« Drive My Car:長野ツーリング、再び。 | トップページ | クルマ散策:連休中の白昼夢 »

新車心象風景:ボルボ・V40

V40_2

 地元のディーラーに行ったところ、何といまの時点で4ヶ月待ちだそう。

 日本の市場では、とくに三菱と一緒にやっていた初代は相当残念な感じだったんである。ああ、これがあの240や850を作ったボルボなのか、と。経営的な安定や余裕がないと、メーカーなんてものはアッという間にこんなことになっちゃうのか、とか。

 そんな中、変化の兆しはC30に続く60シリーズからというのは多くのユーザーの共通した認識かと思う。その延長上に登場した新型のV40は、新しい中国のオーナーが”好きにやらせてくれた”最初の商品だというウワサが、なるほど妙に納得できる出来だった。

 いや、何がスゴいって、残念な感じだった40シリーズを、たったこの1世代で完全に立て直したところなんである。

 基本スタイルは、60シリーズを考えれば想定外というほどじゃないにしろ、低く構えたフロントは一線を越えたし、ワゴンからハッチスタイルへの転向も大きな決断だ。

 「こんなのボルボじゃないよ」という一部ファンの声は想像できるけれど、たとえばシンプルさを失っていないフロントランプや、しっかり軸をとおしたフロントグリルの造形は、モチーフとなった名車1800シリーズだけじゃなく、近代ボルボのイメージすらちゃんと残しているのを感じるべきだろう。

 もうひとつの1800モチーフであるキャラクターラインにしたって、造形はそれを意識しないと分からない程度だけど、メルセデスのAや日産ノートなどの鬱陶しさを考えれば、逆にこのくらいに抑えた方が好ましいと思えるのが不思議なところだ。

 そして、V40の印象と立ち位置を決定付けているのがインテリアのクオリティなんである。ベースグレードが黒だけなのはいただけないけれど、クラスレスを実現している作り込みの良さは、これでもってゴルフを選ばない理由にもなり得るほどで、それをこの1台でポンとやってのけたのがスゴいなと。

 アテンザと同様、車種が少ない中規模メーカーの商品作りが、今回は本当にいい方向に出たんだろうと思う。一歩間違えれば会社が傾く環境の中で、少なくともCセグメントはこれに賭けるんだという意気込みが、しっかりとクルマ作りに表れている。

 それは、ゴルフをライバルとするトヨタのオーリスがあの程度で自己満足していたり、クラスは違えど、日産ノートのメダリストが”プレミアム”などとしているのを見れば、メーカー規模の違いも含めて、どれだけ次元の違う世界でクルマというものを考えているのががよく分かる話じゃないか。

 効率のいいターボエンジンやDCT、歩行者エアバッグや270万円からという値付けなど、人気の秘密は他にもあるにせよ、とにかく「いいもの」をじっくり着実に作り上げたことには関心するし、敬意も持つ。もちろん、好き嫌いは別として。

 欲を言えば、欧州で展開するディーゼルエンジンのような選択肢を用意してくれれば対ゴルフ的にも盤石だろうし、これを見ちゃうとBセグメント、即ちV30を出したりしたら、さらなる日本のオーナー増加にもつながると思うんだけど。

|

« Drive My Car:長野ツーリング、再び。 | トップページ | クルマ散策:連休中の白昼夢 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

V40いい塩梅のスタイリングですね。へんな小細工もないし、スタイリシュで上品でもある。ゴルフじゃ普通すぎる、かといってフランス車じゃアクが強すぎる。いい線ついてますね。でも個人的には「850セダン」みたいな「カッチカチ」な車好きなんですけど(笑)

投稿: ネコ | 2013年4月27日 (土) 00時54分

これは文句無しにかっこいいですね。

現代的な流麗な中に、ボルボ往年の硬質で生真面目なデザインテイストが
キッチリ違和感無く織り込まれているのが素晴らしいです。

投稿: とあるイラストレーター | 2013年4月27日 (土) 01時00分

新型V40は、C30も統合したカタチのクルマだから、5ドアワゴンとしてのユーティリティにスタイリッシュなデザインを持ち併せているんでしょうね。しかも、マツダほどデザインは力んでないから、都会でも田舎でも御洒落に使えそうですね。
歩行者保護のエアバックやDCT、ダウンサイジングターボをはじめ、総合力が高いクルマですね。
ディーゼルの展開よりも、PHVでの展開を図りそうですね。ジュネーブでも出展してましたよ。あと下のクラスのV30となると、C30を統合したところを見るとボルボ単独ではちょっと無理じゃないでしょうか。フォード傘下にいたよしみで、マツダと組めばアクセラベースに作れそうだし、さらに小さいコンパクトサイズなら、デミオベースで出来そうですね。マツダにとっても規模的にはいい組み合わせかもしれませんね。

投稿: アクシオム | 2013年4月27日 (土) 16時18分

大変興味があったボルボV40を見てきました。
さすがに売れっ子で、先進の安全装置のオンパレードでした。
一方、後方視界の悪さは今のクルマを象徴していて、
補助装置に頼らない視界の確保が最優先されるべきとも思います。

衝突安全に対応したのが理由とも思いますが、前方にはしっかり視界と衝突安全対策を両立できているので、後方に安易にブラインドゾーンを増やしていい理由にはならないのでは・・?
デザインからの要望もかなり影響していると思うので、デザイナーには頑張って欲しい問題です。

投稿: クールソーダ | 2013年4月27日 (土) 21時35分

ネコさん

850のようなボクシースタイルが好きな人にも、「これもイイよね~」と思わせるところが巧いですよね。
それだけ丁寧に作ってあるんでしょうね。

とあるイラストレーターさん

そうなんですよね。まるで変わってしまったわけではないのに新しい。そのさじ加減は相当意識しているんじゃないかと思います。

アクシオムさん

そうそう、マツダみたいにあれこれ言わずにサッとこういうのを出すのがイイ。まあ、アテンザも賞をもらったようですけど。ボルボは新型エンジンやシャシーの開発を進めるそうなので、フレキシブルなものを作ってもらって、是非Bセグにチャレンジして欲しいですね。欧州市場なら尚更。

クールソーダさん

なかなか鋭いご意見ですね。メルセデスのA、BMWの1など、最近のコンパクトには似たような傾向があります。四角四面のハイト系軽自動車がある意味真逆でしょうか。その折り合いがデザイナーの腕の見せ所ですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年4月30日 (火) 12時58分

理屈ではなく、見た瞬間に「カッコイイ!!」と思われればデザインは成功です。 V40は、塊感とも、ダイナミックとも違う独特の存在ですよね。これがプロフェッショナルな仕事なのでしょう。
線をモリモリ、コンピュータでパキパキ、のトヨタ。抑制のない有機的ウネウネの日産。これもコンピュータで描いただけみたいなホンダ。の3大メーカーにこのようなプロフェッショナルが出てこないことが残念です。外装・内装ともにお金を払うのが馬鹿らしいこれらのメーカーに対し、ボルボV40が人気なのは当然ですね。 いいお客さんをこれからは輸入車に取られる可能性はV40のような車から始まるのかも。

日本車は、フロントライトを大きくするのが流行りですが、新型シトロエンC4ピカソ、ジープ・チェロキー、あのプジョーでさえライトの小型化がすごくて、とても私好みhappy01。ライトの小ささはボディデザインの完成度の高さに通じると思っていますので、日本車がいつそうなるか楽しみですね。 思い起こせば、全盛時のマツダ車は小さいライトや、幅が薄いライトが多かったですね。

投稿: ぷじお | 2013年5月 2日 (木) 02時00分

ぷじおさん

何ていうんでしょうか、こういう作りこみのよさや丁寧さがいつまでたっても日本車に根付かないのが不思議というか、残念ですね。そういう意味でV40を見るとため息が出ます。べつに日本のメーカーにだってできないことじゃないと思うんですけどね。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年5月 3日 (金) 12時20分

12年乗ったアコードEURO-R、さすがに経年変化は隠しようも無く乗り換えることに・・・そこで見た日本のメーカーの惨状。こんなにも多くのメーカーがありながら共通点は「没個性」、燃費と車内の広さ、センスの悪さ。若者の車離れ、全ての責任は車から運転の楽しさ、所有する喜びを奪った日本メーカーにあることを実感した。乗りたい車が国産車には無い。丹念に乗り比べて選択したのがVOLVO V40。実はオフォスの近くにディーラーがあり、2月に見慣れない車が並んでいた。それがV40だった。まず見た目、そしてドライビングインプレッション、さらに安全性能、それがこの価格。嬉しいのは希少性。試乗車以外ではお目にかかっていない、東京ですら。日本車からは消え去ったドライバーの気持ちがわかる車だ。日本と欧州、車作りの哲学がこうも違うものかと愕然とする一方で、5年後に日本のメーカーが残っているのか、家電製品の次は車かと思ってしまう。ホンダをはじめ、パナソニック、SONY、シャープ、OLYMPUS等々創業者のスピリットを失った企業は没落しか道は無い。このV40、注文が4月で納車はお盆、こんなに待ち遠しいのは皆無だ。

投稿: テツ | 2013年7月22日 (月) 22時56分

突然に失礼致します。ボルボV40。40歳代オーナーが一番多いとか。

…P1800をモチーフとしたラインは小学生の時に街中や刑事ドラマで見た、230,330型セドグロを、見事なウエッジシェイプは中学生の時にデビューした、初代ピアッツァを、大柄なシート(特に淡色の革)は、大学生の時に憧れた、20系ソアラを…色鮮やかなメーターは90年代、社会人になってから手にした、100系レビントレノを…今年4回目の干支を迎えた愚生に「クルマへの憧れ」が「デザインとして巧く融合された」「刺さる」車種です。あ、V40のデザイナーも68年生まれ(来年が4回目の干支)だそうで…纏まらずに失礼しました。

投稿: 7色亭 | 2015年2月 3日 (火) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/51388851

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ボルボ・V40:

« Drive My Car:長野ツーリング、再び。 | トップページ | クルマ散策:連休中の白昼夢 »