« Drive My Car:12ヶ月点検(オマケ付) | トップページ | クルマ散策:ピンク・クラウン、快走! »

雑誌ナナメ読み:リコールに興味はない?

Photo

  出足好調と伝えられていた三菱のアウトランダーは、その出鼻をくじかれたかたちになってしまった。

 もちろん、リコールの原因はメーカーにあるとしても、クルマのリコール報道が”大好きな”朝日新聞などは、例によってことさら大きな記事で取り上げており、直前のアテンザのリコールが霞んでしまった程なんである。

 雑誌での三菱車の取り上げ方は、かつてのリコール問題による長期販売低迷具合に加え、そもそも新車台数が少ないこともあってか、発表時にはどこも相当な肩入れ感がある。たとえば、D誌では数ページにおよぶ潤沢な紹介&比較記事が展開されていて、最終的にアウトランダーの優位性を訴えているんである。

 もちろん、偏った肩入れはともかく、少ない新型車を丁寧に紹介すること自体には何の問題もない。しかも今回はPHEVという先進の技術も大きなウリだ。これをクリーンディーゼルと比較したり、あるいはスマートグリッド機能の優位性を打ち出すのだって自然だろう。

 問題は、その肝心のバッテリーに伴うリコールを、今後どうやって扱うのかだと思う。これまで、クルマ雑誌の多くはこうした件についてほとんど触れることはなかった。新車として大いに宣伝することはあっても、故障や不具合については「知りません」といった姿勢だ。

 けれども、それはやっぱりおかしい。

 まずもって、手放しに推薦してしまった媒体としての責任がある。それが雑誌自体の責任じゃないにしても、読者=ユーザーへの説明責任程度はあって然るべきという点において。

 そして、専門誌としての役割も大きい筈だ。もともと、自動車評論家やメディアの多くはハード面を語ることが多く、今回のアウトランダーにしたってPHEVとしての機能を中心に解説、評価していた。そうであるなら、今回のリコールについても技術的にその不具合を徹底解説しないのは不自然でしょう。

 奇しくもD誌同号では、別の記事でボーイング社の新型機におけるバッテリー破損の解説をしているんである。曰く、バッテリー自体に原因のすべてがあるのではなく、配線を含めた周囲の設計を含めて考えなくてはならない、という話だ。

 記事を書いた評論家氏はEVを積極的に推進する立場なので、もしかしたらその中心となるバッテリーだけを悪者にするのはいかがなものか?という強い意図があったのかもしれないけれど、悪者がバッテリーであれ周辺回路であれ、クルマの場合もその原因解説を行わなければ、これはもうバランスを欠いていると言わざるを得ない。

 いや、販売に協力して不具合に無口になるのだとすれば、ユーザーの安全をも軽視していると言われても仕方がないだろうし。

 ということで、とくにD誌に限らず、今回の件は多くの雑誌でどう扱われるのか扱われないのか。ユーザーとしてはしっかり見届けるべきだと思うんである。

|

« Drive My Car:12ヶ月点検(オマケ付) | トップページ | クルマ散策:ピンク・クラウン、快走! »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

weep
自工は本当に厳しい状況に置かれてしまったですね!?

ワタシ自身、自工には肩入れしたい立場(恥ずかしながら何年もの間の少数K主)なので、せっかくPHEV車の評価も上々で、販売台数面でもekに次ぐ三菱ブランド中2位、登録車No.1(それにしても全車名別でやっとこさ29位てなところですが)。

それが現時点での生産&販売を中止しているような状態のようですしね。それに代わる何かがあるのかと言えば、何にもない。

販売店も相当に厳しいかと_。

電気自動車を、自動車メーカー以外でも参入はカンタンで自動車専業メーカーの優位性はないのでは・・・・そんな論調が一時期かなり多く見受けられましたが、決してそうではないでしょうね。

787の件も、いまだに原因が究明されずに導入した航空会社が損害賠償を云々のウワサもあるようです。

いつでも新技術を時代は必要としていますが、むつかしいものですね。

今回の問題の早い解決が望まれます。否応なしに最先端の電池技術を世界中の自動車メーカーが必要としているわけですから_。

ホンダでも年内中に発売予定のアコードではプラグインHVモデルが主力になるようですが、スケジュールが変わるようなこともありうるのかも知れませんね。


投稿: イニシャルN子. | 2013年3月31日 (日) 15時58分

三菱には興味も偏見もありませんでしたが、アウトランダーは期待してただけにまたかよ~ みたいな…。リコール自体は悪いこととは思いませんけど。隠したり、闇回収で直すよりはまともですが行政から指導うけたり、かつて隠蔽行為したり…そう考えると会社自体が適当とゆうかなんとゆうか。バッテリーなのか配線なのか原因はハッキリ報道してほしいです。 また三菱自にはかつて初代アウトランダーから会社の在り方をやり直した気持ちが早くもなくなってたんですね。本当に駄目だな。 三菱グループやらバックがいるせいか何故か?潰れないからもう会社の浄化機能が働かないんだろなぁ。 技術者は一生懸命やってても結果がこれでは… お偉い人達は安泰で嵐が過ぎるのを待つだけ… 潰れないんならせめてまともな会社になるよう三菱グループ以外の外から経営者を招くべきでしょう。今のままじゃ消費者にとっても三菱自にとっても不幸なだけですよね。ガソリン車でた時スタイル好きだったんですが、車自体がPHEVみたいに気合い入ってなかった感じだし、ミラージュもただ安いだけ…。 三菱に必要なのはガソリン車もライバル中No.1性能な車を作る!って気持ちでしょ。そうなれないってことは経営者の責任大だと思います。後給料もらえればいいや社員もいらないな。命に関わる工業製品作ってるんですから。 バッテリー問題だけでなく、今はもう三菱自動車自体の問題だと思います。

投稿: さね | 2013年4月 3日 (水) 17時02分

静かですね。まだリコールまでなっていないとは言え。ある意味ミツビシミテカラじゃなくて、ミツビシダカラ・・・シカタナイみたいな雰囲気が。
でもアウトランダーPHVって、パッケージ的にはあの図体にしては余裕がなく、バッテリーだけじゃなくツインモーターの4WDも組み込んでいるから3列シートは設定できないばかりか、ラゲッジスペースもかなり喰われている。
これはちょっとなんでも欲張りすぎかな…ある程度普及して、技術的にもパッケージ的にもシンプルなものができた段階で色々組み込むのならまだしも。確かにSUVだし、パジェロのミツビシだから4WDはマストアイテムだったんでしょうが。その点も含め、原因を追究しなきゃいけない。大変ですね。第二のGDI事件になりかねませんね。
このPHVが北米市場に投入されていなかったことでしょうか?ボーイング787の二の舞になるところでしたね。
すでにアメリカは黄色から赤信号になりつつあるようですから、スズキに続いて北米市場撤退になるでしょうね。
このまま行くと、日産との軽自動車の共同開発だって、下手すりゃすっ飛ぶ。しかも、欧州では日産の提携先であるルノーの敵方プジョーと手を組んでいたし。しかも最近は、そのプジョーだってSUVが主力でEVもそこそこ手掛けているGMと組みだしたから、そちらでもお払い箱になりかねませんね。
三菱グループを見渡せば、三菱自動車が主力とするアジアでは、三菱商事がタイでいすゞとがっぷり組んでいるからアジアだって安泰じゃない。それこそ、ロシアくらいしかやれる場所がなくなるかもしれませんね。
まぁそこまで行くと、万策尽き果てるんでしょうが、その前にこのPHVをどうするのか?没落への引き金にならぬよう、対処してください。

投稿: アクシオム | 2013年4月 3日 (水) 21時11分

PHEVに興味がないのでcoldsweats01どーでもいいのですが・・・ 三菱がまたやっちゃた! とか、ユアサの電池が!なんていう話ではなく動力を電池に頼る車の(現時点での)限界なんじゃないですか?

電池の素材が、既にリチウムイオンみたく振動で発熱するような物に頼らざるを得ない時点で行き詰っていますよね。787でも使っている事からも値段だけの問題ではなくなかなか次の素材が見つからないのでしょう。 電気自動車のネックはここで、技術のブレイクスルー前提で話が進んでいますが現実が追いついていませんね。

電気自動車はパラノイア的乗り物だと思っているのですが、これがエコとかゼロエミッションとか考えているのなら、その充電に使う「電気」はどのように作られているのか考えて欲しいです。

投稿: ぷじお | 2013年4月 5日 (金) 18時58分

電気自動車に期待してます、ただ、電池はリチウム電池が主流でしょうからここで何とか安全な物にしていただかなと困りますね、リチウムのパワーからすると一瞬で火の車となるそうで・・・
電気自動車は少数派にはならない気がします、ガソリンスタンドの閉鎖、ガソリンの高騰、セルフスタンドの多さ、市内中心の方には電気自動車喜ばれると思うのですが、だから火の車は困るのですがね。

投稿: スズキの社員じゃないけど本社の近所 | 2013年4月 7日 (日) 11時23分

自動車雑誌で話題になる前に、ミツビシミズカラ経過報告がありました。
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130410_595425.html
それでも原因特定まで至らず。ユーザーはもちろん、三菱にとっても困った事態が続きますね。

投稿: アクシオム | 2013年4月11日 (木) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/51020905

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:リコールに興味はない?:

« Drive My Car:12ヶ月点検(オマケ付) | トップページ | クルマ散策:ピンク・クラウン、快走! »