« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

雑誌ナナメ読み:リコールに興味はない?

Photo

  出足好調と伝えられていた三菱のアウトランダーは、その出鼻をくじかれたかたちになってしまった。

 もちろん、リコールの原因はメーカーにあるとしても、クルマのリコール報道が”大好きな”朝日新聞などは、例によってことさら大きな記事で取り上げており、直前のアテンザのリコールが霞んでしまった程なんである。

 雑誌での三菱車の取り上げ方は、かつてのリコール問題による長期販売低迷具合に加え、そもそも新車台数が少ないこともあってか、発表時にはどこも相当な肩入れ感がある。たとえば、D誌では数ページにおよぶ潤沢な紹介&比較記事が展開されていて、最終的にアウトランダーの優位性を訴えているんである。

 もちろん、偏った肩入れはともかく、少ない新型車を丁寧に紹介すること自体には何の問題もない。しかも今回はPHEVという先進の技術も大きなウリだ。これをクリーンディーゼルと比較したり、あるいはスマートグリッド機能の優位性を打ち出すのだって自然だろう。

 問題は、その肝心のバッテリーに伴うリコールを、今後どうやって扱うのかだと思う。これまで、クルマ雑誌の多くはこうした件についてほとんど触れることはなかった。新車として大いに宣伝することはあっても、故障や不具合については「知りません」といった姿勢だ。

 けれども、それはやっぱりおかしい。

 まずもって、手放しに推薦してしまった媒体としての責任がある。それが雑誌自体の責任じゃないにしても、読者=ユーザーへの説明責任程度はあって然るべきという点において。

 そして、専門誌としての役割も大きい筈だ。もともと、自動車評論家やメディアの多くはハード面を語ることが多く、今回のアウトランダーにしたってPHEVとしての機能を中心に解説、評価していた。そうであるなら、今回のリコールについても技術的にその不具合を徹底解説しないのは不自然でしょう。

 奇しくもD誌同号では、別の記事でボーイング社の新型機におけるバッテリー破損の解説をしているんである。曰く、バッテリー自体に原因のすべてがあるのではなく、配線を含めた周囲の設計を含めて考えなくてはならない、という話だ。

 記事を書いた評論家氏はEVを積極的に推進する立場なので、もしかしたらその中心となるバッテリーだけを悪者にするのはいかがなものか?という強い意図があったのかもしれないけれど、悪者がバッテリーであれ周辺回路であれ、クルマの場合もその原因解説を行わなければ、これはもうバランスを欠いていると言わざるを得ない。

 いや、販売に協力して不具合に無口になるのだとすれば、ユーザーの安全をも軽視していると言われても仕方がないだろうし。

 ということで、とくにD誌に限らず、今回の件は多くの雑誌でどう扱われるのか扱われないのか。ユーザーとしてはしっかり見届けるべきだと思うんである。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Drive My Car:12ヶ月点検(オマケ付)

Photo

 今日、マフラーの修理をしました。

 先月の12ヶ月点検の修理項目としては、ブレーキ・キャリパーのOHと、ドライブシャフトブーツ(片側)の交換。キャリパーはOHキットが「あと1セット」だけあったそうで、パッド交換とともに無事行えたと。

 ただ、腐食によるマフラーの小穴という課題が残ったのですが、腐食の進行具合の確認も含め、行きつけの工場では対応が難しく、しかし来年の車検前には何らかの修理が必要とのこと。穴は消音器のすぐ後ろに直径4、5ミリほどのものが空いていました。

 すでに純正パーツが出ないということで、マフラーメーカーによる、いわゆる「優良部品」も探したのですが、生憎当時のジェミニについてはNAエンジン用のものしか見当たらず、結局交換はあきらめました。

 じゃあ仕方がないと、検索した都内のマフラー修理専門店数件のうち、旧車の補修も診てくれるという触れ込みの店に連絡、今日、代休を利用して行って来ました。

 お店は蒲田にある「マルス」さん。先に入庫していたメルセデスのEを横目に診断してもらうと、やはり周囲も相応に腐食しており、全面溶接修理は厳しいと。ただ、可能なところまで溶接で穴を埋め、あとはステンレス板を被せることで当面の修理にはなるという話。

 「お待ちいただければ30分もかからないでやりますよ」というありがたい提案に快諾し、何と持ち込んだその場で修理をすることとなりました。もちろん、あくまでも当面の修理ということですが、短時間での施工は写真のとおり。穴が空いているという気持ち悪さを抱えながら運転することを考えれば、もう十分満足の行く仕上がりです。

 マルスさんによれば、いわゆるスポーツタイプでなく、純正に準じた形状・構造のものでも「ワンオフ」制作は可能とのことで、そのうち消音器までもがダメになったら、そうした対応もあり得ますね。

 ということで、帰り道は実に気持ちよく運転できたわけです。

 さて、残りの課題はラジエター・ファン。時折異音がするのが気になると工場の担当さんから言われています。しかし、当時の電動ファンはモーターのみの交換ができないタイプだそうで、これまた何らかの対策が必要のようです。

 まあ、我がジェミニ、昨日28万キロを越えたことを考えれば、その辺はマイナートラブルの部類に入るんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌記事:『XaCAR』4月号発売です

Photo

  『XaCAR』、4月号が発売になりました。

 前澤義雄氏とのデザイン対談、今回は久々の日本車、マツダ・ロードスターです。

 え、いまさらロードスター? と言われそうですが、スポーツカーを扱う本誌として、このクルマはいまでも非常に希少かつ貴重な存在なワケです。

 ロードスターは、近年展開されるマツダ・デザインとはちょっと違った道を歩いているように見えますが、すでに行われた大幅マイナーチェンジでは若干マツダ風を強めたようです。今回はその辺も交えて話を展開しています。

 ギネスにも載ったニッポンの宝とも言えるロードスターについて前澤氏がどう斬るのか。是非書店にてお求めください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

雑誌記事:今日の取材

 昨日になりますが、『XaCAR』のデザイン連載記事について、次々号の「取材」をしてきました。

 まだ次号も出ていませんが、先日ここに書いたとおり、久々の日本車となる次号に続き、編集部より次々号も同じく日本車とのリクエストがありました。

 対談の前澤義雄氏にはご存知のとおり独自の持論があります。当然ですが、それは長い経験に裏付けされたものであって、それ相応の深さがあるものです。

 ベストカーの人気コーナーなどでも、「いつも同じことばかり」なイメージがあるかもしれませんが、ですからそれはまったく誤解ということになります。もちろん、短い文章でパッと語ればいつも似たような・・・ということになりやすいのはあるでしょうけど。

 で、言ってみれば、その深さを聞き出すのが自分のようなライターの役割なのでしょうね。 僕はプロダクトデザインについては基本的に素人ですから、その点で実に危ういところなのですが、これはもう自分なりにそのクルマについて理解に努めるしかありません。

 ということで、次々号でそういう仕事ができているかどうかは甚だ?なのですが、今後もお付き合いのほどよろしくお願いします。

 それでは、また記事になりましたら、ここでお知らせします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »