートさを押し出した4代目あたりは、先進的だったり、いい意味でのバタ臭さだったり、とにかく他とは違うホンダ独自の存在感を放っていた。で、ホンダが会社として巨大化するのと並行し、とりわけセダン群の個性が見る見る失われて行くのは多くのユーザーが感じていたところだろうけど、その結果が年明けのアコード販売停止だったと。北米市場優先として、インスパイアとの関係がゴチャついたことも含めて。

 そこに強力な武器を備えて再出発したのが新型なワケだけど、残念ながら、その没個性ぶりは何も変わっていなかったんである。

 トヨタ車と見分けのつかないフロント、これBMWじゃんというサイド、これまたトヨタかヒュンダイかというリア。ついでにインテリアもBMWそのもの。自分で「端正」というくらいだから、プロポーションや全体の”眺め”が破綻しているわけじゃないけれど、革新的な初期コンペ案をすべて廃案にして「一からやり直した」という結果が、何でこんな結果になっちゃったんだろう?

 さらに、ホンダがHV用と考えているらしいLEDランプ入りのクドいフロントグリルは、この退屈なボディの前だけを妙に重く見せて、バランスも崩すという結果を招いている。まあ、海外で売られるガソリン車用の「普通」のグリルも、それはそれでつまらないんだけど。

 そりゃあレガシィと一緒で、北米市場を考えれば大味で退屈なセダンになるんだよ、なんて声があるだろうか? けれどもキャデラックはATSで新しい方向を打ち出したし、日産はアルティマで独自性を、さらに韓国勢はアグレッシブに出てそれなりの成果を得ている。

 いや、つまりアコードに対して僕ら日本のユーザーが「これは北米向けだからさあ」なんて考える必要は、実はあまりないんである。そこを差し引きして見る必要はない。

 そうであるなら、”偶然こうなった”感にあふれ、どうにも狙いが定まっていないこのセダンの佇まいは、やっぱり魅力に欠けていると言わざるを得ない。

 もちろん、ホンダらしさと言ったって、その意見は十人十色の世界だろう。けれども、どの方向にしても不可欠なのはオリジナリティだ。これはホンダ以外にないね、これこそアコードだよね、という。クラウンでもカムリでもなくて。

 まあ、それでもリッター30キロなら売れるから大丈夫、なんて勝算を持っているなら仕方がないんだけど。

|

« 新車心象風景:日産・デイズ | トップページ | クルマの他:先週の映画、2本 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

新型アコードはある意味、リーマンショックの悪影響を受けた最終商品なのかもしれませんね。まぁこのアコードがホンダデザイン暗黒の最終章となればいいですが、アキュラも含めぼんやりしたデザインのクルマしか出てきませんね。
それと北米市場と中国市場って、結構嗜好が似ていて、大雑把。そこに中国特有の見栄が加味されると、アコードが大味でゴテついたデザインで出てくるのもなんとなくわかる。そこにアコード発祥の地である日本のことなんか、とっくの昔に忘れ去られている。もし、ホントにホンダがセダン愛の名のもと、日本市場に愛あるアコードを出すとするのなら、北米仕様のシビックを改変するか、シビックとアコードの中間サイズのクルマを出すか。それとも、再び三極体制で商品企画し、VWのMQBやルノー日産のCMFのようなパッケージを開発するか。
しかし、ハイブリッドやEVの記号性デザインは、どうしてアース=ブルーなんでしょうね。しかもグリルにLED組み込んで、ドヤ顔とは…そんなに強調しないと商品として成立しないのか?
マツダの魂動デザインもコテコテといえばコテコテですが、それは塊として全体で表現できているからいいし、躍動感もある。そこへ行くとアコードは平凡なフォルムに、顔など局所的にゴテてる。
そういえば、今度アコードって2代目インサイトから始めたグリーンマシンじゃないのか?継続性のないホンダに、ブランドの構築なんて望めませんね。とにかくホンダって外部に影響されやすくて脆いですね。

投稿: アクシオム | 2013年6月27日 (木) 22時34分

シビックにアコード。ノスタルジックな名前。
ミラージュは蘇ったが、ファミリアやサニーはもうない。
アコードっぽい形にしたクルマに、名前を残すためだけに
「アコード」と名付けただけでは。
日本で売るつもりはあまりないでしょう。

NBOXシリーズ、フィット、フリードを日本では細々と売って
世界相手にはほかのクルマで勝負する。
まあそんな戦略なのでしょうね。俺がホンダの社長だとしてもそうする。
ダウンサイジングの中、フィットも海外で売ろうとしているのでしょうか。

大事なことは、剛性だと、このごろ思います。
フランスの8年落ちの商用車崩れに乗っていますが
先日、停車しているとうしろから原付がぶつかってきて
大きな音がしました。外に出てみると
原付は壊れているのに、
クルマはバンパーに擦りキスが付いていただけでした。
何年か前、このアコードの何代か前のクルマに
当て逃げされましたが、その時もこちらに被害はなく
加害者アコードさんは、バンパーがへこんだり曲がったりして
壊れながら逃げていきました。
国産車、まだ乗る気になりません。

投稿: 優 路 | 2013年6月28日 (金) 14時24分

ホンダだけでなく、他社も自分達で始めたとはいえ、「燃費最優先のハイブリッド」を主力に据えたために、国内とそれ以外の地域での商品展開をめんどくさい物にしちゃってません? 今となっては、海外メーカーの戦略の方が楽になっているし、理にかなっているのではないでしょうか。海外メーカーは、小排気量化やプラス過給器でのエンジン展開、コンピュータの細かい制御などで燃費はそこそこ乗り切っちゃて、大きなモーターや、バッテリーを積むのは少し特殊なモデルのみと割り切っているので、ほぼ同じ車を世界展開できて作り分けがあまり必要で無い。本来、こちらの方面で戦えば良かったのですが国内の異常なマーケットにすっかり振り回されて性能の向上より燃費偏重で歪な商品も作らなければならない事に。
アコードが「リッター30キロ」なのはすごい事でしょう。でも、それが何!? そんなに燃料が気になるなら車に乗らないと言う手もありますよってなもんです。日本用HVが何より残念なのは、せっかくの「ハイブリッド」なのに、今の自動車の延長上にあることで、さらなる動力性能の進歩、それによる自動車の新しい魅力なんてものが全く無い事なんです。その上、デザインまで魅力がないとくれば、買う理由が見つかりません。 ホンダのデザインもどーもおかしい。まだ、全体として見ていないのか?これもホンダだけではなく何故か日本車がほとんど罹っている病気だ。 日本車がここまでつまらないものになるとは正直思いもしませんでした。 日本車の事を考えるのは結構辛くなってきました、これなら、ファミレスのメニューを考えている時の方が楽しいです。

投稿: ぷじお | 2013年6月30日 (日) 13時58分

アコード・シビックは日本では方針迷走ですが、北米・東南アジアではずっと安定しています。
北米ではおそらくクラス唯一と思われる2ドアクーペを設定(シビックも)し続けている。
ホンダの北米における鉄壁の神通力は解析が難しい・理解できないところがある。

投稿: llll | 2013年6月30日 (日) 17時19分

アクシオムさん

そうですね、これが最終であって欲しいですね。ホンダがコロコロ変わるのは昔からですが、以前はそれはいい方向に向かっていて、ホンダらしさになっていました。会社が大きくなって色々事情もあるんでしょうけど、これはいけないですね。HV=ブルー・アースのというのは巷に溢れる「地球にやさしい」というバカげた形容の象徴なんでしょうけど、もはやウンザリです。

優路さん

いまどき日本専用車を作れなどとは思いませんけど、○○向け・・・とかじゃない、普遍性を感じる商品作りは期待したいですね。エヌワンなんて軽規格ですけど、きっと海外でも売れますよね。そういうことができるんだから、もっと突っ込んで欲しいところです。

ぷじおさん

もちろん燃費がいいことに越したことはないんですけど、もやはHVはブームであり記号となりつつありますから、まさに日本人特有の状況ですね。リッター30キロより32キロの方がイイ車、なんて本質を見極めるのが苦手な国民性がよく出ています。余裕ある動力源としてアピールするならまだ理解できますけど。

llllさん

ホンダはやはり早くから北米市場を真剣に考えてきた歴史がありますよね。もちろん二輪車のネームバリューもあるでしょうし。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年7月 3日 (水) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/52190689

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・アコード:

« 新車心象風景:日産・デイズ | トップページ | クルマの他:先週の映画、2本 »