« 雑誌ナナメ読み:リコールに興味はない? | トップページ | 雑誌記事:『XaCAR』5月号、発売です »

クルマ散策:ピンク・クラウン、快走!

Photo

 昨日、リコール好きの朝日新聞にピンク・クラウンの記事が載ったのは、さすがに意外だったんである。

 ま、朝日に載るくらいだから、このピンクカーが大方好評の目で迎えられているのは間違いないようで、その点個人的には何だかなあ、といった気分だ。

 べつに詳しい話を聞いたわけではないけれど、取りあえず「どこでもドア」の色にしたのは間違いないだろうから、それをTVCMという虚構空間の準主役にするのは悪くないと思う。

 そもそも是非だ何だと言ったって、広告塔に仕立てた結果、これだけあちこちで話題になることで当初の目的は十分以上に達成されているわけで、トヨタとしてはしてやったりだ。ま、僕自身こうやってコラムなんか書いているわけだし。

 ただ、だからこのピンク・クラウンは正しいんだとは、少なくとも僕は思わない。

 まず、こいつは「トヨタがこんなに変わった」という象徴とされるけれど、クルマをピンクに塗ったくらいで変われるんだったら苦労はない、と。言い方を変えれば、このピンクを持ち出さなくては「変わった」とアピールできないとしたら、そこには実質的な中身など何もないんである。

 だから、仮に伝統あるクラウンが変わったというなら、それは当然クルマの出来自体でアピールされなければいけない。けれども、実際にはHVこそ他車種と同レベルになったけれど、モデルチェンジのインパクトではゼロ・クラウンに遠く及ばないじゃないか。

 話題のグリルについては、「意外と違和感を感じない」なんて書いている評論家もいるけれど、あんなに大仰で妙なカタチをしていながら結果的に目立たないというのでは、言ってみれば二重の意味で失敗していると僕は思う。

 さらに、ボディカラーで言うなら、奇抜な色を限定発売するより、標準車でもっとバリエーションを広く設けるべきだろう。そこに新しい発想を出してこそ本当の”変化”なのであって、直球なアピールも十分可能な筈なんである。

 それが何かこう、アドバルーンによる話題性だけで「今度は違う」みたいな話は、まるでアベノミクスに踊るメディアのようで実に気持ちが悪い。一方でヴィッツだのカローラだのポルテといった全然”新しくない”クルマを量産しておいて何を言ってるんだと。

 とくに必要以上に否定するつもりはないけれど、これがいいだの面白いなどとも思わない。願わくば、ドラえもん由来のピンク・クラウンで話題集中なんかにならないような、大人なクルマ社会になって欲しいとは思うけれど。

|

« 雑誌ナナメ読み:リコールに興味はない? | トップページ | 雑誌記事:『XaCAR』5月号、発売です »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

今度のクラウンどうも安っぽく感じるデザインで、ありがたみは感じませんでした。

「あんなに大仰で妙なカタチをしていながら結果的に目立たないというのでは、言ってみれば二重の意味で失敗していると僕は思う。」・・・たしかにそう思います!

感性で評価されるのがデザインなのに、いろいろ説明をしなければ伝わらないデザインとか、今回のクラウンのように顔と体がアンバランスなトリッキーなデザインには???ですね。

話題のピンクもコンパクトカーにはいいかもしれませんが、
クラウンだと中年のおじさんが流行を意識して服装にピンクを取り入れましたって感じがして無理矢理さが目立っています。
デザイナーも大変でしょうが・・・

投稿: 菅原 | 2013年4月 6日 (土) 21時38分

高級車の革新。

いま評価すべきモデルを挙げるとするならば、

キャディラックのATS_。

本当に変わろうとしている、変えたいという意志がカタチに、メカにハッキリと表れているように感じられるのですがー。

投稿: イニシャルN子. | 2013年4月 7日 (日) 09時48分

まあ田舎の本拠地が最大消費地だから頑なに本拠地でデザインしている会社ですから…(^_^;)
浜松市の話ですけれどゼロ→先代ハイブリッドと乗り継いでいる知り合いが
アレは陣羽織のイメージだって聞いたと喜んでいましたよ(^_^;)
後ろにTマークが無ければ何処の車か解らない没個性が田舎の普通の日本人にはウケる理由かもしれませんね!?
マークX G'sの亀甲グリルみたいになっても悲惨ですし(^_^;)

投稿: muku | 2013年4月 7日 (日) 12時20分

イメージ(笑)に踊る人間が多いのはキモチワルイですね。 何の実体も無い事ですら、マスコミ・メディアが煽れば、さも世の中の流れがそうであるかのように作られてゆくさまは、現在、とてもキモチワルイ方向へ向かっていると感じています。

今ではほとんどの自動車メーカーのCMが、車の宣伝なのか?タレントの宣伝なのか?わからないように、日本人の多数が車自体に興味がなく、イメージのみ(または、補助金など他人のお金目当て)で購入しているのですかね?  現在の安物日本車でも気にしていないようなので、今より悪くなることはあっても良くなることは??? 悪貨は良貨を駆逐するを突き進んでいる国ですから・・・やはり、スキモノは輸入車に目を奪われます。

ジープ・チェロキー、C4ピカソ 新型になりますが、カッコイイですね~ ボルボV40なんて、あぁ・・・なんでしょうこの差は???

投稿: ぷじお | 2013年4月 7日 (日) 16時33分

広告代理店から指示されたウケとしてのプランは成功したかもしれないけれど、
果たして売上げに繋がるのかしら。
クラウンの開発主査が桃色車両を見て一緒に喜んでいたとしたらほんとキモいです。w

投稿: knock | 2013年4月 7日 (日) 22時15分

ピンクに塗装しただけでCM以上の効果を発揮してマスコミが勝手に取り上げてくれるので広告コストも抑えられてるでしょう。さすがはトヨタって感じですね。ただせっかくピンククラウンを出したならこの際マーチにあったような縞々模様や水玉模様出すとか、他のパステルカラーを用意したりストライプを入れるとかもっと思いっきりやって欲しかったです。トヨタは遊び心が足りない。

投稿: RY | 2013年4月 8日 (月) 01時46分

なんだかんだといって、すぎもとさんはじめ我々もトヨタのピンククラウンの策略にハマっているような…
カラーバリエーションを広げた方がいいとの意見ですが、まぁクラウンのユーザー層がレクサスやBMWと競合して選ぶのであればありかもしれませんが、従来のクラウンオーナーであれば納期優先、リセールバリュー優先で色が色々あったところで「いつものやつ、早く持ってこい!」って世界で、設定しても効果はないんでしょうね。
それなら、カタログモデルはカタログモデルとして設定数は少なくとも、カスタムオーダー扱いで通常のラインとは別に希望の色を、各メーカー、各工場で設定されているボディカラーを融通して、オプション料金をとってで塗ってもらった方がいいのかもしれません。それこそ、トヨタのモデリスタや日産のオーテックがやってもいい案件だと思います。
以前、日産のチーフデザイナー氏にボディカラーの件を話したら、デザイナーや商品企画の人間は多く設定したくて要望を出すけど、絶対工場が嫌がるっていってました。
まぁホントにトヨタが社長のいうところのカスタマーサービスに徹した「いいクルマ」なんてものを目指すとしたら、それこそ生産の現場からやらないといけないでしょうね。
ピンクのクラウンは、出る出る詐欺だととしても、トヨタにとってはかなりコストパフォーマンスの高い宣伝効果であることは間違いないですね。

投稿: アクシオム | 2013年4月 9日 (火) 09時16分

こんにちは。ピンクのクラウン、やるならイメージカラーにしてキャッチコピーも至高の車ピンククラウンriーborn ぐらいやってくれないとつまらないなぁ(笑) クリントイーストウッドの昔の映画でピンクキャデラックてゆうのを最近見ました。 違和感なく普通に似合ってましたよキャデラック。だからピンクでショッキングな演出の前にピンクが似合うデザインやブランドにしないと…今のデザインじゃダメだ! 結構真剣に言ってます。変わるきっかけになるといいんでしょうが、デザインは個人的に否定しませんしいいと思ってますグリルは…まあ…。でもグリルも含めピンクは似合わない! たから今回のクラウンは早く全面的にデザインやり直して生まれ変わって下さい。 歴代オーナーの方には先代をMCでもして存続させて(トヨタ得意でしょ)ピンククラウンは新しく生まれ変わって乗るのにユーザーが服や靴などシャレてないと乗れないよーな車にしてください。じゃなきゃ、おっしゃるとうりピンクに塗ればいいってもんでもないですよね。 いっそ日本の伝統的工芸的な塗装で朱や本物の金や鳶色など他に手作業により300万増しでやりようがあるだろうに。金持ち車なんだから…買えなきゃクラウンオーナーにはなれないと。HVやらはどーでもよくて伝統工芸職人の巧な技を存続させるとかの方がかっこいいなクラウンには。ぼっ○くりレクサスあるんだし(笑) て笑えないですね。あれもどーにかしないとHVやらは現代的なメカニズムの結果であって、それをひとつの売りにしてちゃあなぁ…。こんな事分かってるんだろうから是非とも頑張ってくださいモリゾー若社長。

投稿: さね | 2013年4月11日 (木) 15時00分

追伸:度々すみません言い忘れました。どうせなら限定数販売らしいし、同じピンクでもソメイヨシノ桜カラーとか伝統工芸職人さんに手作業でやってもらって、一つ一つ微妙に色が違うとかの方が良かったし少しは似合うかなってクラウンらしいし… このアイデア使うならアイデア料を(笑) 使う訳ないし金かける訳ないか(笑) TVのB級お笑い番組並みになっちゃったなぁクラウン。笑えるからいいですけどね、しかし日本の純量産国産車の祖である歴史ある車が…なんだだかなぁ。 クラウンに見る日本人の意識 とか本が出来そうですねぇ。時代が変わったのかマスコミも含め民度が落ちてきたのか… それとも新しい時代の到来? ちと大袈裟ですね。たかだか単なる1自動車クラウンてゆう感じの時代ですからね今は どぎついピンク塗りたくってもありかも。

投稿: さね | 2013年4月11日 (木) 15時42分

菅原さん

なんでゼロクラウンができて、こうなっちゃうのか? 不思議です。最近はお蔵入りになったのか、あのデザインフィロソフィは出てこなくなりましたが、たしかに説明付きデザインが多いですね。ピンクは・・・ドン小西とかテリー伊藤風な方々が乗っちゃうんでしょうかね。やだなあ。

イニシャルN子さん

ATSは決して好みではないですけど、たしかに面白いですね。ああ、チャレンジしているなということがクルマだけでちゃんと分かります。それでいいんですけどね、本当は。

mukuさん

いやいや、いまや世界一の会社ですから、田舎なんて言ってられない筈なんですよ。陣羽織ってインテリアのことですかね?

ぷじおさん

ボルボV40、うまいですね。先代あたりまで「大丈夫か?」と思ってましたけど、実力を出してきました。
政権支持率が6割以上だそうですけど、そういう報道でさらにイメージを固めて行く。もうウンザリですね。

knockさん

そうですね。べつに一部のユーザーが喜んでも仕方がないですが、自動車会社の責任者が喜んでいたら悲しいです。社長以外も喜んでいるのかな?

RYさん

遊び心というか、センスでしょうか? まあ、今回はあくまで「どこでもドア」ですからあれなんでしょうけど、面白い色にチャレンジしてみようとなったとき、どういう発想ができるのか? これはデザインマネジメントなんでしょうけど、トヨタはとくにボディカラーがつまらないので、もっと全体の底上げからやって欲しいですね。

アクシオムさん

フルオーダー制でいいんじゃないかと思いますよ。高級車なんですし。とにかくそういう方向で頑張って欲しいなと。
プリウスは実験的にやったんでしょうけど、ちょっと遅いですね。

さねさん

何が日本的なのかは難しいところですが、前澤氏も言っていたように、圧倒的なクオリティ・・・というのはアリですよね。こんもの、日本じゃなきゃできないよっていう。そういう姿勢、前提でデザインしてもいいんじゃないかな?

投稿: すぎもとたかよし | 2013年4月20日 (土) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/51120977

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:ピンク・クラウン、快走!:

« 雑誌ナナメ読み:リコールに興味はない? | トップページ | 雑誌記事:『XaCAR』5月号、発売です »