« クルマ散策:シャア専用オーリスはなぜ市販されるのか? | トップページ | 新車心象風景:レクサス・IS »

新車心象風景:フィアット・パンダ

Photo

 きっと、よくできたコンパクトカーなんだとは思う。

 四角い初代が名車とされたのは、シンプルを極めたスタイルと、とことん実用に徹した機能を、廉価かつ最小ボディで実現したからなんだと思う。

 変形トールボーイの2代目が登場して分かったのは、いまだ日本で人気の初代のカリスマ性と、イタリアのユーザーが求める「ふつう」の実用性はまったく違うんだという、ごく当たり前の事実だった。

 そりゃそうだ。いくらガンガン使い込む実用車だからといっても、より広い方がいいし、見た目の質感が高いのに越したことはない。もちろん簡単に壊れない信頼性も欲しいし、いまどきなスタイリングだって期待する。

 だから、3代目がより大きく立派になったのも、たぶん自然な流れなんである。インテリアなど、いまやどこに出しても恥ずかしくないほどのクオリティアップだし。

 そんなこんなは十分理解したうえで、しかしこの3代目はどうにも「ユルい」。

 ベルトーネによるという2代目は、初代との共通性は見当たらないにせよ、どこかにコンパクトカーとしての凝縮感が残っていた。仮にそれが上級車の高質さと反対方向だとしても、実用コンパクトとしては決してマイナスにならない要素だ。

 え、これがパンダ?と言われながらも、一定数の支持を得た理由もまたその辺に隠れているような気さえする。妙なカッコだけど、それなりに機能性を感じるし、コンパクトとしての愛着も感じる。欧州イヤーカーになったのも、それ相応に理解できると。

 で、新しい3代目にはそのあたりがどうにも足りない。

 スタイルは、一応2代目をベースに考えたのは分かるけれど、ボヨンと緩んだボディにコンパクトとしての凝縮感はないし、機能性もまた感じられない。なるほど室内は豪華になったけれど、特段パンダというクルマのオリジナリティは見当たらない。

 フィアットにこの傾向が見られ始めたのはプント・エヴォの頃からだろうか? シャキっとしたオリジナルプントをいじって間の抜けた顔にし、インテリアもボヤッと締まりのないカタチにしてしまった。たしかにある種の質感は向上したけれど、肝心の「切れ」を失った感じ。

 それは個人的に、オリジナルを巧妙にリメイクした500の大ヒットに原因があるような気がしてならない。

 新しい500はパンダ同様大きくなったし、何よりクオリティがアップした。それでもってミニに十分対抗できるプレミアム路線への変更が成功した希有な事例だ。

 ただ、500が成功した理由の肝は、あくまでもオリジナルの個性を失わなかったからであって、その落とし込みが相当に巧かったからなんである。ここにブレはまったくなくて、曲面を多用した丸っこいスタイリングも、だからそこでは成功の要素となった。

 ところが、パンダを始めとした昨今のフィアット車は、その成功要素が単にフヤケた肥大化と質感向上のセットになって無防備に展開され、次々に魅力を失っているようにしか僕には見えないんである。

 それが証拠に、調子に乗って作った500Lは、肝心のオリジナリティが霞んで実に醜い結果になってしまったじゃないか。もちろん、ミニのクロスオーバーだって少々やり過ぎだけど、オリジナル度合いには随分な差があって、それが最終的なまとまりに表れている。

 3代目パンダは、ザックリ言ってしまうと、この500Lとの違いが分からない感じだ。似たようなサイズのクルマを似たように育ててしまった結果、異なる車種の見分けもつかなくなってしまったと。マイナーチェンジしたクロマもそうだったし、商用車のクーボやドブロも同じ方向で、とにかく「ユルい」。2気筒ターボエンジンなどはパンダらしいと思えるけれど、もはやこのエンジンもパンダ専用のものとは言えない状況だし。

 いや、だからパンダやウーノ、プントでフィアットを支えたジウジアーロじゃないとダメなんだよねえ、などと言うつもりはない。けれども、現在の商品企画、とりわけデザインスタジオの要に何かが欠けていることは間違いないと思う。

 豪華になったパンダが、日本市場でどの程度受け入れられるかは分からない。けれども、イタルデザインをグループに引き入れたVWグループから登場したUP!こそが、何となくパンダの後継にふさわしく思えるのは皮肉なことではあると思う。

|

« クルマ散策:シャア専用オーリスはなぜ市販されるのか? | トップページ | 新車心象風景:レクサス・IS »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

初代パンダを見るたびに「たかが車でしょ、人生にはもっと大事なことがたくさんあるよ」と言われてる気がするんですよね~力を抜いてさらっと作ってみましたと。(実際はホント努力されてるんでしょうけど)質感追求の方向に行くとVWの術中にはまってしまうんじゃないかな。生産台数でかなうわけないんだから同じ質感目指すと必ずコスト高になって競争に敗れると。今こそ初代パンダの「シンプルさ」に戻るべきだと思うなぁ。「低コスト=貧相」ってことはないんだから。

投稿: ネコ | 2013年5月14日 (火) 21時24分

もう2年も前にフランクフルトで発表されたクルマがやっと出てきましたね。
いまのフィアットグループって、500の成功よりもクライスラーを吸収合併したことによる成功の方が大きいと思いますね。
それにEU圏内のフィアットってシェアは取れても利益は大してあげられないでしょうから、ますますクライスラー偏重でいくでしょうね。
そうなると、パンダはまだしも他のフィアット車はますます時代遅れになることでしょう。
それとデザインを担当するチェントロスティーレもブランドによってムラが多いのも問題でしょう。アルファロメオは万人受けせずとも、そのブランド力と潔さで4Cのようなクルマをデザインできるけど、フィアット本体は鈍くてユルイ。
新型パンダはデザインもそうですが、商品企画自体新しいテーマを見つけられなかったから結局キープコンセプトに行かざるを得んかったんでしょうね。
いっそ、500に特化するほうがいいのでしょうが…
日産キューブがヨーロッパで成功していれば、新型パンダのようなユルさでも許容できたかもしれませんが、ヨーロッパじゃ早々にキューブも撤退したところを見ると、ユルいクルマってやっぱりだめなんじゃないかな…そこへ来て、新型パンダには日本じゃこの手のクルマにあるファニーさも欠けているからそんなに支持はされないでしょうね。
でもプントを買うよりは、ユーティリティーがいいから買われるかもしれませんが、さて?

投稿: アクシオム | 2013年5月14日 (火) 22時02分

添付の画像を拝見した限りですが、私は嫌いなデザインではないですね。
きっと、私自身が初代パンダを良く知らないからでしょうか(笑)

投稿: とあるイラストレーター | 2013年5月15日 (水) 00時34分

イタリア人や欧州で求められてる車だろうから名前はパンダでも、初代とは思想や設計がもう違う別物だろうから特に良く出来できてるなら別にって感じです。軽自動車の似たような車の重箱を突っ込むような物ですよね。 なんか自動車はついにつまらない物になってきたのかなぁ世界的に… ダウサイジングエンジンやHVからEVなど百花繚乱ですが、結局同じような物でなんかつまらない。UPもパンダも500も出来不出来はあろうと同じだな。そう考えるとシンメトリカル水平対向AWDのちょっと設計が物足りない所があるスバルとか、いい加減で会社組織がダメな三菱のツインモーターフルタイム4WDPHEVアウトランダーとかの方が個性的かな… 比べる車じゃないですけど。 ルノースポールトゥインゴやメガーヌとかの方が面白い感じがします。そう考えると日産のお荷物扱いのルノー、日産より素晴らしい。フィアット残念。

投稿: さね | 2013年5月16日 (木) 04時26分

ヨーロッパのメーカーは、どうもドイツとタタに買収組のイギリスのみが景気が良いようで、フランス、イタリアは苦戦しているように見えます。 パンダは2代目から名前を変えれば良かったんじゃないですかね?で、500と同じようにリメイク若しくは、アップデートバージョンを出す!それが一番望んでた形です。 今でも。初代パンダをマニュアルでコキコキ乗っている女の子を見ると「(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-」と、感心してしまいます。 このパンダも、パンダじゃないと思ってしまえばあまり腹も立ちません。初代のファンカーゴのフィアット版と思えばしっくりきます。
フィアットが小さいけど中が意外と広くてキビキビ走る、と言うイメージがあると今のラインナップは確かに物足りないですよね。しかし、最近のトヨタ・ヴィッツの売れ方を見ると、ヨーロッパが本当に貧乏で車にお金をかけられなくなっている現実が見えますので、必然的にフィアットも小型で安価な車を出さざるを得なくなるかも・・・その時に期待ですsmile
まぁこのパンダのデザインでは、可もなく不可もなく過ぎて、輸入車じゃなくて、日本車でイイじゃーん、って、なるほど日本では影が薄くなりそう。それじゃ、スキモノにしか売れないぞ。傘下にブランドをいっぱい持っているのだから、VWグループみたいにきっちり住み分けした方が良いと思うな。

スバルも360のアップデート版作らないかな~ 現在の技術で昔の遺産を復活させるのって、MINIしかり、N-ONEしかり、もちろん500・ビートルしかり、若い子にもおじさんおばさんにも受けると思うんだけど・・・パンダもね。

投稿: ぷじお | 2013年5月18日 (土) 03時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/51617752

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:フィアット・パンダ:

« クルマ散策:シャア専用オーリスはなぜ市販されるのか? | トップページ | 新車心象風景:レクサス・IS »