« クルマの他:年末コンサート通い | トップページ | 新車心象風景:マツダ・アテンザ »

新車心象風景:日産・シルフィ

Photo

 どういう商品企画なのか、と思うんである。

 まず思うのは、日産のラインナップの一貫性のなさだ。

 シルフィは、サイズこそ若干大きくなったものの、このモデルチェンジに大きな違和感を持つことはない。ほどよいサイズにクリーンなフォルム、合理的なパッケージングに、高級ではないけれど丁寧で良心的なインテリア。玄人受けしたといわれる先代のそうした成り立ちは、多少の雰囲気の違いはあれ、ほぼ引き継がれたと思う。

 一方で、たとえばほぼ同時期に出たラティオは、前回ここで書いたように壊滅的な安っぽさに溢れ、いくら顔を似せたからと言っても、同じセダンとしての弟分というよりは、コストダウンに邁進したマーチやノートのチームに属した格好だ。

 この線引きが、同じメーカーの商品展開としてスゴイなあと。

 同様に世界戦略車として開発された商品であっても、軸足となる国や想定顧客層によって作り込みに大きな差が出る。中国市場の他、北米でセントラの新型となるシルフィが、ラティオと違ってそれ相応の作りになるには理由があると。

 けれども、それやこれをそのまま日本に持ってくれば、同じメーカーのラインナップなのに、各々の商品性がまったく違ってしまう。これは、たとえば自国と欧州メインのマツダが、デミオ、アクセラ、アテンザと、一貫した商品作りをしているのと対照的なんである。

 そしてもうひとつ、最新の日本車の商品企画としてどうなんだ、という話がある。

 先のように、ミドルセダンとしてはそつなく作ってあるけれど、じゃあそこに2012年のクルマとしての商品性がどれだけあるかというと、これが結構寂しい感じだ。

 それがクリーンディーゼルやHVのような動力源であれ、自動ブレーキや全車フルエアバッグなどの安全装備であれ、あるいは図抜けた走行性能であれ、まあ何だっていいとは思うんだけれど、これが最新の商品ですというメッセージがどうも見当たらない。ただでさえセダン不況の日本市場で、これは一体どういう商品企画だったんだろうかと。

 もちろん、あれこれテンコ盛りしてないといけない、なんて話じゃない。けれども、やっぱりいま世に送り出すクルマとして、開発者の「コレだ」という提案は見せて欲しい。単に、内装の素材がちょっと新しいとかじゃなくて。

 いや、実際このクルマについて経済方面のニュースと来たら、「あのブルーバードの名称が消えた」というのがほとんどで、クルマ自体の話はほとんど出てこなかった。そりゃあ、あんまりだと思う反面、まあそうだろうなともなる。

 さて、先の一貫性の話に戻れば、いま日産のラインナップを改めて見ると、本当にスカスカな感じに溢れている。こう、インフィニティとしての上級車種と、新興国を想定したお安いコンパクト群に大きく分かれていて、いずれも日本市場へ根付いた感に乏しい。

 現実に売れているSC搭載のノート、HVを追加したセレナ、デザインで引きつけるジューク。こんなにも多くの車種がある中で、これは売れるだろうと直感できる商品企画はそんなものだ。以前、ここでは打率が低いと書いたことがあるけれど、これだけのラインナップを揃えながら、月1000台売れるか売れないかのクルマが多すぎる。

 まあ、何度も言っているけれど、すでに日本市場を半ば捨てている、あるいはメインの市場じゃないと認識しているのでれば、これはもう仕方がない。寄せ集めでも「あるだけマシと思え」と言われればそれまでだ。

 もちろん、技術の日産として多くのファンを生み出した古きよき時代にしろ、あるいはV字回復時に見せた原石のような輝きにしろ、メーカー自らが自社の功績を放棄するようなことをするのは、なかなか度胸があるとは思うけれど。

|

« クルマの他:年末コンサート通い | トップページ | 新車心象風景:マツダ・アテンザ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

新型シルフィは、追浜工場で生産するから一見、国内生産の維持は見かけ上で来ているけど、実際はタイをはじめとするアジアから部品を調達している。いままで海外でやってきたノックダウン生産を国内でやっているに過ぎない。その証拠に、先代シルフィに比べてインテリアの材質、特にセンターコンソールのパネルなんかあまり質感はよくないですね。
前にボクが提案していたシルフィにS-HYBRIDを搭載する案は、おそらくこのノックダウン生産のおかげでやりたくてもできないし、国内専用にやっても割が合わないんじゃないかと。元々台数が厳しいカテゴリーで、トヨタでさえハイブリッド専用車のカムリやSAIでさえ台数は厳しいですからね。いくら商品にアピールする点が少なくても、致し方ないんでしょうね。
こんな地味な商品に、ブルーバードの名を使う方がおかしいし、ブルーバードのブランドとリンクさせるにはもう限界なんでしょうね。それはそれで正解でしょう。
2012年に、シーマ、NV350キャラバン、ノート、ラティオ、シルフィと新型車を5車種も出した割に、そのすべてが穴埋めかつ他社追従商品であり、ゴーン体制以降リバイバルプランから日産180辺りまでの経営計画時代にあった、商品戦略や提案性なんてものはホント無いに等しいですね。
今年も、モダンインテリアで売ってきたはずのティアナは、アルティマのアジア版になるはずで、これも横浜にある日産GHQギャラリーに展示してありますが、モダンインテリアは当然ないし、出来もかなり普通で、まさにデカいシルフィ。多少テールランプがスタイリッシュだけど、それが逆に浮いて見えるだけ。
情報公開性も高いし、先進技術を発表する体制もあるけど、肝心の商品がこの程度ってかなり無理がある。デザインも、アニメのコラボにご執心でも、それが商品につながっているのかと言えば、ない。期待するのは、VW同様2013年から採用するコモンモジュールファミリーなる脱プラットフォームによるクルマづくり。これで多種多様な商品が、低コスト、高品質で出てくれればいいのですが、シルフィみたいに世界規模で進める車種の整理統合の道具にするのであれば、あまり期待もできないでしょう。

投稿: アクシオム | 2013年1月 3日 (木) 20時30分

すぎもと様はじめまして。いつも楽しく拝読させて頂いております。

シルフィの話題と全く関係なくて申し訳ないのですが、新型アテンザの新車心象風景を心待ちにしているのですが、お書きにならない理由がなにかおありなのかな、と思い、書き込みさせて頂いた次第です。

突然失礼致しました。

投稿: とあるイラストレーター | 2013年1月 4日 (金) 06時01分

シルフィ、ブルーバードなくなったのかぁ。ブルーバードの名前を付けるイメージじゃないししょーがない。 ラティオより10倍?マシかな… この手の普通のセダンは大切だと思いますし。車自体はいいんじゃないでしょうか。なんか物足りないですけど…。まずデザインが3第目プリメーラぐらいならなぁ。せめてワゴンやハッチバックなどボディーバリエーションなどあればなぁ。まあハズシのセンスで20代があえて乗るはいいかも(笑) にしても普通のセダン大切ですがあまりに広いだけで、興味がわかない。老人カー(言い方悪かったらスミマセン)でももっといい物作ればいいのに日産。残念 本当に興味わかない車作るのが上手い日産… わざとこう作ってるんでしょうか? 中華人民や安けりゃいい軽自動車感覚の国の人の車を、日本人に売りつけるのは無理があるかな。残念 日産事態が残念。日本じゃ早くルノーの得意のOEMにしたらいいのに。ルノー日産だし。

投稿: さね | 2013年1月 4日 (金) 06時58分

どうするよ、日本の車メーカーは?という題の方が良いのでは?
どのメーカーもコスト削減の為、海外生産又はOEMが今後も増えると思う
最悪の結果が日産だっただけ、国はエコカー減税でひずんだ車をメーカーに
作らせたのだから少してこ入れをしても良いと思う
たとえば、国内調達率で減税額を補正したらどうかと思う
完全輸入で国内製造パーツが無ければ免税対象車でも免税なしにするとかね
ルノーはしらんけどBMWとかVWは減税、免税なくても十分売れるぞ


投稿: スズキの社員じゃないけど本社の近所 | 2013年1月 4日 (金) 12時36分

あけましておめでとうございます。

年初はシルフィですか。これは、トヨタが一人勝ちするのは当たり前にしている元凶的車ですねぇ。 この車を誰が買うのか?今までもそうだったように、ずっと日産車に乗ってきた人しかターゲットになっていない気がします。 スタイルも保守的で、特に技術的目新しさもある訳でもなく、新たな顧客を取り込むことはハナから考えていない、またもや「穴埋め」的発想のクルマ。

日産はますます日本市場をついで扱いにするのですね。これでは、日本市場をある程度意識しているトヨタの方が余程ましに見えます。日産車は現在「大きな空洞」のようです。ニュースなどでは衝突回避システムやら、EVなどの新技術を宣伝しているのに日本市場に投入される製品は中身が空っぽのドンガラを変えただけのモノ。これは、お客に失礼です。実車に投入しない技術はいくら開発しても意味がないし、ましてや値段の高い車にだけ搭載するシステムなら自慢げに発表する必要性に疑問符が付きます。
日産が手を抜いているのに対し、スバルやトヨタ、マツダの方が新しいシステム・技術を実装しているだけはるかに顧客のことを考えていますし、ホンダもアメリカではエンジン等の評価もされています。毎回日産車の新型車を見るにつけ、何を目指しているのかわからない。
目指しているのは、少ない投資で大きなリターンだとしたら、みんなに見抜かれてますよね。 ファンがいなければ成り立たない商売はやめてほしいですね、まだ、日産ファンがいるうちに。

投稿: ぷじお | 2013年1月 5日 (土) 17時29分

新年とジェミニの退院、おめでとう御座います。維持はマイナー車も中々難しいんですね。
カローラでさえ部品がいつまでもあるわけじゃなさそうだし。ジェミニの代わりになる車も無い様ですね。

シルフィの商品性が結構寂しいと。確かに買う理由が弱すぎるな。まあ後席がだだっ広いからアジアでは先代同様爆売れするんでしょうね。
MR16DDTをレギュラー燃料対応にしたものを搭載したりすれば面白いのかもしれません。
twitterではつまらない、おっさん臭いと言われている様ですが、私はミニフーガといった雰囲気で良い見栄えと思っています。
ラティオとは大違い。サイドキャラクターラインが薄ければもっと良いのだけど。

投稿: llll | 2013年1月 6日 (日) 09時13分

アクシオムさん

シルフィに簡易HVというのは本当にいい提案だと思いますが、それが通用するのが日本市場だけと考えると逆に割に合わないと踏んだのでしょうね。実際、3ナンバーになったシルフィではキツイかとは思いますが、価格によってはそれなりに商売になったのかとも思います。

とあるイラストレーターさん

大変遅くなりましたが、今日アップしました。なかなか書くのが遅いもので、更新も少なくなっています。

さねさん

売れなければ自分が困るんですけど、日本では売れなくてもイイようにしている部分はあるんでしょうね。それが悲しいところです。

スズキの社員・・・さん

税率可変とは面白い案ですね。法人税減税は自民党政権なら決して不可能じゃない?

ぷじおさん

そういうことを分かっていてやっているのでしょうから、まあ仕方がないというか。ラティオのようなクルマでさえ、適当な宣伝をして、それで売れる分だけでいいやという。

llllさん

ジェミニの件ありがとうございます。
豪華っぽくて広いとなれば中国で売れるでしょうし、セントラとしてはスポーツバージョンを出すんじゃないでしょうか? まあ、そっちがメイン市場のようですから。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年1月 7日 (月) 09時52分

新型シルフィ、実際試乗してみて、普通にいいセダンだと思います。
 この著者の言われる通り、ここがという売りが少ないですね。
 売りは、内外装デザインおしゃれです。
また、後席の足元が広く、5人乗車とても快適です。
 車格、5.1mの小回り性など、日本市場で問題ない仕様です。
 問題点は、価格が20万は高いと思います。
また、日本市場でのオプション設定の極端に少ないこと。
これは、日本で600台を月目標している時点でダメですね。
 価格・オプション設定の改善、そして日本市場で本気に売ろうとしたら、そこそこ売れるいいセダンなのにもったいない。
 年間1万キロ以内のユーザーなら、割高なハイブリットを買うより、質感の高い、おしゃれなぜダンがよろしいと思います。
 日本で、150キロ以上も出すケースはないのに、なぜか欧州を押す評論家が多過ぎるきらいがある。
 この超円高の折でも、かなりの割高の欧州車を乗るなら、欧州デザインの日産はおすすめだと思います。

 

投稿: たこ太郎 | 2013年1月10日 (木) 13時05分

たこ太郎さん

先代は女性をターゲットにして、じっくり日本で売るようにしていましたよね。一連のモダンデザインの継承部分もありましたし。5ナンバーというのはあったのでしょうが、売り方によっては今回だってやりようはあったと思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年1月11日 (金) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/48573424

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・シルフィ:

« クルマの他:年末コンサート通い | トップページ | 新車心象風景:マツダ・アテンザ »