« 新車心象風景:日産・シルフィ | トップページ | 雑誌記事:XaCAR、2月号発売! »

新車心象風景:マツダ・アテンザ

Photo

 頑張って欲しいと思えるのは、結局入魂の具合なんだと思う。

 かつての5チャンネル化の失敗を踏まえ、ズーム・ズーム戦略以降は大幅にラインナップを整理し、今回のスカイアクティブ期に入ってからはロータリーのRXも落ちて、ますます集約方向にある。

 ラインナップ数を考えれば贅沢なコンセプトカー群から、各市販車への落とし込みはより明快になり、善し悪し、あるいはメーカー自ら日本市場では数%の支持でOKと公言するように、ある種の好き嫌いを別にすれば、マツダが何をやりたいのかはかなりはっきりとアピールできるようになった。

 実際、この新型アテンザのように、たった1台のクルマにこれだけの時間を掛け、じっくり開発過程を告知する例は他にほとんどないんである。言ってみればトヨタでは86、日産ではGT-Rのような一大キャンペーンが、ごくふつうのセダンで展開されているようなものだ。

 そりゃあ車種が少ないから・・・なんて声もありそうだけど、会社の規模はどこもそれなりに車種数に沿っているんだから、簡単にそうは言い切れないと思う。要はメーカーの商品企画や開発姿勢が、その広報も含めていかにブレていないか、じゃないのか?

 たとえば先のトヨタが次々に送り出す新型車を、大物俳優を使ってドラえもんだのRe BONEなどと騒ぐより、1台のコンセプトカーから1台のセダンを生み出す過程をそのまま見せるだけのマツダの方が、何倍もその真意が伝わるのは多分そういうことなんである。

 さらに、そういう少数精鋭の商品が、それなりの時間を掛けたと言えるだけの品質感を伴っているのがキモだろう。

 だって、少数というなら三菱だってスバルだって同じだけど、新しいミラージュにそんなものはコレっぽちも感じないし、フォレスターにさえアテンザほどの「満を持した感」はないんである。

 新しいアテンザの高評価なクリーン・ディーゼルや流麗なデザインは、だからフル・スカイアクティブや”魂動デザイン”という、各々の要素だけで語ることは難しいと僕は思っている。フェンダーから伸びるキャラクターラインの是非が、即このクルマの是非にはならないと。

 しっかりとした基礎技術をブレのない商品企画で、かつじっくり時間を掛けて作れば、少なくともこのくらいのクルマは出来上がるんだという、そこがいちいばんの評価点なんじゃないか? 本来、どのメーカーのどのクルマもこうあるべきだろうという点で、僕は新しいアテンザを支持したい。

 もちろん、現行プレマシーのような残念なモデルチェンジや、少々わかりにくいOEMの軽商品など、まだ整理が必要な余地はあるし、アルファとの提携に踏み切った高コスト体質みたいな話もあるけれど、まあ、それはまた別の話として。

|

« 新車心象風景:日産・シルフィ | トップページ | 雑誌記事:XaCAR、2月号発売! »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

マツダ頑張ってますよね、一から全て作り上げて。日本市場はあまり考えない所もなかなか潔く、海外で売れるといいですね。安易にCVTにいかない所も素敵です。恐ろしいことにCVTが最良の変速機と思ってる日本人が多いのに関わらず、スカイアクティブATで勝負するとこなど、よほどエンジンの熱効率などいいんでしょうね。デカすぎるとこはありますが、日本市場を見て開発しない方がマツダを見てるといいのかもなぁ。開発者も理想的な作りたい車に近ずくんですかね? 日本市場考えると特殊な市場だから面倒くさいですもんね。後は個人的には画期的な性能のスカイアクティブ4WDを切望します。燃費いいんだし(笑) 結局高圧縮比ガソリンエンジンはいろいろ言われてますが、サイトなどみる限りは燃費いいですし、これからもっと良くなりそうですね。後スカイアクティブテクノロジーはデザインや走りにもこだわる所も素晴らしい。個人的にプリウスみたいな低燃費だけじゃつまらない。デザインは唯我独尊で是非はともかくマツダデザインが確立しつつあるし、日本メーカー以外のダウンサイジングターボにもいかない。ポリシーがあるなぁ。マツダと組むメーカーはラッキーですねきっと。後はブランドイメージが自然と高まれば、凄いなマツダ。

投稿: さね | 2013年1月 7日 (月) 12時49分

すぎもと様
早速ありがとうございました。読ませて戴きました。

新型アテンザで一番驚いたのは、セダンとワゴンでわざわざホイールベースを変更している所。

『後席の居住性を重視』したセダンと
『荷室スペースを重視』したワゴン。

分かっていても、コストとの兼ね合いなどでそこまではやらないのが普通。

そこをあえてやってしまうのがこだわりのマツダという所でしょうか。

私は今乗っているデミオ(3代目)で初めてマツダオーナーになりましたが、
デザインもさる事ながら、その軽快かつ確かな走りにすっかり魅了されております(笑)

投稿: とあるイラストレーター | 2013年1月 7日 (月) 18時33分

カムリを買うときはアテンザを試乗して欲しいな、トヨタじゃFFのリヤサスにあまりお金かけないからね、プレマシーは好きです日産で売ってる方ですが本家は
フロントとサイドはやりすぎです。

投稿: スズキの社員じゃないけど本社の近所 | 2013年1月 7日 (月) 21時52分

玄人受けするクルマ作りってわけじゃないんでしょうが、CX-5からアテンザとここまで来ると、スカイアクティブや魂動デザインもモノになってきましたね。
問題はそこから先で、このままプレミアム路線に行くことがマツダとしてできるのか?また魂動デザインを表現するうえで、CX-5やアテンザのサイズってちょっとデカいんですが、この調子で、次期アクセラやCX-3?も従来よりデカいサイズでやっていくのか?そういう点が気になりますね。
アテンザのワゴンは、荷室確保のためわざわざホイールベースを違えて出してきたけど、ボクは先代にあった5ドアハッチバックのスポーツの後継という意味も兼ねて、ジャガーXFやメルセデスCLSのシューティングブレイクみたいなデザインやパッケージで仕立ててきても良かった気がしますね。せっかくデカいサイズなんだし…
あとインテリアがほとんどCX-5と同じってのも、どうなのかと。ここまで同じだと、コストダウンって皮肉られそうですが、せっかく魂動デザインの外観がいいだけに、それに見合うインテリアが欲しかったですね。
あと、ガソリン車はもう少しディーゼルに対抗できるだけのドライビバリティが欲しかったですね。ディーゼルに乗った後、ガソリン車に乗ると、確かに静かなんですが、こんなに退屈だったとは思いませんでした。
まぁそれだけ期待があるし、期待させるクルマです。今後、CX-5やアテンザが売れて、マツダ自身余裕が出てくればいいのですが、予断を許さないようですね。

投稿: アクシオム | 2013年1月 7日 (月) 22時51分

私はマツダには甘いのですが(笑)それを差し引いても、日本の製品はこういうものだったと、思い出させてくれるのがマツダの車です。 最近の「日本製」はかつての真面目さが無くなり、売ったモン勝ち的なイメージ先行商品ばかりで、購入する気が萎えるモノばかりの中、実直に独自の技術を開発し、自社のカラーを出せている企業は貴重です。 スバルも同じ系統の企業ですが、コマーシャルのせいか、それとも、アイサイト効果やアメリカでの好調さのせいか、何故か真面目さをマツダほど感じなくなりました。

日本人は心に余裕があるときは寛容ですが、余裕がないときは極端に勝ち馬に乗る体質になっていますので、アテンザが劇的にマツダの救世主とはならないでしょうが、こういった姿勢の企業があってこそ初めて日本製品がグローバルに打って出れるのでは? 企業のトップは口を揃えて、円高・法人税の高さが国際競争力を削いでいるように言いますが、私は単純に日本の商品自体が魅力に乏しくなっているからだと思います。

そして、アテンザです!デザインの一番の見せ所は、フロントフェンダーからノーズにかけてのキャラクターラインでしょう。これは、真上から見るとカッコ良いのですが、真横から見ると唐突感が否めません。もう少し練り上げることができたでしょうが辻褄を合わせれば全幅が2mを超えそうですsmileね。しかし、なんとなく落ち着いて見えるのは、フロントのヘッドライト上部とフロントバンパーのキャラクターライン、フォグランプグリルの上下のラインが水平に整えられているからで、先のクラウン・アスリートとは逆の発想です。クラウン・ロイヤルはほぼ水平で合わせていますが、アスリートは現在のトヨタ車らしく意味不明な線を「貼り付けて」いるのでおかしなことになるのです。
リアのデザインもマツダくらい(たまに、スズキも)ではないですか、1/1のクレイから削ったようにデザインできるのは。 他社は本当にクレイを作って検討しているのか疑問に思えるものばかりですから・・・。
日本製の力作をもっともっと評価して欲しいですね。

投稿: ぷじお | 2013年1月 9日 (水) 00時29分

twitterで一人だけアテンザ・CX-5がBMWみたいだとしつこく言っている人がいました。
その人欧州車びいきな所がある様ですが、言われてみれば確かにそうかなと。
まあこれ位のソックリはしょうがない様な、偶然の様な気もする。
あとはディーラーが従来通りの安易な値引きをやらないか心配です。
最終的にはディーゼルデミオ日本発売を期待しています。

投稿: llll | 2013年1月 9日 (水) 22時53分

難しいこと言う前にもう単純にカッコイイんですよね。初代アテンザからzoom zoomが始まり10年かけてデザインも走りも着実に熟成してきた成果ですかね。
クラウンとアテンザを見比べると車作りに対する姿勢がよくわかる気がします。トヨタは結果を早く欲しがるせいで荒削り&一貫性がない。メーカーの規模の違いがあるにせよ地道にブレない車作りをする会社は車好きにはうれしいですね。

投稿: RY | 2013年1月 9日 (水) 23時00分

さねさん

アクセラの発表のとき、日本市場は6%支持してくれればいいと開発者が言っていましたね。そこを押さえた上で自分の作りたいものを作る。小さなメーカーとしてはいい方向だと思います。

とあるイラストレーターさん

少ない車種を大切に、しっかり開発しているからこそ、そういう最善のスペックを生み出せるのでしょうね。お金は掛かると思いますけど。

スズキの社員・・・さん

トヨタの方がお金を掛けられる筈・・・なんですけどね。プレマシーは僕もそう思います。

アクシオムさん

欧州の肥大化傾向は少し反省傾向のようですが、アクセラはあまり大きくなって欲しくないですね。もちろん、勝負はデミオでしょうけど。マツダのインテリアで気になるのはカラー展開の少なさですね。

ぷじおさん

マツダのクレイモデラーさんの評価は以前から高いですね。とくにユーノス時代には活躍したみたいで。マツダもスバルのように北米で売れるようになれば相当楽になると思うのですが、それはなかなか難しいでしょうね。

llllさん

僕もデミオのディーゼルは期待しています。ただその前にHVを導入するみたいですから、デミオもそっちになるかも?ですね。

RYさん

アテンザで言えば、初代とこの3代目では結構デザインなどは違うのですが、しかし、ちゃんと成長させているのが分かるんですよね。2代目はちょっとアッサリし過ぎたようですが、基本はブレていないのがいいですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年1月11日 (金) 09時37分

4月にアクセラを購入しました。ロードスターの大フアン(現在世界ナンバー1のデザインだと思います)ですが。当方62歳。使用目的を考慮し(燃費➕居住性)た結果アクセラ。でも単純に男のステータスとして車はやっぱし見た目。デザインでしょー。結果オーライで今、もしかしてだけど、今アクセラ一番カッコいいじゃないの !!?

投稿: 渡辺孝史 | 2016年5月 7日 (土) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/48626019

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:マツダ・アテンザ:

« 新車心象風景:日産・シルフィ | トップページ | 雑誌記事:XaCAR、2月号発売! »