« 新車心象風景:フィアット・パンダ | トップページ | 新車心象風景:VW・ゴルフ »

新車心象風景:レクサス・IS

Is

 ある種の可能性は持っているんだと思う。

 車種を広く展開して以降、それぞれが2代目~に移るわけだから、そろそろ高級車としての具体的な歴史を作り始めなくちゃいけない。レクサスにとって高級とは何なのか、が問われる時期が来たと。

 なんだけど、取りあえず機能的な面を覗いてみても、コレというような新しいチャレンジが見えてこない。

 たとえば、アルミボディといった素材の試行はないし、安全装備にも特段新しい提案はない。動力源も流行のダウンサイジングやディーゼルはないし、エンジン構造自体にだって新規軸はなさそうだ。クラウンに続き、燃費性能に振ったハイブリッドが設定されたけれど、もちろん提案としては新しいものじゃない。

 一方、スタイリングはそれなりに話題になっているみたいだ。トヨタブランドがどうやら例の「バイ・ブラント・クラリティ」を手放したのと対照的に「Lーフィネス」を継続、発展させる方向で。

 初代は、テーマである「先鋭・精妙」を細部に宿していたけれど、一転、これでもかの全面攻勢に出た。ウネったヘッドランプに「やっちまった」感十分の独立クリアランスランプ。スピンドルグリルをより前面に出したことでデタラメな凹凸感に溢れるフロントは、Fスポーツに至ってはもはや妖怪変化の様相なんである。

 ボディに動きを与えたかったであろう注目のサイドラインは、リアランプに向けて大きなヒネリすら入れる攻め具合だし、迎えるリアランプの尖った先端はヒリヒリとした痛さを感じるほどだ。

 たしかにISは、当面のレクサスデザインを示唆したというLFーCCに沿っているとはいえ、これはもう「やりたいだけやる」という決意表明なんだろう。細部云々などと言ってたら個性なんか出せない。2代目はもうテーマ全開で、デザイナーのペンが走るままに任せるんだと。

 で、残念ながら、僕はそのエグさにはどうにも賛同できない。

 ただ、じゃあ新しいISには高級車としての可能性はひとカケラもないのかというと、そんなこともないと思う。そのエグい造形の中に、実はレクサスの可能性が隠れているんじゃないかと想像するんである。

 それは、このバカげたラインやエッジを実現している組立精度の高さだ。

 先日、前澤義雄氏との対談中に「日本車らしさとは何か」という話になって、それは花鳥風月や伝統技法などではなく、現在のきわめて高度な組立技術によってもたらされる高い質感こそが「日本車的」との意見が出たんである。

 これはすでにアウディが一部実践しているけれど、より高い精度で組み立てられたとき、そこに比類のない高質感と、それによるある種の美しさが感じられたとすれば、それこそが日本車の独自性じゃないかという話だ。

 レクサスのLーフィネスはそもそも繊細さを感じさせる造形フィロソフィだったけれど、先述のサイドラインのエッジ、あるいはリアランプに沿う精巧なラインを見ていると、この技術にはそういう可能性を大いに感じる。

 いや、もちろん全体のデザインにこんなにクドい要素を詰め込む必要はない。どちらかといえば先代くらいスッキリしている方がよくて、肝心なのは、そうしたシンプルさをよりしっかり磨き込むことなんである。それを超高精度な技術で組み立ててはどうかと。

 スピンドルグリルを得たレクサスは、その派手なカタチを中心に据えることで、より装飾的な方向に向かう感じだ。けれども、そもそもスピンドルグリルのどこが高級車の意匠なのか、そこからしてサッパリからないのが問題だ。

 だったら、その技術をおかしなカッコの実現に使うんじゃなくて、もっとべつのアプローチで高級車の提案をしてはどうかと思う。もちろん、それにはそれで上質な基本デザインが必要なんだけど。

 で、アウディがどれも同じに見えるなどと言われつつ、常に着実な進化をしているのは、ベースになるそのデザインテーマが明快でかつ質の高いものだからだろう。何代かを経る中で培ってきた、広い器のような造形の基礎だ。

 レクサスの本格的な歴史(=器)はこれから築かれるにしても、その方向性だけは決めなくちゃいけない。「だからそれがこのL-フィネスなんだ」とトヨタは言うんだろうけど、出たとこ勝負で不安定な雰囲気が漂うISのやり方は、ちょっと違うんじゃないかと僕には思える。

 そうそう、先の機能面については、トヨタがあくまでハイブリッドを推すというのであれば、それはそれで徹底してやるべきだと思う。何の工夫もないエンジン群の中に「ハイブリッドもあります」じゃあ、高級車の提案としてはいかにも中途半端じゃないかと。

|

« 新車心象風景:フィアット・パンダ | トップページ | 新車心象風景:VW・ゴルフ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

レクサスに足りないのは歴史とストーリーと章男社長はおっしゃるけど、ボクは1989年の初代LSが誕生した第一歩をもう少し大切にしていたら、きちんとストーリーは抑えられたと思うのですが。やっぱり初代開発チーフであった鈴木さんが懸命に説いていたyetの思想や源流対策ってものがいまのきちんと語られているのであれば、機能、性能の面でレクサスは一流にやってこれたと。いまのレクサスは、いまの時流どおりデザイン面でのパフォーマンスに終始している。
ハイブリッドはTHSからどうするのか?トヨタブランドとは違うハイブリッドシステムってやってもいいと思います。ホントにファンなハイブリッドを追究するのであれば、空走感のないシステムであってほしいですね。
レクサスが日本の高級車ブランドとして、日本らしさを表現するものは精密な組み立て技術だけじゃないと思います。それこそ奥山氏の鉄瓶とフェラーリじゃないけど、日本各地に根差した伝統工芸。とくに木は素材として使ってもいいと思います。それは極薄の表皮だけ使った木目パネルだけじゃなく、ダッシュボードに曲げ板の技術を用いたものを出してもいいし、ドアパネルにも採用してもいいかと。
あと高級車のスポーツ化はそろそろ落ち着かせて、シックでノーマルなものがメインになってほしいですね。ISでもF-スポーツがメインで、そうじゃないグレードがベースじゃなくておまけになっている気がしてなりません。

投稿: アクシオム | 2013年5月22日 (水) 23時20分

レクサスISかあ…格好悪くもないけどカッコ良くもない所が痛いなぁ。仮にもプレミアムブランドなんだろうし、そろそろクラウンやらトヨタブランドとは全く違う中身にしないと…ユーザーはバカじゃないんだし、コストダウンの鬼のトヨタブランドメカニズムをちょい手間かけたじゃ話になりません。VWとアウディとの違いはVWブランド自体が物凄い出来たがらこそ成り立つんでしょう多分。 同じようになりたかったらトヨタブランド車がVWの新しい考えのコストダウンしても、物凄い普通の出来のいい車ならレクサスも納得になるかなあ。 賛否両論のスピンドルグリルも個人的には格好悪いけど、続けるべきです。形態を変えながら BMWだって豚鼻とか言われてたみたいだし(笑) 永続は力なり、かな。なに言われようと続けるべき。 後はトヨタ自身HVやベルトCVTで燃費をちょろまかしすぎてたから新しいコンセプトのエンジンやクリーンディーゼルをおろそかにしてたのが猛烈に痛い!アメリカメーカーでもダウンサイジングエンジンや新しい変速機に向かってるのに、燃費数字最終スペシャルCVT頼りで、エンジン、変速機に金を投資しないで目先の設けばかりからレクサスダメなになる。まあアイシンの8速ATですけどねレクサスのほとんどは。でもFZ車横置き9速ATなど軽く新しいATも出て来ます。それにDCTも9速多段ATも新しい効率のよいエンジンあっての物です。CVTはエンジンしょぼくても美味しい一瞬部分だけ使うとゆう変速機です、そりゃエンジン進化しないよな…。 ともかくデザインがへんなヒネリプレス使おうとスピンドルだろうと、最終ウエポンHVシステムもトヨタブランドと一緒じゃ…。エンジン、変速機、サスペンション、からやり直しなさいレクサスIS。命令形でスミマセン、天下のトヨタ様。 時代でゆうと幕末に近いなぁ。VWゴルフとゆう凄い車がきて天下のトヨタ様の車とは大違い… この調子で口先だけ走りが変わると言ってるだけの、小手先だけ変えるトヨタ商法でいくなら、いよいよ日本の夜明けに向かって心ある技術者が!…ないなトヨタにはただのサラリーマンになりはてた技術者ばっかりだろうから反骨心があっても家族いるからなぁ。スバルやアイシン、ショーワにカヤバ、ホンダ、三菱など垣根を超えて手を取り合っていく時代がいよいよ…ないな(笑) ともかくIS走り自慢もいいけど…独りよがりで古い…残念。

投稿: さね | 2013年5月25日 (土) 20時20分

なんだか、どんどん化けの皮が剥がれる、と言うか、ますます、「トヨタの一ブランド」としての位置付けがハッキリしてしまってきている印象です。

元々、ただの海外販売向け「トヨタの普通車」のチャネルなのを、何を勘違いしたのか「高級車ブランド」として展開したの自体が間違っています。せっかく日本展開と同時にデザインイメージを一新したのにも関わらず、それがあまり浸透しないとなると、簡単にアイデンティティを放り出して奇抜さに走ってしまうのは「トヨタ」そのもの。これを我慢できないといつまで経っても「ブランド」なんて確立しないですよ、元が高級車じゃないんだし。 しかし、デザイン的には、GSはそこそこ(ただし、前期型)、ISも少しおとなしいけど次期型に期待できそうなどと考えていたら、般若が出てきたcoldsweats02
しかも、醜悪な前後デザインに目を奪われがちですが、根本の体躯自体はクラウンと同じように全く何も考えていないで、ただ「ある」だけ。 これは、デザインではなくやはりデコレーションの類いです。一昔前、シャチホコの形をしたバニングスタイルの車がありましたが、あれですアレ。カッコイイ車と言って出す車出す車がデコレーティブな車ばかりなのは、ディレクターがアホだとしか考えられません。奇をてらった事でしかデザインを表現できないのであれば、ヤンキー趣味と変わりませんし、デザイナーの資質に疑問符が付きます。
86もデザインスタディではこんな感じでしたので、完璧にセンスがおかしいデザイナーとディレクターコンビなんですねぇ。 レクサスはまず、金額の高さで買ってくれるお客より、ファンがついてくれるようなブランドにならなければいけません。そのためのデザインって必要だと思うんですが、我慢できないし、辛抱できない、まあ、そういうメーカーです。

それから、この前、社長が「1ドル75円でも利益が出るようになった」と、胸を張っていましたが、お客から見ればどうでもいいコト。それより、そんな安物売ってますって言っちゃって・・・感覚おかしいのは全社的なんです。あはは( ´∀`)

投稿: ぷじお | 2013年5月26日 (日) 15時29分

先代のスッキリした雰囲気が無くなったのが残念。スピンドルグリルは折り返しの場所やカーブの仕方は以前よりもキレイな流れになったので良いと思いますが。ヘッドライトはメインのライトがごちゃごちゃしてるのですっきりしない感じ、LEDランプとのラインもずらしてるせいで一体感も少ないので違和感しか残らない。コンセプトカーの段階だと悪くないと思うんですが。
テールはサイドから流れたラインを受け取るようなデザインというのかな、とりあえずまとめ方は下手だと思います。

IS-F LF-Aに源流がありCT200hでこっそりデビューしGSから本格的に始まったスピンドルグリルもこの新型ISでとりあえずの集大成になったと思います。スピンドルを続けるか否かはなんとなく想像できますが、真のプレミアムブランドを目指すなら続けて欲しいですね。一貫性のないブランドなら必要ないでしょトヨタさん。

投稿: RY | 2013年5月31日 (金) 01時04分

アクシオムさん

源流対策。これはある意味トヨタらしくない考え方ですが、もしかしたらトヨタにしかできない技術だったのかもしれないですね。初代セルシオには無限の可能性を感じましたけど、現行ラインナップは「次どうするんだ?」という疑問が先に来ます。巨大組織ですから人事異動も必要でしょうけど、少なくとも開発部門は戦略的にやるべきですね。

さねさん

VWとアウディは単にベースメーカーと高級部門というより、やっぱり別のメーカーとして考えてますよね。エンジンの基本が同じでもクルマ自体の考え方が違えば成立する。だからVWの質がどんどん上がっても齟齬は出ない。レクサスは完全に上級、高級を謳っているわけですから、同じHVシステムっていうのはキツイ話です。BMWなどが独自の考え方のHVを出してきているので尚更ですね。

ぷじおさん

新型ゴルフの発表会でデ・シルバ氏とジウジアーロ氏の対談があったそうですね。長い時間に耐えるデザインについて語ったそうですけど、そんなのはデザイナーなら誰だって教わったり考えたりしていると思うんですけどね。ISのデザイナーさんって、たとえばどんなクルマに影響を受けてきたんでしょうね?

RYさん

ボンネットラインをはじめ、スピンドルグリルを最初から想定した最初のデザインがISのような気がします。しかし、それとて部分的な話なのは残念ですね。コンセプトカーを出す度にテーマを変えるのは、マツダならいいでしょうけど、高級ブランドのレクサスはどうなんでしょうね?

投稿: すぎもとたかよし | 2013年6月 1日 (土) 13時27分

奇をてらったようなデザインで、高級車らしい落ち着きがありませんね。
また、一貫性もありません。

過去のレクサスラインアップであった、アリストなんかは美しかったと思いますが、今は醜悪としかいえませんね。
LSなんて1000万の車とは思えません。

投稿: garu | 2013年11月 8日 (金) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/51722242

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:レクサス・IS:

« 新車心象風景:フィアット・パンダ | トップページ | 新車心象風景:VW・ゴルフ »