« 新車心象風景:VW・ゴルフ | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・アコード »

新車心象風景:日産・デイズ

Photo

 最後発組として、果たしてこれでよかったんだろうか。

 もはや新車販売の4割に届こうかという軽市場へ本気で取り組もうとするのは当然として、じゃあフルラインナップメーカーがその軽市場に何を提示するのか? が注目されていたところだ。

 すでにライバルの二大メーカーはコンマ単位の不毛な燃費消耗戦か、あるいは自転車がそのまま積めるか否かの空間争奪戦で熾烈を極めていて、商品企画としては完全な飽和状態だった。軽メーカーってどうしても既成概念から離れられないんだよね、なんていう。

 けれども、ふたを開けてみればNMKVによるデイズも、結局基本は同じだったんである。

 ワゴンRタイプのトールボディ、既存ベースの横並びエンジン、明るいノーマルに黒いカスタムというお約束グレード、ターボやタコメーターはカスタムだけという固定概念、上級グレードの内装だけシルバー加飾というお粗末な発想。

 いまやどこにでもある「軽」の企画をほとんど踏襲した残念感は、ちょっと驚きのレベルだ。タッチパネルのエアコンや、車外モニター、UVカットガラスなんていうのは単なる機能のひとつであって、それで軽が変わるような代物じゃない。

 もちろん、厚みのあるシートをはじめとしたインテリアの質感向上はわかるけれど、たとえばライバルであるN-ONEを凌駕するようなものじゃない。逆に、ノーマルにもしっかりターボを用意したホンダの方がよほど新しい発想を持っているんである。

 唯一評価できるのは、どこかの政党のスローガンみたいな「3本のライン」によるボディだろうか。いや、三菱案によるスタイリングがいいというのではなく、ここまで彫りの深い面を実現し、従来の軽の平板なボディとは一線を画したところだ。内側の設計は相当大変だったようだけど、やろうと思えば軽サイズでここまでできるといういい見本だし、実際軽らしくない質感を出すことに成功している。

 それ以外はまあイケナイ。小型車、普通車を作り続けてきた日産が作った初めての軽として、あまりにも無策に過ぎる。これじゃあ、いままでの軽市場に似たような選択肢がひとつ増えただけじゃないか。ある雑誌には「ヘタなコンパクトカーより豪華な内装」なんて書いてあったけれど、それは日産にとって悪い冗談以外の何物でもないでしょう。

 先のN-ONEについては、外国車に乗ってきたようなユーザーが、軽云々じゃなく「これがいいと思って買った」なんて例が少なくないそうだ。それは明快な個性や独自のスポーティさなどが備わっていたからこそだろう。

 じゃあ、たとえばデイズがいわゆる日産党と呼ばれる人に「思わず買ってしまった」なんてクルマになっているかといえば、残念ながらそうじゃない。もちろん、そこにはそもそも日産コンパクトの底が低くなってしまっているという別の問題もあるんだけれど。

 軽というエクスキューズなしのクオリティか、HVの設定か、1リッター以上のエンジン搭載車版を設定してのクロスオーバーな試みか、あるいは出力自主規制の撤廃か。はたまたルノーとの協力による欧州仕様の輸出試行か。

 日産が一から軽を作るといのは、それくらいの改革を伴うものと思いたかった。少なくとも、新会社立ち上げによる生産性の向上とかコストの削減とか、そういう内輪の都合がメインの理由じゃなくて。それで販売価格が2~3万円低くできたとしても、だ。

 もちろん、来年のハイトワゴン以降の話はまだ分からないわけで、それこそ魅力あるラインナップを展開してくれる可能性だってあるわけだけど。

|

« 新車心象風景:VW・ゴルフ | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・アコード »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

NMKVは完全に日産主導の軽自動車商品企画会社ですね。開発と生産は三菱丸投げで…でも肝心のミツビシも、アイコンとなるような技術がない。
ダイハツやスズキのような安全性や低燃費技術に目玉がないし、ホンダのようなキャラがたったデザインやプレミアム性もない。こうなったら両社得意のEVをやるしかないかと…
デザインと商品企画の点から、デイズ&ekワゴンを評するとまぁ無印良品なんですかね。日産と三菱でもう少し差別化するのか思っていたら、結局日産の登録車でやっているデザインを軽に持ち込んだに過ぎないですね。やっぱりキャラ立ちしたデザインやパイクカー路線って、いまのナカムラ体制の日産デザインじゃできないんでしょうね。ナカムラさん光岡に車両提供するの相当嫌がっていたって聞きますし。でも今の日産デザインって、簡単に傾向が読めるし、キーデザインの水平展開も早い。しかし、提案性よりも、市場に追従するばかりでとにかくつまらない。ジューク以降、これっていうデザインのクルマってありますかね?冗談かと思ったら、デイズのデザインは次期ノートやマーチを開発するようにデザインしたなんてデザイナーさんが言っていたけど、あまりにも笑えませんでした。
せっかく共同開発の効果を発揮するのであれば、それなりに話題となるようなデザイン、商品性を発揮すべきなのに、残念でしたね。
軽初のアラウンドビューモニターって、結局登録車のお下がり。安全装備のケチり方もお下がりってのも、笑えない冗談。これで発売後もリコールだったら、笑う前に窒息しそうですね。

投稿: アクシオム | 2013年6月16日 (日) 02時10分

これ、エクステリア、まずくないですかwobbly
初代ekワゴンが、隙のないデザインだったため、2代目はほぼキープコンセプト、が、仕切り直しとはいえ日産デザイン寄りに過ぎるような・・・ ノートと同じ系統の全く線の辻褄が合わなく思いつきで、「エイヤッ」とデザインしたのみ。 「ガイアの夜明け」で、cd値が云々やってましたが、そういう問題じゃないんでないの?「意味のない多角形」にモヤモヤしてしまいます。

これまた、最近の日産車よろしく、自社で売った軽の乗り換え需要のみの車で、新規客はあまり見込めない。日産は本当に自社の乗り換えだけで日本はやっていくのか?全てに脱力系の日産、これはトヨタを上回るかも。欲しい車は皆無ですね。海外で頑張ってください。

投稿: ぷじお | 2013年6月16日 (日) 03時06分

なんてゆうかワゴンRやムーヴみたいな車種がまた一つ…。軽自動車の規格で一台でいろいろ追求したら同じになるのはいいんですけど、そろそろ軽自動車規格変えないと軽自動車まで売れなくなりそうな予感が…。飽きてきたとゆうか、物凄い技術で作られてるんでしょうが、また一つ同じようなの出たかみたいな。 だったら個人的にはデイズやワゴンRよりムーヴかな安全性で。デザインも一つ前のムーヴとシルエットが似てるし、燃費も対して違わないだろうし。 にしても軽自動車もワクワクしなくなってきたなぁ。軽自動車規格いい加減世界で通用する規格にした方が普通車にとってもいいと思います。逆に小さくしてもいいし。軽自動車がもっと凄くなれば、普通車はサイズの問題から解き放たれスタイルや走りや安全性が上がるだろうし。まあとにかくまた一つ似たような軽自動車が増えて選択幅が広がったのは良いと思います、人それぞれ好みがあるだろうし。でもやっぱりそろそろ根本的に軽自動車規格を考え直したほうがいいと思います、どうゆう規格にするかは難しいとは思いますけど。

投稿: さね | 2013年6月16日 (日) 23時02分

日産主導で企画して、製造が三菱ですか。
そうなると、出てくるものは確実にマーチ以下でしかない。
新しい提案は、何もなし。特に安くもないし。最後発だけに、評価はなおさら厳しいでしょう。
はなから期待していなかったが、最近のワースト3に入るのでは?
(勿論、ワースト1はカローラ、2はマーチ、3はCR-V)

投稿: おのぶた | 2013年6月17日 (月) 09時31分

アクシオムさん

ekワゴンとして考えれば、先代までの方がよほどしっかりしたテーマが見えましたね。まさか本当に顔違いだけで出すとは。まあ、日産としては自社絡みの商品を現行の販売網で売ればそれなりに行ける。しかも開発コストは協業で結構抑えているし、それで十分なんでしょうね。それ以外、求めるものはないと。

ぷじおさん

面の作りには可能性を感じますが、全体のエクステリアデザインとしてはガッカリですね。3本のラインが特徴とか言われてもね。そんなものがなかったekワゴンの方が断然まとまりがいいですし。もうカスタムとかいい加減にして欲しいですし。

さねさん

とりあえず排気量アップでいいんじゃないでしょうか? サイズはこのままで。燃費効率も上がるでしょうし、もちろん走行性能も。質感向上を謳うんだったら尚更ですね。ライバルのN-ONEなんか、660じゃなかったら新しい市場を作れたのに、と思います。

おのぶたさん

そうですか、期待してませんでしたか(笑) 何かやるんだったらいい機会だったんですけどねー。先日、軽自動車を輸出の流れ・・・みたいなニュースがありましたが、それに期待かな?

投稿: すぎもとたかよし | 2013年6月23日 (日) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/52040101

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・デイズ:

« 新車心象風景:VW・ゴルフ | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・アコード »