« クルマ散策:連休中の白昼夢 | トップページ | 新車心象風景:フィアット・パンダ »

クルマ散策:シャア専用オーリスはなぜ市販されるのか?

Photo

 このクルマは、一種の痛車だと思うことがいちばん簡単だ。

 ある種の走り屋層にそういう潜在需要があったにせよ、痛車があのバカけだラッピングで堂々と公道を走れるのは、アニメ大国などと自称するこの社会に、どこかそれを認める空気があるからなんだと思う。

 それはB5判だけじゃなく、A4判の自動車雑誌までがこれを望外に好意的な目で扱っていることからも感じられるところだ。あれを否定することで「頭がカタい」という烙印を押されるのを恐れているかのように。

 ただ、それは当のガンダムの作り手が望んだワケじゃないだろうことがポイントだ。原作者やシャアを生んだデザイナーが二次的作品としてクルマを作りたいと申し出たわけじゃなく、むしろ当人達にとってそんなものは興味すらないんだろう。

 逆に言えば、そんなモノに興味を持たないようなスタッフが作ったからこそ名作ができたわけで、そこが痛車を代表するバーチャルアイドルなどとは違うところだ。ただ、やる方のノリとしては基本的に同じ温度なんだろうけど。

 そういう、著作権だの許諾云々以外は、本来の意味のコラボとも言えない次元の流行事に、トヨタほどの大会社が手を突っ込むのは、だから思っている以上に恥ずかしい行為なんである。

 これは、作り手自身が、クルマを「その程度」のプロダクトとしか捉えていないことを想像させる。小学生がランドセルに、あるいは女子中学生が手帳やケータイに可愛いシールを貼ったりするのと同じ次元の”モノ感覚”だ。欧州でゴルフとガチンコなどと言っても、自国でこの程度の認識という。

 だから、本来はモデリスタがシャレでオートサロンに飾っておくくらいがせいぜいだったんである。カメラ小僧が、キャンギャルついでに撮っておく程度のノリが。

 じゃあ、たっだらどんなコラボならいいのか? それはたしかに線引きが難しいけれど、たとえば既存ブランドとのコラボものなら、その落とし込みは相応のレベルにしたい。かつて日産が先代キューブで仕掛けた「コンラン」ヴァージョンのように、デザインを前面に出すなら上質さを目指し、かつ大人の抑制を伴ったものだ。三菱の「キティちゃん」ヴァージョンじゃなくて。

 いや、そもそも一流企業がコラボするんだったら、もっと本格的に考えたいところだ。かつてトヨタはWiLLブランドで失敗した経験があるけれど、たとえとしてはありきたりだけど、佐藤可士和氏のような才能を招いて社内ブランディングの試行をやってみれば、最近のタレントを多用した意味のないTVCMよりはよっぽど創造的な展開も可能かと思う。

 さらに、ケン奥山や和田智といった日本を代表する有能なデザイナーと組み、デザインまで踏み込んでこそコラボの本道とさえ言えると思う。これまでも少なからずデザインを外注してきたトヨタなんだから、正面切って奥山デザインのスポーツカーや和田デザインのセダンを作っても特段問題はないでしょう。少なくとも、せっかく才能あるカーデザイナーが国内にいるのに、クルマより先に新幹線のデザインをさせちゃうのは、あまりにもったいない話だろうし。

 さて、ピンクのクラウンはLEONなオヤジに刺さり、シャアのオーリスはアニメファン、ガンダム好きに届く。発表されればまたぞろメディアも飛びつく。現社長の言う「ワォ!」なクルマというのがこういうことなら仕方がないし、広告塔と思えばまたしても大成功確定だ。

 ただ、以前にも書いたけれど、この手の騒ぎは、株価操作の賞賛に止まらず、外国への原発売り込みをトップセールスとし、勢い憲法改正までをも「実行力」などと政府を持ち上げる大手メディアのカラ騒ぎに似て、実に気持ちが悪い。

 まあ、それで実際に高い支持率を得るんだから、トヨタがシャア専用オーリスが市販に踏み切るのだってまた大いにアリってことなんだろうけれど。

|

« クルマ散策:連休中の白昼夢 | トップページ | 新車心象風景:フィアット・パンダ »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

コンテンツビジネス流行りな世の中ですからね。でもこういうマニアックなことって、口コミベースでやってこそ生きていくことなのに、それを仰々しくやるのってある意味下手ですね。

奥山さんは、もうクルマのデザイナーというより異業種コラボのデザイナーとしての方が有名になりましたね。でもあのキャラクターで、社内デザインのトップに座ると思うと戦々恐々としたイメージになりますね。そういえば、一時期GMデザインに在籍していた頃、いすゞにいて幻の4代目ジェミニを手掛けていたって話がありますね。
和田さんは、日産OBとしてナカムラに続いてデザイントップに座るのもいいけど、スバルに行ってもう少ししゃっきりとしたスバルデザインにして欲しいとも思います。
まぁ二人ともそれなりに有名になったけど、もうデザイナー個人よりもトップとしてマネージメントやブランディングする立場なんでしょうね。あとは、外部から作品ごとに話題喚起で携わるか。社内デザインが行き過ぎた今では、その扱いはなかなか難しいと思いますよ。

投稿: アクシオム | 2013年5月 7日 (火) 15時18分

ガンダムは好きなんですよ!人並みかそれ以上に。なんて言っても小中の頃、ガンダム・ウルトラマン・仮面ライダーはどこかで必ず罹る風邪みたいなもの。 私の世代ではそれは、ナチュラル・ボーンな存在。
しかし、それが自動車とのコラボレーションとなると、「ソレジャナイ感」を通り越して、あー恥ずかしいの域ですね。 そもそも、アニメ・まんが・ゲームなんぞは、日本ではいくら市民権を得ているとはいえ、いい歳した大人がその趣味をおおっぴらに世間に発表するのは流石に引きます。逆にその文化が好きだからこそ、ヘンなことしないで・・・って感じです。
ガンダム世代に限らず、その下の若い世代をターゲットにした企画も何故か恐ろしく時代感を読み違えたものが多いのはどういうことでしょう?アニメ・カワイイ・スマートフォンあたりがトレンドとしてマーケティングされているようですが、車が欲しい人はそう言うんじゃないのでは? おっしゃるように、本来の自分たちの商品を磨かずに付属品で付加価値を付けようとするのは、商品を軽んじていることにほかなりません。「いい車」と言いますが、86のような一部の人に受けるだけの車以外、全くそのような商品が出て来ないのは車屋としての自覚が足りないからです。「いい車」=「売れる車」はやはり変わらないのですよ、このメーカーは。原価を抑えて高く売る、これを少しでもいいので車の品質にお金を、とはなりませんね。
メカニズムでもない、デザインでもない、品質でもない、安さでもない、あるのはハイブリッドの状況で満足しているようなので、今後の展開も期待薄。
今後はますます、自動車好きとそうでない方々の住み分けは進みそう、そう感じる「シャア専用」なのです。
もう、日本車=高品質・高性能は忘れましょう。いっそ諦めてしまえば、腹も立ちません。世界には面白い車がわんさかあります。日本車に拘らなければならない理由はないのですから。 

(ちなみに、前回日産車の回では「絶対この車でなければならない」と言う理由がある日産車が、国産・輸入メーカーに比べてあるのかな?ご縁・値段店舗の近さ・日産党等を除いても「これだ!」という理由があるのかな?という疑問です。決して買った方を非難する目的ではございませんので、付け加えさせていただきます。)

投稿: ぷじお | 2013年5月 9日 (木) 01時45分

車と異業種のコラボって、正味の話録なものがないですね。
何も国産車に限らず、フェラーリもマセラティもメルセデスも失敗だらけで死屍累々です。
東モに出品されていた・ビートル・フェンダーなどは正気の沙汰ではないダサさでガックリきました。
ああいう形で音楽(ロック?)を馬鹿にするのはいい加減にして欲しいものです。
しっかりとしたプロダクトで勝負しましょうよ…

投稿: 自動車ユーザー | 2013年5月11日 (土) 00時22分

こういった商品展開を以て『どうだ!TOYOTAは変わったんだ!』

って事にしたいんでしょうけど…

ノーマルオーリスを買って、後からドレスアップレベルでも何とかなりそうな気が(エンブレムなどはなかなか難しい気もしますが)

余談ですが、新型オーリスの、例のネッツエンブレム回りのモッコリとか、アンダーグリルのメッキとかを整理すれば、もっとスッキリとデザインが洗練される気がします。

特に、すぎもと様も書いてらっしゃいますが、サイドから観た時のモッサリ感が個人的には残念ですね…

投稿: とあるイラストレーター | 2013年5月11日 (土) 11時48分

アクシオムさん

おふたりともデザイントップではないですね。奥山氏は今度ヤンマーのデザインをするそうですけど、クルマもあくまでもコラボ=委託がいいと思います。和田氏はデザイン顧問で行けるような気が。スバルのデザインはこれまでも外国人のディレクションがあったようですけど、そこに和田氏はいいかもしれませんね。

ぷじおさん

UP!や新しいボルボが売れてますけど、インポーターもそろそろ本気になってグレード構成やら価格設定をして欲しいですね。UP!が一部軽のシェアに入り込んでいるのを見ると、結局いいものが適正価格であれば売れるんですから。それで外国車シェアが二桁になれば日本メーカーも少しは考えるでしょう。

自動車ユーザーさん

結局、そのクルマでその業種と「なぜコラボをするのか?」が明確でなければ失敗するのは当然ですね。どうやっても無理がありますから。逆に、そこをクリアすれば希少な商品になり得ると思います。

とあるイラストレーターさん

そうですね。シャアにしたければ、買った後で勝手に手を入れればいいんですよ。オーリスは、何となくアルファ=イタリアっぽい材料を散りばめたわけですけど、全体でのまとまり、勢いに欠けるんですよね。そういう意味ではかつてのヴェロッサを思い出します。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年5月11日 (土) 19時14分

マーケティング先行商品と思う。
若者を意識して、ついにここまで来た。
86も若向けだったが買ってくれたのは…。
もちろんシャア専用…も若者だけじゃないかもしれないが。
20代を捕まえれば、40年は安泰。
クラウンオーナーの60代では、あと10から20年以内ってとこ。
若者にこびて何が悪い! と堂々と主張する車、オーリスシャア専用車。
成功すれば、初代ガンダム仕様など夢も膨らむ。
クルマ。追いつめられていると感じているだろう。
若者は買わない。買うのはファミリーか爺さんたち。
どうすれば若者に振り向いてもらえるのか。
苦し紛れの暴発、それが赤い彗星仕様。

投稿: 優 路 | 2013年5月13日 (月) 15時40分

多分好きな人が買うんだろうけど、どうせならタイヤなくして二足歩行とかまでして欲しい。そこまでしなくても3倍のスピード…でなく3倍金かけてボルボV40やゴルフやメガーヌスポールを相手にしないぐらいの車にしてほしい。専用新設計のスペシャルエンジン、変速機からサスペンション、シートに内装全てこれだけの為に作り直す(笑) それしない所が日本メーカーの限界なんだろなぁ。AMGやらやっちゅう所あるじゃないですか…残念。

投稿: さね | 2013年5月16日 (木) 03時57分

普通にかっこいいじゃん!!

投稿: 200 | 2013年6月19日 (水) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/51523076

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:シャア専用オーリスはなぜ市販されるのか?:

« クルマ散策:連休中の白昼夢 | トップページ | 新車心象風景:フィアット・パンダ »