« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

新車心象風景:レクサス・IS

Is

 ある種の可能性は持っているんだと思う。

 車種を広く展開して以降、それぞれが2代目~に移るわけだから、そろそろ高級車としての具体的な歴史を作り始めなくちゃいけない。レクサスにとって高級とは何なのか、が問われる時期が来たと。

 なんだけど、取りあえず機能的な面を覗いてみても、コレというような新しいチャレンジが見えてこない。

 たとえば、アルミボディといった素材の試行はないし、安全装備にも特段新しい提案はない。動力源も流行のダウンサイジングやディーゼルはないし、エンジン構造自体にだって新規軸はなさそうだ。クラウンに続き、燃費性能に振ったハイブリッドが設定されたけれど、もちろん提案としては新しいものじゃない。

 一方、スタイリングはそれなりに話題になっているみたいだ。トヨタブランドがどうやら例の「バイ・ブラント・クラリティ」を手放したのと対照的に「Lーフィネス」を継続、発展させる方向で。

 初代は、テーマである「先鋭・精妙」を細部に宿していたけれど、一転、これでもかの全面攻勢に出た。ウネったヘッドランプに「やっちまった」感十分の独立クリアランスランプ。スピンドルグリルをより前面に出したことでデタラメな凹凸感に溢れるフロントは、Fスポーツに至ってはもはや妖怪変化の様相なんである。

 ボディに動きを与えたかったであろう注目のサイドラインは、リアランプに向けて大きなヒネリすら入れる攻め具合だし、迎えるリアランプの尖った先端はヒリヒリとした痛さを感じるほどだ。

 たしかにISは、当面のレクサスデザインを示唆したというLFーCCに沿っているとはいえ、これはもう「やりたいだけやる」という決意表明なんだろう。細部云々などと言ってたら個性なんか出せない。2代目はもうテーマ全開で、デザイナーのペンが走るままに任せるんだと。

 で、残念ながら、僕はそのエグさにはどうにも賛同できない。

 ただ、じゃあ新しいISには高級車としての可能性はひとカケラもないのかというと、そんなこともないと思う。そのエグい造形の中に、実はレクサスの可能性が隠れているんじゃないかと想像するんである。

 それは、このバカげたラインやエッジを実現している組立精度の高さだ。

 先日、前澤義雄氏との対談中に「日本車らしさとは何か」という話になって、それは花鳥風月や伝統技法などではなく、現在のきわめて高度な組立技術によってもたらされる高い質感こそが「日本車的」との意見が出たんである。

 これはすでにアウディが一部実践しているけれど、より高い精度で組み立てられたとき、そこに比類のない高質感と、それによるある種の美しさが感じられたとすれば、それこそが日本車の独自性じゃないかという話だ。

 レクサスのLーフィネスはそもそも繊細さを感じさせる造形フィロソフィだったけれど、先述のサイドラインのエッジ、あるいはリアランプに沿う精巧なラインを見ていると、この技術にはそういう可能性を大いに感じる。

 いや、もちろん全体のデザインにこんなにクドい要素を詰め込む必要はない。どちらかといえば先代くらいスッキリしている方がよくて、肝心なのは、そうしたシンプルさをよりしっかり磨き込むことなんである。それを超高精度な技術で組み立ててはどうかと。

 スピンドルグリルを得たレクサスは、その派手なカタチを中心に据えることで、より装飾的な方向に向かう感じだ。けれども、そもそもスピンドルグリルのどこが高級車の意匠なのか、そこからしてサッパリからないのが問題だ。

 だったら、その技術をおかしなカッコの実現に使うんじゃなくて、もっとべつのアプローチで高級車の提案をしてはどうかと思う。もちろん、それにはそれで上質な基本デザインが必要なんだけど。

 で、アウディがどれも同じに見えるなどと言われつつ、常に着実な進化をしているのは、ベースになるそのデザインテーマが明快でかつ質の高いものだからだろう。何代かを経る中で培ってきた、広い器のような造形の基礎だ。

 レクサスの本格的な歴史(=器)はこれから築かれるにしても、その方向性だけは決めなくちゃいけない。「だからそれがこのL-フィネスなんだ」とトヨタは言うんだろうけど、出たとこ勝負で不安定な雰囲気が漂うISのやり方は、ちょっと違うんじゃないかと僕には思える。

 そうそう、先の機能面については、トヨタがあくまでハイブリッドを推すというのであれば、それはそれで徹底してやるべきだと思う。何の工夫もないエンジン群の中に「ハイブリッドもあります」じゃあ、高級車の提案としてはいかにも中途半端じゃないかと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新車心象風景:フィアット・パンダ

Photo

 きっと、よくできたコンパクトカーなんだとは思う。

 四角い初代が名車とされたのは、シンプルを極めたスタイルと、とことん実用に徹した機能を、廉価かつ最小ボディで実現したからなんだと思う。

 変形トールボーイの2代目が登場して分かったのは、いまだ日本で人気の初代のカリスマ性と、イタリアのユーザーが求める「ふつう」の実用性はまったく違うんだという、ごく当たり前の事実だった。

 そりゃそうだ。いくらガンガン使い込む実用車だからといっても、より広い方がいいし、見た目の質感が高いのに越したことはない。もちろん簡単に壊れない信頼性も欲しいし、いまどきなスタイリングだって期待する。

 だから、3代目がより大きく立派になったのも、たぶん自然な流れなんである。インテリアなど、いまやどこに出しても恥ずかしくないほどのクオリティアップだし。

 そんなこんなは十分理解したうえで、しかしこの3代目はどうにも「ユルい」。

 ベルトーネによるという2代目は、初代との共通性は見当たらないにせよ、どこかにコンパクトカーとしての凝縮感が残っていた。仮にそれが上級車の高質さと反対方向だとしても、実用コンパクトとしては決してマイナスにならない要素だ。

 え、これがパンダ?と言われながらも、一定数の支持を得た理由もまたその辺に隠れているような気さえする。妙なカッコだけど、それなりに機能性を感じるし、コンパクトとしての愛着も感じる。欧州イヤーカーになったのも、それ相応に理解できると。

 で、新しい3代目にはそのあたりがどうにも足りない。

 スタイルは、一応2代目をベースに考えたのは分かるけれど、ボヨンと緩んだボディにコンパクトとしての凝縮感はないし、機能性もまた感じられない。なるほど室内は豪華になったけれど、特段パンダというクルマのオリジナリティは見当たらない。

 フィアットにこの傾向が見られ始めたのはプント・エヴォの頃からだろうか? シャキっとしたオリジナルプントをいじって間の抜けた顔にし、インテリアもボヤッと締まりのないカタチにしてしまった。たしかにある種の質感は向上したけれど、肝心の「切れ」を失った感じ。

 それは個人的に、オリジナルを巧妙にリメイクした500の大ヒットに原因があるような気がしてならない。

 新しい500はパンダ同様大きくなったし、何よりクオリティがアップした。それでもってミニに十分対抗できるプレミアム路線への変更が成功した希有な事例だ。

 ただ、500が成功した理由の肝は、あくまでもオリジナルの個性を失わなかったからであって、その落とし込みが相当に巧かったからなんである。ここにブレはまったくなくて、曲面を多用した丸っこいスタイリングも、だからそこでは成功の要素となった。

 ところが、パンダを始めとした昨今のフィアット車は、その成功要素が単にフヤケた肥大化と質感向上のセットになって無防備に展開され、次々に魅力を失っているようにしか僕には見えないんである。

 それが証拠に、調子に乗って作った500Lは、肝心のオリジナリティが霞んで実に醜い結果になってしまったじゃないか。もちろん、ミニのクロスオーバーだって少々やり過ぎだけど、オリジナル度合いには随分な差があって、それが最終的なまとまりに表れている。

 3代目パンダは、ザックリ言ってしまうと、この500Lとの違いが分からない感じだ。似たようなサイズのクルマを似たように育ててしまった結果、異なる車種の見分けもつかなくなってしまったと。マイナーチェンジしたクロマもそうだったし、商用車のクーボやドブロも同じ方向で、とにかく「ユルい」。2気筒ターボエンジンなどはパンダらしいと思えるけれど、もはやこのエンジンもパンダ専用のものとは言えない状況だし。

 いや、だからパンダやウーノ、プントでフィアットを支えたジウジアーロじゃないとダメなんだよねえ、などと言うつもりはない。けれども、現在の商品企画、とりわけデザインスタジオの要に何かが欠けていることは間違いないと思う。

 豪華になったパンダが、日本市場でどの程度受け入れられるかは分からない。けれども、イタルデザインをグループに引き入れたVWグループから登場したUP!こそが、何となくパンダの後継にふさわしく思えるのは皮肉なことではあると思う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

クルマ散策:シャア専用オーリスはなぜ市販されるのか?

Photo

 このクルマは、一種の痛車だと思うことがいちばん簡単だ。

 ある種の走り屋層にそういう潜在需要があったにせよ、痛車があのバカけだラッピングで堂々と公道を走れるのは、アニメ大国などと自称するこの社会に、どこかそれを認める空気があるからなんだと思う。

 それはB5判だけじゃなく、A4判の自動車雑誌までがこれを望外に好意的な目で扱っていることからも感じられるところだ。あれを否定することで「頭がカタい」という烙印を押されるのを恐れているかのように。

 ただ、それは当のガンダムの作り手が望んだワケじゃないだろうことがポイントだ。原作者やシャアを生んだデザイナーが二次的作品としてクルマを作りたいと申し出たわけじゃなく、むしろ当人達にとってそんなものは興味すらないんだろう。

 逆に言えば、そんなモノに興味を持たないようなスタッフが作ったからこそ名作ができたわけで、そこが痛車を代表するバーチャルアイドルなどとは違うところだ。ただ、やる方のノリとしては基本的に同じ温度なんだろうけど。

 そういう、著作権だの許諾云々以外は、本来の意味のコラボとも言えない次元の流行事に、トヨタほどの大会社が手を突っ込むのは、だから思っている以上に恥ずかしい行為なんである。

 これは、作り手自身が、クルマを「その程度」のプロダクトとしか捉えていないことを想像させる。小学生がランドセルに、あるいは女子中学生が手帳やケータイに可愛いシールを貼ったりするのと同じ次元の”モノ感覚”だ。欧州でゴルフとガチンコなどと言っても、自国でこの程度の認識という。

 だから、本来はモデリスタがシャレでオートサロンに飾っておくくらいがせいぜいだったんである。カメラ小僧が、キャンギャルついでに撮っておく程度のノリが。

 じゃあ、たっだらどんなコラボならいいのか? それはたしかに線引きが難しいけれど、たとえば既存ブランドとのコラボものなら、その落とし込みは相応のレベルにしたい。かつて日産が先代キューブで仕掛けた「コンラン」ヴァージョンのように、デザインを前面に出すなら上質さを目指し、かつ大人の抑制を伴ったものだ。三菱の「キティちゃん」ヴァージョンじゃなくて。

 いや、そもそも一流企業がコラボするんだったら、もっと本格的に考えたいところだ。かつてトヨタはWiLLブランドで失敗した経験があるけれど、たとえとしてはありきたりだけど、佐藤可士和氏のような才能を招いて社内ブランディングの試行をやってみれば、最近のタレントを多用した意味のないTVCMよりはよっぽど創造的な展開も可能かと思う。

 さらに、ケン奥山や和田智といった日本を代表する有能なデザイナーと組み、デザインまで踏み込んでこそコラボの本道とさえ言えると思う。これまでも少なからずデザインを外注してきたトヨタなんだから、正面切って奥山デザインのスポーツカーや和田デザインのセダンを作っても特段問題はないでしょう。少なくとも、せっかく才能あるカーデザイナーが国内にいるのに、クルマより先に新幹線のデザインをさせちゃうのは、あまりにもったいない話だろうし。

 さて、ピンクのクラウンはLEONなオヤジに刺さり、シャアのオーリスはアニメファン、ガンダム好きに届く。発表されればまたぞろメディアも飛びつく。現社長の言う「ワォ!」なクルマというのがこういうことなら仕方がないし、広告塔と思えばまたしても大成功確定だ。

 ただ、以前にも書いたけれど、この手の騒ぎは、株価操作の賞賛に止まらず、外国への原発売り込みをトップセールスとし、勢い憲法改正までをも「実行力」などと政府を持ち上げる大手メディアのカラ騒ぎに似て、実に気持ちが悪い。

 まあ、それで実際に高い支持率を得るんだから、トヨタがシャア専用オーリスが市販に踏み切るのだってまた大いにアリってことなんだろうけれど。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

クルマ散策:連休中の白昼夢

Photo

 ん? 「お好きな日産車をどれでもプレゼント」?

 どれでもって、本当に何でもいいの? だってGT-Rとかじゃあ・・・。あ、GT-Rだけはグレード指定で、でもその他はグレードも不問なんだ。

 なるほど、例の新型軽自動車の発売記念か。それにしてもコリャ豪気な企画だなあ。さて、じゃあ自分だったら・・・・・・・ん?

 えーと、トヨタならイエローやオレンジのポップなボディのアクアならいいよな。ホンダはフィットRSハイブリッドとか。あ、N-ONEも標準車のターボならいいかな。

 マツダはアテンザのディーゼル。MTで。スズキはスイフト・スポーツだろうなあ。これもMTで。スバルはもうすぐ出るインプレッサXVのハイブリッドが間に合えば。ダイハツはコペン・・・はなくなっちゃったから、ムーヴでいいか。

 それで、日産は・・・マーチ、キューブ・・・は先代だったら欲しかったなあ。あ、ティーダもそうか。今度のノートは安っぽいし、エクストレイルみたいな四駆は違うよな。シルフィも決定打に欠けるし、スカイライン・・・これも先代のクーペならよかったな。あれ、Zも先代ならよかったか。

 え、フルラインナップメーカーなのに1台も欲しいクルマがないの? ウソ? これでも昔は日産党だったのにな。っていうか、何で先代の方がよかったクルマばっかりなんだ?

 あ、そうか、ジュークがあった。1.6のターボはMT・・・じゃなくてMTモード付CVTね。好きっていうよりハズシで乗る感じだけど、でも他にないもんなあ。いやあ、日産、いつからこんな感じになってたんだっけ? いやま、当選したワケじゃないからいいんだけど。

 え? 三菱を忘れてる? いや、忘れてないけど、どうにもこうにも選択肢が少なすぎてね。ま、どうせこれは夢、妄想なんだからいいよね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »